転職成功ノウハウ

転職で年収を上げる方法は?上がる人や年代ごとの特徴をご紹介

転職で年収アップをするには?

一昔前に比べて現在では同じ会社に勤続し、定年退職するということの方が珍しい世の中になってきました。以前は勤続年数が長い方が年収が上がるといった日本式の年功序列制度での経営がほとんどでした。

しかし、現在では能力次第で年収を上げていける実力主義経営の流れが強くなってきています。それにより、業種によっては転職をすることで年収が大きく上がるといったキャリアアップの転職をする方も増えてきました。

この記事では、仕事をするうえで、まず一番重要視する部分である年収にスポットライトを当てて、どうしたら転職による年収アップが期待できるのかを年代別やどういう人が年収が上がるのかについて解説します

\全サービス無料で支援・利用OK!/

転職で年収は本当に上がるのか?

転職で年収は本当に上がるのか?

実際に今の仕事を辞め、転職をしたところで年収は本当に上がるのか。そんな不安があるでしょう。求人を見ていると高い年収と完全週休2日や福利厚生の充実など魅力的な文面も多いですよね。

しかし、実際にただ転職をしたからと言って実際に年収が上がるとも限らないのも事実です。転職で年収を上げるためには、自身が求人の募集要件を満たしている必要があります

募集された中で面接で内定を貰うためのアピールとなるポイントも重要になります。年齢などによりアピールポイントは変わってくるでしょう。そのような様々な条件がそろって年収アップが期待できます。

転職で年収アップ!の広告は本当か?

転職で年収アップの広告は本当か?

転職で年収アップの広告を見かけることがあります。様々な条件はありますが、結論からいえば転職で年収を上げるためには企業の求める能力、年齢でなくては難しいです。

各年齢によって出来る仕事、体力、能力などを企業側としても人件費が掛かる以上は求めていくため、採用されるかどうかには条件にあった能力や年齢を求職者が提示できるかが重要になってくるからです。

高年収の求人の場合、注意しなければならない求人もあります。

営業職などでインセンティブのある給与形態の場合、理論上は可能ではあるが、求人情報では現実的ではない数字で記載していたり、役員報酬で平均年収を釣り上げて、実際には一般社員は高収入ではない場合があります

また、労働時間が異常に長くなるようなこともあるため、注意が必要です。

参考:上司に転職相談するのが危険な理由

年齢によって転職での年収の変化はさまざま

年齢によって年収の変化はさまざま

転職による年収アップは、各年齢によりさまざまな変化があります。

  • 20代では、スキル、実績等があれば年収が上がりやすいです。
  • 30代では、転職による年収の上下に差が出てきます。
  • 40代以降では、実力の差が如実に出てきます。

年齢ごとに、どのように転職で年収が変わるのか詳しく解説していきます。

\全サービス無料で支援・利用OK!/

関連:転職ベストタイミングはいつ?

20代は転職によって年収がアップしやすい

結論をいうと、20代は転職によって年収が上がりやすい年代です。なぜなら、新卒入社での20代の年収は低く設定している場合が多く、スキルや実績があれば現在より高待遇で受け入れる企業も多いためです。

知識や経験も豊富になっていく20代中盤から20代後半になってくると自分のスキルが年収などの条件に見合っているのかについて気になるでしょう。その際に、転職サイトで求人をチェックすると想像よりも年収が高い条件の求人が見つかることがあります。

令和2年転職者実態調査の概況のデータでも転職によって20歳〜24歳は46.5%、25歳から29歳は46.3%が年収をアップさせていることがわかります

数字を見ても約半数の人が年収アップをしている点を見ても、20代で転職をした際に年収がアップする可能性は高いと考えられます。さらに第二新卒という期間では多くの企業が転職を前向きに捉えているため、比較的採用されやすいというメリットがあります

20代を採用する企業側のメリットは主に2つ考えられます。

1つ目は、将来性を見込んでの採用です。

同業種での転職の場合、企業側は即戦力として採用したいと考えます。

20代という将来性のある年齢と前職で培ったスキルや経験を評価してもらえれば、年収アップは十分可能です。

異業種への転職の場合でも、前職での経験などにより、すぐに業務を覚える能力があるだろうという推測のもと企業側は採用をします。扱う商品は違いますが、前職のスキルや経験をアピールできれば、期待値もあるため年収アップは可能でしょう。

2つ目は、教育しやすいという面です。

30代、40代に比べて20代は社会経験が少ないです。

社会経験が乏しいということが不利になることもありますが、20代という年齢を考えると企業側からは素直に教育しやすく、成長を期待できるという点があるため30代、40代よりも採用をすることがあります。

\全サービス無料で支援・利用OK!/

参考:20代転職年収アップ成功ガイド

30代から上がる人と下がる人の差が大きくなる

30代になると収入に少しずつ差が出始めます。30代は能力面や管理職を視野に入れることになってくるため、能力や実績、経験があれば好条件で転職が可能になります。

しかし、前職での実績や職を転々として専門性のある能力がない場合は、20代と同じ条件の場合は年齢により20代が優遇されてしまうことがあります

令和2年転職者実態調査の概況のデータでも30歳〜34歳の48.6%、35歳〜39歳の40.6%が転職による年収アップに成功しています

スキルや実績があれば即戦力として採用してもらえる確率が高いためこのようなデータになっていると推測できます。

未経験の業種であれば初めは少し低い年収になったり、転職前よりも収入がダウンする可能性がありますが、努力次第で将来的に年収を上げることのできる職種もあります。同業種への転職よりは難しくなりますが年収アップは十分可能といえます。

未経験での転職だとしても、前職で培った社会経験やコミュニケーション能力などをアピールすることで良い条件での転職も可能です。業界として人手不足であったり、専門性のあるスキルがあったりするとスムーズな転職による年収アップが期待できるでしょう。

\全サービス無料で支援・利用OK!/

参考:30代の転職成功ポイント全容公開

40代以降は実力が如実に出る

40代では、同業種で能力、経験のある方であれば管理職などの転職による年収アップは充分期待できます。

しかし、40代になってくると年齢的に全くの別業種の転職は20代、30代に比べてかなり難しいです。40代に求められている条件として、社会経験、仕事経験の豊富な人材を企業は欲しがっているからです。

企業側としては、異業種での同条件であれば将来性と教育のしやすさを考えた時に20代、30代の方が採用しやすいため、現在の職業のスキルを伸ばす方が年収アップしやすいと考えられます。

令和2年転職者実態調査の概況のデータでは、40代の転職では、40歳から44歳の41.7%。45歳から49歳の39.7%が年収が上がったという結果になっています

20代、30代に比べると40代は、スキルと実績によるキャリアアップが多いと考えられます。

40代の未経験の場合は企業側としても採用リスクが高いです。それにより、未経験職種に40代で転職する場合には、安い条件を提示されてしまうということが年収ダウンの原因になっていると考えられます。

40代での未経験での転職では、年収が下がりやすい傾向にあるため経験ある職種や、スキルや実績のある職種や業種での転職をすることで年収アップできるでしょう。

\全サービス無料で支援・利用OK!/

転職で年収を上げたい時に考えるべきこと

年収を上げたい時に考えるべきこと

年収を上げたいと思い転職活動をする中で重要な事として、どの業界に転職し自分に今現在何ができるのかを確認することです。

業界によっては平均年収が低かったり、労働に対して見合っていない年収であるということはよくあります。年収アップのための転職を検討するうえで、何が重要になるのかについてみていきましょう。

業界による平均年収の差

業界による平均年収の差

転職において重要なことの一つとして、転職する業界の平均年収がどのくらいであるかということが挙げられます

同じ職種であったとしても、平均年収の低い傾向にある業界よりも、平均年収の高い業界に転職をした方が年収がアップする確率が高いです。

令和2年の国税庁の調査によると、電気、ガス、水道業は平均年収714万円と年収が高い傾向にあります。他にも金融・保険業は629万円、情報通信業は611万円というデータがあります。情報通信業などはAIなどの発展により需要が高く、平均年収が高い傾向にあります。

反対に、宿泊業や飲食サービス業などは平均年収352万円と低い傾向にあります。今後、需要が多くなってくる業界は転職した際に年収が高くなりやすいです。

以上のことを踏まえて、平均年収の水準が高い業界に転職をした方が現在よりも年収がアップする可能性が高いということがいえます。

\全サービス無料で支援・利用OK!/

参考:平均年収の高い業界・職種は?高年収への転職のコツも解説

職種による平均年収の差

職種による平均年収の差

働く職種によっても平均年収に差があるため、重要になります。

平均年収が高いのがコンサルタントです。コンサルタントは、経営コンサルタントやリスクコンサルタントなど、さまざまな専門分野で分かれていますが、その専門的知識の需要が高い場合や実績がある場合は、需要に応じて年収が高くなるといえます。

業種別の平均年収データにも出ていましたが、金融系専門職も職種によっては年収が高い傾向にあります。外資系の銀行や証券会社などは、高い英語スキルや前職での経験や実績があれば高収入が望めます。

一般事務や販売サービス業などは、平均年収が低い傾向にあります。

一般事務の場合、会社の利益に直接関わるものではないため、年収を低く設定することが多いからです。販売サービス業の場合、一部を除いて特殊なスキルを必要としない業務の場合、アルバイトや派遣社員が多いことが理由に考えられます。

転職での職種による平均年収の差異を考えると、希少性や専門性が高いスキルがあり、需要のある職種は転職時に年収がアップしやすいと考えられます。

自身の実力と実績

自身の実力と実績

転職で年収をアップさせるためには、自身のスキルや今までどんな実績を残して来たのかということが重要です。転職で年収をアップさせる一番簡単な方法は、同職種のキャリアアップにあたる転職です。

今まで身に着けてきた知識や技術を一番評価してもらえる企業に移籍することで年収アップが見込めます。

例として現在営業職であれば、営業スキルやコミュニケーションスキルが優れていれば扱う商品は違っても、すぐに活躍することが出来ると企業側としても予想できます。過去の営業実績が高ければ、更に良い条件で転職することができる可能性は高くなるでしょう。

自身のスキルや実績に応じて転職先を探すことで、現在の年収よりも高い条件の転職が可能になるでしょう。

\全サービス無料で支援・利用OK!/

保有資格の希少性と平均年収

保有資格の希少性と平均年収

同業種、異業種問わず、転職による年収アップとして有効な要素は、希少性の高い資格を保有していることです。

例として、中小企業診断士の資格には一次試験と二次試験があります。

中小企業診断協会が発表しているデータでは、平成23年から令和2年までの10年間の一次試験での平均合格率は24.6%、二次試験では合格率が20%です。ストレート合格の場合、平均4.8%と難関資格です。

中小企業診断士の資格取得者の年収は500〜800万円です。

ITストラテジストという資格はIT系の希少な資格ですが、情報処理推進機構のデータによると、合格率は15.3%です。平均年収は約600万円と言われていて、他のIT技術系職に比べると年収が高い傾向にあります。

逆に、希少性のあまり高くない資格の例として、歯科技工士が挙げられます。歯科技工士は歯科医療振興財団の平成30年から令和2年までの3年間での合格率は約95.3%です。平均年収は、厚生労働省の令和元年賃金構造基本統計調査では約384万円となっています。

理学療法士も、合格率は約80%ですが、平均年収は約400万円です。

以上のことを見ても、取得難易度の高い資格関連の業種への転職は年収をアップさせることに繋がります。また、現在希少性が高い資格を保有している場合は経験や実績に応じてキャリアアップしやすいといえます。

\全サービス無料で支援・利用OK!/

転職で年収が上がるチャンスのある人の特徴

年収が上がるチャンスのある人の特徴

実は自身で気づいていないだけで、今より年収を上げる事ができる特徴の人も多いです。自分自身ではなく、周りの環境が原因である可能性も少なくありません。

どんな人に転職により年収アップのチャンスがあるのか解説します。

業績の悪い会社で働いている

業績の悪い会社で働いている

年収を上げるために必要な要素として働いている会社の業績が良いことが挙げられます。

給与を支払うために、企業は人件費という経費を割いています。人件費の額を上げるためには会社全体の利益が高くなくてはいけません。

赤字が続いていて、特に打開の策を打たず現状維持をしているような様子が見えた場合、会社のために頑張っても給与が上がることは難しいと考えられます。

業績を伸ばすことにより出世をし、年収が上がる例もありますが、やはり時間もかかることを考えると転職による年収アップのチャンスは有効であると考えられます

\全サービス無料で支援・利用OK!/

参考:会社員の年収はどう決まる?仕組み例を挙げて解説

平均年収の低い業界で働いている

年収の低い業界で働いている

よくある例としては、平均年収の低い業界で働いているということが挙げられます。

業界全体の平均年収が低いため、雇用主がスキルがある社員だとしても、高い給与を支払わないということはよくあります。

もちろんスキルを磨くことにより年収アップは可能ですが、一定以上の年収に達するのは時間もかかり難しいと考えられます。平均年収の高い業界に転職することで、スキル次第で前職よりも高収入になる確率が高くなります

\全サービス無料で支援・利用OK!/

参考:給料が上がる人の特徴は?平均昇給額・昇給率とポイントを紹介

評価制度の整っていない会社で働いている

評価制度の整っていない会社で働いている

努力をして会社の業績を伸ばしても年収が一向に上がらないということもあります。それは会社側に正しい評価をする制度が整っていないという場合が多いです。

高いスキルや希少な資格を保有していても評価をされないのであれば宝の持ち腐れといえるでしょう。

もし、スキルや実績に自信があれば正当な評価をするための精度が整った会社に転職することで、自身の力を最大限発揮し、年収を大きくアップすることが出来ます

年俸制の会社やインセンティブのある会社であれば、自信の実績に応じて手当などもつくことが多いため、大きく年収アップをすることができます。

\全サービス無料で支援・利用OK!/

参考:会社で評価されるには?評価されない人の特徴と評価されるポイント5選を解説

若いことによって給与が抑制されている

若いことで給与が抑制されている

新卒で入社をして経験がないため、低い給与で働き、高いスキルを身につけても年収が上がらないということがあります。

理由の1つは上が詰まっているため、出世できず年収が上がらないことです。

年功序列制度を用いる企業によくあることですが、年功序列による生涯雇用を掲げている場合、少子高齢化の影響により、管理職のポストが空いていないことがあり、実力があってもなかなか出世できないということがあります

2つ目は勤続年数により給与が決まっているシステムの場合です。

知識やスキルではなく、勤続年数によって給料が決められる評価制度であり、解雇がほぼできないため、リスク回避のために、若年層の場合には給与が低く設定されていることがあります

このような場合は、スキルと実績を積んだ状態で転職をすることで年収アップを目指すことをオススメします。年齢ではなく能力を正しく評価するような企業に転職をすることで自身で思ったよりも年収が上がる可能性があります

\全サービス無料で支援・利用OK!/

転職で年収を上げるためにやるべきこと

年収を上げるためにやるべきこと

ただ転職活動をするだけでは年収アップは出来ません。なぜなら、現在の収入より低い収入で設定されている求人も多いからです。

転職で年収を上げるためにはそれにあった方法があります。例えば自身の経験や資格の有無、実績などがあれば転職において有利に進めることが出来ます。

年収をアップさせるための転職方法としてどのようなことが必要かみていきましょう

自分の適正年収を知る

自分の適正年収を知る

転職で年収をアップしていくためには、自身の適正年収を知るということが大切です。

日本の給与所得者の全年齢の平均年収は、約433万円です。

対象年齢が仕事をしている全年齢であることから、若年層や高所得者層の収入からは大きく離れている可能性もありますが、現在の自身の収入階級の立ち位置がわかるデータといえるでしょう。

自身の業種の平均年収と全年齢の平均年収を考慮して、自身の今の職種と経験がどの程度なのかを知ることが必要です。自身の業種の平均年収より著しく低い場合は、転職することで年収アップする可能性があるといえます

令和2年度民間給与実態統計調査をみても、全年齢の平均年収では勤続年数による年収の差が出てしまうため、各年齢での平均年収もみていく必要があります。

年齢平均年収
20~24歳260万円
25~29歳362万円
30~34歳400万円
35~39歳437万円
40~44歳470万円
45~49歳498万円
令和2年度民間給与実態統計調査より

表をみると、年齢により平均年収は上がっているのですが、全体の平均年収である433万円に到達する年齢は35歳から39歳ということになります。

自身の年齢と年齢別平均年収をみて、自身の年収が平均以上なのか以下なのかということを、比べてみることで現在の年収が適しているかどうかの基準になるでしょう。

令和2年度民間給与実態統計調査の給与階級別の割合も、年収アップをする上で理解しておくと良いデータです。

年収割合
100万円以下8.1%
100万円~200万円以下13.7%
200万円~300万円以下15.2%
300万円~400万円以下17.2%
400万円~500万円以下14.9%
500万円~600万円以下10.2%
600万円~700万円以下6.5%
令和2年度民間給与実態統計調査より

600万円から上になると、全体の割合に対して10%以下の数字になり、1000万円以上となると全体の3%以下となります。一番多い年収は17.2%の300万円から400万円以下です。

このデータをみて、自身の転職での希望年収は全体の上位何%の給与階級になるのかということを比べることが出来ます。データ以外にも自身の保有している資格や、スキル等を計算に入れて自身の適正年収はどの程度なのかを理解することが大切です。

年収以外の自分の希望を把握する

年収以外の自分の希望を把握する

転職において最初に重要視する部分としてまずは年収です。

仕事をする上でどの程度の収入が望めるのかはまずみるでしょう。しかし、働く上で年収以外の条件もやはり重要です。サービス残業や休日出勤、賞与無しなど労働条件はさまざまです。

年収以外の部分を見ていくことでミスマッチを避けてより良い職場で働くことが出来ます。

参考:納得できる会社選びの方法は?

業種・職種

年収がどんなに良くても仕事内容はとても重要です。

今現在の自身の仕事のスキルを活かしたいのか、それとも異業種に転職して一から勉強していくのかなどさまざまでしょう。どんなに年収が高くても自身に合っていない職業の場合、続けていくことも難しくなります

異業種で一から勉強する場合でもしっかりと会社側からのサポートがあるのかどうかということもチェックしておいたほうが良いでしょう。

職場環境

勤務地や現在の自宅からの通勤時間、在宅勤務であるかどうか、職場での人間関係なども重要なポイントです。勤務地が自宅から遠すぎても通勤が困難になってしまいますし、通勤時間がかかりすぎると朝が早くて大変だったりします。

もし、勤務地が遠すぎたりする場合は在宅勤務もできる職場なのかといったことにも目を向けると最適な環境を選ぶことが出来ます。

職場環境において人間関係も重視したい点です。高年収の条件でも、ギスギスした雰囲気の職場は働きづらさを感じてしまうため、パフォーマンスの低下に繋がります。

職場の雰囲気を知るために、企業訪問した際に社員同士のコミュニケーションの取り方や社員の仕事中の雰囲気等をみておくことをオススメします。

関連:キャリア選択で重要なことは?

待遇

転職時の役職の有無や休日、長期休暇、労働時間や残業の有無が主になります。

スキルや実績を評価されての転職の場合、役職付きであるかどうかという点は重要です。課長職や部長職での転職の場合と平社員での採用ではまったく異なる待遇であるからです。

管理職として部署を率いていくのか、現場で仕事をしていきたいのか、自身にあった条件で選ぶと良いでしょう。

休日に関しては、完全週休二日制と隔週休二日では休日の日数が違います。土日祝休みではないという可能性もありますので確認しておく必要があります。長期休暇などもゴールデンウィークや年末年始に休暇があるかどうかも条件にある方は確認しておいたほうが良いでしょう

\全サービス無料で支援・利用OK!/

福利厚生

退職金の有無や保険、家賃補助などの福利厚生面を大切だと考える人は確認しておいた方がいい項目です

まず、退職金に関しては義務ではないため退職金制度がない企業もあります。交通費や家賃補助がある企業も多いです。その他には、講習会補助やスポーツクラブ補助、バースデー休暇がとれる企業もあります。

福利厚生の充実が希望の場合は、法律に定められた保険以外でどういったものがあるのか調べておくといいでしょう。

会社情報

経営方針や会社理念、上場企業か非上場企業かどうかでも大きく変わってきます。

年収が高くても方向性が違うと感じた仕事だと働くことが嫌になってしまったりします。一緒に働きたいと思えるような理念を掲げている職場で勤務することで、ストレスなく働くこともできるでしょう。

上場企業で働くメリットとしては、社会的信用があることです。

社会的信用があることで、ローンなどをするときの信用になります。会社の規模が大きいためローン審査の際に安定しているという扱いになり審査が通りやすくなります。

しかし、上場企業の場合、株主の意向により短期での利益を優先するような業務をしなければならない場合があります。その点、非上場企業の場合は株式公開をしていないため、株主の意向で業務に追われるということはありません。

今まで挙げたものは例となりますが、自身の中で年収以外で重要視していることがあれば転職の条件として同時に確認していくとスムーズな転職が可能になるでしょう

もし、自分1人で希望を整理できない場合には、キャリア相談サービスのプロのコーチに依頼するのもポイントです。

\全サービス無料で支援・利用OK!/

転職エージェントに登録する

転職エージェントに登録する

転職の際に転職エージェントを利用するということもオススメです。

転職エージェントとは転職の専門家が利用者の年齢、経歴、スキル、転職したい業種などの情報をもとに全面的にサポートをしてくれるサービスです。

転職エージェントのサービスの内容でオススメできる理由は主に2つあります。

非公開求人

転職エージェントでは、転職サイトには載せていないような好条件の非公開求人を扱っている場合があります

企業側としては、条件に合った人材を転職エージェントに選んでもらうことで、ミスマッチを防ぐことができます。そのため、初めから非公開求人で募集することも多いです。

転職エージェントを活用することで、自身の条件にあった企業を選びやすくなります。

履歴書・面接対策

履歴書や面接は、転職では非常に重要な要素になってきます。

自身に何ができるのかということを相手に伝える為に必要な手段なので、伝わりづらい書き方をしてしまうと有効に転職を進めることができなくなってしまいます。

面接に関しても、自身を売り込むために非常に重要な部分になってきます。独学でも良いのですが、相手に好印象をもってもらう為の方法についても転職エージェントでは指導してくれます

面接対策などに自信の無い方は、プロの転職アドバイザーである転職エージェントのサービスを利用することを視野に入れてみると良いでしょう。

求人情報にかかわることだけではなく、実際に就職するまで全力でサポートをしてくれる点はかなりオススメです。

\全サービス無料で支援・利用OK!/

難関資格に挑戦する

難関資格に挑戦

難関資格に挑戦するということも転職で年収を上げるためにとても有効な手段です。国家資格などを取得していると国から認められているという評価になり非常に転職で有利になります。

国家資格以外の民間資格でも業界によっては重宝されるようなものもあります。民間、国家資格問わず転職による年収アップに有効な資格について見ていきます。

TOEIC

TOEICとはTest of English for International Communicationのことを言います。最近ではTOEICのスコアを重視する企業も増えてきました。

英語に関する知識だけではなく、オフィスなどでの日常会話などのコミュニケ―ションを大切にしているテストです。

TOEICは合否ではなくスコアという採点方式で、各点数によって意味合いが変わってきます。

TOEIC500点〜595点の場合ですと、基礎的な英語が少しできるという評価になります。簡単な日常会話であれば理解できるレベルと言えるでしょう。転職時において履歴書に書くことは可能ですが、大きなアピールにはならないでしょう

TOEIC600点〜695点の場合ですと、ある程度の英語はできるスコアになります。難しい英語で無ければ旅行先などで問題なく会話できるレベルです。

転職の場合ですと、ある程度の英語ができるという理解をされるのでプラスですが、有利になるには650以上は必要になります

TOEIC700〜795点の場合ですと、細部まで理解できていて返答もしっかりできるレベルです。大企業での昇進の条件において十分な点数として評価されます。大企業の海外事業の部署などに転職する場合は有効になります。

TOEIC800点以上の場合ですと、英語が得意であると言っていいレベルの理解力があると言えます。転職ですと、外資系企業、に対して充分にアピールできるレベルであると言えます。

一般ではTOEIC900点以上のレベルを必要としている企業は殆どありませんが、アピールとしては最高のレベルです。外資系企業などは平均年収が非常に高いことが多いので、アピールポイントでTOEICを受験することはとても有効です。

関連:外資系企業への転職に強い転職エージェント

日商簿記検定1級

日本商工会議所が認定する経理や会計などの資格で、合格率は約10%と難関資格です。厚生労働省のデータでは、経理の平均年収は445万円です。

経理や会計に関する知識が多く必要な大企業の経理などの職が含まれるため、平均年収が高くなります。日商簿記検定2級ですと合格率は約20%と1級と比べると少し高いですが、年収は1級に比べて下がる傾向にあります。

\全サービス無料で支援・利用OK!/

税理士資格

税理士は所得税や法人税などの税金の申告をするのが主な業務内容です。他に企業の決算書の作成等も業務内容として含まれます。

税理士試験の合格率は約18%〜20%と難関資格です。

合格までの勉強時間も約4000時間と一般的にかなり時間がかかる傾向にあります。ですが、令和2年賃金構造基本統計調査によると、税理士の平均年収は約958万円と高所得が望める職業です。

開業税理士となると年収1000万円以上の所得のある方も多いので転職による年収アップが可能です。

公認会計士

公認会計士は弁護士、医師と同じ3代国家資格の一つと言われています。合格率約10%と難関資格の一つです。

公認会計士の平均年収は、賃金構造基本統計調査では、税理士と同じ区分であるため、約958万円となっています。

主な仕事内容としては、法人の財務をチェックする監査が業務のメインとなります。他にも税金に関する税務や財務のコンサルティングなども行っています。

勉強時間に関しては難関のため一般的には2500時間から3500時間必要と言われています。合格まで時間がかかる可能性は高いですが、平均年収以上に年収を上げる事ができる職業となっています。

\全サービス無料で支援・利用OK!/

宅地建物取引士

不動産関係の資格で合格率は約17%と難関資格です。

転職では主に不動産会社に転職することが多く、顧客との不動産取引が主になります。不動産事務所にて5人に1人以上は宅地建物取引士がいなければならない法律もあるため重宝されています。

宅地建物取引士の平均年収は約500万と国民平均年収である433万円と比べると高所得の傾向にあります。勉強時間の平均としては一般的に200時間から500時間です。

少し勉強が必要ですが、資格を取得でき場合には、転職ではなくても会社の中の制度によって年収が上がる確率が高くなるので挑戦したい資格です。

関連:不動産業界の平均年収は?

中小企業診断士

中小企業診断士の仕事内容としては、主にコンサルタント業務となります。

中小企業診断士の資格合格率は約35%です。ですが、勉強時間は一般的に平均で1000時間必要と言われています。

時間もかかり、取得も困難ですが賃金構造基本統計調査を基に試算すると、平均年収は約700万円と国民の平均年収である441万円に比べて高い傾向にあるためキャリアアップのための資格としてはオススメです。

関連:コンサル業界の平均年収は?

資格取得による転職で年収アップを狙うには、年収が上がりやすい資格を取得することが重要だということが分かります

合格率が低かったり、一般的に勉強時間の長いものほど平均年収が高い傾向にありますので難関ではありますが異業種への転職で年収を確実に上げるためには非常に有効な手段となります。

\全サービス無料で支援・利用OK!/

今いる会社の評価制度に沿って仕事をする

会社の評価制度に沿って仕事をする

転職で年収をアップさせる方法として、現在の職場の評価基準をもう一度良く調べ、現在の会社での年収を上げて、転職でキャリアアップを目指すという方法もあります。

転職では、前職での役職や実績、年収額を採用基準の一つにします

そのため、転職での年収アップのために現在の会社での評価を上げることは有効になります。ただ仕事をするだけではなく、評価基準に沿って仕事をしていくことが重要です。

評価される内容を知らなければ昇進などに時間がかかってしまいます。効率よく評価を上げるために今の業務内容のスキルを伸ばすことや、プラスになりそうな資格を取ってアピールすることも有効な手段の一つでしょう。

しかし、普段業務を行う際に注意した方が良い点もあります。それはコミュニケーションです。評価制度に沿って仕事をするだけでは実は出世はしづらいです。仕事の評価は上がっても話しづらい雰囲気だったり、愛想があまり良くないと上司から良く思われないでしょう。

上司も人間ですので仕事が出来ても推薦しない可能性もあります。そのため、ポジティブな思考で周りとコミュニケーションがとれるとより評価が高くなり出世に近づくことができます。

今の会社での評価を上げたい方は、正しい仕事の評価+コミュニケーションを重視して働くことを意識しましょう

\全サービス無料で支援・利用OK!/

まとめ

転職による年収アップの方法について解説しましたが、やり方は様々です。

同業種でステップアップする方法や異業種でチャレンジする方法、異業種でも資格を取得してから転職する方法など転職での年収アップにはさまざまな道があることがわかります。

前提として自分自身のスキルを向上させるということが必要になっていきます。企業側からの好条件に合うような人材になれるようなスキルや実績を作ることが一番の近道です。

何からしたらいいのか分からない方はまずは自己分析をして、適正年収がどのくらいなのかというところから始めてみると良いでしょう。そのうえで本記事の内容を有効活用してみてください。

\全サービス無料で支援・利用OK!/

ABOUT ME
会社員年収向上委員会のファビコン
会社員年収向上委員会
本サイトを運営している編集部です。会社員が給料をアップするための方法やヒントを発信していきます。