MENU
会社員年収向上委員会 委員長
この記事を書いた人
いいんちょう
経歴:WEB系サービス運営企業からM&Aコンサルティング会社へ転職。国が発表している統計情報や転職エージェントとのやり取りから考えた、戦略的な転職1回で年収を2倍に。
転職成功ノウハウ

転職活動・面接で仕事を休みたい!使える理由や伝え方の大切なポイントを解説

転職活動で仕事を休みたい!

会社説明会や面接、転職エージェントへの相談などを控えていて「転職活動で会社を休むにはどんな理由がいい?嘘とバレない理由はある?」など疑問を持っている方も多いのではないでしょうか。

転職活動を始めると、面接などの予定が入り会社を休まないといけない場合が出てきます。仕事を休みたいときに使えるバレない理由を知っておくことで、スムーズに対応することが可能です

ここでは、仕事を休みたいときに使えるバレない理由や、休めないが転職活動を前に進めたいときの対処法などについて解説します。

転職活動で休みたいときに使えるバレない理由7選

転職活動で仕事を休みたいときに使えるバレない理由7選

転職活動で仕事を休みたいときに使えるバレない理由には、体調不良や家庭の事情、通院、身近な人の冠婚葬祭などがあります。これらの理由であれば、希望日に休める可能性が高く、転職活動で休むこともバレないでしょう。

ここでは、転職活動で仕事を休みたいときに使えるバレない理由7選について紹介します。

役所に行く

転職活動で仕事を休むときは「役所に行く」ことを理由にするとよいでしょう。

役所に行く申し出方
  • どうしても役所で手続きが必要なのでお休みを〜。
  • 家庭の事情で役所の手続きが必要でして明日お休みを〜。
  • 今週中に役所で手続きが必要です。どこかでお休みを〜。

など、役所に行くことを理由にして、上司に仕事を休む相談をしてみてください。

役所での手続きは「時間がかかる、期限がある」などのイメージが浸透しているため、仕事を休んだり早退する理由として使えます。

転職活動で会社を休みたい場合に、「役所に行く」という口実を検討してみてください。

体調不良

体調不良も、転職活動で仕事を休みたいときに使えるバレない理由です。体調不良は誰でもなる可能性があります。上司も無理に出勤を勧めることはできません。

体調不良で休む申し出方
  • 風邪気味なので明日休みを〜。
  • 朝から熱があるため本日は休ませて頂きます。
  • 体調がすぐれないため午後からお休みを〜。

など上司に体調不良の旨を伝える際には、きつそうにするなど演技が必要です。普段と同じ様子では、仮病を疑われてしまいます。

また、会社によっては診断書の提出を求められる場合があるので、注意してください。体調不良を理由に仕事を休む場合は、仮病とバレないように演技や対応をするようにしましょう。体調不良を理由にすれば、転職活動とバレずに仕事を休めます。

家庭の事情

転職活動で仕事を休むときは、家庭の事情を理由にする方法もあります。

家庭の事情の申し出方
  • 子どもが体調を崩して病院に連れて行きたいのでお休みを〜。
  • 親が倒れ、病院へ行かないといけません。午後からお休みを〜。
  • 妻と子供の看病を交代しなくてはいけません。お休みを〜。

などの家庭の事情を理由とした相談であれば、比較的スムーズに休みを取得できます。家族の体調不良であれば、診断書の提出や具合が悪い演技をする必要がありません。

家族のことになるので、休みの相談を受ける上司も、止めることが難しい理由です。家族がいる場合は、家庭の事情を理由に仕事を休むことを検討してみましょう。家庭の事情を理由にすれば、転職活動とバレずに休むことが可能です。

通院

転職活動で会社を休みたいときは、通院を理由にする方法もあります。通院を理由として上司に相談すれば、転職活動とバレる可能性は低いでしょう。

通院の申し出方
  • 腰痛の病院があるので明日お休みを〜。
  • 目の病院に通っているので今週の水曜日にお休みを〜。
  • 通院したいので、木曜日にお休みを〜。代わりに別の曜日に出勤します。

など通院が理由であれば、また転職活動で休みたいときにも使うことができます。ただし、会社によっては通院の証明書の提出を求められる場合があります。転職活動で仕事を休むときは、通院を理由にすることも検討してみましょう。

回線工事・家具設置立ち会い

回線工事や家具設置の立ち会いも、転職活動で会社を休みたいときに使える理由の1つです。インターネット回線工事、ソファやテーブルなどの家具設置、冷蔵庫やエアコンなどの家電設置は、立ち会いが必要なことを多くの人が理解しています。

そのため、

回線工事・家具設置立ち合いの申し出方
  • 家具搬入の立ち会いがあるので今週の金曜日にお休みを〜。
  • ネット回線の工事で立ち会いが必要なため午後からお休みを〜。

など伝えれば、転職活動とバレずに仕事を休むことが可能です。仮病のように演技をする必要もありません。

身近な人の冠婚葬祭

親戚や友人など身近な人の冠婚葬祭も転職活動で仕事を休むときの理由になります。

冠婚葬祭の申し出方
  • 親戚に不幸があったため明日お休みを〜。
  • 今週末に友人の結婚式があるのでお休みを〜。
  • 友人が亡くなりお葬式があるため明日お休みを〜。

など冠婚葬祭を理由に休みの相談をすれば、転職活動とはバレずに休めるでしょう。

ただし、会社によっては慶弔見舞金制度があるため注意が必要です。何らかの証拠を求められる可能性があります。また、冠婚葬祭を理由にすることはあまり頻繁にはできません。結婚式などの感想を求められることもあるため用意しておきましょう。

会社説明会や転職面接などで仕事を休む場合は、身近な人の冠婚葬祭を理由にする方法もあります。

自宅や自家用車のトラブル

転職面接などで会社を休みたいときは、自宅や自家用車のトラブルを理由にするのもよいでしょう。

自宅や自家用車のトラブルの申し出方
  • 突然車が動かなくなり修理を頼んでいます。業者が来るまでお休みを〜。
  • 水漏れが発生して床が水浸しになっています。明日修理の立ち会いがありますのでお休みを〜。

など、自宅や自家用車のトラブルを理由にすれば、証拠などを提出する必要がありません。転職活動での休みとはバレないでしょう。

ただし、何度も休みの理由として使ってしまうと怪しまれる可能性があるので注意してください。

有給休暇取得は理由なしや私用が無難

有給休暇取得は理由なしや私用が無難

転職活動のために有給休暇を取得する場合は、取得理由に気をつけましょう。会社説明会や転職面接など転職活動を理由にすると、よいことはほとんどありません。会社や上司には「転職する可能性が高い」と判断され、悪い印象を与える可能性があります。

転職する人にプロジェクトや大切な顧客を任せても、あまり意味がないためです。また、転職を考えているので仕事へのモチベーションが低いと思われてしまいます。転職活動をして、結果として転職しなかった場合も、今後の評価に影響するかもしれません。

有給休暇を取得して転職活動をする場合は、転職活動を理由にしないようにしましょう。理由なしや私用とするのが無難です。転職活動で有給休暇を利用するときには注意してください。

転職活動を理由に有給休暇取得はしない方がいい

転職活動を理由に有給休暇取得はしない方がいい

転職活動を理由に有給休暇を取得すると、上司から転職活動の妨害を受ける可能性があります。また、罪悪感を感じてしまい、転職活動に集中できない場合があります。

前述のとおり、転職活動で有給休暇を取得するのであれば、理由なしや私用とするのが無難です。理由を正直に伝えてしまうと、会社での仕事がやりづらくなり転職活動にも悪い影響が出る恐れがあります。

ここでは、有給休暇取得の際に転職活動を理由にした場合の注意点について見ていきましょう。

上司から妨害を受ける可能性がある

有給休暇を取得する際に転職活動を理由にすると、上司から転職活動の妨害を受ける可能性があります。転職して人が抜けると困るからです。

抜けた人の仕事を別の人がカバーしなくてはなりません。重要なポジションを担っていた社員が辞めた場合は、他の人では対応が難しい場合もあります。また、新たな人材も募集し、育てなければいけません。

そのため、「今の時期に転職させるわけにはいかない」と、上司が休みを認めなかったり転職しないように執拗に説得されるなど、転職活動の妨害とも取れる行為を受けることがあります

希望日に休みが取れないなど、スムーズに転職活動ができなくなるため注意が必要です。スケジュールが合わず、希望の会社に転職をするチャンスを失う恐れがあります。

転職をポジティブに受け取る上司や会社は多くありません。有給休暇を取得する際は、転職活動を理由にしないようにしましょう。

罪悪感を感じる可能性がある

有給休暇の理由を転職活動にすると、「会社に転職活動と伝えた上に忙しい時期に仕事を休むのはなんか申し訳ない」など罪悪感を感じる可能性があります。

罪悪感を感じてしまうと、転職活動に集中できません。高いモチベーションで転職活動に臨むのが難しくなるため、言い間違えたり表情が暗くなるなどして、面接官に悪い印象を与える可能性があります。印象が悪いと、希望する会社への転職が難しくなります。

罪悪感を感じる場合もあるので、有給休暇の取得理由を転職活動にしないようにしましょう

在籍中は転職活動が進めづらい悩みがある

在籍中は転職活動が進めづらい

在職中は転職活動が進めづらいかもしれませんが、辛抱強く進めていくことが大切です。進めづらいからといって会社を辞めてしまうと、満足のいく転職活動ができない可能性があります。

転職先が見つかるまで会社を辞めない方が無難

「どうせ転職するから転職先が決まる前に辞めてしまおう」など、転職先が見つかる前に今の会社を辞めるのはよい判断とはいえません。

すぐに希望の転職先が見つかるとは限らないからです。見つかったとしても、面接で落ちる可能性もあります。収入がなくなるため、焦って転職先を決める恐れがあります。

転職先が見つかるまでは、会社を辞めない方が無難です。

関連:転職ベストタイミングはいつ?

仕事を休めないが転職活動を前に進めたい

仕事を休めないが転職活動を前に進めたい

転職活動を前に進めたくても「仕事を休むことができない」ということもあります。このような場合は、休みではなく早退、土日対応の交渉、リモートの活用などによって対処することが可能です。

ここでは、仕事を休めないが転職活動を前に進めたいときの対処法について見ていきましょう。

  • 有給休暇ではなく早退で対応する
  • 土日対応の交渉をする
  • Web会議でリモートで参加する

有給休暇ではなく早退で対応する

「繁忙期などで仕事は休めないが転職活動を前に進めたい」という場合は、有給休暇ではなく早退で対応するとよいでしょう。1日休みは上司の許可を取るのが難しい場合でも、午後からの早退や夕方からの早退であれば、許可を得られる可能性があります。

  • 子どもが体調を崩したので午後から早退してもよろしいでしょうか。
  • 体調が悪いので昼からお休みを頂けないでしょうか。
  • 役所で手続きをしないといけないので明日午後から早退させてもらってもよろしいでしょうか。
  • 親戚が倒れて急遽入院したため明日の午後からお休みを頂けないでしょうか。

など上司に相談をすれば、午後や夕方から早退することができるでしょう。早退であれば休みよりハードルは低くなります。

仕事を休むのが難しい場合は、1日休みではなく早退を検討してみましょう。早退できれば、休みの取得が難しい職場でも転職活動を前に進めることが可能です。

土日対応の交渉をする

転職活動を前に進めたいのに仕事を休めない場合は、転職希望先や転職エージェントにお願いして面接日などを土日に変更できないか交渉してみましょう。仕事が休みの日であれば、転職活動にじっくりと時間をかけることができます。

ただし、転職希望先も土日が休みの可能性があるため注意が必要です。休みでない場合でも、採用担当者には別の予定が入っていますので土日への変更ができないことも多いです。

また、転職エージェントを利用している場合は、転職希望先ではなく、転職エージェントの担当者に先に相談をしてみてください。そうすれば、転職エージェントの担当者が代わりに転職希望先と交渉をしてくれます。

仕事を休めないが転職活動を前に進めたい場合は、土日や勤務先が休みの日の対応を交渉することも1つの方法です。

Web会議でリモートで参加する

新型コロナウイルス感染症の影響もあり、説明会や面接をリモートで行っている会社も多いです。リモートは移動時間などを省けるため、数十分〜1時間程度の時間を確保できれば参加できます。昼休みを活用して会社説明会や面接を受けることが可能です。

上司に1日休む許可を得たり有給休暇取得の手続きをする必要もありません。

また、転職エージェントでもリモート対応できるサービスが増えています。

仕事を休めない場合でも、1時間程度の時間があればリモートで転職活動を前に進めることが可能です。

転職の相談はプロにするのがおすすめ

転職についての相談は、転職エージェントやキャリアコーチングサービスなどのプロがおすすめです。プロは転職に関する多くのノウハウを持っているため、的確なアドバイスをもらうことができます。また、面接指導などのサポートも受けることが可能です。

転職活動の成功率を高めたいのであれば、プロに相談するのが1番です。

ここでは、転職エージェントやキャリアコーチングサービスの特徴やおすすめサービスについてご紹介します。

転職エージェント

転職エージェントは、人材を募集する企業と転職希望者の間に立ち、転職成功のためのサポートを行うサービスです。各業界に精通したキャリアアドバイザーから、求人紹介や履歴書・職務経歴書添削面接指導などを受けることができます。

多くの非公開求人を持っている転職エージェントもあるため、自分に合った転職先を見つけることが可能です。興味のある業界や業種、会社に関する様々な分析情報を得ることもできます。

「半年以内に今の会社から転職したい」など、転職をすでに決意している場合は転職エージェントの利用がおすすめです。転職活動成功のための手厚いサポートを受けることができます。

ここからは、人気の転職エージェントであるリクルートエージェント、doda、マイナビエージェントの特徴について見ていきましょう。

doda

doda
doda公式サイトより

dodaは、国内最大級の転職エージェントです。約10万件の求人情報を取り扱うため、条件に合った転職先を見つけることができます。

履歴書や職務経歴書の添削はもちろんのこと、面接時のマナーや回答に関するアドバイスをもらえます。円満退職するためのサポートも受けられるので、転職活動が初めての方でも安心です。

セミナーやイベントが充実しており情報収集に役立ちます。転職後のフォローアップも受けられるなど、手厚いサポートを受けて転職活動をしたい方におすすめです。

>dodaの特徴・評判・口コミはこちら

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェント公式サイトより

リクルートエージェントは業界最大級となる10万件以上の非公開求人があるのが特徴です。各業界に精通し、多くの転職ノウハウを持ったキャリアアドバイザーが、応募者の希望条件やスキルに合った求人を紹介します。

履歴書や職務経歴書の添削、面接指導、業界分析・企業分析情報の提供など、様々なサポートを受けることができます。

キャリアアドバイザーとの面談は電話でも可能です。内定が決まった後の年収交渉や入社日の調整なども依頼できるため安心です。現在の会社を円満退社するためのアドバイスも行います。

実績豊富な転職サービスを利用したい方におすすめです。

>リクルートエージェントの評判・口コミ

マイナビエージェント

マイナビAGENT
マイナビエージェント公式サイトより

マイナビエージェントは、各業界の転職事情に通じたキャリアアドバイザーが、応募者の希望やスキルに合った求人を紹介します。

職場の雰囲気など、会社のホームページや求人票では確認できないリアルな情報も知ることが可能です。登録後の面談は電話でもできるため、仕事が忙しい方でも安心です。

模擬面接などの面接対策や提出書類の添削、スケジュール調整の代行、年収交渉なども行います。求人の質が高く、親身なアドバイスをしてもらえるため、転職が初めての方におすすめの転職エージェントです。

>マイナビエージェントの評判・口コミ

キャリアコーチングサービス

キャリアコーチングサービスとは、経験豊富なコーチが自己分析やキャリア設計のサポート・コーチングを行うサービスです。1対1のマンツーマンで、キャリアに関する相談やアドバイスを受けることができます。

キャリアコーチングサービスによっては、転職支援も行っています。転職を含め、様々な選択肢から最適なキャリアを構築したいと考えている方におすすめです。

ここからは、主なキャリアコーチングサービスの特徴について見ていきましょう。

キャリート

キャリートトップページ

キャリートのコーチは、国家資格であるキャリアコンサルタントまたはプロコーチ資格を持っています。経験豊富なコーチから自己分析やキャリアプラン設計、仕事分析などのサポートを受けることが可能です。

キャリアプラン設計では、独自のキャリアプランシートを用い、目標実現のための具体的なアクションも考えていきます。

また、キャリートでは転職活動支援も行っています。職務経歴書の添削や面接トレーニング、仕事選びの条件整理、選考・内定の意思決定サポートなど、手厚い支援を受けることが可能です。

コース名キャリア設計コース転職サポートコース自己実現コース
料金10.5万円(税込)18.9万円(税込)27.8万円(税込)
分割支払い料金9,700円〜 / 月17,480円〜 / 月25,700円〜 / 月
コーチング回数3回5回10回
LINEサポート期間35日90日180日
職務経歴書の添削なしありあり
面接対策なしありあり
サービス一時休止なしあり(最長1ヶ月)あり(最長1ヶ月)
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る
キャリート有料コース比較表(公式サイトより抜粋)

関連:キャリートの口コミ・評判は?

ポジウィルキャリア

POSIWILL-CAREER

ポジウィルキャリアは、キャリアに特化したパーソナルトレーニングを行っています。

経験豊富なコーチから、キャリア構築理論に基づき作成されたプログラムによる自己分析やゴール設定、ギャップ分析、キャリア戦略や転職活動サポートなどを受けることができます。

自己分析を中心としたキャリアデザインコース、自己分析や転職活動のサポートを受けられるキャリア実現コース、キャリア実現コースに加えて入社後のサポートも受けられるキャリア実現プラスコースから自分に合ったコースを選択可能です。

関連:ポジウィルキャリアの口コミ・評判は?

マジキャリ

マジキャリ
マジキャリ公式サイトより

マジキャリは、経験豊富で多くのノウハウを持つコーチが、年間3,000名もの転職支援経験に基づいた独自のカリキュラムを用いてキャリア支援やコーチングを行います。具体的なアクションプランの落とし込みも行うため、コーチング終了後も自走することができます。

キャリアデザインコース、自己実現コース、自己実現コースmoreの3つのコースから、予算と目的に合わせて選択可能です。

20〜30代の方におすすめのキャリアコーチングサービスです。

関連:マジキャリの口コミ・評判は?

ニューキャリア

ニューキャリア
ニューキャリア公式サイトより

ニューキャリアは、20〜30代向けのキャリア支援サービスです。現在のキャリア納得度のスコアリングや自己分析、キャリアシート作り、アクションプランの落とし込みなどを行います。また、求人選びの支援や面接対策、職務経歴書の添削サポートなどを受けることが可能です。

分析/計画コース、転職活動コース、メンタリングコースの3つのコースが用意されています。まずは、1時間の無料キャリアカウンセリングを受けた上で判断することができます。

関連:ニューキャリアの口コミ・評判は?

まとめ

ここでは、仕事を休みたいときに使えるバレない理由や、休めないが転職活動を前に進めたいときの対処法などについて解説しました。

転職活動で仕事を休みたい場合は、転職活動の旨を伝えないようにしましょう。体調不良など、バレない理由で休みや早退することをおすすめします。

転職を検討している方は、ここで紹介した内容を参考にしてみてください。早速、プロである転職エージェントやキャリアコーチングサービスに相談してみましょう。

ABOUT ME
いいんちょう
会社員年収向上委員会
経歴:WEB系サービス運営企業からM&Aコンサルティング会社へ転職。国が発表している統計情報や転職エージェントとのやり取りから考えた、戦略的な転職1回で年収を2倍に。