転職成功ノウハウ

転職ベストタイミングはいつ?仕事・年齢・性別・ライフイベント別に徹底解説

転職ベストタイミングはいつ?

転職のタイミングについて悩んでいませんか?

状況や考え方に応じて、転職のベストタイミングは変わってきます。

この記事では、さまざまなシーン別に、転職のベストタイミングについて解説していきます。ご自身の転職活動の参考にしてください。

\無料で支援・利用OK!相談だけでもOK!/

AGENDA
  1. 転職のベストタイミング:年齢編
    1. 20代前半
    2. 20代後半
    3. 30代前半
    4. 30代後半
    5. 40代以降
  2. 転職のベストタイミング:転職の目的編
    1. キャリアップ目的
    2. キャリアチェンジ目的
  3. 転職のベストタイミング:キャリア編
    1. 転職をしたばかりのタイミング
    2. プロジェクトの前後
    3. 役職が上がる前後
    4. 資格取得の前後
    5. 会社が買収される前後
  4. 転職のベストタイミング:ライフイベント編
    1. 結婚前後
    2. 出産前後
    3. マイホーム購入前後
  5. 転職のベストタイミング:会社スケジュール編
    1. ボーナスを受け取ったタイミング
    2. 新卒社員が入るタイミング
    3. 会社の新しい期が始まるタイミング
  6. 転職のベストタイミング:求人マーケット編
    1. 求人が多い時期は2~3月・8~9月・12月
    2. 穴場求人が見つかることも
  7. 転職のベストタイミング:それぞれのきっかけ編
    1. 転居を伴う異動など大きな変化が生じたとき
    2. 専門性を高めていきたいとき
    3. 今の会社でこれ以上の昇進は望めないと感じたとき
    4. 自分なりに働きがいや生きがいを見つけたとき
    5. 評価に不満を感じたとき
    6. 会社の先行きが不安なとき
    7. 休日数・労働時間に不満を感じたとき
    8. 人間関係に限界を感じたとき
    9. 社会構造が変化したとき
  8. 退職のタイミングも考えておこう
    1. 会社規定を確認する
    2. 転職先を決めてから退職する
    3. 退職するための事前準備
  9. 転職のタイミングを逃すと成功率が下がる
    1. タイミングを逃すと条件が悪くなる
    2. 迷ってるうちに自身の状況が変わることもある
    3. 自身の年齢が上がると求められるレベルも上がる
    4. 焦って転職を早まるのもタイミングを逃したのと同じ
  10. 転職は計画的な行動が大切
    1. 転職の計画はゴールから逆算して立てる
    2. 転職活動のために準備するべきもの
    3. 企業の情報収集
    4. 履歴書・職務経歴書の準備
  11. 要注意!転職するべきではない人の5つの共通点
    1. 転職の目的が定まっていない
    2. 理想が高すぎる・曖昧すぎる
    3. 他責思考が強い
    4. 生活環境を変えたくない
    5. 転職活動の大変さを理解していない
  12. まとめ

転職のベストタイミング:年齢編

転職のベストタイミング:年齢編

まずは年齢別の転職のベストタイミングについて解説します。年齢に応じて企業から求められるスキルも変わってきます。ご自身の年代の転職ベストタイミングと、求められるスキルをご確認ください。

20代前半

新卒入社して3年未満での転職は、一般的に「第二新卒」と呼ばれます。第二新卒に明確な定義はありませんが、大学卒業後に就職した会社を2~3年未満で退職した、若手ビジネスパーソンを指すことが多いです。

第二新卒はそれ以上の世代に比べると、専門的なスキルは求められないことが多いです。それよりも、若さを武器にしたポテンシャルが重宝されます

注意しなければならないのが、新卒入社して1年未満で転職する場合です。入社から転職までの期間があまりにも短いと、我慢強さに欠けるのではないか・またすぐに辞めてしまうのではないかと見られてしまう可能性があります。

それでもどうしても転職したい場合は、転職の目的や、理想の将来像を固めておくとよいでしょう。

逆に、入社から3年ほど経っていると、社会人としての最低限のビジネスマナーも身に付けられている時期でしょう。ポテンシャルも十分に期待され、転職に有利なベストタイミングだといえます。

参考:20代平均年収は?

20代後半

総務省がおこなった「労働力調査(2020年平均)」によると、25歳~34歳が転職市場の中でも最も多い年齢層です。

その中でも20代後半は、新卒入社から3年以上勤務し、新しいことにチャレンジしたい・もっと自分に向いている仕事がしたいなど、高い意欲を持っている人が多いのが特徴です。

社会人としてのビジネスマナーも身に付き、一定のスキルもあり、ポテンシャルも見込まれる、転職するのにベストな年齢といえます。

その中でも更に自身の市場価値を高めて転職するなら、転職先にアピールできる実績を作ることが重要です。特に自身が同業他社への転職や、異業種の同じ職種に転職する場合は、前職での実績をもとに採用担当者に入社後の活躍を期待させることができます。

また、スキルや実績がなくても、自分から率先して動ける主体性があれば十分な武器になります。新しいキャリアにチャレンジでき、入社後に会社の中心人物となる可能性を秘めた、転職市場の中でも価値の高い年代といえるでしょう。

\無料で支援・利用OK!相談だけでもOK!/

関連:20代が転職で年収アップをするコツ

30代前半

30代前半は、20代と比べると即戦力性を求められる傾向があります。企業によっては30代では中堅社員となることも多く、前職までの経験で積み上げたスキルや実績が問われる年代です。

また、前職での役職やマネジメント経験がポイントとなることもあります。現在管理職などに就いておらず、現在の会社で役職に就くことが期待できない場合は、早めに転職する方が有利だといえます。

逆に現在管理職などのポジションに就いている場合は、現在の会社でマネジメント能力を磨いてからであれば、転職によって大幅な収入アップも期待できます

30代前半は、現在のスキルや経験を活かせるようなフィールドなら未経験業種・職種へのチャレンジも十分に可能です。今後のキャリアを見据えて、自身のスキルをより磨いていけるような転職を検討するのがよいでしょう。

参考:30代平均年収

30代後半

30代後半は、これまでの年代よりもマネジメント能力を求められる傾向があります。転職先の企業は、30代後半の転職者を管理職・管理職候補として迎え入れることが多いからです。

年齢が高いと企業が提示する年収も高くなる傾向があり、その年収に見合った能力を求められるのです。

前職で管理職に就いていた場合は、その経験を十分にアピールしましょう。

  • プロジェクトのリーダーとしてチームを引っ張った
  • 後輩の指導を担当していた
  • 大人数をマネジメントした経験
  • 人材を育てるためのノウハウ

管理職に就いていなかった方も、上記のような経験があれば評価されることも十分にあります。年齢は高くても転職に成功する可能性は高いです。

逆にそういった経験が全くなく、転職を検討している場合は、できるだけ早めに転職した方がよいでしょう。年齢が高くなるほど、求められるスキルも高くなるのが現実です。自分に合う求人を見つけたら、すぐに行動することがベストだといえます

\無料で支援・利用OK!相談だけでもOK!/

参考:30代の転職成功ポイント

40代以降

40代以降の転職は、管理職から管理職への転職がメインになります。そのため、一般の求人サイトでの求人数は少なくなり、転職エージェントやヘッドハンティングでの転職する人が多くなる傾向があります

マネジメント能力の高さや、各分野の専門知識がある人材は、年齢は高くても企業からの需要が高いです。

逆に特別なスキルや経験がないと、40代以降での転職は厳しくなるのが現実だといえます。これまで積み上げてきたスキルや経験を振り返り、転職後にどんな挑戦をしていくのか改めて考えてみましょう。

\無料で支援・利用OK!相談だけでもOK!/

参考:40代の平均年収

転職のベストタイミング:転職の目的編

転職のベストタイミング:転職の目的編

転職の年齢と転職の目的は、密接な関係にあります。転職の目的から考えた年齢的な転職のベストタイミングについて解説します。

\無料で支援・利用OK!相談だけでもOK!/

キャリアップ目的

キャリアアップ目的での転職は、20代後半~30代前半がベストです。なぜなら、社会人としての経験がある程度積み上がり、それに応じた実績を残せていることが多いためです。

年齢はあくまでも指標であり、20代前半や30代以降でも、アピールできる実績を残せていれば、十分にキャリアアップは狙えます

これまでの経験で身に着けたスキル、そのスキルによって出した成果を棚卸し、自身のアピールポイントとして整理するとよいでしょう。

関連:転職で年収アップをするには?上がる人や年代ごとの特徴をご紹介

キャリアチェンジ目的

未経験の業界や職種にチャレンジするキャリアチェンジは、一般的には若い方が適しているといわれています。20代の中でも、第二新卒くらいの世代がベストだといえるでしょう。

社会人経験がまだ少ない20代前半は、仕事に対する固定観念や先入観がない人が多いです。そのため、新しい業務もすばやく吸収でき、環境にも適応しやすいメリットがあります。

20代前半だけではなく、20代後半や30代でも、これまでの経験やスキルを活かしたキャリアチェンジが可能です。例えば、同職種で異業種の分野へのチャレンジや、同業種で違う職種にチャレンジすることも可能でしょう。

キャリアチェンジ目的の転職のデメリットとして、年収が下がる可能性がある点が挙げられます。新しいことへのチャレンジになるため、これまでの経験やスキルを全て活かすことは難しいです。

また、仕事に慣れるまで時間がかかる場合もあり、年収が上がるのも遅くなる可能性があります。

\無料で支援・利用OK!相談だけでもOK!/

転職のベストタイミング:キャリア編

転職のベストタイミング:キャリア編

キャリア別の転職ベストタイミングについて解説します。

転職をしたばかりのタイミング

転職したばかりのタイミングでの転職は、おすすめできません。次の転職先でも「またすぐに辞めてしまうのではないか」とマイナスのイメージがついてしまう可能性が高いからです。

もし、転職したばかりのタイミングで転職を検討する場合は、「なぜ転職したいのか」を深堀することが大切です。例えば、「給料に不満がある」という理由で転職を考えているなら、「どうしたら給料を上げられるのか?」と考えてみると、解決策が浮かぶかもしれません。

参考:キャリアのプロが一緒にキャリアの方向性を考えてくれるサービス

「上司と反りが合わない」という理由で転職を考えているなら、まずは人それぞれ考え方や価値観が違うことを受け入れることから始めるといいでしょう。

そのうえで「どうしたら上司と良い関係性を築いていけるのか?」と考えてみると、上司の言動に対する自身の捉え方が変わり、退職したいという思いが無くなるかもしれません。

転職したばかりのタイミングでの転職は、転職先でマイナスイメージがついてしまうことは避けられません。今の職場での活動を継続する方法を考えるとよいでしょう

それでも転職に踏み出すときには、同じ失敗を繰り返さないようにすることが大切です。入社後に「こんなはずではなかった」と後悔しないために、転職候補先の徹底的な調査が必須です。長く働いていくことを見据えて、転職後のキャリアプランも考えましょう。

\無料で支援・利用OK!相談だけでもOK!/

関連:キャリア選択で重要なことは?

プロジェクトの前後

現在進行中のプロジェクトがある場合は、プロジェクト完了後の方が、転職先へのアピールになると考えられるなら、プロジェクト後の転職がベストでしょう。ただし、プロジェクトの終了予定がかなり先の場合や、終了時期が未確定の場合は注意が必要です。

企業にもよりますが、中途社員の募集は基本的に緊急性が高い傾向があります。内定確定後、待ってもらえても2カ月後が限界だといえるでしょう。

また、プロジェクトの終了予定がトラブルなどで伸びる可能性も考えられます。転職先に入社時期を延ばしてもらうことは、現実的とはいえません。そのため、プロジェクトの終了時期が確定してから転職活動を始めることをおすすめします。

プロジェクトが始まる前なら、現在の会社にも迷惑がかからない可能性が高いでしょう。また新卒社員が入社する4月から夏頃までは、新しいプロジェクトを始めるための人材を募集している企業もあります。転職先のプロジェクト状況に合わせるのも、1つの考え方だといえます。

\無料で支援・利用OK!相談だけでもOK!/

参考:転職活動で仕事を休みたいときに使える理由7選

役職が上がる前後

役職が上がるということは、会社から期待されていることの表れだといえます。それでも転職する意思が固い場合は、昇格前に退職願を出すことが、円満退社のポイントでしょう

または、昇格後数年は今の会社で経験を積み、その実績を持って転職活動を始めるのも1つの選択肢です。管理職としてのマネジメント経験があれば、転職先でも重宝され、年収アップの可能性も期待できます。

役職が上がる前後に転職を考える場合は、今の会社でしばらく働き続けたときの未来像と、すぐに転職した場合の未来像を比較して答えを出すとよいでしょう。

\無料で支援・利用OK!相談だけでもOK!/

関連:誰に転職相談するのがベスト?

資格取得の前後

会社で働きながら資格を取得した場合、その資格を活かせる職種・会社に転職することは自然な流れといえます。職種の幅が広がり、キャリアアップできる可能性もあるでしょう。

また、資格取得前でも、その資格を活かせる職種で「未経験OK」の企業があれば、そのタイミングで転職することも可能です。

現在資格取得を目指して勉強に取り組んでいることは、転職先へのアピールに繋がります。資格取得前でも、挑戦できる企業があればチャレンジする価値はあるといえます。

ただし、注意点として資格さえあればOKというわけではありません。資格が必須な職種もありますが、どんな職種でもコミュニケーション能力や忍耐力などのポータブルスキルは求められます。資格のアピールとともに、ポータブルスキルのアピールもおこないましょう。

\無料で支援・利用OK!相談だけでもOK!/

会社が買収される前後

会社が他の企業に買収される場合は、まずはその相手先企業についてリサーチしてみましょう。現状よりも待遇が良くなる可能性があります

また、労働条件は変わらなくても、会社が変われば社風が変わることも予想されます。相手先企業の理念やビジョンを確認し、自身に合うかどうか考えてみましょう。

その上で転職する意思を固めた場合は、できるだけ早く動きだす方がよいといえます。転職活動が長引いてしまうと、その間に会社が買収されてしまい、転職のタイミングを逃してしまうかもしれません。

会社の買収をきっかけに転職を考える場合は、まず相手先企業をリサーチし、そのうえで転職を決意したなら正式に買収される前に転職を済ませた方がよいでしょう。

\無料で支援・利用OK!相談だけでもOK!/

転職のベストタイミング:ライフイベント編

転職のベストタイミング:ライフイベント編

ライフイベント別に転職のベストタイミングを解説します。ライフイベントは人生の転換期ともいえ、転職もより慎重になる傾向があります。是非参考にしてください。

結婚前後

転職を検討している方にとっては、結婚する前と後、転職するならどちらがベストか迷うう方も多いかと思います。しかし、どちらの場合もメリット・デメリットがあり、両方のパターンを比較してみることが大切です。

結婚前

結婚前の方が、結婚後に比べてフットワークが軽く、選べる仕事の幅が拡がることはメリットだといえます。また、結婚すると生活環境が変わり、慣れるまでに時間がかかるでしょう。

結婚前に転職を済ませて新しい仕事に慣れておくことで、結婚後に「慣れない生活環境&慣れない仕事」の2重のストレスを抱えずに済むことが予想されます。

もう1つのメリットとして、産休・育休の取りやすさがあります。産休・育休の取得権利は、入社後1年以上勤務してから発生する企業が多いです。結婚前に転職をしておくことで、スムーズに産休・育休を取得できることが予想されます

逆にデメリットとして、結婚を想定したうえで転職先を選んだとしても、結婚後の生活環境が予想通りのものになるとは限りません。結婚後の生活と仕事の両立が困難になった場合、また転職をすることになる可能性も考えられます。

結婚後

結婚後に転職する場合は、結婚後の生活環境に合わせた会社を選べる点がメリットです。生活パターンが確立されてから転職をすれば、転職後の私生活と仕事の両立に悩むことは少なくなるでしょう。

逆にデメリットとしては、結婚直後の女性が転職する場合、企業や職種によっては「すぐに産休・育休に入るのでは?」と思われてしまう可能性があります。もし自身に出産の予定がなくても、そのような先入観を持たれてしまう可能性は否定できません。

男性の場合は、結婚後の転職はパートナーに反対される可能性も考えられます。また、結婚直後は出費が多くなることも考えられ、転職で収入が不安定になってしまうと、生活に影響が出る可能性も考えられます。

\無料で支援・利用OK!相談だけでもOK!/

出産前後

出産を控えたタイミングでの転職も、出産前後ではそれぞれにメリット・デメリットがあります。両方のパターンを比較し、自身に合ったタイミングを選択しましょう。

出産前

妊娠前に転職するメリットとして、結婚前の転職と同様に時間的な制約が少ないため、選べる仕事の幅が拡がる点が挙げられます。

デメリットとして、転職先の規定によっては、入社後1年以上経たないと産休・育休を取得できない場合があります。自身が考えていた妊娠・出産時期よりも遅くなる可能性も考えられます。

また、出産前に転職する際は、長く働いていきたい熱意を転職先に伝える事も大切です。企業としてはできるだけ長く働いてくれる人材を求めているため、熱意が伝われば、一時離れるとしてもマイナス要素になる可能性は低くなるでしょう。

出産後

出産後に転職する場合は、これまでキャリアを積み上げてきた会社の各種制度を利用できます。産休・育休の取得、復職共に不安材料が少なくなる点がメリットといえるでしょう。

また、出産後に復職するときには、仕事と家事や育児が同時進行になります。お子さんの体調不良や保育園へのお迎えなど、イレギュラーな事態が起こることも想像されます。

その点、これまでキャリアを積み上げてきた会社なら信頼関係があるので、周りからのサポートを得やすいはずです。

逆にデメリットとしては、現在の会社での勤務が長くなるほど、役職などが上がることも想像され、転職のタイミングを逃してしまうことが考えられる点です。

一般的に年齢が上がるほど、未経験分野への転職は難しくなります。出産前の転職と比べると、転職先の選択肢が狭まる可能性があることも覚悟しておかなければなりません。

\無料で支援・利用OK!相談だけでもOK!/

マイホーム購入前後

マイホームの購入を検討している方は、転職のタイミングもシビアに考える方がよいでしょう。一般的には、転職直後は住宅ローンの審査が通りにくいといわれています

借入先によっては審査の対象として勤続年数が定められており、一般的には同じ会社で長く働いている方が、経済的な信用が高いと判断されるためです。

転職直後にマイホームを購入する場合は、思うように審査を通過できず、苦労する可能性もあります。審査の通りやすさを基準に考えると、マイホーム購入後に転職した方が無難だといえるでしょう。

\無料で支援・利用OK!相談だけでもOK!/

転職のベストタイミング:会社スケジュール編

転職のベストタイミング:会社スケジュール編

企業によって多少の違いはありますが、会社には年間のスケジュールがあります。その中でも転職に適したタイミングがあるのです。それぞれの特徴やメリットを解説していきます。

ボーナスを受け取ったタイミング

企業にもよりますが、夏季(6月下旬~7月上旬)と冬季(12月上旬)にボーナスを支給されるのが一般的です。ボーナスの査定期間に働いていたのに、ボーナスを受け取らずに退職してしまうのはもったいないといえます。

ただし、ボーナスを受け取った直後のタイミングは、転職を考えている社員が多い時期でもあります。場合によっては自分が希望する時期に退職できない可能性もあります

ボーナスを受け取ったタイミングで退職する場合は、転職活動も計画的に進めていった方がよいでしょう。ボーナスをもらうよりも早く転職したいと考えている方は、ボーナス支給後の退職者とタイミングと被らないように、早めに動き出す方が無難です。

また、ボーナスの金額によっては、今の会社に見切りをつけて、転職先でのボーナスを少しでも多くもらえるよう動いた方がいい場合もあります。過去に受け取ったボーナスの金額から想定して、あまり期待できない場合は早めに転職する方がいいかもしれません

新卒社員が入るタイミング

新卒社員が入る4月は、中途社員にとっても転職後の会社で新しい仕事を始めるのに適している時期です。

なぜなら、新卒社員にはしっかりとした研修が用意されていることが多く、同タイミングで入社すれば新卒社員と一緒に研修を受けられる可能性があるからです。他の時期に入社するよりは、しっかりとした研修を受けられる可能性が高いでしょう。

新卒社員の研修はビジネスマナーなどの研修もありますが、その企業の事業内容や理念についての研修もあるはずです。会社への理解を深められ、研修後の実務もスムーズに進められる可能性があります。

また、第二新卒の転職者にとっては、世代の近い同期社員と親交を深めることにも適したタイミングといえます

会社の新しい期が始まるタイミング

期の区切りのタイミングで人事異動をおこなう会社も多く、その時期に転職できれば会社の新しい期のスタートに合わせて仕事に取り組めるので、新しい環境に馴染みやすいというメリットがあります。

また、期末近くになると既存社員の業務も忙しくなることも多く、新しい期の始まりの方が受け入れ体制が整っている場合もあります。そういった意味でも、新しい期が始まるタイミングは転職に適した時期だといえます。

\無料で支援・利用OK!相談だけでもOK!/

転職のベストタイミング:求人マーケット編

転職のベストタイミング:求人マーケット編

求人マーケットには、求人数が増える傾向が強い時期、逆に求人数が少ない傾向が強い時期があります。求人マーケットの視点から考えた、転職のベストタイミングについて解説していきます。

求人が多い時期は2~3月・8~9月・12月

一般的に、求人が多い時期は2~3月・8~9月・12月の3つの時期です。それぞれ4月の新卒社員入社に合わせた新体制の準備、10月入社の社員に合わせた新体制の準備、翌年に合わせた新体制の準備の時期となり、求人が増える傾向があります。

これらの時期は人事異動や新しい部署の新設により、多くの人員を確保しようとする企業が多くなります。また、求人が多い時期=退職者が多い時期だといえ、ポジションに空きがあることも期待できます

ただし、注意が必要なのは2~3月・12月の転職市場です。募集が多くなる時期ではありますが、年度末・年末で忙しい時期でもあります。年度末・年末の業務や、年末の場合は取引先への挨拶周りなどで、面接の日程調節がつきにくい可能性が考えられます。

また、年始からの転職を見越して10月や11月で前職を退職した場合、年末調整をしてもらえずに、翌年2月~3月に自分で確定申告をしなければならない場合があります。年末~年始にかけて転職する際は注意しましょう。

関連:転職のおすすめ面接対策

穴場求人が見つかることも

一般的に求人数が減る傾向がある月でも、穴場求人が見つかる可能性があります。急な退職者が出て欠員を埋める必要がある企業や、新しいプロジェクトを発足させるために人員を募集する企業がいるためです。

この時期の求人は緊急性が高いものが多く、採用までスムーズに進む可能性もあります。また、求人数が少ない傾向がある時期であるため、転職希望者も少なく、ライバルが少ないこともメリットだといえます。

\無料で支援・利用OK!相談だけでもOK!/

転職のベストタイミング:それぞれのきっかけ編

転職のベストタイミング:それぞれのきっかけ編

転職を考えるきっかけは人それぞれです。ポジティブな理由・ネガティブな理由、それぞれありますが、考えすぎて動けなくなるよりは、転職を意識したその時がベストタイミングだともいえます。転職のきっかけの代表例を紹介します。

辞めるか残るかの選択基準
転職するべきか迷う20代30代へ。辞めるか残るかの選択基準を解説転職を考え始めると、本当に転職していいのかを迷うことがあります。辞めるべきか、残るべきかの判断基準の考え方や背中を押してほしい際の相談先をご紹介します。...

転居を伴う異動など大きな変化が生じたとき

望んでいない部署異動などで、仕事内容や働く環境に大きく変化が生じたときに、転職を意識する人は多いです。以前とは違う仕事内容に慣れずストレスが貯まったり、勤務地が変わることで、引っ越しして生活環境が変わることもあります。

特に転居を伴う異動は、異動命令に応じずに退職を決意する人も多いようです。

それまでの居心地のいい日常生活を送っていた人にとっては、部署異動は耐え難いものです。日常生活が変化するくらいなら、転職を選ぶ人がいるのも当然だといえるでしょう。

専門性を高めていきたいとき

ジョブローテーション制度やプロジェクト単位での業務遂行によって、比較的短いスパンで社内異動が起こる企業もあります。この場合、1つの分野での専門性を高めることが難しい場合があります。

いくつかの分野で仕事をしていく中で、ある分野での専門性を高めたいという思いが芽生えることもあるでしょう。

そういった背景から、プロジェクトがひと段落したタイミングなどで転職を決意する方もいらっしゃいます。自身が情熱を注げる分野を見つけ、その専門性を高めていくための転職です。

こういったケースの人は、なぜその分野の専門性を高めたいと思ったのか、その背景を言語化できれば、それが熱意として転職活動を優位に進めていけるでしょう。

\無料で支援・利用OK!相談だけでもOK!/

今の会社でこれ以上の昇進は望めないと感じたとき

昇進できるかできないかは、スキルや実績も大切ですが、それ以上にかかわってくるのが会社の業績とポストの空きです。どんなに優秀な人材でも、社内にポストの空きが無ければ昇進することもなく、会社の業績が悪ければ昇給も難しいでしょう。

そのような会社の実情を考え、転職を決意する人も少なくありません。転職に成功すれば、今の会社の上司よりも年収が高くなる可能性もあるのです。

会社の業務に夢中になっている間は周りが見えなくなることもありますが、ふと周りを俯瞰してみたときに、「この会社から出た方がチャンスがあるんじゃないか」と感じることがあれば、転職が視野に入ってくるでしょう。

関連:会社員の年収はどう決まる?仕組み例を挙げて解説

自分なりに働きがいや生きがいを見つけたとき

仕事を含めた日常生活の中で、人の価値観は形成され、ときに移り変わっていくものです。自分なりに働きがいや生きがいに対する答えが見つかったとき、よりそれを感じられる環境を求めて転職を考える人もいるでしょう。

また、ある程度長い期間同じ会社で働いてきたことにより、仕事に面白みを見出せず、働きがいを見出せなくなってしまう人もいるかもしれません。

例えば、一人でコツコツと作業をする方が働きがいを感じる人もいれば、チームで協力して一丸となって努力することに働きがいを感じる人もいるでしょう。

仕事よりも趣味などの時間に生きがいを見出し、よりプライベートの時間を確保できる環境を求めて転職を考える人もいるでしょう。

価値観は人それぞれで、働きがいや生きがいも人それぞれです。自身の価値観を満たせる環境を求めて転職を考えるケースは多いといえます。

\無料で支援・利用OK!相談だけでもOK!/

関連:自分が納得できる会社選びの方法は?

評価に不満を感じたとき

会社員は、良くも悪くも上層部から評価されて待遇などが決まります。自身に下された評価や、評価基準そのものに不満を感じ、転職を決意する人もいます。

その場合、自身の頑張りに適正な評価をしてくれる会社に転職できれば、キャリアアップや年収アップに繋がる可能性もあります

関連:会社で評価されるには?評価されない人の特徴と評価されるポイント5選

会社の先行きが不安なとき

日本商工リサーチの調査によると、令和3年の全国の企業倒産数は6,030件、令和2年は7,773件です。1年未満で倒産してしまう企業もあれば、100年以上続く老舗もあるため一概にはいえませんが、毎年多くの企業が倒産しているのは事実です。

会社の中で働いていると、会社の業績はある程度掴めるでしょう。その中で、会社の先行きが不安になり、転職を考える方も少なくありません。

終身雇用制度は既に崩壊しているといわれており、今働いている企業で定年まで働ける可能性が年々低くなっていくといえます。長い人生を見据えて、会社の先行きに不安を感じたときは、転職のベストタイミングだといえるでしょう。

\無料で支援・利用OK!相談だけでもOK!/

休日数・労働時間に不満を感じたとき

会社によっては、休日出勤や長時間残業が当たり前の社風になっている、いわゆるブラック企業もあります。そういった環境で働いている人は、会社が変わることを待たず、ワークライフバランスの安定を推進している企業への転職を考える場合があります。

また、サービス業など土日休みではない会社で働いている人は、カレンダー通りの休日数の会社で働いてる人よりは、休みの数が少なくなる傾向があります。そういった環境に不満を感じ、転職を決意する人も多いです。

人間関係に限界を感じたとき

会社は、さまざまな人が集まって成り立っています。人によって価値観もさまざまで、価値観の相違から人間関係のもつれが生じることもあるでしょう。

厚生労働省が発表した「令和2年雇用動向調査結果の概況」によると、転職者が前職を辞めた理由の設問に「職場の人間関係が好ましくなかった」を選択した方が、男性は3番目・女性は1番目に多いという結果になっております。

価値観は、それまでの人生で得た経験から形成されます。人それぞれ違うものであるのは当然であり、全く同じ価値観の人はいないといえるでしょう。

どうしても分かり合えない場合は往々にありますが、転職後も同じ失敗を繰り返さないために、自身の人間関係における課題を見出すことも大切です。

人間関係に限界を感じたときは転職のベストタイミングだといえます。ただし同じ失敗を繰り返さないように、自身を見つめ直して課題を発見し、転職後の人間関係作りに活かしていきましょう。

\無料で支援・利用OK!相談だけでもOK!/

社会構造が変化したとき

社会の流れは急激なスピードで変わっており、それまでは安定した仕事だといわれていた仕事が、気がついたらそうではなくなっていた、ということもあります。

急速にデジタル化が進む中で、AIにとって変わられて無くなってしまう職業もあるでしょう。場合によっては、それまでに得たスキルや知識が陳腐化してしまうことも考えられます。また、時代に合わせて新しく生まれる仕事や企業もあるでしょう。

そんな社会構造の変化によって、現在の職種や業種に限界を感じたときは転職のベストタイミングだといえるでしょう。

\無料で支援・利用OK!相談だけでもOK!/

関連:中途採用の面接でよく聞かれる質問

退職のタイミングも考えておこう

退職のタイミングも考えておこう

転職のタイミングを見計らうことも大切ですが、退職のタイミングを考えることも忘れてはいけません。退職のタイミングを考えるうえで大切なポイントについて解説します。

関連:角が立たない退職報告・伝え方マニュアル

会社規定を確認する

退職の意思を申し出る期日は、会社規定を確認しましょう。

法律では、退職の14日前までに退職の意思を申し出ることが義務づけられています。しかし、多くの企業は会社の就業規則・規定により、30日前までに申し出ることがルールとなっていることが多いです。

企業によっては、30日以上前の通達を義務付けられている場合もあるので、トラブルにならないよう事前に確認しておきましょう

転職先を決めてから退職する

転職活動は在職中におこない、転職先を決めてから退職する方がよいでしょう。なぜなら、転職活動が予定していた期間で終わるとは限らず、生活費が尽きてしまう恐れもあるからです。

また、退職後の転職活動は無意識のうちに焦りが生じてしまい、転職先の選定に妥協してしまう可能性もあります。内定が決まってもすぐに働けるとは限らず、転職先の都合に応じて、少し期間が空くことも考えられます。

余裕を持って転職活動を進めるためにも、退職前に転職活動を終わらせておくことをおすすめします。

関連:転職活動の進め方・流れ5ステップ完全網羅マニュアル

退職するための事前準備

転職先が無事に決まったら、退職に向けての事前準備を進める必要があります。退職願の準備はもちろん、業務の引継ぎも大切です。

自身が関わっている取引先がいる場合は、後任者の紹介も兼ねて挨拶もするのがマナーです。もちろん、社内でお世話になった方々への挨拶も必須です。

円満退社に繋がるように、勤務最終日まで気を抜かずに誠実に勤めあげましょう

\無料で支援・利用OK!相談だけでもOK!/

転職のタイミングを逃すと成功率が下がる

退職のタイミングを逃すと成功率が下がる

転職のタイミングを逃すと、成功率が下がってしまいます。その原因や背景について解説します。

タイミングを逃すと条件が悪くなる

転職のタイミングを逃すと、転職後の条件が悪くなることも懸念されます。また、転職市場は景気とも密接に関わっています。

景気がいいときは、企業も良い条件を提示しなければ、良い人材を確保できません。逆に不景気のときには、そもそも良い条件を提示する余力が企業から無くなるのです。

転職はタイミングを逃すと、転職後の条件が悪くなる可能性があるので、タイミングの見極めと、意思を固めたらすぐに動くことが大切です。

迷ってるうちに自身の状況が変わることもある

転職のタイミングを見計らっている間にも、自身の状況が変わることもあります。異動を命じられたり、長期的なプロジェクトを任せられ、転職したくても動けない状況になってしまうこともあるでしょう。

また、結婚や出産などのライフイベントが突然やってくる可能性もあります。転職を迷っているうちに、このような動きづらい状況になってしまうことが考えられ、そうなってしまうと、ますます転職を先送りせざるをえなくなるでしょう。

\無料で支援・利用OK!相談だけでもOK!/

自身の年齢が上がると求められるレベルも上がる

転職のタイミングを見計らっている間に年齢を重ねてしまうと、転職先から求められるスキルや経験のレベルも上がってきます。一般的には、勤続年数に応じて相応のスキルを求められるものです。

また、未経験の業種・職種へのキャリアチェンジをする場合も、年齢は若い方が有利です。迷ってる間に、ベストタイミングを逃してしまう恐れがあります。

焦って転職を早まるのもタイミングを逃したのと同じ

焦り過ぎて、転職を早まってしまうと、転職に失敗する可能性が高まるといえます。焦りから、きちんと調査をしないままに転職先を決めてしまい、転職してから「こんなはずじゃなかった」と後悔してしまう可能性があるからです。

  • 思っていたような仕事内容と違った
  • 労働条件面の確認不足だったことに入社後に気づいた

焦って転職先を決めてしまうと、このように後悔してしまうことになる可能性が考えられます

転職を早まり過ぎてしまった場合も、転職のタイミングを逃したのと同じだといえるでしょう。

\無料で支援・利用OK!相談だけでもOK!/

転職は計画的な行動が大切

転職は計画的な行動が大切

転職のタイミングを逃さないためにも、転職活動は計画を立てて行動することが大切です。ある程度長期的な視点で、先を見据えて計画を立てましょう。転職の計画を立てるうえでのポイントについて解説します。

転職の計画はゴールから逆算して立てる

転職の計画は、ゴールから逆算して立てることをおすすめします。転職サイトを見ることから始めるのではなく、「いつまでに転職活動を終わらせるか」を先に決定するのです。ゴールから逆算することで、それまでに必要なプロセスが理解できます。

また、あらかじめスケジュールを立てることによって、勢いに任せた転職や、情報収集不足のまま転職してしまうことを防げます。勢い任せの転職・情報収集不足のまま転職してしまうと、以下のような状況に陥る可能性があります。

  • 長く勤められる会社ではなくまた転職することになる
  • ブラック企業に入ってしまう
  • 求人情報に見落としがあり、入社後に後悔することになる

このようなリスクを避けるためにも、転職活動はしっかり計画を練って慎重に進める必要があるのです。

転職は今後のキャリアプラン・人生プランにも大きく影響します。転職の計画を立てることは、今後の人生の計画を立てることといっても言い過ぎではありません

勢い任せ、行き当たりばったりの転職は、数年後にまた同じことになる可能性もあります。まず初めに、しっかりと計画を立てましょう。

\無料で支援・利用OK!相談だけでもOK!/

転職活動のために準備するべきもの

転職活動の計画が決まっても、まだ転職先候補を探すのは早いです。本格的に転職活動を始める前に以下の2つを準備しましょう。

転職の目的

なんのために転職をするのかをしっかり言語化しておくことが大切です。転職の目的は、転職先を選定していく中での判断軸になります。軸が決まっていないと、転職先の選定にもブレや妥協が生じてしまいます。

また、目的はいくつか決めておくことをおすすめします。複数の目的を決めておくことによって、転職先候補がより具体的に絞られ、企業とのミスマッチを防ぐことができます。

そして、いくつか決めた目的の中で優先順位をつけることが大切です。優先順位をつけておくことで、納得のいく妥協点を見出すことができます。納得のいく妥協点を決めておくことも大切です。

自身だけでは整理できない場合には、キャリア相談サービスを利用してプロと一緒に整理していくことをおすすめします。

自己分析

本格的に転職活動を始める前に自己分析することは必須です。自身の強みや価値観を言語化しておくことによって、企業とのミスマッチを防げます。また、転職はしたいけど、やりたいことがわからない方にも、自己分析は有効な方法です。

自己分析は、自身のこれまでの経験を棚卸しすることから始まります。前職だけではなく、幼少期や学生時代の経験までさかのぼって自身を見つめ直すことで、強みや得意なことが見つかるでしょう。

自己分析のやり方については、さまざまなwebサイトや書籍でも紹介されています。また、転職エージェントに登録すれば、面談を通して、自己分析をおこなってくれるエージェントもあります。

参考:自己分析を一緒に行ってくれる転職エージェント

それまで気づいていなかった、新しい自分の魅力や強みに気づけるかもしれません。また、自分の弱みを知ることも非常に大切です。是非、時間をかけて徹底的に自己分析してください

\無料で支援・利用OK!相談だけでもOK!/

企業の情報収集

転職活動の計画が決まり、転職の目的を定めて自己分析が完了したら、転職先候補となる企業の情報収集を始めましょう。

情報収集のポイントとして、以下の2点に着目してください。

  • 自身で決めた転職の目的に合っているか
  • 自己分析で分かった自身の強みを活かせるか

年収などの条件面だけではなく、長く働いている企業か、いくつかの視点から考えることが大切です。また、社風や企業理念にもリサーチし、口コミなどもチェックするとよいでしょう。

履歴書・職務経歴書の準備

履歴書・職務経歴書の準備も事前におこなっておきましょう。履歴書の志望動機欄は使いまわしは厳禁です。応募する企業に合わせて記載しましょう。志望動機には、なぜその企業で働きたいのか、熱意を伝えることが大切です。

また、職務経歴書には自身が持っているスキルをできるだけ詳細に分かりやすく記入しましょう。スキルを、転職後にどのように活かせるのかわかるように仕上げるのがポイントです。

\無料で支援・利用OK!相談だけでもOK!/

関連:転職で有利になる履歴書・職務経歴書の書き方のポイントとは?

要注意!転職するべきではない人の5つの共通点

転職するべきではない人の5つの共通点

「転職を視野に入れているけれど、決定的な理由がなくまだ迷っている」

転職のタイミングを見計らっている方の中には、このような方もいるでしょう。

そのような場合は、安易に転職をすると失敗してしまう可能性もあるので要注意です。最悪の場合、転職してから後悔してしまうことになりかねません。

そうならないためにも、転職するべきではない人の共通点について解説します。

転職の目的が定まっていない

転職の目的が定まっていない人は、安易に転職するべきではありません。なぜなら、転職の目的が定まっていないと、向かうべき転職先もわからないからです。

はっきりとした目的がないまま転職活動を始めると、なんとなくいいなと思った企業に応募し、なんとなく転職してしまいます。転職すること自体が目的になっている状態だともいえます。

転職すること自体が目的になってしまうと、近い将来また何らかの不満が募って、転職することになる可能性が高いです。

安易に転職を重ねてしまうと、自身のスキルや経験が積みあがっていきません。さらに、転職回数が多くなると、転職候補先の採用担当者から「ジョブホッパー」という印象を持たれ、転職活動が不利になる恐れもあります

目的が定まっていない転職は危険です。明確な転職の目的が定まってから、行動を始めましょう。

理想が高すぎる・曖昧すぎる

理想を高く持つことはいいことですが、努力や行動が伴わない限り達成できる可能性は低いでしょう。

また、「社会貢献がしたい」や「人の役に立つ仕事がしたい」という曖昧な理想を掲げたまま転職活動を始めるのも危険だといえます。何を通して社会貢献したいのか、社会貢献するために自分は何ができるのかについて、真剣に考えることが大切です。

また、自分が実現したいことを考えることも大切ですが、企業が求めていることを理解することも必要です。企業は、自社の事業の利益を最大化できる人材や、自社の経営理念を体現してくれる人材を求めています。そのために自分には何ができるのかを考えましょう。

\無料で支援・利用OK!相談だけでもOK!/

他責思考が強い

  • キャリアアップできる環境がない
  • やりたい業務を任せてもらえない

このように、会社に全ての責任があると思い込んで、転職を決意する人は危険です。キャリアアップするための努力は本当にし尽くしたのか?や、キャリアアップするためには自分は何が足りないのか?まずは、このような視点で考えることも必要です。

会社や上司など、自分以外の環境や人に責任を求める考え方が強い人は、転職しても同じ失敗を繰り返す可能性が高いでしょう。また、自分に原因を求める視点がない人は、成長が望めないと思われる可能性があります。

他責思考が強い人は転職を思いとどまったうえで、自身の考え方や価値観を見つめ直す必要があるかもしれません

生活環境を変えたくない

転職には、ある程度のリスクはつきものです。現状の仕事に慣れ、安定した生活習慣が保てている人は、転職によってその環境が崩れる可能性は十分考えられます。

生活環境が変わる可能性を受け入れられない人は、転職は思いとどまった方が賢明かもしれません。少なくとも、転職直後は仕事に慣れるまでにある程度時間がかかります。人によっては、仕事内容よりも、新しい環境に慣れることの方が大変かもしれません

現状の生活習慣を変えたくない人や、新しい環境に飛び込むことにストレスを感じやすい人は、転職を早まるのはよくない可能性があります。

転職活動の大変さを理解していない

仕事をしながら転職活動を進めていくことは大変なことです。時間的な制約もあり、日常の業務をこなしながら、空き時間や休みの日に転職活動をすることになります。

面接日程もこちらの希望が100%通るとは限らず、有給休暇を使って面接を受けにいくことも考えられます。

そんな大変な思いをしたうえで、理想の転職先が見つかるとは限りません。妥協をしなければならない部分も出てくることもあるでしょう。

転職活動を始めるまえに、転職活動のリスクをよく理解しておいた方がいいでしょう。リスクを覚悟せずに、転職活動を始めることはおすすめできません

\無料で支援・利用OK!相談だけでもOK!/

まとめ

転職のタイミングについては、いろいろな視点から考えることができます。ベストなタイミングは人それぞれです。必要以上にタイミングを見計らい過ぎても、ベストタイミングを逃してしまうことになりかねません。

まずは、転職する目的をしっかりと決めることが大切です。目的が決まれば、ベストなタイミングもおのずと見えてくるはずです。まずはしっかりと軸を固めることから始めましょう。

転職活動で一番避けたいことは、転職したあとに後悔することです。後悔しないためには、しっかりと考え抜くことが大切です。考えた結果出てきた答えが、その人にとってベストなタイミングだといえます。

\無料で支援・利用OK!相談だけでもOK!/

ABOUT ME
会社員年収向上委員会のファビコン
会社員年収向上委員会
本サイトを運営している編集部です。会社員が給料をアップするための方法やヒントを発信していきます。