会社員年収向上委員会 委員長
この記事を書いた人
いいんちょう
経歴:WEB系サービス運営企業からM&Aコンサルティング会社へ転職。国が発表している統計情報や転職エージェントとのやり取りから考えた、戦略的な転職1回で年収を2倍に。
転職成功ノウハウ

【キャリア選択の重要性】適切なタイミングや考え方、決断の注意点を解説

キャリア選択で重要なこと

自分のキャリアについて就職活動や、転職活動を行うにあたって深く考えたという経験を持つ人も少なくないはずです。キャリア選択は将来的なライフプランにも大きく関わることなので慎重に検討することが求められます。

本記事では、キャリア選択の基礎について解説した上で、キャリア選択のポイントやベストなタイミングなどを解説します。本記事の最後には、キャリア相談におすすめできる企業の紹介も行いますので、是非、参考にしてみてください。

\キャリアのプロへの無料相談がおすすめ/

専門家へ相談する

キャリア選択とは?

キャリア選択とは

キャリア選択とは、就職活動や転職活動の際に、自分がどのようなキャリアを将来的に歩んでいくべきか考えることをいいます。

終身雇用制度が崩壊したともいわれる今日、新卒で入社した会社において定年まで働こうと考える人は以前と比較して少ないといえます。

特に、20代や30代の中には新卒で入社した会社でスキルや知識をある程度身につけ、新卒の時に希望していた会社やより良い条件の会社に転職する人も多いです。

関連:プロのキャリアカウンセリングを受ける方法

また、社会人として実際に働くことで、自分の適性がわかったり、仕事に対する考え方が変わったりして、より豊かに生きられるような転職先を探す人もいます。

スキルや資格、経験などによっては、未経験であっても異業種に転職しやすくなりつつある今日ですが、行き当たりばったりで就職活動や転職活動を行うことはおすすめしません

キャリアについて長期的スパンで考えると、社会人経験や実績、スキルなどの一つ一つがキャリア形成において重要になるといえるからです。

キャリア選択を行う際は自分が企業に対して何を求め、どのような働き方をしたいか明確にしておく必要があります。

あわせて、介護や子育て、居住地などについても考えておくことをおすすめします。ライフプランを見据えたキャリア選択は、一つの企業で長期的に働き続けるためのポイントになります。

関連:【決定版】転職先企業の選び方!ニーズ別のポイントを徹底解説

\キャリアのプロへの無料相談がおすすめ/

専門家へ相談する

キャリア選択の重要ポイント

キャリア選択の重要ポイント

今後のキャリアについてこれから検討している人もいるはずです。選択したキャリアでより良い将来を歩んでいくためには、いくつかのポイントをおさえておくことが重要になります。

それぞれについて詳しく説明します。

自分の可能性を狭めすぎない

キャリア選択において自分の可能性を自ら狭めてしまう人は多く見受けられます。

「自分の性格を考えると〇〇業界は向いていない」や「自分にはあの企業は高嶺の花だ」、「ネットで〇〇業界はブラックだと言われているからやめておこう」といった考えをする人も少なくないでしょう。

しかし、業界との相性や勤め先企業が自分に合うかどうかは、実際にそこで働いてみなければわからないことです。

そのため、自分の性格などに対する先入観で判断したり、他人の口コミを鵜呑みにしたりして、キャリアを決める上での選択肢を狭めてしまうことは回避しなければなりません

営業職を例にすると、「私はおとなしい性格だから営業は無理。事務職以外は考えられない」と口にしていた人が、営業職として開花したという事例もあります。

確かに、営業職はコミュニケーションスキルや積極的な姿勢が重要ですが、人への気配りや傾聴力なども求められます。そのため、行動的な人や物怖じしない性格の人だけが高い成果を上げられるわけではありません。

働いてみる前から、特定の職業について先入観をもつことや、向き不向きを決めつけるのは控えるようにしましょう

関連:キャリアプランの立て方とポイント

将来像を明確に描く

就職活動や転職活動をしている人の中には、焦りを感じている人も多くいます。

しかし、焦る気持ちが勝るあまり、自分の適性に合わない企業や、希望とはかけ離れた業界に転職することは早期退職の原因になるので控えましょう

キャリア選択では高すぎる理想を掲げたり、選択肢を狭めすぎたりすることは控えた方がよいという意見もあります。しかし、自分がどうなりたいか明確にすることから始め、自分の思いに重なる選択を取ることが大切ともいえるはずです。

将来についてきちんと見据えず、理想像や目標がない状態で勤め先を決めてしまうと、早期退職に繋がるほか、転職を繰り返すことになると懸念されます。

自分とミスマッチの企業にとりあえず入社しても、転職回数が増えて履歴書上の印象などが悪くなったり、自分が理想とするスキルや経験を積むことができなかったりするというデメリットが生じます。

転職活動では「自分がどうなりたいか」や「将来的にどうなりたいか」、「なにを目標にして働きたいか」を明確にして動くことがポイントです。

キャリア選択では自分の好き嫌いを考慮することも重要ですが、特技や実績を考慮した上で将来について考えることが大切です。自分では取り柄が分からないという人は家族、友人、職場の仲間、キャリアアドバイザーなどのプロに聞いてみましょう

関連:キャリア戦略の立て方・考え方

達成意欲がわき、かつ柔軟性のある目標を設定する

心から実現したいと思う目標がある人ほど継続的に努力できますし、理想に近づくことができるでしょう。キャリア選択では「自分が達成したい」と心から思える目標を立てることをおすすめします

自分にとって心の底から達成したいと思える目標であれば、そのプロセスが困難なものであっても努力し、目標達成までのプロセスを楽しめるはずです。

また、キャリア選択では目標が途中で変わることも少なくありません。特に、近年は社会の変化が激しいため、キャリア選択について柔軟に検討しなければならないケースもあるでしょう。

自分の中で「〇〇以外はやりたくない」といった思いが強いと、思い描いていた仕事に就けなかった場合に不満を抱えながら働くことになります。

達成したいと思える目標を掲げることは大切ですが、目標に近い会社や業種に就職できた場合は、内定をもらえた会社で頑張ろうという気持ちをもつことも忘れてはなりません。

企業や仕事について調査をする

キャリア選択において自分と適性が合った企業や、目標を実現できる企業を見つけるためには、企業についてきちんと調べておくことが重要です。

企業や仕事について調べないまま転職活動をしても、面接での受け答えや履歴書などに記入する志望動機の内容が薄くなってしまうでしょう。

採用担当者は自社や自社の属する業界についてしっかりと調べ、理解している人材を求めています。採用担当者から「企業研究や業界研究をあまりしていない」と思われた場合、内定を取ることが難しくなるといえます。

また、企業研究や業界研究を怠っても内定が取れるというケースもあるでしょう。しかし、実際に働いてみると企業や業界との間にミスマッチを感じることになったり、後悔することになったりするケースが多いです。

そうすると、転職活動を再び行う必要が出てくるため手間となってしまいます。

キャリア選択の際は、ネットの口コミや思い込みに惑わされず、自分が興味をもっている業界や企業についてリサーチを行うことが大切です。

ネット掲示板などの口コミも大切ですが、企業のホームページの他、実際に働いている人やエージェントなど信頼できる情報から情報を得ることが大切です。

最近では、SNSやYouTubeで自社紹介を行っている企業も多く見受けられます。企業が発信している情報をチェックしてみることをおすすめします。

関連:誰に転職相談するのがおすすめ?

\キャリアのプロへの無料相談がおすすめ/

専門家へ相談する

キャリア選択の注意点

以下のような否定的理由からキャリア選択について考える人も多いです。

  • ブラック企業から転職したい
  • パワハラを受けているから穏やかな会社に転職したい
  • 残業をしたくない
  • 収入が少ないのは嫌だ
  • 負担が少ない仕事に就きたい

上記のような問題は、誰もが少なからず抱えていることといえるでしょう。

しかし、面接などでこうした考えを前面に押し出してしまうと、採用担当者に対して「前職で嫌な思いをしたから、別の企業で働きたいだけなのかな」といった印象を与えることになります。

ネガティブな理由から転職活動を行う場合であっても、転職先で挑戦したいことや、応募先企業に貢献できるだろうことを伝えることが重要です。キャリア選択ではネガティブな理由を踏まえた上で、将来に向けたポジティブな考え方が大切になります。

また、キャリアチェンジを希望している人の中には、「正当な評価を受けていない。自分が働くに相応しい企業ではない」と考える人も少なからずいます。自分に自信を持つことや、自分の能力を信じることはとても大切なことです。

しかし、客観的な評価と自己評価があまりにも乖離している場合や自分の能力を信じすぎている場合には、転職を繰り返しても「正当な評価を受けられている」という気持ちにはならないでしょう。

そのため、プロのアドバイスなどに耳を傾け、客観的な視点を取り入れた転職活動を行うことをおすすめします

関連:キャリアデザインの設計方法は?

\キャリアのプロへの無料相談がおすすめ/

専門家へ相談する

キャリア選択のベストタイミングは?

キャリア選択のベストタイミングは?

キャリアを選択するタイミングは何度もあります。

例えば、高校や大学などの進学先を決めることは、キャリア選択における最初の段階といえるでしょう。そして、高校生や大学生の就職活動はキャリア選択の大きなタイミングであり、自分がどうなりたいかを明確にした上で検討することが求められます。

新卒である程度希望に合った企業に入社できたからといって、キャリア選択は終わるわけではありません。働く中で、転職を考えたり、社会人として大学や専門学校で学び直したいと考えたりすることもあるでしょう。

また、社会人になってからキャリア選択に悩む人の多くが「このままで良いのか。新たなことに挑戦したい」といった思いを抱えています。なぜ、自分がキャリアについて悩んでいるのかを明確にし、それを解消できるような方法を考えることが求められます。

キャリアについて悩んだ時が、キャリア選択を検討するベストタイミングといえます

関連:転職ベストタイミングはいつ?

\キャリアのプロへの無料相談がおすすめ/

専門家へ相談する

キャリア選択で迷ったら専門家を頼ろう

キャリア選択で迷ったら専門家を頼ろう

キャリア選択で迷っている人の中には、一人で悩みを抱え込んでいる人も珍しくありません。一人でキャリアについてじっくりと考えることも大切ですが、一人で悩んでいると堂々巡りになったり、自分本位の考えに陥ったりすることが懸念されます

そこでおすすめなのがキャリアの専門家への相談です。専門家に相談することで、気持ちが晴れることもありますし、有益なアドバイスをもらえることも多いです。

ここでは、専門家へのキャリア相談について以下2つの観点から解説します。

優れた知識を持った専門家が在籍している企業も紹介しますので、是非、参考にしてみてください。

キャリア相談サービス

キャリア相談を検討している人には以下がおすすめです。

それぞれの特徴を見ていきましょう。

関連:【迷ったらココ】キャリアコーチングのおすすめ5選

キャリート

キャリートトップページ

キャリートは「5年後に後悔しないために、自分と向き合う機会を」をキャッチコピーにしています。

キャリートは相談者に100%寄り添ったサービスを提供しています。自己理解を深めることや、将来を見据えたキャリアプランのデザインを手伝ってもらいたい人におすすめです。

また、現在のことだけではなく、5年後、10年後を見据えたサポートを受けられるため、自分に合った会社や職種を見つけたい人は満足度が高いでしょう。

キャリートが提供しているサービスは主に5つあります。

  • 自己分析
  • 仕事分析
  • キャリアプラン設計
  • 転職活動支援
  • オプション(副業アドバイスや起業相談など)

サービス満足度は4.71(5段階評価)と高く、多くの人たちが満足のいく転職先を見つけています。

コース名キャリア設計コース転職サポートコース自己実現コース
料金10.5万円(税込)18.9万円(税込)27.8万円(税込)
分割支払い料金9,700円〜 / 月17,480円〜 / 月25,700円〜 / 月
コーチング回数3回5回10回
LINEサポート期間35日90日180日
職務経歴書の添削なしありあり
面接対策なしありあり
サービス一時休止なしあり(最長1ヶ月)あり(最長1ヶ月)
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る
キャリート有料コース比較表(公式サイトより抜粋)

キャリアアップコーチング

キャリアアップコーチング

キャリアアップコーチングは「今の自分からは想像できない未来を創る」をキャッチコピーにしています。

キャリアアップコーチングは他人に決められた価値観に従うのではなく、自分の理想とするキャリアを創りたい人におすすめです。契約継続率は85%、顧客満足度は9.2点(10点満点)と、利用者の満足度が高いです。

キャリアアップコーチングは、以下のキャリアアップコーチングプログラムを提供しています。

  • 性格診断・自己分析
  • キャリアプラン、及びキャリア戦略の構築支援
  • 転職活動における対策支援
  • 転職活動における意思決定の支援

入社後の活躍支援キャリアアップコーチングプログラムでは上記の項目を上から順に行います。転職活動はもちろん、入社後に活躍するための戦略作りや行動についてサポートしてもらえます。

マジキャリ

マジキャリ

マジキャリは「2ヵ月で人生を変えるキャリアコーチング」をキャッチコピーとしています。

対象としているのは20代から30代の若年層です。顧客満足度は92%と高く、初回の相談は無料となっていますので、キャリアについて考えてみたい20代や30代の人におすすめです。

マジキャリは以下のサービスを提供しています。

  • キャリアデザインコース(5週間)
  • 自己実現コース(10週間)
  • 自己実現コースmore(10週間+3ヵ月アフターサポート付き)

キャリアデザインコースでは約1ヵ月に及ぶコースです。このコースでは自己分析から目標の設定までを主に行います。理想とするキャリアを実現するためのキャリアアッププランの設定をプロにしてもらえるので参考になるはずです。

自己実現コースは約2ヵ月のコースとなっています。キャリアデザインを行った上で、転職活動にまで踏み込みます。求人の選定の他、書類や面接対策などもしてもらえるため、一人で転職活動をするのが不安な人におすすめです。

自己実現コースmoreは10週間のコースに加え、3ヵ月のアフタフォローを受けられます。転職したからといって安心ではなく、定着し、活躍できるかが重要です。新しい仕事に慣れてくる頃と一般的に考えられている時期までサポートしてもらえるので安心です。

ポジウィルキャリア

POSIWILL-CAREER

ポジウィルキャリアは「「どう生きたいか?」でキャリアをきめる」をキャッチコピーにしています。

相談者が理想とする未来から逆算して考え、後悔なく歩める人生の指針を作るサポートを提供しています。悩みを抱える多くの人たちの相談に乗っているプロのカウンセラーからアドバイスをもらえるため、自分にとって最善の一歩を見つけられるはずです。

「今の会社で良いのか。かといって、やりたいことがあるわけではないし」などといった曖昧ともいえる悩みを抱えている人であっても、専門家に相談することで、キャリア選択のヒントが見つかるでしょう。

ポジウィルキャリアは以下のステップでキャリア形成のサポートを行っています。 

  • オンライン無料相談
  • ゴールの設定と自己分析
  • 人生の軸とギャップの分析
  • キャリア戦略と転職活動
  • 入社後活躍サポート

上記の通り、ポジウィルキャリアでは無料相談から入社後の活躍サポートまで一貫してサポートを行っています。各ステップで自分が抱えている悩みや内に秘めている希望などを言語化できるため、最終的に自分に合ったキャリアを見つけられると期待できます。

ポジウィルキャリアに無料相談する

転職エージェント

転職エージェントでもキャリア相談することが可能です。転職エージェントの中でも以下のサービスがおすすめです。

それぞれの特徴を見ていきましょう。

doda

doda

dodaは大企業や隠れ優良企業の他、中小企業など約9万件の求人を取り扱っています。職種に関してはほぼ全ての職種を網羅しています。また、転職エージェントの中でも知名度が高いことからも、安心して利用できるはずです。

dodaは以下のような転職支援サービスを提供しています。

dodaには魅力的な公開求人も多いですが、一部の登録者だけがチェックできる非公開求人も充実しています。転職を希望する人であれば、登録しておいて損はないでしょう。

>dodaの特徴・評判・口コミはこちら

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは転職支援実績No.1を誇る転職エージェントです。公開求人数は約12万件、非公開求人の数は10万件を超えます。転職に成功するまでキャリアアドバイザーが手厚く支援してくれます。

リクルートエージェントは以下のような転職支援サービスを提供しています。

  • エージェントサービス
  • 選考対策
  • 担当者面談
  • 年収交渉代行

自身にマッチする企業を数ある企業の中から紹介してもらえる他、選考内容に従って対策してもらえます。また、自分では行いにくい年収交渉もしてもらえるため、ベストな条件で転職したい人におすすめです。

>リクルートエージェントの評判・口コミ

マイナビエージェント

マイナビAGENT

マイナビエージェント はアドバイザーの質が高く、親身に相談に乗ってもらえるなど高い評価を得ています。また、自分に合った転職先を紹介してもらえたと喜ぶ声も多いです。

日本最大級の求人数を誇るマイナビエージェントですが、金融業界やIT業界、営業職の求人が特に多いともいわれています。

マイナビエージェントは以下のような転職支援サービスを提供しています。

  • エージェントサービス
  • 履歴書添削サービス
  • 面接対策
  • 長期にわたる丁寧なサポート

マイナビエージェントは初めて転職活動を行う20代にもおすすめです。20代に合った求人が充実している他、履歴書添削サービスなど長期に及んで懇親丁寧なサポートを受けられます。

>マイナビエージェントの評判・口コミ

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアオリコン顧客満足度調査で2019年から2022年にわたり4年連続1位を受賞しています。パソナキャリアでは現職よりも好条件で働くことができるよう、プロによるサポートを受けられます。

転職支援実績は25万人を超え、転職者の年収アップ率は67.1%と高いです。また、非公開求人数は3万件以上です。

パソナキャリアは以下のような転職支援サービスを提供しています。

  • 求人紹介
  • 企業からの面接オファー
  • スカウトサービス
  • 応募書類の添削など
  • 模擬面接
  • 企業との日程調整
  • 企業との各種交渉

パソナキャリアにはほとんどの職種の求人があり、スカウトサービスも充実しているため転職活動を効率良く進められます。また、担当者が企業との間に入ってさまざまな交渉もしてくれるので安心です。

>パソナキャリアの評判・口コミ

アサイン

アサイン

アサイン20代から30代のハイクラス転職を得意としています。利用者が目指す姿から逆算し、キャリアの方向性を考えます。

アサインの強みはまさに利用者とともにキャリアの方向性を考えてくれることといえるでしょう。また、DiSC修了者が利用者の価値観や強みを踏まえて、選考対策のための資料を作成してくれます。

アサインは以下のような転職支援サービスを提供しています。

  • 転職支援のサポート
  • AIを使ったキャリアシミュレーション
  • 選考対策のための資料の作成

アサインはコンサルなど一般的に難易度が高いといわれる転職先にも強いといわれています。高いキャリアを目指したい人や、入社難易度が高いといわれる企業に挑戦してみたい人におすすめです。

まとめ

キャリア選択は人生やライフプランを考えるにおいても重要なポイントとなります。先行き不透明な時代ですが、自身の生き方や目標を持ってキャリアを形成することで、思い描くキャリアやそれに近いキャリアを描くことができるでしょう。

 キャリア選択について考えている人の中には実現したい目標がある人や、将来に期待感を抱いている人もいます。その一方、自身の人生についてこのままで良いのかと悩みを抱えていたり、現職に不満を抱えていたりする人が少なくないことも事実といえます。

自身のキャリア選択に悩んでいる人は自分が何をやりたいか、何を目標に働きたいかを明確にした上で、自身の性格や能力にマッチした企業と巡り合えるよう行動することが大切です。

関連:1,000円からピンポイントで使えるキャリアコーチングサービス

\キャリアのプロへの無料相談がおすすめ/

専門家へ相談する

ABOUT ME
いいんちょう
会社員年収向上委員会
経歴:WEB系サービス運営企業からM&Aコンサルティング会社へ転職。国が発表している統計情報や転職エージェントとのやり取りから考えた、戦略的な転職1回で年収を2倍に。