会社員年収向上委員会 委員長
この記事を書いた人
いいんちょう
経歴:WEB系サービス運営企業からM&Aコンサルティング会社へ転職。国が発表している統計情報や転職エージェントとのやり取りから考えた、戦略的な転職1回で年収を2倍に。
転職成功ノウハウ

転職で全然受からない6つの理由|一気に挽回するための方法を徹底解説

転職で受からない6つの理由

「現在転職活動をしているけど全然受からない」と感じている人は、自己流で転職活動を進めていませんか?

このページでは、転職活動の選考で全然受からない人の理由や自分の原因の分析方法、そして挽回するための方法を丁寧に解説します。

関連:転職は無理ゲー?

理由:転職の採用選考で全然受からない6つ理由

転職の採用選考で全然受からない6つ理由

ここからは、転職活動の選考フローの中で全然受からない人によくある6つの理由について解説します。

短期での離職経験がある

転職採用の世界では、短期での離職経験があるのはマイナス評価を受けやすくなります。

企業側から見ると、採用には時間もお金もかかります。また、採用した後にも研修や教育など、一人前になるまで待つ必要があります。

そんな中で自分の会社でも短期で離職されてしまうと、時間もお金も無駄にしてしまう可能性が高いため、短期での離職リスクが高いと見られる、短期離職経験のある応募者はマイナス評価になってしまうのです。

もし、短期での離職経験があり、転職サイトなどを利用して転職活動を進めているのであれば、転職のプロが支援してくれる転職エージェントを利用してみることをおすすめします。

求人で求められる経験やスキルを有していない

中途採用の求人情報で募集されているのは、新卒採用と違い、ある程度ポジションや必要なスキルが明確になっていることが多いです。

そのため、応募する求職者が求人情報で提示しているスキルや経験を有していない人である場合、採用される可能性は極めて低くなります

どれだけ入社したい熱意があったとしても、募集されているポジションに必要なスキルや経験がなければ転職活動での採用は難しいといわざるを得ません。

応募する求人と自身のスキルや経験を照らし合わせ、必要なスキルや経験が不足していないかを確認しながら転職活動を進めていくとよいでしょう。

もし、自分だけでは客観的な分析ができない場合には、転職エージェントなどのプロの支援を受けることをおすすめします。

最低限のマナーを見せられていない

面接選考の際に身だしなみや立ち振る舞い、発言などの最低限のマナーを見せることができていない場合にも、転職活動がうまくいかないことが多いです

会社に入社すれば、様々な人と接することが予想されます。そういった際に、最低限のマナーがなければ、無駄に揉め事が増えたり、会社の売上や利益を損ねてしまう可能性があると判断されます。

下の一覧ページの面接対策をよく読み、転職エージェントとともに対策をしておくことをおすすめします。

志望動機がうまく伝えられていない

履歴書や職務経歴書などの書類であれば、考え抜いた志望動機を時間をかけて記載することができます。しかし、面接となると面接官とのコミュニケーションの場となるため、書類の作成ほど時間をかけて回答することができません。

志望動機はほぼ確実に聞かれる内容であるため、面接対策をしておくことで対応することができますが、伝える内容が相手に伝わる内容であるかどうかは、第三者の視点からしかわからないことがあります。

1人だけで面接対策するのではなく、転職エージェントなどのプロの視点からアドバイスをもらうことで、面接対策をしておくことをおすすめします。

自己PRがうまくできていない

志望動機と同様に、ほぼ確実に面接で聞かれるのが自己PRです。自分の強みや弱み、過去の経験からどんな貢献ができるのかなどを聞かれます。

自己PRをうまくできないと、自分を雇用するメリットを企業に伝えることができないため、転職成功の確率は下がってしまいます。

自己PRで話す内容は、第三者視点から自分を見る必要があるため、転職エージェントなどのプロに支援を依頼するとよいでしょう。

面接の質問にうまく回答できていない

面接では、志望動機や自己PRなどの確実に聞かれる質問だけではなく、面接官から想定していない質問をされる可能性があります。

面接時には緊張で頭が真っ白になることも多く、うまく回答ができないことも多いでしょう。しかし、回答が不十分であると面接では不利になるため、選考通過が難しくなることがあります。

そのため、転職エージェントなどを利用して事前に面接対策を進めておき、面接という場面に慣れておくことで解消することができるでしょう。

面接はあくまでも面接官との会話のため、全て準備した回答を話せばよいわけではありません。その場でうまく回答できるように、事前準備をしておくことが非常に大切です。

>転職活動の進め方完全網羅マニュアル

原因発見:自分の原因はフェーズで分割して分析するべし

自分の原因はフェーズで分割して分析するべし

自分が転職活動でうまくいっていない場合には、どのフェーズに原因があるのかを分解して分析することが重要です。

書類選考のフェーズ

履歴書や職務経歴書などの書類選考で通過しないことで悩んでいる場合には、書類の作成方法や言葉選びなどに課題がないかを見ていく必要があります。

転職エージェントキャリアコーチングサービスなど、転職活動に関わるプロに添削を依頼することで一気に解決することがあります。

最低限の必要な書類だけでなく、追加の資料作成が必要になる場合もありますので、プロの視点からのアドバイスを取り入れるとよいでしょう。

面接のフェーズ

面接のフェーズまで進み、その後採用されないことに悩んでいる場合には、面接時のマナーや話し方、準備に問題がないかを確認してみましょう。

模擬面接や想定の質疑応答など、事前準備で網羅的に対応しておくだけでも選考通過率は高まるでしょう。

転職エージェントであれば、受ける企業の過去の面接状況を理解していますので、支援を依頼することで独学で対応をするよりも通過確率は高くなるはずです。

転職活動がうまくいく人の特徴

転職活動がうまくいく人の特徴

転職活動がうまくいく人の特徴は非常にシンプルです。

「企業が募集している人材に合致していると判断された人」これに尽きます。

書類作成や面接対策、マナーに気をつけることは、企業が募集している内容に合致しているとアピールするための対策になります。

転職活動を成功させるためには、

  • 自分が合致している求人の吟味
  • 自身のスキルや経験の整理
  • アピールの対策

が大切になります。

こうした転職活動成功に向けた対策は、自身1人だけでできることは限られています。そのため、転職活動がうまくいく人の多くは、転職エージェントなどのプロの支援を受けていることが多いです。

解決:転職活動がうまくいかなければ転職エージェントに相談しよう

転職エージェントに相談しよう

転職活動を成功させるためのポイントは、転職のプロである転職エージェントを利用することです。

転職エージェントを利用すると、担当者との相性と、サービスとの相性が非常に重要になります。1つのサービスだけを利用して転職活動をすると、相性が合わないことによって、転職の成功率を下げてしまう可能性があります。

そのため、複数(できれば3つ以上)の転職エージェントを並行利用することがおすすめです。

転職成功に向けての支援が充実しているおすすめの転職エージェントは以下の3つです。

1つのサービスで、転職サイト、転職エージェント、スカウトの3つのサービスを受けられ、求人数・転職成功実績も日本最大級。

20代後半以降のミドル・ハイクラス専門の転職エージェント。年収800万円以上を目指せる求人が多数。

20〜30代のハイクラス求人を扱う転職エージェント。キャリア相談や書類添削のサポートが非常に手厚い。転職決定時の平均年収800万円以上

以上3つの他の転職エージェントを利用したいと考えている場合には、こちらのリンクから自身に合った転職エージェントを探してみてください。

転職エージェントおすすめサービス
転職エージェントおすすめ【決定版】20選!各転職エージェントの評判や賢く利用するコツも解説転職エージェントのおすすめサービスはこのページで確認できます。おすすめのエージェントだけでなく、賢く転職エージェントを利用して、転職成功率を上げる方法も解説しています。転職を検討している方は必見です。...

まとめ

転職活動がなかなかうまくいかない場合には、明確な原因を捉えて対策をする必要があります。しかし、転職は人生で何回も行うものではありませんので、独学で対応することに限界があります。

転職エージェントを転職活動の支援者として利用し、プロの視点からのアドバイスや支援を受け、転職活動の成功に向けて動き出すことをおすすめします。

ABOUT ME
いいんちょう
会社員年収向上委員会
経歴:WEB系サービス運営企業からM&Aコンサルティング会社へ転職。国が発表している統計情報や転職エージェントとのやり取りから考えた、戦略的な転職1回で年収を2倍に。