MENU
会社員年収向上委員会 委員長
この記事を書いた人
いいんちょう
経歴:WEB系サービス運営企業からM&Aコンサルティング会社へ転職。国が発表している統計情報や転職エージェントとのやり取りから考えた、戦略的な転職1回で年収を2倍に。
年収向上ノウハウ

会社で評価されるには?評価されない人の特徴と評価されるポイント5選を解説

会社員にとって最も気になることの一つが会社からの自分の評価ではないでしょうか。自分は頑張って努力しているつもりなのに会社から評価されず、もやもやと悩んでいる人もいるでしょう。

この記事では、会社で評価されない人の特徴と評価されるためにとるべき行動や考え方などを解説します。

\全部無料で使えて便利/

関連:キャリアコーチングサービスおすすめランキング

努力しているのに会社から評価されない人の特徴

会社から評価されない人の特徴

同期より頑張っているのに、会社から評価してもらえない。給料が上がらない・・・。会社員の多くが悩むのが「頑張っているのに評価されない」という点です。

頑張り方が違うのか、評価の基準が違うのか、考えれば考えるほど答えが見つからなくなりそうです。

この章では、努力しているのに会社からなかなか評価されない人の特徴をご紹介します。

成果が出ていない

成果が出ていない

最も多いのが「頑張っているけど仕事の成果が出ていない」という特徴です。

冷酷な内容になりますが、会社員の年収はその会社に対して出すことのできた付加価値で決まる部分が多いです。そのため、成果としての付加価値を出せていないのであれば、評価されません。

まずは、自分の仕事で成果を出すことが重要になります。

ちなみに、成果を出せているが、なかなか数字で表現できていない場合もここに当てはまるでしょう。会社としては、定量的(数値)でないと評価しづらいため、できるだけ数字で成果をアピールすると良いでしょう。

会社員の年収はどう決まる?仕組み例を挙げて解説

ミスを繰り返している

同じようなミスを繰り返している

会社員として課せられた目標を達成できていたとしても、同じようなミスを繰り返していると、評価されづらいです。

給料が上がっていき、役職が上がっていくと、1つ1つの仕事の重要度が上がっていきます。そのようなポジションにミスを繰り返すような人は置きづらいので、会社として評価しづらいと言えます。

もちろん、初めてやることのミスはある程度しょうがないと言えますが、同じようなミスを繰り返さないように注意する必要があります

\全部無料で使えて便利/

仕事の姿勢が受け身

仕事の姿勢が受け身

いわゆる「指示待ち人間」であったり、「言われたことだけやる人」は、会社員として評価されにくいと言えます。言われたことをやるのであれば、社員ではなくてアルバイトでも良いからです。

会社が求めているのは「言わなくても動いてくれて、給料以上の付加価値を出してくれる人材」です。言われたことはもちろん、それ以上の成果を出そうと能動的に頑張ってくれる社員を求めていますので、受け身の姿勢で働くのはやめた方が良いと言えます。

率先して会社の利益につながることを考えて動けるように頑張りましょう。

関連:プロのキャリアカウンセリングを受ける方法

業務の優先順位付けができない

優先順位が上手くできていない

会社員には、さまざまなタスクや業務が発生します。顧客からの依頼や上司からの依頼、定型業務など。全てを完璧にこなすことができればそれに越したことはありません。

しかし、全ての業務・タスクを全て100点満点でやり遂げられる人はほとんど存在しないと言っても良いでしょう。

そんな中で重要になるのが、業務の優先順位づけです。

自分の業務範囲や責任、目標値と会社の目標などを照らし合わせて、自分の業務の優先順位をつけて、優先度や重要度、インパクトが大きいものから処理していく人が評価されやすい。

なぜなら、優先順位をつけて仕事を行っていくことで、同じ仕事時間でも出せる付加価値が大きくなるからです。

逆に、目の前で発生したタスクや業務を順番にこなしているような働き方の場合、本当に重要なことを後回しにしてしまうことも発生し、評価されづらい状態を作ってしまうと言えます。

\全部無料で使えて便利/

周囲への配慮が足りない

周囲への配慮が足りない

成果は出せているが会社から評価されていない人に多いのがこの特徴です。

例えば、営業職で売上目標金額を達成できていたとしても、同僚の仕事への配慮が足りず、社内の対応業務を増やしてしまうような場合、数字以外の部分で評価を落としてしまい、全体として評価されないという状況に陥っていることがあります

会社員はそれぞれの役割に分かれて会社運営に携わっており、その全てを合わせて会社の売上や利益が生まれているのです。そのため、自分だけが目標を達成していても、周囲の人に迷惑をかけているような場合には、評価されにくいという点に注意が必要です。

会社から求められていることを勘違いしている

求められていることを間違えている

「頑張っているのに評価されない」と思っている会社員で、結構多いのが会社が求めていることと違うことを頑張っているという状態です。

自分だけが達成できれば良いというのは先述した通りですが、期待されていることができていない人も評価されません。

言われたことだけをこなすのではなく、他のこともやった方が良いだろうと考え、広く浅くいろんなところに首を突っ込んだ結果、どれも中途半端になってしまうというケースがあります。

こういった場合、求められていること以上のことをしようとしている考え方は評価されますが、実績が伴っていないため、評価されにくいです。まずは自分が求められていることでしっかりと実績を出せるように頑張るべきでしょう。

\全部無料で使えて便利/

会社員が評価され昇給するためにとるべき行動5選

会社員が評価され、昇給を目指すためにとるべき行動を5つご紹介します。

給料が上がる人の特徴は?

自分に課せられた目標や仕事の目的を理解する

仕事や業務の目的や目標を理解する

まずは自分に課せられた目標や仕事の目的を理解するようにしましょう。会社から何を求められているのか、何をしたら評価されるのかを確認しましょう。ここを確認する時に考えるべきことは、下記の通りです。

  • 会社の事業モデル
  • 会社の中での自分の部署の役割
  • 部署の中での自分の役割

上記を考えた上で、自分の上司に「自分が何をしたら評価してくれるか?」を確認するようにしましょう。

自分の会社の評価基準を見返す

評価基準を見返す

自分の会社の理念や給与テーブルの基準となっているものを確認しましょう。

売上や利益等の数字なのか、他の人への貢献度なのか、自己研鑽の度合いなのか、どんな人が評価されてきて、どういった人を評価するのかを確認しましょう。

上司の目標を教えてもらう

上司の目標を教えてもらう

自分の上司が背負っている目標を教えてもらいましょう。自分の目標達成だけでなく、上司の目標を知っておくことで、自分がどういう行動をすれば上司が嬉しいのかがわかります。

多くの場合、上司が人事評価をすることが多いため、自分の上司が喜ぶような行動ができれば、評価されやすいと言えるでしょう。ただし、仕事の役割の上で上司の喜ぶことをするという訳で、ゴマスリをする訳ではないということを覚えておきましょう。

\全部無料で使えて便利/

同僚や会社の目標達成を手伝う

同僚や会社の目標達成を手伝う

上司と同様に同僚や会社全体の目標なども覚えておくと良いでしょう。

同じ部署の人であれば、近しい目標を背負っている場合もありますし、最終的に会社員の全ての仕事は会社の業績にインパクトを与えることに繋がりますので、会社が最終的に何をしたいのかを確認しながら働くことが非常に重要です

同僚のことを軽視しがちですが、上司に限らず周囲の同僚に支持される人になれば会社としても評価せざるを得ない場合が多く、最終的に自分の昇給・評価アップに繋がります。

会社の給与テーブルから外れる

会社の給与テーブルを外れる

もし、自分の実力に自信がある場合には、いわゆる給与テーブルの制度から外れる道を選ぶのも一つです。

会社によってどんな給与制度が用意されているのかはそれぞれですが、年俸制で毎年交渉するパターンであったり、インセンティブ割合が非常に高く、固定給が最低限しかないパターンが存在する会社もあります。

こういった給与制度に移行すると、成果を評価せざるを得なくなりますので、給与が増えやすくなります

一般的な日本の会社員の給与制度は、給与を下げることが難しいルールになっていますが、年俸制や成果報酬の割合が高い場合には、ここを調整しやすく会社側のリスクがある程度低くなるため、会社と会社員がwin-winの関係に近づき、台頭に対等な立場で評価されやすくなります。

\全部無料で使えて便利/

昇給・昇格する人が持っているマインド

会社員が評価されるためには、行動とともに考え方やマインドの部分も変えていく必要があります。ここからは、会社員として評価される人が持っている特徴的な考え方やマインドについてご紹介します。

会社は自分の取引先

会社は自分の取引先

最も大切な考え方が「所属している会社は自分の取引先」というものです。

特に日本では雇用主が強く社員が非常に弱いような考え方が浸透しています。

しかし、会社員は労働してもらう環境を整え、給料という対価を支払い、社員は会社の業務をこなし、社員としての労働力と時間を売ることで給料を得る実質的に需要と供給の対等な関係にあります。

雇用関係は、ルール上対等です。むしろ、労働基準法などによって労働者(社員)側の方が守られていることが非常に多いことを忘れないようにしましょう。

給料は自分という会社の売上

「あなたの給料は会社からの売上である」という認識をしてみましょう。

こんなに頑張っているのにこれだけしかもらえない・・・と思うのであれば、会社への貢献度を上げるか、もっと給料を出してくれる会社に転職するだけです。もちろん、給料アップの交渉を会社とするのも良いでしょう。

会社からの売上と考えられれば、売上を向上させるためにはどんなことをすればいいのか、もし増やしてくれないのであれば、別の取引先を考えようという目線になるはずです。

会社の事業を成長させるパートナーが自分

会社員は所属している会社の事業を成長させるためのパートナーです。

もし、自分以上に成長に貢献できる人がいればその人に給料や評価が集中するでしょう。もちろんあなたが部署や会社の中で突出した成果を出せば、他の会社に行ってしまわないように給料を上げてくれるでしょう。

これは会社が外部のコンサルティング会社や作業を代行する会社に依頼するのと同じです。パートナーとして会社に何ができるのかを考え、もらっている給料(売上)以上に付加価値を出していれば、自ずと給料は上がりやすくなります。

\全部無料で使えて便利/

どれだけの付加価値を生み出せるかに焦点を絞る

付加価値を生み出すことに集中する

会社員が評価を上げていくことを考えた場合、「自分が会社に対してどれだけの付加価値を生み出せるのか」に焦点を絞ることが重要です。

会社員は最終的に会社の売上や利益にどれだけ貢献できるかで評価が決まることがほとんど。会社員の仕事を大きく分けると、プラスを作る仕事とマイナス面を減らす仕事に分かれています。

プラスを作る仕事とは、営業職やマーケティング職のような売上や利益の源泉となるような部分を作っていく仕事で、マイナス面を減らす仕事は、法務や経理など会社がマイナス評価を受けないように調整する内容の仕事です。

どちらも含めて1つの会社となりますので、ぜひ自分の仕事の付加価値の付け方を考えてみてください。

社内評価以上に市場評価が大切

市場評価が大切

会社員として今の会社に評価される際、実は重要となるのが市場から自分がどう見られているのかです。詳しくは後述しますが、市場(仕事自体)の評価と社内の評価が一致していないことはよくあります

さまざまな理由がありますが、もし、今の会社から一生動かないことを決意していない場合、自分の会社の評価がずれていて、どれだけ頑張っても評価されないということもあります。

ただ、会社の評価軸をいじるのはなかなか難しいため、まずは市場での評価が上がるかどうかを注力しつつ自分の仕事の成果を出していきましょう。

転職市場で評価されているが会社内で評価されていないということは、「仕事」としては成功しているはずで、社内の評価が伴っていないことを指しています

「転職市場ではこれだけの年収のオファーがきている」ということを会社に伝えて、給与交渉をすれば給与を上げてもらえる確率も高まります。この段階でも上げてくれない場合には、早めにその会社から転職した方がご自身のためになります。

関連:【簡単】適正年収の調べ方|自分の市場価値の効果的な上げ方

\全部無料で使えて便利/

当てはまったら転職した方がよい会社

会社から評価されていないと感じる場合には、社内で頑張るよりも転職した方が良い場合があります。そういった会社の特徴をご紹介します。

【初めてでも安心】転職活動の進め方・流れ5ステップ完全網羅マニュアル

やっている仕事を軽視している

あなたがやっている仕事について軽視しているような会社は辞めた方が良いと言えます。事務や受付、店舗スタッフなどは上層部が評価しづらく軽視されやすいので注意が必要です。

上司がやったことのないような職種の場合、評価ポイントがわからなかったり、重要度が伝わっておらず軽視されたりします。また、優秀な人の場合、あまりにも簡単に処理してしまうと簡単な仕事だと勘違いされて、仕事を軽視されてしまうことがあります。

関連:転職のベストタイミングはいつ?

評価する人がいない

大企業のようなしっかりと組まれた組織であれば、必ず定期的に上司が部下を評価するタイミングがあるため、評価されていることがわかりやすいです。

しかし、中小零細企業の場合、しっかりと評価する機会が設けられておらず、給与テーブルも不完全であったりします。

どれだけ素晴らしい結果を出しても、評価してくれる人がいなければ評価はされません

\全部無料で使えて便利/

会社の経営が危うい

社員の評価以前に所属している会社の経営が危うい場合も、転職をおすすめします。立て直すために自分も頑張るということは非常に素晴らしいことですが、そこで頑張っても会社が潰れてしまっては評価もされなくなってしまいます。

また、潰れるかどうかまでの悪化状況ではなくても、経営が傾き始めると上層部が社員の評価どころではなくなってしまって、どれだけ頑張っても見向きもしてくれないということもありますので、そういった場合には速やかに転職活動を始めることをおすすめします

関連:【決定版】転職先企業の選び方

評価制度そもそもが合わない

営業職のみを想定して作っているような評価制度しかなく、それ以外のメンバーはどれだけやっても評価されないという会社も存在しています。

もし、人事であれば評価制度構築を行うべきですが、それ以外の職種の場合には人事制度まで関われることは稀ですので、転職した方がご自身のためです。

\全部無料で使えて便利/

評価を受けるための転職におすすめなエージェント

会社から正しい評価を受けたいために、転職するには適切な求人を選ぶ必要があります。そのためには、転職・求人の専門家に相談することがポイントです。

転職の専門家には転職エージェントがあります。ここからはおすすめの転職エージェントを3つご紹介します。

doda

doda
doda公式サイトより
運営会社名パーソルキャリア株式会社
得意業界全業界・業種
求人数公開求人数:13万件以上 (2022/4/22時点)
拠点29拠点
利用料金無料

dodaは、転職エージェント、転職サイト、ダイレクトスカウトの全ての機能を1つのサービスとして利用することができる転職サービスです。求人数も国内最大級でありながら、面接対策や職務経歴書の作成支援など、さまざまな支援も手厚く行ってくれるため、必ず登録することをおすすめできるサービスです。

>dodaの特徴・評判・口コミはこちら

dodaはこんな人におすすめ!
  • とりあえず転職サービスに登録しようと考えている人
  • 転職実績と豊富な求人数を求めている人
  • アドバイザーから専門的な転職のアドバイスを受けたい人

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェント公式サイトより
運営会社名株式会社リクルート
得意業界全業界・業種
求人数公開求人数:180,000件以上(2022/4/22時点)
拠点16拠点
利用料金無料

リクルートエージェントは、公開非公開合わせて30万件を超える、日本最多クラスの求人数を常に扱っている転職エージェントです。非常に広い媒体に広告掲載を行い、認知拡大を図っているので、ご存じではないでしょうか。

非公開求人だけでも20万件を超えており、他の転職サービスを圧倒する求人数を誇ります。書類の支援なども受けられるため、条件の良い求人情報に出会うためにも登録は必須といえるでしょう。

>リクルートエージェントの評判・口コミ

リクルートエージェントはこんな人におすすめ!
  • できるだけ条件の良い求人情報に出会いたい
  • 知名度の高いサービスを使いたい
  • どの業界に転職するか決めかねている人

パソナキャリア

パソナキャリア
パソナキャリア公式サイトより
運営会社名株式会社パソナキャリア
得意業界全業種・業界
求人数公開求人数:39,000件以上(2022/4/22時点)
拠点37拠点
利用料金無料

パソナキャリアは、人材派遣会社として知られる株式会社パソナが運営する転職エージェントサービスです。オリコン顧客満足度No.1を3年連続で獲得しており、利用者の評価が高い転職エージェントといえます。

非公開求人数も非常に多く、条件のよい求人を知るために、登録するのも良いでしょう。全国で転職にかかわるセミナーや個別相談会も開催されているため、地方の利用者も利用しやすいでしょう。

転職にかかわるサポートを採用前の支援から、採用決定後の退職交渉まで行ってくれるため、全体的なサポートをしてほしい人にもおすすめです。

>パソナキャリアの評判・口コミ

パソナキャリアはこんな人におすすめ!
  • 地方で転職を検討している
  • 転職活動を全面的に支援してほしい
  • 満足度の高いサービスに登録したい

まとめ

この記事をまとめます。

頑張っているのに評価されない人の特徴

  • 成果が出ていない
  • ミスを繰り返す
  • 仕事の仕方が受け身
  • 優先順位付けができていない
  • 周囲への配慮が足りない
  • 会社から求められていることを間違えている

評価・給料アップのためにやるべきこと

  • 仕事も目標と目的を理解する
  • 社内の評価指標を再確認する
  • 上司の目標を確認する
  • 同僚や会社全体の目標達成を手伝う
  • 会社の給与テーブルから外れる

評価される人が持つマインド

  • 会社は取引先
  • 自分の付加価値に目を向ける
  • 市場評価を重視する

転職するべき会社の特徴

  • あなたの仕事を軽視する
  • 評価する人がそもそもいない
  • 会社の経営が危うい
  • 評価ルールがそもそも合わない

です。

この記事があなたの給与・評価アップに繋がることを願っています。

\全部無料で使えて便利/

ABOUT ME
いいんちょう
会社員年収向上委員会
経歴:WEB系サービス運営企業からM&Aコンサルティング会社へ転職。国が発表している統計情報や転職エージェントとのやり取りから考えた、戦略的な転職1回で年収を2倍に。