会社員年収向上委員会 委員長
この記事を書いた人
いいんちょう
経歴:WEB系サービス運営企業からM&Aコンサルティング会社へ転職。国が発表している統計情報や転職エージェントとのやり取りから考えた、戦略的な転職1回で年収を2倍に。
年収統計データ

伊藤忠商事の転職難易度は?平均年収や転職のポイント、社風・会社の評判・口コミを徹底解説

伊藤忠商事株式会社転職難易度・年収・社風・評判を徹底解説

平均年収が日本でもトップクラスの会社として有名なのが伊藤忠商事です。

平均年収が高い伊藤忠商事に入社すれば自分の年収も上がるのでは?と考えている人も少なくないでしょう。

そのためこのページでは、伊藤忠商事への転職難易度や平均年収、伊藤忠商事への転職におすすめな転職エージェントなどを徹底解説します。

年収アップにおすすめ転職エージェント
年収アップ転職におすすめな人気転職エージェント10選|おすすめな理由や各サービスの特徴も解説このページでは年収アップにおすすめの転職エージェントについて紹介しています。 どの転職エージェントを利用するべきか悩んではいませんか? 転職ではどのエージェントを利用するのかによって成否が大きく分かれてきます。 自身にピッタリ合う転職エージェントをこのページから見つけてください。...

転職活動前にチェックしたい伊藤忠商事の概要

まずは、伊藤忠商事の会社やサービスの概要についてみていきましょう。

企業概要

伊藤忠商事コーポレートサイト
伊藤忠商事コーポレートサイトより

企業概要は以下の通りです。

会社名伊藤忠商事株式会社
上場市場東証プライム(証券コード:8001)
設立1949年12月1日
資本金約2534億円(2022年3月期)
売上高12兆2933億円(2022年3月期)
主な事業・業界総合商社・卸売
従業員数単独:4,170人(2022年3月期)
連結:115,124人(2022年3月期)
拠点本社:東京都港区
国内拠点:7
海外拠点:86

伊藤忠商事は、日本でも著名な総合商社の一つで、大規模に事業を展開しています。

他の総合商社と同様に、卸売業に分類されますが、子会社も含め非常に多くの事業を展開しています。

▼伊藤忠商事の会社説明

売上高も10兆円を超えるような企業であり、総合商社以外では経験できないような事業規模と事業領域を扱っています。

伊藤忠商事業績推移
伊藤忠商事有価証券報告書より抜粋

卸売業のため、利益率が低く見える部分がありますが、売上が非常に膨大であるため、莫大な利益を稼ぎ出す企業であることがわかります。

平均年収

伊藤忠商事平均年収推移
伊藤忠商事有価証券報告書より抜粋

伊藤忠商事は日本でも有数の高年収会社であることはよく知られているとおりです。

2022年3月期に出された有価証券報告書に示されている平均年間給与は、15,797,516円となっています。

日本でもトップ10にはほぼ必ず入ってくる高年収の会社であり、平均年収約440万円と比較しても、3〜4倍あることがわかります。

社風

伊藤忠商事は、体育会風の古くからの日本企業的な社風といえます。

気合いで全てを片付けるような意味ではなく、一つの物事に愚直に取り組み、結果を出すことが評価されやすく、長い期間働くことを前提として評価制度なども構築されています。

オフの際にも底抜けに盛り上がれるような人が多いといわれています。

伊藤忠商事への転職難易度

転職難易度

伊藤忠商事への転職難易度は非常に高いといえます。その理由は以下のとおりです。

  • 平均年収が高く、人気が高い
  • 新卒入社からの社員定着率が高い(空きポジションが少ない)

伊藤忠商事は、新卒で非常に多くの社員を採用していますが、社員定着率が高く、長い期間働く会社です。そのため、中途採用で入社するための枠が少ないのが現実です。

また、伊藤忠商事は平均年収が非常に高いことが知られているため、人気が高く、全国から応募が殺到することが想定できます。それらの候補者の中で勝ち残らなければなりませんので、非常に厳しいといえるでしょう。

伊藤忠商事で募集されている職種

募集されている職種

伊藤忠商事で募集される職種についていくつかご紹介します。

総合職

伊藤忠商事での中途採用は、基本的に総合職での募集となっています。

実際にどのポジション、仕事になるのかは入社後に決定されるということでしょう。

募集要項では、国内海外限らず、子会社、関連会社に出向したり、転勤する可能性があることが明記されています。

一般的な総合商社のイメージに合致する働き方をする優秀な社員を募集していることがわかります。

伊藤忠商事の口コミ・評判

口コミ・評判

伊藤忠商事に寄せられている口コミ・評判を、内容別にわけて紹介します。

現在在籍している方や過去に在籍している方が口コミや評判を書きこめるサイトに寄せられた評判を一部見ていきます。

給与面・待遇面の口コミ・評判

Pay for Performance  職位と働きぶりに応じた給与。今年度は21年度業績好調により平社員でも2,000万円貰える環境で働かない中年にとっては最高の環境。但し、これでも三菱三井には及ばず組合は改善を求めているが会社は応じる気はない。目安は下記5年目1,000万円、10年目1600万円、18年目2,000万円、課長2,400万円、部長2,800万円

若手時代はあまり貰えない。ボーナスで貯金を重ねるスタイル。年次が4,5年目になれば一気に上がる。東京で暮らす際に家族手当、家賃手当は一切なく、若手の家族持ちにはしんどい一面がある。必然的に寮で暮らす若手が多くなる。それが会社の狙いかもしれないが。

5年目、9年目で基本給がグッと上がる仕組みになっている。5年目で1本、9年目で1,400万程度か。しかしこの後は20年目で課長級になり2,000万程度になるまで緩やかに上昇していく程度であり、組合は30代の待遇改善を求めているが会社は応じる気はない。三菱三井に比べると待遇は劣るというのが社員でのコンセンサス。ビジネスクラスに乗れる範囲や海外駐在での手厚さも上記2社より劣る。

給与面では大きな不満はなく、国内企業ではトップクラスの待遇だと感じる。このコロナ禍において満額のボーナスに加え、業績変動の特別奨励金や特別手当がきっちりと出され、福利厚生も申し分ない。

残業時間も制限され、コスパと言う意味では非常に良い。企業が発表している年収は事務職も混み。他総合商社と比較して事務職は少ないので総合職がもらえる給与しては他総合商社の方が良いかもしれない。

出典:openwork

このような口コミから、入社数年での給与はそこまで高くないということがわかります。

また、年次昇給・年次昇格のような仕組みが整っていることが、わかる口コミとなっており、入社5年、9年のタイミングでぐっと給料がアップするようです。

一般的な日本人の目標年収である1,000万円も入社5年目で達成できるということで、やはり高年収企業であるといえるでしょう。

労働環境に関する評判・口コミ

ワークライフバランスは考えられている。当時、朝方勤務が導入されたところだったため、働きやすく感じた。働き方改革が声高に叫ばれる前からそれに取り組んでいたため、他社からもロールモデルとして取り上げられたり、会社の取り組みが取材されてテレビや新聞に取り上げられる機会が多かった。心身の調子を崩した社員にも手厚く対応しており、ワークライフバランスは十分にあるように思う。一方、休日でも社員同士の付き合いや、イベントごとなどが当時あったため、参加するしないは自分で決める必要がある

業務面では、コミットメント経営の意識が浸透しており数字へのコミットは非常に強いと感じる。これは諸刃の剣ともなり得る点で、事業上の観点のみならず各組織ごとに割り当てられた予算を達成できるかという観点が決裁権者の投資判断に強く影響することがある。風土面では、一般に体育会系だと思われていることが多いようだが、私の経験した部署は極めてサークル的であった。給与面は依然として年功序列であるものの、フランクなコミュニケーションを楽しむ方が多かった。

ここ10年くらいで大きく文化が変わった気がします。猛烈営業系なのは変わりませんが少しスマートになり、また残業等は激減しています。変わっていないところとしては型にはまらないやり方と、比較的柔軟な上下関係があり、これが他社と差別化できている点と思います。世間で言われているお酒に関しては大きく変わりました。飲みの機会は減りましたし、無理に呑まされることはありません。呑むのが好きな人たちはあくまでもプライベートで行ったりしますが完全にプライベートな付き合いとしてです。これは10年以上前の弊社をご存じの方なら想像付かないかもしれませんが激変しました。

トップの権限が強く、その意思がしっかりと組織にいきわたっていると感じる。中途採用は現在はほとんど行っておらず、これもトップの意向がしっかりといきわたる(=外の考え方などを入れていかない)ための方針と考えられる。

若手における基本動作の叩き込み、若手のうちの海外での実務研修、中堅初期でのグループ会社と経験ができたため普通の会社で育つよりもかなりよいキャリア形成ができた。ただし三十代以降は本社勤めでがんじがらめとなることが多く成長の伸びはにぶっているように感じる。

出典:openwork

若手時代の研修制度が非常に強く、その後はワークライフバランスを考えた働き方ができるようです。

ただし、業績・業務の結果に対する責任感が強いメンバーが揃っているようで、残業や業務内容は簡単であるというわけではないということがわかります。

また、中途採用はほとんど行っていないということがわかり、組織に考え方が浸透している一方、転職希望者としては入社が非常に厳しいという側面があることがわかります。

伊藤忠商事への転職が向いている人の特徴

合っている人の特徴

ここまで、伊藤忠商事という会社がどんな会社なのかをご紹介してきました。では、伊藤忠商事への転職が向いている人はどんな人なのでしょうか?

向いている人の特徴をいくつかご紹介します。

ワークライフバランスのメリハリをつけたい人

伊藤忠商事は、一昔前は気合いで長時間働くことが通常だったようですが、最近はワークライフバランスをとってメリハリのある働き方をする方向にシフトチェンジしているようです。

残業時間も制限され始めているということですので、ワークライフバランスを取りやすい環境が整い始めているといえるでしょう。

高い年収を獲得したい人

ここまで見てきたように、伊藤忠商事は日本の会社員の平均年収の3倍以上の年収を得ることができます。

また、入社5年目で基本的に1,000万円に到達するということなので、比較的早いタイミングで高収入の部類に入ることができるでしょう。

激務でも耐えられる人

残業が規制されているような動きのある伊藤忠商事ですが、海外とのやりとりが多いこと、営業職のようなポジションは、どこまで行っても激務な部分があることなどから、激務である可能性は否定できません。

バリバリと仕事をしたい人にとっては、伊藤忠商事はよい転職先といえるでしょう。

規模の大きな仕事をしたい人

伊藤忠商事のような大規模総合商社は、通常の事業会社では到底扱えないような規模の仕事をすることができます。

数十、数百億円規模の売上、同規模の費用を利用するなど、圧倒的に大きな仕事に関わりたいと考えれば、伊藤忠商事は選択肢の一つとなるでしょう。

伊藤忠商事への転職を成功させるポイント

転職成功のポイント

では、難易度が高い伊藤忠商事への転職ですが、転職に成功するために気にするべきポイントもあります。

3つのポイントをご紹介しますので、ぜひ伊藤忠商事への転職チャレンジ前に確認しておくことをおすすめします。

自身のスキル・経験・実績を高める

伊藤忠商事は、応募するだけでも比較的経験や実績、スキルが必要になります。

そして非常に人気の高い企業であるため、その会社に入社するには同じようなスキルや経験をクリアした中から選ばれる必要があります。

そのため、自身のスキルや経験を棚卸しし、必要であればそれらをさらに磨いていく必要があるでしょう。

最低限の応募条件をクリアしただけでは採用されるのが難しい可能性もありますので、競争相手に勝てるようなスキル、経験、実績を提示できるように準備しておくとよいでしょう。

求められる人物像を理解して、自身を売り込む

伊藤忠商事に限らず、企業は転職希望者のスペックやスキルだけではなく、企業理念に基づいた行動をしてくれるかどうかもチェックしています。

そのため、どんな人材であればこの会社に求められているのかを理解し、「理想の人物像である」ことをアピールするとよいでしょう。

そのためには、伊藤忠商事という会社をスペックだけで理解するのではなく、価値観や企業理念などを踏まえて理解する努力をするとよいでしょう。

転職エージェントを利用する

特に人気企業への転職の場合には、転職エージェントを利用した転職活動をするのをおすすめします。

転職エージェントを利用すれば、その企業の選考で想定される質問内容や書類選考の傾向などを事前に教えてくれることもありますし、応募前に企業の雰囲気を担当者から聞くこともできます。

難関企業への転職だからこそ、自身の転職活動を支えてくれる転職エージェントと二人三脚で進めていくことをおすすめします。

伊藤忠商事への転職におすすめの転職エージェント

伊藤忠商事への転職におすすめな転職エージェントは以下の特徴を持ったサービスです。

  • ハイクラスに強い
  • 求人数が多い

以上2つを兼ね備えている転職エージェントをご紹介します。

JACリクルートメント

JACリクルートメント
運営会社株式会社ジェイエイシーリクルートメント
得意業界コンサルティング、管理職、各種専門職
対応エリア全国
求人数約25,000件 (2022/4/18時点)

JACリクルートメントは、年収600万〜1,500万円以上の求人を扱う、ハイクラス・ミドルクラスに特化した転職エージェントです。

約800名の転職コンサルタントが直接企業と求職者の双方とコンタクトを取るため、コミュニケーションの齟齬が起こりにくく、一人一人の求職者に適切な求人を紹介してくれます。

年収の高い求人が多く、ハイクラス求人に特化しているため、現在、管理職やスペシャリストとなっている人にとっては非常におすすめの転職エージェントです。

>JACリクルートメントの評判・口コミ

JACリクルートメントはこんな人におすすめ!
  • ハイクラス求人で採用されて年収をアップしたい
  • 丁寧な転職支援を受けたい
  • さらに条件の良い会社に転職したい

\優秀なコンサルタントに無料相談可能/

ビズリーチ

ビズリーチ
運営会社株式会社ビズリーチ
得意業界全業種・業界
対応エリア全国
求人数10万件以上

ビズリーチは、印象的なテレビCMでもおなじみの転職サービスです。明確な転職エージェントサービスではありませんが、約1/3が年収1,000万円以上の求人情報であるため、転職で年収アップを目指す場合には、登録することが必須といえる転職サービスといえます

優良企業からのオファーが届くため、登録だけでもしておくことをおすすめします。

>ビズリーチの評判・口コミ

ビズリーチはこんな人におすすめ!
  • 転職で年収アップを目指したい
  • 現在の年収が500万円以上ある
  • 現在30代後半以上のハイクラス層にあたる

\優秀なヘッドハンターとつながる/

アサイン

アサイン
アサイン公式サイトより
運営会社名株式会社アサイン
得意業界コンサル/IT/営業/財務・経理
求人数明記なし
拠点東京
利用料金無料

アサインは、20〜30代前半のハイクラスの転職に強みを持っている転職エージェントです。特にコンサルやIT業界、営業職への求人に強みを持っており、転職決定時の平均年収が850万円と若年層が転職で年収アップを目指す場合には、登録必須な転職エージェントといえます。

最初の面談では、キャリアの方向性や転職の希望を聞いてくれ、求人情報の紹介はありません。スキルやキャリアの方向性を合わせた求人情報を精査し、中長期的なキャリアの成功に近づける案件を3〜4社厳選して紹介してくれます

転職エージェントアサインの評判・口コミを見る

アサインはこんな人におすすめ!
  • 20代30代から年収をアップしたい
  • 中長期的なキャリアの成功に合わせて転職したい
  • 営業やエンジニアなど、収入の高い業種のプロとして転職したい

doda

doda
doda公式サイトより
運営会社名パーソルキャリア株式会社
得意業界全業界・業種
求人数公開求人数:13万件以上 (2022/4/22時点)
拠点29拠点
利用料金無料

dodaは、転職エージェント、転職サイト、ダイレクトスカウトの全ての機能を1つのサービスとして利用することができる転職サービスです。求人数も国内最大級でありながら、面接対策や職務経歴書の作成支援など、さまざまな支援も手厚く行ってくれるため、必ず登録することをおすすめできるサービスです。

>dodaの口コミ・評判・特徴を確認

dodaはこんな人におすすめ!
  • とりあえず転職サービスに登録しようと考えている人
  • 転職実績と豊富な求人数を求めている人
  • アドバイザーから専門的な転職のアドバイスを受けたい人

伊藤忠商事への転職でよくある疑問

伊藤忠商事への転職に対してよくある質問・疑問に対しての回答を以下にまとめました。

入社する部署・部門は指定できますか?

伊藤忠商事の中途採用の募集は、基本的に総合職のみの募集となっています。

部署や部門、働く拠点の指定が応募する側からできない仕組みとなっているため、指定して入社することはほぼ不可能と考えるとよいでしょう。

伊藤忠商事ではどれくらいの英語力を求められますか?

伊藤忠商事は、入社のタイミングで一定レベルの英語力を持っていることが求められます。

単なる日常会話ではなく、ビジネス英語ができるレベルがほぼ必須の条件となります。

伊藤忠商事の転職求人はどこから応募できるのですか?

伊藤忠商事への転職求人への応募は、伊藤忠商事社のコーポレートサイトから応募する他、転職サイト、転職エージェントから応募することができます。

転職サイトや転職エージェントでは非公開求人になっている場合もあり、担当者から紹介された場合に応募することができるでしょう。

転職難易度の高い会社になりますので、支援を受けられる転職エージェントを利用して転職活動をすることをおすすめします。

学歴がなくても伊藤忠商事への転職はできますか?

伊藤忠商事は、新卒採用でも中途採用でも大学卒業以上の学歴を求めています。

そのため、大卒未満の最終学歴の場合には応募すら難しいです。またほとんど中途採用をしないため、大学卒業の学歴を今から整えても入社自体が難しい可能性が高いと考えておくとよいでしょう。

まとめ

このページでは伊藤忠商事社への転職難易度や平均年収、転職のポイントについて解説しました。

毎年、全国の平均年収ランキングでトップ10には必ず入ってくる会社がこの伊藤忠商事です。転職で狙うには非常に狭き門ではありますが、転職に成功できれば一気に年収アップするチャンスでしょう。

このページの内容を踏まえて、転職を成功させられるように願っています。

ABOUT ME
いいんちょう
会社員年収向上委員会
経歴:WEB系サービス運営企業からM&Aコンサルティング会社へ転職。国が発表している統計情報や転職エージェントとのやり取りから考えた、戦略的な転職1回で年収を2倍に。