転職成功ノウハウ

20代転職年収アップ成功ガイド!成功のためのコツと全ポイント解説

20代の転職年収アップ成功のコツ

転職を考えているけど、20代での転職はまだ早いかも

そんな悩みをお持ちではないでしょうか?終身雇用制度が崩壊し、転職が当たり前の選択肢になったといわれている昨今。20代での転職も全く早すぎることはありません。

この記事では20代で転職を成功させて、年収をアップさせるためのコツとポイントを徹底解説します。

\全サービス無料で相談・利用OK/

AGENDA
  1. 20代転職者の離職理由ランキング
    1. 人間関係がうまくいかなかったから
    2. いろいろな会社で経験を積みたいから
    3. 満足のいく仕事内容でなかったから
    4. 賃金が低かったから
    5. 賃金以外の労働条件がよくなかったから
    6. 会社の将来に不安を感じたから
  2. 20代の転職は年齢によって大きく戦略が異なる
    1. 新卒3年目(25歳くらい)まで
    2. 新卒5年目(27歳くらい)まで
    3. 30歳手前(28,29歳)まで
  3. 20代の転職で必要とされる資質・スキル
    1. ポテンシャル(将来性)
    2. スタンス(価値観・姿勢)
    3. ポータブルスキル
    4. テクニカルスキル
  4. 20代の転職では転職回数によって有利不利が決まる
    1. 転職回数が多い人が与えてしまう印象
    2. 転職回数0〜1回
    3. 転職回数2回
    4. 転職回数3回以上
  5. 転職の成功率は他の年代よりも高い
    1. 若いことが最大の武器
    2. 未経験であることが当たり前として扱われる
    3. 年収が下がることを許容できる人が多い
  6. 20代の転職で年収をアップさせるポイント4選
    1. 平均年収の高い職種に転職する
    2. 些細なことでも実績を出してアピールする
    3. これまでの経験・スキルを活かせる会社に転職する
    4. 若手が活躍できる会社に転職する
  7. 20代におすすめの転職エージェント4選
    1. マイナビエージェント
    2. リクルートエージェント
    3. doda
    4. パソナキャリア
  8. 面接前に知っておきたい企業の3タイプ
    1. カルチャー重視タイプ
    2. スキル重視タイプ
    3. キャリアビジョン重視タイプ
  9. 20代の転職活動の流れ
    1. なぜ転職をしたいのかを整理する
    2. 転職のスケジュールを立てる
    3. 転職エージェントと面談をする
    4. 転職先候補のことを調べる・選定する
    5. 履歴書・職務経歴書を準備する
    6. 面接や試験を受ける
    7. 新雇用契約条件を調整・交渉する
    8. 転職成功
  10. 20代の転職でよくある失敗例7選
    1. 求人内容の確認ミス
    2. 入社してから企業文化や社風が合わないと気づく
    3. ブラック企業だった
    4. 転職の目的が不明確だった
    5. 転職しても人間関係に苦しむ
    6. やってみたいと思った職種だけど合わなかった
    7. 前職を辞めたことを後悔してしまう
  11. 20代の転職活動の注意点
    1. 本当に転職したいかよく考える
    2. 転職をしたいならすぐに動くべき
    3. 未経験分野への転職は年収が下がることを認識する
    4. 自分の仕事や強みを言語化できるようにする
    5. 転職先が決まるまで会社を辞めない
    6. 女性が注意するポイント
  12. 初出社前にしておきたい準備6選
    1. 必要書類のチェック
    2. 転職先で必要な備品の準備
    3. 転職先の就業規則の把握
    4. 転職先の予備知識を予習しておく
    5. 初出社後の大まかなスケジュールの把握
    6. 身だしなみを整えておく
  13. まとめ

20代転職者の離職理由ランキング

20代転職者の離職理由ランキング

厚生労働省が発表した、令和2年転職者実態調査の概況によると、20代の自己都合で転職した人の離職理由ランキングは、以下のようになります。

順位20〜24歳割合25〜29歳割合
1位人間関係がうまくいかなかったから38.4%満足のいく仕事内容でなかったから31.4%
2位いろいろな会社で経験を積みたいから27.6%賃金が低かったから31.3%
3位満足のいく仕事内容でなかったから25.2%賃金以外の労働条件がよくなかったから25.5%
4位賃金が低かったから23.8%会社の将来に不安を感じたから25.4%
5位会社の将来に不安を感じたから22.5%人間関係がうまくいかなかったから25.4%

それぞれ解説していきます。

関連:30代の転職成功ポイント全容公開

人間関係がうまくいかなかったから

人間関係がうまくいかなかった

心理学者のアルフレッド・アドラーは、「人の悩みの9割は人間関係である」と断言しています。たくさんの人が集まって成り立つ企業・組織においても、人間関係の悩みや問題は尽きないものでしょう。

人間関係に問題があると、日常の業務の遂行やコミュニケーションに支障をきたします。社会人経験が少ない20~24歳の層では人間関係が理由で転職をした人が1番多く、学生時代とは違う人間関係の難しさに直面し、ギャップに苦しむ方が多いのでしょう。

人間関係の悩みがあると、会社組織に馴染むことも難しくなります。職場の人間関係がうまくいかないことを理由に離職・転職を決意する人が多いのは、納得がいく結果でしょう。

\全サービス無料で相談・利用OK/

いろいろな会社で経験を積みたいから

いろいろな会社で経験を積みたい

人生100年時代といわれる昨今、終身雇用制度の崩壊と相まって、転職は当たり前の時代です。若いうちにいろいろな会社で経験を積みたいと考えるのも非常に前向きな理由だといえるでしょう。

企業としては「雇用する人には、できるだけ長く働いてほしい」と思うものです。いろいろな会社で経験を積みたいという理由で転職する場合は、「またすぐに辞めるのではないか」と危惧されてしまいます。

「複数の会社で経験を積んだうえで、最終的にどうなりたいのか」まで言語化できると、更に魅力的な人材になれるでしょう。早期退職の可能性があっても、一緒に働いてみたいと思ってもらえるかもしれません。

\全サービス無料で相談・利用OK/

満足のいく仕事内容でなかったから

満足いく仕事内容ではなかった

希望を持って入社した会社でも、希望通りの部署に配属されたり、やりたい業務を任せられるとは限りません。理想と現実とのギャップに悩み、仕事に充実感を感じることもできずに、転職を決意するのでしょう。

仕事の内容は、自身の価値観と相まって「働きがい」を醸成する要素となります。転職して、充実感を感じながら働ける環境に飛び込みたいという思いは非常に納得がいきます。

\全サービス無料で相談・利用OK/

参考:自分が納得できる会社選びの方法は?

賃金が低かったから

賃金が低かった

初めて正社員で働く場合は、額面給与と手取り給与とのギャップに驚くことがあります

額面給与をみて納得していても、実際に振り込まれる金額が思っていた以上に低く、転職を決意した方もいるでしょう。賃金は生活に密接に関わる部分なので、慎重に考慮したいところです。

また、数年勤務したが思ってたより賃金が上がらなかった、という方もいるかと思います。近い将来の昇給や昇格が見込めない場合は、転職の理由に直結するといえます

\全サービス無料で相談・利用OK/

賃金以外の労働条件がよくなかったから

労働条件がよくなかった

労働時間や福利厚生面などで不満を感じ、転職を決意する方も多いようです。

特に、20代も後半になると結婚する方も増えてきます。ライフイベントを経験し、プライベートの生活環境が変わることで、労働時間や休日に関する不満を感じるようになる方が多いのではないかと推測できます。

また、有給休暇や夏季・冬季休暇が、形骸化している企業があるのも現実です。そういった現実を知って、転職を決意する方もいるのでしょう。

\全サービス無料で相談・利用OK/

関連:国内企業平均年収ランキング

会社の将来に不安を感じたから

将来に不安を感じた

業務に慣れてくると、今後その会社で働き続けたときの自分の姿もなんとなく想像がつくようになり、漠然とした不安を抱える方もいらっしゃいます。そういった将来のキャリアや、いつ倒産するかわからないといった経営面の不安から、転職を決意する方も多いです。

感染症拡大の影響により、2020年からはそれまでの当たり前が当たり前ではなくなり、会社の将来に不安を感じる方も多く、転職だけではなく独立する人も増えている傾向にあります。

\全サービス無料で相談・利用OK/

20代の転職は年齢によって大きく戦略が異なる

20代は年齢によって戦略が異なる

ひとことで20代といっても年齢によってもとるべき戦略が変わってきます。自身の年齢に応じて、戦略を練りながら転職活動をしていくことが大切です。

また、社会人経験が多少はあるはずなので、最低限のビジネスマナーはあるという前提になります。年齢別に転職のポイントや、とるべき戦略について解説します。

\全サービス無料で相談・利用OK/

関連:転職のベストタイミングはいつ?

新卒3年目(25歳くらい)まで

新卒3年目にあたる25歳ほどの年齢では、もっともアピールすべきポイントはポテンシャルです。若さを最大の武器と捉えて、自らの将来性と意欲の高さを伝えられるよう意識しましょう。

現時点での仕事のスキルはあまり求められません。それよりは、仕事のスキルやノウハウを身に着けるための「順応性」や「積極性」が重視されます。

順応性とは、新しい環境にすぐ慣れる能力や、人間関係を良好に保てる能力です。積極性とは、主体的に行動できる力を指します。

順応性・積極性ともに、過去の体験をもとにアピールするとよいでしょう。

  • 学生時代の短期アルバイトで、毎回違うメンバーと一緒に仕事するのが楽しかった
  • 接客業のアルバイトで、お客様が求めてることを察知して行動し、喜んでもらえるのがやりがいだった
  • 前職で売上目標を達成するために、さまざまな施策を立案し、上司に提案した

このようなエピソードを話すことで、順応性や積極性がアピールされます。

新卒3年目までの転職活動では、転職先に貢献していく未来を面接官などが想像できるように、ポテンシャルの高さをアピールしましょう。そのためには学生時代を含めた過去の経験を思い出し、順応性・積極性をアピールできるようなエピソードの準備が必要です。

\全サービス無料で相談・利用OK/

新卒5年目(27歳くらい)まで

20代半ばにあたる新卒5年目ほどまでの転職も、20代前半と同様にポテンシャルが大きなポイントとなります。それにプラスして、年齢相応のビジネススキルや、仕事への責任感が求められます。

社会人生活が4~5年ほどあるので、これまでにどのような能力を培ってきたのかをアピールするとよいでしょう。

前職での仕事内容や身につけたスキル、成功体験を思い出してみてください。仕事内容や身につけたスキルは、そのままあなたの強みになります。また、成功体験のプロセスの中に、あなたが培ってきた能力が隠れているはずです。

また、新卒5年目までの転職は、離職理由も大切です。転職のきっかけがネガティブな理由だったとしても、視点を変えればポジティブな理由に変換できます。

  • 仕事内容が合わなかった→もっと自分の強みを活かせる環境で働きたい
  • 人間関係がうまくいかなかった→社風が合わないと感じ、募集を見て、理念や社風に惹かれた

採用する会社の立場から考えると、「前職の退職理由によっては、またすぐに辞めてしまうのではないか」という不安があります。

ポテンシャルや責任感のアピールとともに、新しい環境でしっかりと再スタートできることを確信できるような、ポジティブな転職理由を伝えましょう

\全サービス無料で相談・利用OK/

30歳手前(28,29歳)まで

30歳手前になると、社会人経験も6年以上あるはずです。この年代になると、転職先でも即戦力となることが期待されます

入社後すぐに、会社の一員として第一線で働いていくことや、新人や後輩の育成能力、チームをまとめるマネジメントスキルも求められるでしょう。

自身の即戦力性を伝えるには、仕事の専門性だけでなく、ポータブルスキルをアピールすることも重要なポイントです。ポータブルスキルとは、どの業界や会社でも通用するスキルのことを指します。

  • 人間関係を円滑にできるコミュニケーションスキル
  • チームを目的に向かって一丸となるようまとめることができるリーダーシップ
  • 問題や課題をクリアしていく問題解決能力
  • 決断力や忍耐力など、自分自身に向けての能力

過去の経験をもとに、これらのスキルを発揮できたエピソードをまとめておきましょう。また、転職の目的を明確にしておくことも重要です。

  • キャリアアップしたい
  • 数年後に独立を考えてるから、そのためのスキルやノウハウを身に着けたい
  • 前職のときよりプライベートの時間を確保したい
  • 違う業界に飛び込みたい

目的を明確にしておくことで、自身の優先順位が明確になり、企業の選び方も変わってきます。自身の今後のビジョンに合った会社・自身のスキルを活かせる会社を選び、アピールしていきましょう

\全サービス無料で相談・利用OK/

20代の転職で必要とされる資質・スキル

20代の転職で必要とされる資質・スキル

転職では以下の4つの資質やスキルが必要とされます。中でも、20代の転職で特に求められるのはポテンシャルとスタンスです。詳しく解説していきます。

ポテンシャル(将来性)

ポテンシャル(将来性)

ポテンシャルとは、直訳すると潜在する能力や可能性・将来性のことです。転職市場では、基礎学力・素養・職務遂行能力・熱意などで判定されます。

これは筆記試験や学歴・取得資格などで判断されることが多いです。また、履歴書や面接で熱意を伝えることも大切です。

ポテンシャル採用という言葉があるくらい、20代の転職においてポテンシャルは重要なポイントです。業務スキルや経験が少ない分、面接時にマナーや表情・話し方などに気を配ると同時に、自身のポテンシャルの高さを伝えられるよう意識しましょう。

スタンス(価値観・姿勢)

スタンス(価値観・姿勢)

スタンスとは、直訳すると姿勢です。転職市場では、仕事に対する価値観・考え方を指します。これらは履歴書・職務経歴書などの書類と面接での受け答えで判断されます。

自身の仕事に対する価値観・考え方を整理して言語化しておくことはもちろん、転職候補先の企業の価値観や考え方を理解しておくことも大切です。企業の価値観や考え方は、企業理念・ビジョン・行動指針などに表れています。

また、企業の価値観・考え方と自分の仕事に対する価値観・考え方がマッチしている会社を選ぶことは、転職後に働きがいを感じながら働いていくうえでも大切なことです。自身のスタンスを明確に持つと共に、転職先のスタンスにも注目しましょう。

\全サービス無料で相談・利用OK/

ポータブルスキル

ポータブルスキル

ポータブルスキルとは、会社や業種の枠を越えて応用できる、強みを指します。これらは履歴書・職務経歴書で判断され、面接も大切なアピールの場です。

前職での経験や学生時代の経験を振り返ることで、自身が身に着けているポータブルスキルを発見することができます。例えば、前職が接客力だった場合「おもてなしの心」が身に付いているかもしれません。

自身の過去の経験を棚卸して、ポータブルスキルを確認してみましょう。ポータブルスキルがあれば、どんな職場でも応用可能です。転職活動の強力な武器となります

テクニカルスキル

テクニカルスキル

テクニカルスキルとは、専門性が高いスキルのことです。例えば、プログラミングスキルや各職種に準じたスキルを指します。これらは主に面接や過去の経歴・実績で判断され、特に同業種の即戦力として採用されるときに重要視されます。

前職での経験で身に着けたテクニカルスキルがあれば、同業種への転職で有効な武器となるでしょう。年収アップも期待できます

\全サービス無料で相談・利用OK/

20代の転職では転職回数によって有利不利が決まる

転職回数で有利不利が決まる

転職が当たり前の時代になったとはいえ、採用担当者から見ると、若い年代での転職にネガティブな印象があることは否めません。20代の転職では、転職回数によって有利不利が決まります。

転職回数が多い人が与えてしまう印象と、それぞれの回数別のポイントを解説していきます。

転職回数が多い人が与えてしまう印象

転職回数が多い人は、採用担当者に以下のような印象を持たれてしまうことがあります。

転職回数が多い人が採用担当に与える印象
  • またすぐに辞めてしまうのでは?
  • ビジネスマナーやスキルが身に付いてないのでは?
  • 協調性が無く、人間関係で問題を起こすのでは?
  • 自社への忠誠心を持ってくれないのでは?

このような印象を持たれてしまうのは、あなたのことを何も知らない採用担当者の立場から考えると、当然だともいえます。

これらのネガティブな印象を覆すには、転職の理由・目的や志望動機をアピールすることが大切です。

転職回数0〜1回

転職回数が0~1回の場合は、さほどネガティブな印象は伝わりません。新卒で入った会社が合わないことはよくあります。転職する明確な理由があれば、転職活動は有利に進められるでしょう。

ただし、転職理由によっては「またすぐに辞めてしまうのでは?」という印象を与えてしまうことも考えられます。それを避けるためには、次の企業でも起こりうることを転職理由として挙げないことです。

  • 人間関係が悪かったから辞めた→人間関係はあなた次第で変わる
  • 前職の会社が社長のワンマン体質だった→他責思考の傾向がある

他人や会社を原因とした理由の多くは、次の企業でも起こりうるため、悪い印象を与えてしまう可能性があります。あくまで「自身に改善できるポイントはないか」に目を向けて、ポジティブな理由に変換することが大切です。

\全サービス無料で相談・利用OK/

転職回数2回

20代で転職回数が2回の人は、人間性の面でネガティブな印象を与えてしまう恐れがあります。

採用担当者に与える恐れのあるネガティブな印象
  • 協調性が無く、人間関係で問題を起こすのでは?
  • 自我が強すぎて周囲と馴染めないのでは?

このような印象を持たれてしまう可能性があり、転職活動が不利になってしまうでしょう。これらの印象を覆すことが、転職活動を有利に進めるためのポイントだといえます。

人間性の面でのネガティブな印象を覆すには、ポジティブな転職理由と共に、あなたの人間性の良さをアピールすることが大切です。しっかりと自己分析をして、自身の強みを見極めましょう。

また、周りの人に聞いてみるのもおすすめです。あなたのことをよく理解している家族や友人なら、あなたが自分で気づいていない自身の強みを指摘してくれることもあります。

自身の魅力をしっかりと伝えて、転職を成功させましょう。

\全サービス無料で相談・利用OK/

転職回数3回以上

20代で3回以上転職している人は、「ジョブホッパー」という印象を与えてしまうことがあります。ジョブホッパーとは、短期間で仕事を変え続ける人のことです。

ジョブホッパーの印象を持たれると、転職活動は大変不利になります。書類選考で落とされてしまうことも多くなるでしょう。

ネガティブな印象を払拭するためには、転職理由に一貫性を持たせることと、それを踏まえたポジティブな志望動機を伝えることが大切です。

転職理由が毎回違うと、目の前のことに不満を持ちやすく、ものごとを投げ出してしまう人だという印象を与えます。転職理由に一貫性を持たせ、数回の転職を経て学んだこと・気づいたことを、志望動機に結びつけるとよいでしょう。

また、転職後の将来に向けて今努力していることをアピールすることも大切です。

ポジティブな転職であると印象づける例

「3回の転職を経験し、自分には〇〇は向いていないとわかりました。学生時代から、気になったことは調べなければ気がすまない性格だったため、専門技術職が向いていると考えました。webデザインに興味をもち、通信講座を受講して独学で学んでおります」

例えば、このようなアピールはポジティブな転職であることを印象付けられる可能性があります。

20代で転職回数が3回を越えると、不利なことは間違いありません。不利な状況を覆すための戦略や努力が必要です。また、転職が多いからこそ学べたこともアピールポイントにできるはずです。その点もまとめておいて、転職活動中に伝えられるようにしましょう。

\全サービス無料で相談・利用OK/

転職の成功率は他の年代よりも高い

転職の成功率は他の年代より高い

基本的に転職は若い方が有利です。30代や40代の転職と比べて、20代の転職の成功率は高くなります。20代の転職の成功率が高い3つの理由について解説していきます。

若いことが最大の武器

若いことが最大の武器

20代の転職は、なんといっても若いことが最大の武器になります。現状のスキルよりも、将来性や熱意が評価されます。

今後の人生や社会人生活のビジョン、転職の明確な目的があれば、高い評価を得られるでしょう。自身の熱い想いをしっかりと言語化して伝えることが大切です。

未経験であることが当たり前として扱われる

未経験が当たり前

20代の転職は、年齢が若いことから、経験がないことは当たり前として扱われます。もちろん、経験や実績があることはプラスの要素となります

しかし、それよりも大切なのは、「なぜその企業・職種で働きたいか」です。その理由こそが、あなたの熱意だと受け取られます。

経験がなかったとしても、意欲の高さをアピールし、若いからこその吸収力の高さを伝えていきましょう。

\全サービス無料で相談・利用OK/

年収が下がることを許容できる人が多い

年収を許容できる人が多い

20代の転職は、年収が下がることを許容できる人が多いのも、転職成功率が高い1つの要因です。

年収ダウンを許容できる理由
  • 20代は経験やスキルを積み上げることに費やすため、長期的な視点で見ると生涯年収が上がることを見越して、一時的に年収が下がることを許容できる人が多い
  • 年収よりも、プライベートの時間を確保することの方が優先度が高い人が多い
  • 年収よりも、働きがいを重要視している人が多い

これらの要因で年収ダウンは許容できる人も多く、転職成功率が高い要因の1つとなっています。

\全サービス無料で相談・利用OK/

20代の転職で年収をアップさせるポイント4選

転職で年収をアップするポイント

仮に前職を辞めた理由が年収への不満ではないとしても、せっかく転職するのなら年収をアップさせたいと考える方は多いでしょう。

転職して年収をアップさせるには、いくつかのポイントを押さえておく必要があります。20代の転職で年収をアップさせる4つのポイントについて解説します。

平均年収の高い職種に転職する

転職で年収をアップさせるには、平均年収の高い職種に転職することがポイントです。

数ある業種・職種の中で、平均年収には格差があります。1人あたりの生産性(売上・利益)が高い業界は平均年収が高く、その中でも高いスキルが必要な職種は平均年収が高くなる傾向があります。

例えば、飲食業界よりIT業界の方が1人あたりの生産性は高く、年収も高くなる傾向があります。

また、IT業界の同じ会社内でも、事務職より営業職やエンジニア職の方が年収は高くなる会社が多いです。転職で年収アップを狙うなら、平均年収の高い業種や職種を選ぶことが大切です。

関連:平均年収の高い業界・職種は?高年収への転職のコツも解説

些細なことでも実績を出してアピールする

20代の転職で年収アップを狙うには、些細なことでも実績を出してアピールすることが大切です。

大きくアピールできる実績例
  • 社内で1位の業績を出した
  • 自身が手がけたプロジェクトが大成功した

このような大きな実績でなくても問題ありません。数字や売上に結びつくような実績ではなくても、ポテンシャルの高さを伝えられる実績は些細なことでもどんどんアピールしましょう。

伝え方次第でアピールできる実績
  • 入社直後は1日3件ほどしか回れなかった営業を、やり方を工夫することで1日平均10件回れるようになった
  • チームメンバーの意思疎通や業務の引継ぎを円滑にするために、業務報告用のツールを導入し、業務の見える化をできるよう工夫した

例えば忍耐力や責任感など、自身の強みとなる要素を行動で表した実績をアピールすると効果的です。その際に数字で表現できる実績だと、些細なものでもよりアピールしやすいでしょう。

\全サービス無料で相談・利用OK/

これまでの経験・スキルを活かせる会社に転職する

これまでの経験・スキルを活かせる会社への転職は、年収アップも充分期待できます。

即戦力を期待している企業からは重宝され、年収アップを狙いやすいでしょう。

また同じ職種で、平均年収が高い業界を選ぶのも有効です。給与水準が高い業界に転職すれば、これまでの経験・スキルを活かしつつ年収アップを狙えます。これまでの経験・スキルを活かせる会社への転職は、年収アップへの最短ルートだといえます。

関連:中途採用の面接でよく聞かれる質問

若手が活躍できる会社に転職する

ベンチャー企業など、若手が活躍できる会社への転職は、年収アップを期待できます。企業全体の平均年齢が若い会社は勢いがあります。

部長や課長などの重要ポジションに空きがある場合には、入社後の活躍次第では早期の昇格も考えられます。若手が活躍できる会社に転職すれば、年収アップも視野に入るでしょう。

\全サービス無料で相談・利用OK/

20代におすすめの転職エージェント4選

20代におすすめの転職エージェント

転職エージェントとは、人材を募集している企業と、仕事を探している個人をマッチングしてくれるサービスや企業のことです。たくさんの転職エージェントがあり、各サービスごとに特色があります。

20代におすすめの転職エージェントを紹介します。それぞれの特徴を比較して利用を検討してみて下さい。

マイナビエージェント

マイナビAGENT

マイナビエージェントは、転職支援実績ナンバーワンといわれている転職エージェントです。面接対策などのサポート体制と、転職者と企業を結びつける高いマッチング力に定評があります。

各業界の転職事情に精通した転職アドバイザーが、転職者に専任でサポートしてくれます。アドバイザーとの面談で、転職者自身のスキルや経験をヒアリングによってアドバイザーが自己分析の支援をしてくれるため、転職に有利となる強みを発見できるでしょう。

転職者の将来を見据えた長期的視点でカウンセリングしてくれるので、自身では気づけなかった視点からのアドバイスをもらえるでしょう。

転職が初めての方でも、アドバイザーに質問することで細かな疑問を解消でき、心強い存在になってくれます。今後成長していく業界や身につけるべきスキルなど、今後の長いキャリア設計においても役立つアドバイスをしてくれるはずです。

また、営業マンが定期的に企業に訪問することで、企業の実情など詳しく情報収集してくれています。求人情報だけではわからない細かなこともリサーチし、転職者にピッタリな企業を提案してくれるのが特徴です。

>マイナビエージェントの評判・口コミ

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、取り扱い求人数25万件超を誇る、業界最大手の転職エージェントです。テレビCMなどで目にしたことがあるのではないでしょうか?40年以上の歴史があり、日本の転職業界を支えてきた実績があります。

求人数ナンバーワンを誇り、リクルートエージェントにしかない独自の求人情報も多数あるのがポイントです。

また、全国各地の全業種・全職種に対応できるほどの多彩な求人情報を保有しているため、異業種への転職や、地方への転職を検討している方にも心強い存在です。

転職内定後の、条件面の交渉もアドバイザーが代行してくれます。年収の交渉や入社時期の交渉など、自分からは言いづらい部分の交渉を代行してくれる、心強いサポート体制です。

営業担当者の交渉力の高さにも定評があり、仮に書類選考や面接で落ちた場合も落選理由を聞き出してくれるので、その後の転職活動に活かせます。また、不採用となっても同じ会社の違う部署で再面接を受けれるよう交渉し、転職成功に導いた実績もあります。

40年以上のキャリアがあるからこそ成せる、企業との密接な繋がりと、アドバイザーや営業担当者の徹底的なサポートが魅力の転職エージェントです。

>リクルートエージェントの評判・口コミ

doda

転職サイトとして有名なdodaですが、転職エージェントとしても定評があります。

dodaのサイト内で年収診断やキャリアアップ査定などのコンテンツで自身の市場価値を知ることができ、企業から直接オファーが届くスカウト機能もあります

毎月全国で転職イベントを開催しており、企業の採用担当者の声を直接拾うことができます。採用担当者と直接会話もできるので、疑問点の解消や、企業が求めている人材像を知れるのも大きなメリットです。

また、職務経歴書の添削、面接指導、転職後のアフターフォローなど、サポート体制も充実しています。転職後も1年間のアフターフォローをしてくれるので、入社後に困ったことなど親身になって相談に乗ってくれます。初めての転職でも安心できる転職エージェントです。

>dodaの特徴・評判・口コミはこちら

パソナキャリア

パソナキャリアは、初めての転職者からの評価が高い手厚いサポートが魅力の転職エージェントです。求人数の多さも業界トップクラスなので、新しいキャリアを切り開いていきたい方にもおすすめです。

46万人以上の転職成功実績から導かれる、模擬面接や書類の添削など、初めての転職や異業種への転職でも安心です。

また、女性の転職サポートに力を入れているという特徴もあり、女性の転職に特化したノウハウを持ち合わせています

育休や産休も含めたライフプランも込みで、親身になって相談に乗ってくれるでしょう。パソナキャリア自身が女性社員や幹部が多く、女性の転職に強いという信頼できる実績があるのです。

もちろん、男女共に利用できる転職エージェントですが、女性には特におすすめです。

>パソナキャリアの評判・口コミ

参考:転職エージェントが不必要な人の特徴は?

面接前に知っておきたい企業の3タイプ

企業の3タイプ

企業によって求める人物像に違いはありますが、重要視する要素は大きく分けると3つに分かれます。自身の転職先候補となる企業が、どのタイプに分類されるのか考え、対策を考えておきましょう。

カルチャー重視タイプ

カルチャー重視

カルチャーとは文化という意味です。カルチャー重視タイプの企業は、社風を第一に考えており、社風に合った人材を採用する傾向があります

人柄を重視する傾向があり、現在会社に在籍している社員と似たような価値観や考え方を持つ人材を採用する傾向にあります。

カルチャー重視タイプの企業の面接をクリアするには、企業理念やビジョンを理解し、共感を示すことが大切です。自身のキャリアビジョンよりも、チームワークの醸成における価値観をアピールするとよいでしょう。

このタイプの企業は、企業理念やビジョンに自身が本当に共感している場合は、働き甲斐を感じながら楽しく働ける可能性が高いです。逆に、無理に企業の価値観に自身の価値観を合わせようとすると、途中で働きづらさを感じる可能性が高いといえます。

価値観がマッチしていれば、満足度の高い転職を実現できる企業といえるでしょう。

\全サービス無料で相談・利用OK/

スキル重視タイプ

スキル重視

能力やスペックの高さなど、スキル面を重要視するタイプの企業です。エンジニアのような専門技術が必要な職種を擁する企業には、スキル重視タイプが多い傾向にあります。

スキルが高い人材が集まっているため、会社で扱っている仕事もレベルが高いことが多く、キャリアアップや経験値を上げるという点において、魅力的な企業といえます。

また、スキルが高い人材を好んで採用するため、同業他社よりも平均年収が高くなる傾向があります。

履歴書・職務経歴書や、面接を通して、自身のスキルを余すことなくアピールすることが大切です。

\全サービス無料で相談・利用OK/

キャリアビジョン重視タイプ

キャリアビジョン重視

5年後・10年後の未来に、どんなビジョンを描いているのか。将来どうなっていきたいのか。キャリアビジョンを深いレベルでの言語化を求めるタイプの企業です。面接官の洞察力が高く、企業全体としても意識レベルの高い社員が多いのが特徴です。

キャリアビジョン重視タイプの企業の面接をクリアするには、「なぜそう思うのか?」というところまで深堀りして受け答えするのがポイントです。

例えば、「なぜその職種を希望しているのか」や「そう思ったきっかけは何なのか」まで深く言語化していく必要があるでしょう。

また、描いているキャリアビジョンと現状とのギャップを自覚しておくことも大切です。そのギャップを埋めるために起こすアクションや、転職後のキャリアでどのように成長していけるのか、その未来像をアピールするとよいでしょう。

関連:キャリアプランの立て方とおさえるべきポイント

\全サービス無料で相談・利用OK/

20代の転職活動の流れ

転職活動の流れ

実際の転職活動の流れを8ステップで解説していきます。どれも大切な要素です。それぞれのポイントを解説します。転職活動の参考にしてください。

参考:【初めてでも安心】転職活動の進め方

なぜ転職をしたいのかを整理する

まずは、なぜ転職をしたいのかを整理していきます。最初のこのステップが最も大切です。なぜなら目的がない行動はゴールがどこかわからないまま進むため、結果的によい転職が実現する可能性を高められないからです。

転職に向けて整理するポイント
  • なぜ転職したいのか
  • どんな企業で働きたいか
  • どんな働き方が理想か
  • 自分の強みは何か
  • 現在持っているスキルはなにか

これらを1つ1つ整理していきましょう。ただぼんやりと頭で考えるのではなく、紙に書き出していくことがポイントです。紙に書き出すことによって、思考が整理でき、自分自身を客観視できます。

紙に書き出す手法をジャーナリングといい、心理学でも使われる自己理解の手法です。

まずそれぞれのテーマについて、頭に思いついたことを書き出していきましょう。誰かに見せるものではないので、この時点では整理された文章でなくて問題ありません。

頭の中にある要素を全て書き出したら、それらを客観視して似ているものをグルーピングしていきます。いくつか出てきたキーワードを結びつけて、文章として言語化しましょう。

「転職する理由」や「理想の企業・働き方」、「自分自身の棚卸」これらを整理することで、以降の転職活動がスムーズに進みます。

1人で整理するのが難しければ、キャリアコーチングサービスでプロのキャリアコーチと一緒に進めていくことをおすすめします。初回無料相談が可能なので、まず利用してみることをおすすめします。

転職のスケジュールを立てる

転職活動を本格的に始める前に、転職のスケジュールを立てましょう。

スケジュールを立てることで、いつまでに何をすべきかが明確になり、転職活動をスムーズに進めることができます。スケジュールを決めなければ、「いい企業が見つかったら応募しよう」と考えるだけで、ズルズルと時間が進んでしまいます。

ゴールから逆算することで、明確にスケジューリングできます。しっかりと計画を立てて、スムーズな転職活動を実現しましょう。

転職エージェントと面談をする

転職エージェントは、複数のサービスに登録することをおすすめします。複数の転職エージェントに登録することで、転職候補となる会社の選択肢が増え、自身に合った転職エージェントがわかるというメリットがあります。

転職エージェントの担当者があなたの希望の転職先や持っているスキルをヒアリングし、ピッタリな会社を紹介してくれます。面接の日程調整や条件面の交渉までしてくれる転職エージェントもあるので、転職者にとっては心強い存在です。

まずは気になる転職エージェントに登録し、面談を設定してもらいましょう。あなたの転職活動を、あらゆる面からサポートしてくれるはずです。転職エージェントとの面談をスムーズに進めるためにも、転職理由を自分なりに整理しておくことをおすすめします。

\全サービス無料で相談・利用OK/

参考:転職サイトとエージェントの違いは?目的タイプ別の選び方を紹介

転職先候補のことを調べる・選定する

転職エージェントから紹介していただいた企業や、自身が調べた企業の中から、転職先候補をいくつか選定します。給与や福利厚生面だけではなく、以下の情報を下調べしましょう。

転職先選定のポイント
  • 企業理念やビジョン
  • どんな人材を求めているのか
  • その企業の社員はどんな思いを持って働いているのか
  • 社会に対してどんな貢献をしているのか

企業のHPに掲載されていることが多く、近年はSNSアカウントを運用している企業も多いです。条件面だけに捉われず、自身と価値観が合う会社を選ぶことが転職を成功させる秘訣です

いくつかの転職先候補の企業について下調べし、応募する企業を選定しましょう。

履歴書・職務経歴書を準備する

求人にエントリーするには、履歴書・職務経歴書の準備が必要です。企業によっては、面接の前に書類選考で合否判定が出ることもあります。

履歴書の項目の中で、企業が重要視するのが「志望動機」です。なぜその企業に入社したいのか、どんなところに惹かれたのかをアピールしましょう。

どこの企業に応募しても意味が通じるような、使いまわしの利く志望動機はNGです。人事担当者はたくさんの人材の応募書類に目を通してきているので、そのような志望動機はすぐに見抜かれます。

職務経歴書は、できるだけ具体的に、なおかつ見やすいレイアウトで仕上げることがポイントです。実績やスキルを強調する場合は、応募先の企業の事業と連動しているものだと尚良いでしょう。

面接や試験を受ける

書類審査を通過したら、面接に進みます。企業によっては、入社試験がある場合もあります。また、二次面接まで必要となる企業もあります。

面接ので必ず聞かれる質問については、あらかじめ回答を考えておくことがポイントです。

  • なぜ転職するのか
  • なぜその企業に入社したいのか

ここまでのステップをしっかり踏んでいれば、問題なく答えられるでしょう。志望動機は、履歴書に書いた内容により肉付けして話せると尚良いでしょう。

また、面接では人柄もみられます。

  • 清潔感のある服装・髪型を意識する
  • 挨拶や礼など、ビジネスマナーを意識する
  • 目を合わせて話す
  • 笑顔で話す

これらのことも大切です。緊張しすぎて固くなるのも良くありませんが、しっかり気を引き締めて面接に臨むようにしましょう。

\全サービス無料で相談・利用OK/

参考:好印象を与える転職面接マナー

新雇用契約条件を調整・交渉する

面接を通過し内定が決まると、雇用契約条件の調整・交渉に進みます。入社日や、給与面などの希望を先方に伝え、調整していきましょう。

転職エージェントを通じて応募している場合は、これらの交渉を代行してくれるエージェントもあります。転職エージェントに先に確認をしておくとよいでしょう。

また、この時期に進めておきたいのが、現在務めている会社の退職準備です。退職願の準備や、引き継ぎなども併行して進めていきましょう。退職するからといって怠惰になってはいけません。

最悪の場合、転職先への入社日が遅れてしまったり、有休消化ができなくなることもあります。上司や同僚、取引先などに迷惑がかからないように、最終日まで誠実な態度で勤務しましょう。

転職成功

ここまできてやっと転職成功です。新しい環境で、気持ちを新たに頑張ってください。入社時に必要な書類の準備など忘れないよう気をつけましょう。有給消化を挟んでから転職する場合は、しっかりとリフレッシュしてくださいね。

\全サービス無料で相談・利用OK/

20代の転職でよくある失敗例7選

よくある失敗例

20代の転職でよくある失敗例7選を解説します。このような例と同じ失敗をしないよう、注意して転職活動を進めましょう。

求人内容の確認ミス

意外に多いのが、求人内容の確認ミスです。求人情報を閲覧する際に、全体を流すように目を通してしまうと、重要なことを見落としたり、読み間違えたりすることがあります。

よくある確認ミス例
  • 完全週休2日制と週休2日制を間違える
  • 交通費全額支給と交通費一部支給を間違える

これらはよくある例です。

週休2日制は、月に1回以上週2日の休みがある週があれば適用される言葉です。毎週土日が休みの場合は完全週休2日制となります。

交通費についても、全額支給と明示されていない場合は企業の規定額範囲内しか支給されません。また、企業によっては「交通費は電車のみ支給で、バスは対象外」となる場合もあります。事前に確認が必要です。

他にも職種は事務職ではあるが、「梱包などの軽作業もあり」などの注意書きを見落としてしまい、入社してから見落としに気づくこともあります。

このようなミスを無くすためには、求人情報を隅から隅まで熟読することが大切です。見落としている文言がないか、何度か読み直しながらくまなく確認しましょう

\全サービス無料で相談・利用OK/

入社してから企業文化や社風が合わないと気づく

企業文化や社風は、長く働いていくうえで大切な要素です。企業文化が合わないと、ストレスを感じることが多くなり、働いていることを苦痛に感じることにもなりかねません

企業文化や社風は、企業理念・ビジョンに表れます。しかし、企業理念やビジョンが形骸化している会社があるのも現実です。HPなどの情報で、企業理念の体現に真剣に取り組んでいることがわかれば安心でしょう。

また、求人情報に代表者からのメッセージが載っていることもあります。それらを吟味して、企業文化や社風を確認しましょう。

ブラック企業だった

いざ入社してみたら、残業や休日出勤が当たり前のブラック企業だった、ということもよくあるケースです。働き方改革などで改善の方向に向かっているとはいえ、改革に対応できていない企業が多いのも現実です。

特に業界全体で人手不足状態が続いている業種は、労働環境も整っていない可能性があります。

口コミサイトなどで、実際に働いていた方の口コミが掲載されていることもあります。インターネットで検索して、実際に働いてる方の声もできる限り調査しましょう

転職の目的が不明確だった

転職の目的が不明確だと、転職先でも何らかの不満を感じてすぐ辞めてしまうことにつながる可能性が高いです。なぜなら、前の会社を辞めること自体が目的となってしまっていることが多いからです。

前の会社を辞めること自体が目的となってしまうと、転職先選びにも妥協が生じます。その結果、些細なことがきっかけで転職先でも嫌な思いをするとすぐに辞める選択肢をとってしまうのです。

どんな仕事や企業にも、嫌な部分はあるものですが、転職の目的が明確でないと、嫌な部分が目に入ってきてしまいがちです。転職活動を始めるまえに、転職の目的を明確にしておきましょう。

\全サービス無料で相談・利用OK/

転職しても人間関係に苦しむ

人間関係がうまくいかずに転職したのに、新しい環境でも人間関係に苦しんでしまう方もいます。人間関係の問題は複雑なため一概にはいえませんが、人間関係のどの部分が嫌だったのか、深堀りして原因を把握することも大切です。

人間関係の嫌なポイントの例
  • 口細かく指示されるのが嫌
  • 女性が少ない環境が嫌
  • 同世代が少ないのが嫌
  • 毎日同じメンバーと顔を合わせるのが嫌
  • 周りと比べられる環境が嫌

例を挙げればキリがないくらい、人間関係の不満は様々でしょう。

自分がどんな不満を感じていたのか把握しておくだけでも、転職先で同じトラブルが起こるリスクは抑えられます。

また、転職候補先のリサーチも重要です。既存社員の年齢層や男女比など、調べられることはできるだけ調べるようにしましょう。

やってみたいと思った職種だけど合わなかった

特に未経験の職種に転職した場合にある失敗例です。仕事には向き・不向きがあり、転職してから不向きだったことを実感し、苦しくなってしまうこともあります。

同業種に転職したが、「そもそもその仕事が好きではないことに気づいてしまった」ということも、特に20代では起こりうる例です。

やってみなければわからない部分もありますが、自己分析で自身の強みや価値観を知っておくことで防げる部分もあります。自分に合った職種に転職できるよう、徹底的な自己分析が重要です。

前職を辞めたことを後悔してしまう

転職の失敗例は多数ありますが、中でも最大の失敗ともいえる例が、前職を辞めたことを後悔してしまうことです。

転職を後悔する例
  • 初めてのことだらけでついていけず、ストレスを抱えてしまう
  • 前職の会社の社風の方があっていた
  • 前職の会社の方がオンとオフの切り替えができて、休日もゆっくり休めた

転職前に想像していた未来と現実のギャップを感じてしまい、転職したこと自体を後悔してしまいます。働いていた当初は不満を感じていたとしても、転職してから以前の会社の環境が恵まれていたことに気づくこともあります。

転職は、人生の方向転換ともいえる大イベントです。勢いだけで判断せず、よく考えて決断することが大切です。

\全サービス無料で相談・利用OK/

20代の転職活動の注意点

転職活動の注意点

転職活動を進めるにあたっての注意点を解説します。これらを理解していないと、転職活動がうまく進まなかったり、満足のいく企業に転職できない可能性も出てきます。

本当に転職したいかよく考える

転職活動を始めるまえに、「本当に転職したいの?」と自分に問いかけてみてください。なぜなら、転職後に後悔しても遅いことが多いからです。一度辞めた会社を戻ることは不可能ではありませんが、人間関係や自身のプライドの面で難しいことも少なくありません。

例えば人間関係の悩みなら、もしかしたら転職せずとも、部署を移動したら解決する問題なのかもしれません。また、時間の流れと共に仕事に慣れる事で解決する問題もあるでしょう。

今自分が抱えている悩みや不満は、本当に転職しないと解決できない問題なのか、まずは1度考えてみましょう

転職をしたいならすぐに動くべき

自身の転職したい意思が本気だとわかったら、すぐにでも動き出すべきです。行動しないことには転職活動は少しも前進せず、あなたの仕事環境もよくなりません。

先述したように、20代での転職は若いことそのものが武器となります。時間が経てばその武器の強さも少しずつ無くなっていきます

また、現時点で求人を出している企業が1ヵ月後や半年後も人材を募集しているとは限りません。転職への決意が固まった時点で、すぐに行動を起こしましょう。

\全サービス無料で相談・利用OK/

未経験分野への転職は年収が下がることを認識する

20代の転職では、未経験分野へ飛び込むことを検討されている方も多いかと思います。

ただし、未経験分野への転職は年収が下がる可能性が高いことをあらかじめ認識しておきましょう。企業によっては、どんなに有能なポータブルスキルを持っていても、実務経験を最重要視するところもあります。

しかし、20代には未知数のポテンシャルがあるのが強みです。転職直後は年収が下がってしまっても、将来的に前職の年収を越えられる可能性は十分にあります

未経験分野への転職は特に、将来のキャリアを見据えた長期的な視点を持つことが大切です。

自分の仕事や強みを言語化できるようにする

本格的な転職活動を始める前に、自分の仕事におけるスキルや強みを、明確に言語化しておきましょう。そうすることで、以下のメリットがあります。

強みを言語化できるメリット
  • スキルや強みを把握しておくことで、それを活かせる企業がわかる
  • スキルや強みに自信を持って面接でアピールできる

自信の強みを理解するには、自己分析することが必須です。過去の経験を棚卸し、強みを発見していくのです。また、自身の特技やスキル・強みは、自分が当たり前にやれていることの中に隠されています。

例えば、あなたにとって「マニュアルに忠実に業務をこなす」ことは当たり前にできることだとしても、他の人にとってはそうではない場合もあります。

強みや弱みは、その人の個性です。転職活動を機に、自己理解を深めていきましょう。自己理解を深めるためのwebサイトや書籍は多数あるので、参考にしながら進めるとよいでしょう。

転職先が決まるまで会社を辞めない

多くの貯金がある方を除けば、転職先が決まるまでは今の会社を辞めない方が賢明です。なぜなら、転職活動はいつ終わるという保証がないからです。

次の職場が見つかる前に今の会社を辞めてしまうと、貯金が尽きてしまう焦りから転職活動を妥協してしまう可能性もあります。今の会社で働きながら、仕事後の時間や休日を利用して、転職活動を進めましょう。

\全サービス無料で相談・利用OK/

女性が注意するポイント

女性の転職の場合は、男性にはない悩みや不満が発生する可能性があります。以下の3点に注意してください。

福利厚生が良いことを受ける理由にしない

女性が転職を考える理由として、結婚や出産などのライフプランに合わせてというケースはよくあります。その際に重要視されるのが福利厚生面です。

しかし、福利厚生が良いことだけを理由に、転職先を選ぶことはおすすめできません。福利厚生だけに着目していると、その企業や業種に魅力を感じているのかという視点が抜け落ちてしまいます

企業や業種に魅力を感じずに働いた場合、仕事をする時間が苦痛になってしまいます。自身の幸福のために転職するはずが、精神的に苦痛を感じながら働くことになってしまうのです。

福利厚生は確かに大切な一面です。しかし、それだけに気を捉われてしまうと、ストレスを感じながら働くことになってしまいかねません。最悪の場合、またすぐに転職活動を始めることになる恐れもあります。

自分が興味を持てる企業や業種で、自分らしく働ける環境を探す視点も忘れないようにしましょう。

女性特有の悩みを相談ができる人を見つけておく

女性の転職において、女性特有の悩みを相談できる人の存在は重要です。会社によっては男性中心で、女性特有の悩みへの理解が薄く、体制が整っていない会社もあります。

女性が特にチェックしたいポイント
  • 産休や育休の申請ができるか
  • 生理の辛さに対する理解はあるのか
  • ライフイベントへの理解はあるのか
  • お茶汲みなどの雑用は、「女性の仕事」という風習がないか

これらの要素もチェックしておきたいところです。女性社員の人数なども参考にするとよいでしょう。また、会社の外にも悩みを相談できる相手がいた方が安心です。

転職エージェントを利用する場合は、女性ならではの問題にも親身になって相談に乗ってくれるはずです。特に女性の担当者が相手なら気兼ねなく相談できるはずです。転職エージェントに登録するときは、そのあたりも考慮してもらいましょう。

\全サービス無料で相談・利用OK/

関連:誰に転職相談するのがベスト?

初出社前にしておきたい準備6選

初出社前にしておきたい準備

転職先であなたの魅力を存分に活かし、最大限に活躍していくためには最初の印象が肝心です。初出勤時の印象をよくするには、初出社前の準備が大切です。初出社前にしておきたい準備6選を解説します。

必要書類のチェック

転職時は、雇用保険被保険者証・年金手帳・源泉徴収票などの書類の提出が必要になります。事前に担当者に確認し、入社書類の準備を進めておきましょう。

書類の提出時はクリアファイルに入れ、更に封筒に入れてから提出しましょう。各書類を裸のまま提出しては、非常識だと思われてしまいます

初出社の前日までに必要書類を用意して、気持ちよく初出社日を迎えましょう。

転職先で必要な備品の準備

転職先によっては、出社時に準備しておくべき備品があります。A4サイズの書類が入るカバンや文房具類、職種によっては服装などに規定がある場合もあります

特に未経験の職種へ転職する場合は、勝手がわからないものです。事前に担当者に確認し、準備を進めておきましょう。

\全サービス無料で相談・利用OK/

転職先の就業規則の把握

10人以上の社員がいる会社は、就業規則の制定が労働基準法で義務づけられています。事前にもらえる場合はもらっておき、しっかりと目を通しておきましょう。

転職先での基本ルールにあたる部分です。あらかじめ理解しておくことで、細かなトラブルを防ぐことに繋がります

転職先の予備知識を予習しておく

転職先の予備知識を予習しておくことも大切です。業界知識などは業務が始まったら知っていることが前提となるものです。HPや書籍などでわかる範囲は先に覚えておくことで、入社後の苦労が少なくなります

HPで確認できる転職先の情報
  • 支社・営業所所在地の把握
  • 扱っている商品の名称や特徴の把握
  • 主要取引先の把握

これらの情報はHPに載っていることが多いです。

また、未経験の職種へ転職する場合は、あらかじめ書籍などで基礎知識を身に着けておくとよいでしょう。専門用語などがある職種の場合は、先に覚えておいた方がコミュニケーションも円滑になります。

初出社後の大まかなスケジュールの把握

採用担当者に連絡をとり、初出社後の大まかなスケジュールをわかる範囲で教えてもらうとよいでしょう。

企業によっては、入社後にまず事業内容や企業理念についての研修が入る場合もあります。予習可能な範囲は、あらかじめ知識として身に着けておきましょう。

\全サービス無料で相談・利用OK/

身だしなみを整えておく

身だしなみは初出社時は特に大切です。

心理学者のアルバート・メラビアンが提唱した「メラビアンの法則」によると、人の印象を決定づける要素の55%は視覚情報、つまり見た目です。どんなにさわやかな声色で挨拶や決意表明をしても、見た目の印象の方が相手に伝わりやすいのです。

もしも初対面で悪い印象を与えてしまうと、その後仕事をしていく中で挽回するには時間を要します。初対面で悪い印象を与えないためにも、服装や髪型などの身だしなみにはいつも以上に気を配りましょう。

まとめ

20代での転職は、早すぎるわけではありません。ただし「今抱えている問題や悩みは、本当に転職でなければ解決できないのか?」と、考えてみてください。部署異動や時間の経過で解決できる問題や悩みなのかもしれません。

よく考えたうえで転職を決意したのなら、即行動することをおすすめします。これまでの転職回数によって有利・不利はありますが、動き出さないことには始まりません。

転職は、人生の方向転換ともいうべき一大イベントです。しっかりと計画を立てて、戦略的に取り組むことが大切です。

この記事を参考に、20代での転職を成功させてください。

\全サービス無料で相談・利用OK/

ABOUT ME
会社員年収向上委員会のファビコン
会社員年収向上委員会
本サイトを運営している編集部です。会社員が給料をアップするための方法やヒントを発信していきます。
\20代の転職に強い/
無料登録はコチラ
\20代の転職に強い/
無料登録はコチラ