転職成功ノウハウ

【決定版】転職先企業の選び方!ニーズ別のポイントを徹底解説

転職先を選ぶポイントは?

転職を検討していて「転職先の選び方がわからない。チェックするポイントは?」など疑問を持っている方も多いのではないでしょうか。転職先の選び方を知っておけば、ニーズを満たす自分に合った会社を選ぶことが可能です。 

ここでは、転職先を選ぶときのチェックポイントを解説します。

【初めてでも安心】転職活動の進め方・流れ5ステップ完全網羅マニュアル

\無料相談可能/

AGENDA
  1. 転職する理由を軸に転職先を選ぶことがポイント
    1. 転職したい理由をピックアップ
    2. 仕事でアピールできることを洗い出す
    3. 仕事で楽しかったことを洗い出す
  2. 転職先選びで必ずチェックするべき点
    1. 事業内容
    2. 企業規模・拠点
    3. 社風
    4. 福利厚生
    5. 業界内での立ち位置
    6. 人材募集の背景
  3. 収入・キャリアアップ目的の転職の場合の選定ポイント
    1. 平均年収の高い業界か
    2. 平均年収の高い職種か
    3. 業界水準と比較して年収基準は高いか
    4. ポスト(役職)は空いているか
    5. 給与制度・評価制度は収入アップに繋がりやすいか
  4. 福利厚生の充実が目的の転職の場合の選定ポイント
    1. 求めている福利厚生はあるか
    2. 給与条件は低すぎないか
    3. 福利厚生の利用に条件はないか
  5. ワークライフバランス目的の転職の場合の選定ポイント
    1. 平均残業時間は許容できるか
    2. 有給休暇の消化率はどれくらいか
    3. 子育てなどのライフイベントに理解があるか
  6. キャリアチェンジが目的の転職の場合の選定ポイント
    1. 研修制度は充実しているか
    2. 同業種の先輩は複数いるか
    3. 未経験でも入社できる理由は何か
  7. 社風・働きやすさが目的の転職の場合の選定ポイント
    1. 入社前に社員とコミュニケーションを取れるか
    2. 経営方針や理念に共感できるか
    3. 社員の要望が通りやすい会社か
  8. 転職先企業の選定はプロに相談するのがおすすめ
    1. キャリアコーチングサービス
    2. 転職エージェント
  9. まとめ

転職する理由を軸に転職先を選ぶことがポイント

転職理由を軸に転職先を選ぶことがポイント

転職先を選ぶときは、転職する理由を軸に考えることが大切です。そうすることで、ニーズを満たす転職先を選べるようになり、転職後の満足度が向上します。環境への不満が少なくなり、前向きに仕事に取り組むことが可能です。

また、仕事でアピールできることや楽しかったことも整理しましょう。自分の強みや求めているものが明確になります。

関連:転職を成功させる自己分析のやり方とは?

\無料相談可能/

転職したい理由をピックアップ

転職先を選ぶ前に、転職したい理由をピックアップしましょう。転職を希望するネガティブな理由やポジティブな理由を整理することは、転職成功へ向けて非常に重要な作業です。

不満を解消したりニーズを満たす転職でなければ、転職先でも同じ不満やニーズが出てくるからです。まずは、よくある転職理由について見ていきましょう。

収入アップ

転職したい理由でよくあるのが、収入アップです。

転職前の会社の給与に不満がある場合は、給与が高い転職先を探すことで不満を解消することが可能です。転職前よりも給与が安い会社を選んでしまうと収入に対する不満が大きくなり、またすぐに転職を検討することになるでしょう。

収入アップが1番の転職理由である場合は「前職(現職)の◯◯万円より給与が高い会社」と転職先選びの基準が明確になります。

福利厚生の充実

「福利厚生が充実している会社に転職したい」と考えている方も多いことでしょう。会社によって福利厚生が大きく異なり、仕事へのモチベーションやプライベートの充実度に関わります。

会社によっては、次のような福利厚生があります。

  • 昼食補助
  • 住宅手当(家賃補助)
  • 社員旅行
  • レジャー施設の割引
  • 資格取得補助
  • 書籍購入費補助

「今の会社は福利厚生が充実していない!」と不満がある方は、福利厚生が充実した転職先を選ぶとよいでしょう。

ワークライフバランス

ワークライフバランスを理由に転職する方も多いです。

残業がなく連休や有給を完全取得できる会社もあれば、残業が多く連休や有給がほとんど取れない会社もあります。仕事とプライベートどちらも充実することが大切です。

「残業が少ない環境でプライベートの時間をもっと確保したい」という方は、ワークライフバランスを重視した会社を選ぶとよいでしょう。

残業や休日、有給、産休・育休などを取得しやすいかどうか確認が必要です。

キャリアチェンジ

「これまでとはまったく違った仕事をやりたい!」とキャリアチェンジが転職理由の方も多いのではないでしょうか。

現在の会社でも配置転換などで職種を変えることはできるかもしれませんが、環境はそれほど変わらない場合が多いです。扱う商材や近くにいる人が同じであれば、慣れが生じてしまいます。

キャリアチェンジをするのであれば、思い切って環境を変えたほうが新たな気持ちで仕事に取り組むことができます。キャリアチェンジを図れるのは、転職する利点です。

社風・働きやすさ

自分に合った社風や働きやすさを求めるのも、よくある転職理由です。

「体育会系ノリは嫌だ」など、社風が合っていないと仕事へのモチベーションが湧かず、生産性が落ちる場合があります。自分を出せず、働きづらく感じ、仕事が楽しめなくなるでしょう。

このような場合は、転職先を見学させてもらうなどして、社風や職場の雰囲気、働きやすさなどを実際に確認することが大切です。

仕事でアピールできることを洗い出す

転職先企業を選ぶときは、仕事でアピールできることを洗い出しましょう。仕事でアピールできることは自分の強みです。自分の強みがわかっていれば、転職面接の際に適切にアピールできます。強みを活かせる転職先を選べば活躍できる可能性が高くなります

  • プレゼンスキルが高い
  • 英語が堪能
  • 企画力に優れている
  • コミュニケーション力が高い
  • マネジメントスキルが優れている

また、自分の強みを洗い出すのと同時に、アピールできる成果についてもまとめるようにしてください。成果は面接のアピール材料になるだけでなく、「営業は好きではないが社内で営業成績がトップだった」など客観的に自分の強みを知ることにも役立ちます。

仕事で楽しかったことを洗い出す

転職先の会社を選ぶときは、仕事で楽しかったことを洗い出してみてください。楽しかったことが明確になれば、次のようなことがわかるためです。

  • 好きな仕事内容
  • 夢中になれる仕事
  • 自分に合った雰囲気

夢中になれる仕事や自分に合った雰囲気であれば、仕事へのモチベーションも高く維持できます。前向きに仕事に取り組むことが可能です。

  • 営業しているとき
  • 部下をマネジメントしているとき
  • 新人を研修・育成しているとき

など、楽しかったことを洗い出せば「どのような転職先を選ぶとよいか」基準もわかりやすくなります。

\無料相談可能/

転職先選びで必ずチェックするべき点

転職先選びで必ずチェックするべき点

転職する会社を選ぶときは、事業内容や福利厚生、業界内での立ち位置などをチェックすることが大切です。このようなポイントをチェックすることで、自分に合った転職先を選びやすくなります。転職を後悔しないためにも、しっかりとチェックすることが大切です。

ここでは、転職先選びで必ずチェックするべき点について見ていきましょう。

参考:自分が納得できる会社選びの方法は?

\無料相談可能/

事業内容

転職先選びで必ずチェックしたいのが、会社の事業内容です。事業内容とは「会社がどんなことを行っているか」を表すものです。

例えば、任天堂であれば、家庭用レジャー機器の製造・販売が事業内容になります。野村不動産であれば、マンション分譲事業や戸建分譲事業、投資・開発事業、建築・設計事業などです。

事業内容を確認しなければ「自分が思っていた業界・業種ではなかった」と転職で失敗する可能性があります。事業内容は会社のホームページやIRで確認できます。

企業規模・拠点

企業規模や拠点も転職先選びでチェックしたいポイントです。企業規模が大きければ、多くの職種やポストがある可能性があります。中小規模の会社と比べて、福利厚生が充実していることも考えられます。社員数が多く、多くの仲間と切磋琢磨できるでしょう

また、企業規模が大きければ平均年収が高い傾向にあるため、入社することで収入アップが期待できます。

拠点が多ければ、将来的に海外など希望エリアで働くことも可能です。転職先を選ぶときは、企業規模や拠点をチェックしましょう。

関連:会社員の年収はどう決まる?仕組み例を挙げて解説

社風

会社によって社風が異なります。社風が合っていなければ、自分を出すことができず、仕事を楽しめない可能性があります。

体育会系ノリや和気あいあいでアットホームな雰囲気、何でも言い合える風通しのよい環境、チャレンジ重視、堅実性を求めるなど、いろいろな社風があります。

社風は会社のホームページだけでは判断しづらいことが多いため、社員と話したり職場見学をさせてもらうのが1番です

福利厚生

転職先を選ぶときは、福利厚生もチェックポイントです。福利厚生の充実が転職に求める理由であれば、しっかりとチェックしましょう。

昼食補助や資格取得補助、家賃補助、家族手当、書籍購入費補助など、福利厚生が充実していれば、実質的に手取りが増えるなどして生活に余裕が生まれます。仕事へのモチベーションも上がるでしょう。

福利厚生が充実していて、デメリットになることはほとんどありません。

業界内での立ち位置

業界内での立ち位置も転職先を選ぶときにチェックすべきポイントです。次のように、会社には業界内で様々な立ち位置があります。

  • 業界内でダントツのシェアを誇る
  • 業界内で2番目のシェア・規模を誇りトップを追いかける
  • 業界に参入したばかりで知名度・シェアはほとんどない

「◯◯の立ち位置が正解」というものはありません。自分に合った立ち位置の会社を選ぶことが大切です。

人材募集の背景

転職先を選ぶときは、なぜ人材募集をしているのか背景を調べましょう。よくある人材募集の理由は、次のとおりです。

  • 新規事業による人材募集
  • 既存事業や拠点拡大による人材募集
  • 離職率が高いことによる人材募集

新規事業や既存事業拡大の場合はよいですが、離職率が高くて人材募集している場合は注意が必要です。離職率が高い理由などを理解した上で転職しないと、転職を後悔する可能性があります。

\無料相談可能/

収入・キャリアアップ目的の転職の場合の選定ポイント

収入・キャリアアップ目的の転職の場合の選定ポイント

収入向上・キャリアアップが目的の転職の場合は、業界や職種の平均年収や会社の年収水準、ポストの空きなどを確認することが大切です。

これらのポイントに注目することで、自分の条件に合った会社の選び方ができるようになります。より良い条件の転職先を見つけられるでしょう。ここでは、収入向上・キャリアアップが目的の転職の場合の選定ポイントについて紹介します。

関連:会社員が年収を上げる5つの方法

\無料相談可能/

平均年収の高い業界か

収入向上・キャリアアップが目的の転職の場合は、平均年収が高い業界か確認しましょう。平均年収が高い業界を選べば、転職後に年収が増える可能性があるからです。

例えば、国税庁「令和2年分 民間給与実態統計調査」によると、主な業界の平均年収は次のとおりです。

  • 建設業:509万円
  • 不動産業・物品賃貸業:423万円
  • 情報通信業:611万円
  • 金融業・保険業:630万円
  • 電気・ガス・熱供給・水道業:715万円
  • 宿泊業・飲食業:251万円

Webサイトや専門誌などを活用して希望業界の平均年収を確かめましょう。ただし、平均年収が高い業界に転職しても、必ず年収が増えるとは限らないため注意してください。

関連:平均年収の高い業界・職種は?

平均年収の高い職種か

平均年収が高い職種を選ぶことは、収入向上・キャリアアップが目的の転職の場合に大切なことです。営業、事務、人事、エンジニア、施工管理など、職種によって平均年収は異なります。平均年収が高い職種を選べば、転職後に年収が増える可能性があります

平均年収が高い業界と職種を組み合わせて転職先を選ぶと、大幅な年収アップも期待できるでしょう。

関連:平均年収の高い業界・職種は?

業界水準と比較して年収基準は高いか

転職を希望する会社の年収基準が、業界水準と比較して高いかどうか確認しましょう。

業界水準より低い場合は、思うような年収アップにならない可能性があります。業界水準より高い場合は、活躍次第で収入の大幅増が見込めます

関連:国内企業平均年収ランキング

ポスト(役職)は空いているか

キャリアアップを目的として転職する場合は、転職先の会社でポストが空いているかも重要です。部長や課長、係長、リーダーなどの役職につきたくても、ポストに空きがなければすぐに目的を実現できません

会社によっては、年功序列のように役職につく人が順番待ちしている場合があります。ポストに空きがある会社は、転職後すぐに役職につくことも可能です。出世スピードが早い可能性があるため、仕事へのモチベーションも高くなります。

給与制度・評価制度は収入アップに繋がりやすいか

会社によって、給与制度や評価制度が異なるため事前に確認しておきましょう。仕事で成果を出せば、すぐに大幅な収入アップにつながる会社もあれば、ほとんど収入が変わらない会社もあります。

給与制度や評価制度は、仕事のやりがいやモチベーションにも影響します。収入向上やキャリアアップが目的の転職の場合は、給与制度や評価制度にも注目しましょう

関連:評価されない人の特徴と評価されるポイント5選

\無料相談可能/

福利厚生の充実が目的の転職の場合の選定ポイント

福利厚生の充実が目的の転職の場合の選定ポイント

福利厚生の充実が目的の転職の場合は、福利厚生の内容や条件などを確認する必要があります。これらのポイントに注目して転職先の会社を選ぶことでニーズが満たされ、「転職してよかった」と思えるようになります。

逆に、これらのポイントをないがしろにすると、転職後に不満が出る可能性が高くなるでしょう。ここでは、福利厚生の充実が目的の転職の場合の選定ポイントについて紹介します。

\無料相談可能/

求めている福利厚生はあるか

福利厚生の充実を目的として転職する場合は、求めている福利厚生があるか事前に確認してください。

家賃補助や資格取得補助を求めていても転職先にこれらの福利厚生がなければ、ニーズが満たされていないため、また同じ理由で転職を検討し始める可能性があるためです。

会社の採用ページで確認できない場合は、会社説明会や転職面接で聞くようにしましょう

給与条件は低すぎないか

給与条件が低すぎる場合は、手当や補助などが充実していたとしても、満足のいく収入を得られない可能性があります。生活水準が下がり、家族からも不満が出るかもしれません。

「転職後に年収がダウンしてしまった」となれば、仕事へのモチベーションが低下する方も多いことでしょう。基本給や賞与、歩合給などの給与条件が低すぎないか確認してください。

また、先々のために、転職後の給与条件だけでなく、出世した後の給与条件も確認しておきましょう。

福利厚生の利用に条件はないか

会社によっては、福利厚生の利用に条件が設けられています。条件がある場合は、誰でも適用されるわけではありません

よくある福利厚生の利用条件
  • 勤続2年以上の社員は資格取得補助が出る
  • 会社の最寄り駅から5駅以内に住むと家賃補助が出る
  • エンジニア職だけ書籍購入費の補助が出る

など条件がある場合は、自分に該当するか確認が必要です。該当しなければ、福利厚生の恩恵をあまり受けることができません。

福利厚生の内容だけでなく、条件が設けられていないか確認しましょう。

\無料相談可能/

ワークライフバランス目的の転職の場合の選定ポイント

ワークライフバランス目的の転職の場合の選定ポイント

ワークライフバランスが目的の転職の場合は、平均残業時間や有給休暇の消化率、ライフイベントへの理解について確認しましょう。これらのポイントが自分の求める条件と合う場合は、転職後に理想のワークライフバランスを実現できる可能性があります。

逆に、条件とは合わない会社は転職先の候補から除外したほうがよいでしょう。ここでは、ワークライフバランスが目的の転職の場合の選定ポイントについて紹介します。

\無料相談可能/

平均残業時間は許容できるか

平均残業時間は許容できるか確認することは、ワークライフバランスを目的とした転職の場合に大事なことです。

平均残業時間が許容できない範囲だと、転職に求めていたワークライフバランスの実現が難しくなります。プライベートの時間が少なくなり、仕事へのモチベーションも低下する可能性があります

平均残業時間が会社のホームページに載っていない場合は、転職エージェントに聞くなどしましょう。ワークライフバランスを目的とした転職先の選び方で、平均残業時間を確認することは大切です。

有給休暇の消化率はどれくらいか

有給休暇の消化率も、ワークライフバランスを目的とした転職先の選び方で重要なポイントです。会社によっては有給休暇の消化率が非常に低い場合があります。

厚生労働省「令和3年就労条件総合調査の概況」によると、令和3年の有給休暇消化率の平均は56.6%で過去最高でした。消化率100%が理想ですが、少なくとも有給休暇の消化率が平均値を上回る会社を選んだほうがよいでしょう。

満足のいく転職会社の選び方として、有給休暇の消化率もチェックしてください。

子育てなどのライフイベントに理解があるか

ワークライフバランスを目的として転職する場合は、子育てなどのライフイベントに理解があるか確認しておきましょう。

子どもの入学式や運動会、友人の結婚式、自身の結婚記念日、家族旅行による連休など、ライフイベントへの理解がある会社であれば、このようなときに休むことや早退が可能です。

しかし、ライフイベントへの理解がない会社であれば、休みや早退などが認められません。求めているワークライフバランスを実現する会社の選び方として、ライフイベントへの理解があるか注目しましょう

\無料相談可能/

キャリアチェンジが目的の転職の場合の選定ポイント

キャリアチェンジ目的の転職の場合の選定ポイント

キャリアチェンジを目的として転職する場合は、研修制度や同業種の先輩の存在、未経験でも入社できる理由などについて確認してください。これらのポイントに注目することで、満足のいく転職先の選び方ができるようになります。

それぞれのポイントについて見ていきましょう。

\無料相談可能/

研修制度は充実しているか

転職の目的がキャリアチェンジの場合は、転職先の研修制度が充実しているか確認しましょう。これまで経験したことがない業界・業種の仕事を始めるためです。今まで培ってきた知識やノウハウが通用しない可能性があります。

研修制度が充実していれば、効率よく必要な知識やノウハウを身につけることが可能です。会社によっては「自分で全部勉強して」というスタンスで、研修がほとんどない場合もあります。研修制度がほとんどない会社であれば、基礎知識を身につけるのに時間がかかるでしょう。

キャリアチェンジを目的とした転職先の選び方として、研修制度が充実している会社を選ぶことをおすすめします。

同業種の先輩は複数いるか

同業種の先輩が複数いる場合は、安心感があります。

  • どのようにして仕事を覚えたか
  • どうやって成果を出したか
  • どれくらいの期間で活躍できるようになったか

など、いろんなことを相談できます。1つのロールモデルとなるため、転職後のイメージを持ちやすくなります。同業種の先輩が複数いれば、転職後も心強いことでしょう。

同業種の先輩について確認することも、満足のいく転職をするための転職先の選び方です。

未経験でも入社できる理由は何か

キャリアチェンジを目的として転職する場合は、未経験でも入社できる理由が何か確かめましょう。未経験でも入社できる理由には、次のようなものがあります。

未経験者採用のよくある理由
  • 経験の有無に関係なく優秀な人材を採用したいため
  • 人材育成に力を入れているので経験の有無を問わない
  • 未経験者すぐに覚えられる仕事であるため
  • 業界経験者が応募してこないため

どのような理由で未経験者が入社できるのか知ることは大切です。中には、離職率が非常に高く、未経験者でも採用しない限り会社が回らないから、未経験OKにしているなど、ネガティブな理由もあります。会社説明会や転職エージェントなどを活用して理由を確認しましょう。

\無料相談可能/

社風・働きやすさが目的の転職の場合の選定ポイント

社風・働きやすさが目的の転職の場合の選定ポイント

社風や働きやすさを目的として転職する場合は、社員から直接話を聞くことが大切です。また、経営方針や理念、要望の通りやすさなども事前に調べておきたいポイントになります。

ここでは、社風・働きやすさが目的の転職の場合の選定ポイントについて見ていきましょう。

\無料相談可能/

入社前に社員とコミュニケーションを取れるか

社風や働きやすさを目的としている場合は、入社前に社員とコミュニケーションを取れるかが重要です。社風や働きやすさを知るには、実際に働いている人の話を聞いたり職場の様子を見てみるのが1番だからです。

社員からリアルな意見を聞いた上で、判断することが大切になります。できれば面接前に社員とコミュニケーションを取り、自分の求めている社風や働きやすさか確認できるのが理想です。

経営方針や理念に共感できるか

転職先の経営方針や理念にを確認するようにしてください。会社は経営方針や理念をもとに、日々の事業活動を行っています。そのため、経営方針や理念に共感できない場合は、社風や働きやすさが求めるものと違う可能性があります。

経営方針や理念は会社のホームページや採用ページで確認できることがほとんどです。経営方針や理念に共感できるか確認することは、転職先の選び方として重要なポイントになります。

社員の要望が通りやすい会社か

社風・働きやすさが目的の転職の場合、社員の要望が通りやすい会社かどうか確認する必要があります。

要望が通りやすい会社は現場の声がどんどん反映されるため、働きやすい可能性が高いです。また、社員は声があげやすいため、風通しがよく、仕事へのモチベーションも高いことでしょう。

逆に、社員の要望がほとんど通らない会社は働きづらい上に、風通しが悪い可能性があります。社風や働きやすさを目的とした転職先の選び方として、重要なポイントの1つです。

\無料相談可能/

転職先企業の選定はプロに相談するのがおすすめ

転職先を選ぶときは、キャリアコーチングサービスや転職エージェントなどのプロに相談するのがおすすめです。

キャリアコーチングサービスや転職エージェントに相談すれば、キャリア設計や書類添削面接対策、求人紹介などを受けられるためです。業界に精通したスタッフから手厚いサポートを受けられるので、転職活動が初めての方でも安心です

また、多くの求人を持っているため、条件に合った転職先を見つけることが可能です。ここでは、主なキャリアコーチングサービスと転職エージェントについて紹介します。

関連:誰に転職相談をするのがおすすめ?

キャリアコーチングサービス

キャリアコーチングサービスとは、1対1でキャリアについてコーチングを受けられるサービスです。自己分析やキャリア設計、人生設計などのサポートを受けられます。自分の強みやキャリアプランなどが明確になります

キャリアコーチングサービスでは、直接転職の求人情報を紹介することがないというのがポイントです。

キャリアコーチングサービスの中には、転職サポートを行っているものもあります。主なキャリアコーチングサービスについて見ていきましょう。

キャリート

キャリートトップページ
キャリート公式サイトより

キャリートでは、国家資格のキャリアコンサルタントまたはプロコーチ資格を持つ経験豊富なコーチが、自己分析や仕事分析、キャリアプラン設計のサポートを行います。

また、職務経歴書の添削や模擬面接による面接トレーニング、意思決定サポートなどの転職支援活動も行っています。

目的と予算に合わせて、キャリア設計コース、転職サポートコース、自己実現コースの3つのコースから選択可能です。

コース名キャリア設計コース転職サポートコース自己実現コース
料金10.5万円(税込)18.9万円(税込)27.8万円(税込)
分割支払い料金9,700円〜 / 月17,480円〜 / 月25,700円〜 / 月
コーチング回数3回5回10回
LINEサポート期間35日90日180日
職務経歴書の添削なしありあり
面接対策なしありあり
サービス一時休止なしあり(最長1ヶ月)あり(最長1ヶ月)
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る
キャリート有料コース比較表(公式サイトより抜粋)

関連:キャリートの評判・口コミ

マジキャリ

マジキャリ
マジキャリ公式サイトより

マジキャリは、年間3,000名の転職支援経験に基づいた独自のカリキュラムを使い、経験豊富なコーチがキャリア設計や人生設計、転職者支援などを行います。会社選びのアドバイスや選考対策、意思決定サポートなどを受けることが可能です。

キャリアデザインコース、自己実現コース、自己実現コースmoreの3つのコースから選択できます。

関連:マジキャリの評判・口コミ

ニューキャリア

ニューキャリア
ニューキャリア公式サイトより

ニューキャリアは20〜30代向けのキャリア支援サービスです。キャリアの納得度を評価項目ごとに配点して可視化するスコアリング、自己分析、会社選び、面接対策、履歴書・職務経歴書の添削などのサポートを行います。

分析/計画コース、転職活動コース、メンタリングコースの3つのコースから選択でき、幅広い知識を持つコーチが担当します。

関連:ニューキャリアの評判・口コミ

転職エージェント

転職エージェントは、転職先の会社探しや面接対策、条件交渉など、転職活動の幅広いサポートを行う人材紹介サービスです。人材を募集する会社と求職者をマッチングします。

一般的に、転職エージェントは人材を募集する会社から報酬を得ているため、求職者は無料で利用することが可能です。

主な転職エージェントについて見ていきましょう。

doda

doda
doda公式サイトより

転職エージェントdodaは、約10万件と業界最大級の求人数を誇ります。

転職市場に精通した専門スタッフから、履歴書や職務経歴書の添削、面接対策、面接の日程調整、求人紹介、円満退職の方法など、様々なサポートを受けることができます。

費用は完全無料です。転職活動が初めての方でも安心して利用できる転職エージェントです。

>dodaの特徴・評判・口コミはこちら

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェント公式サイトより

リクルートエージェントは非公開求人数が10万件以上と業界最大級です。各業界に精通した実績豊富なキャリアアドバイザーから手厚いサポートを受けられます。履歴書や職務経歴書の添削、面接対策、業界・企業情報の提供などを受けられるため、自信を持って転職活動ができます。

転職支援実績の高さに定評がある転職エージェントです。

>リクルートエージェントの評判・口コミ

アサイン

アサイン
アサイン公式サイトより

アサインは、20〜30代向けのハイエンド転職支援を行っています。DiSC修了者による選考対策資料作成、エージェントによる業界・企業分析レポート、業界に精通したスタッフによるキャリア支援、スキルアップセミナーなどを受けることが可能です。

JAPAN HEADHUNTER AWARDS 2021で年間総合MVPを受賞したエージェントが転職活動を成功へと導きます。

関連:アサインの口コミ・評判

まとめ

ここでは、転職先を選ぶときのチェックポイントなどについて解説しました。転職する際は、自分のニーズを満たす転職先を選ぶことが大切です。自分に合った転職先を選ぶことができれば、転職後に後悔が少なく、高いモチベーションで仕事に臨めます。

キャリアコーチングサービスや転職エージェントでプロのサポートを受けて、転職活動を成功させましょう。

\無料相談可能/

ABOUT ME
会社員年収向上委員会のファビコン
会社員年収向上委員会
本サイトを運営している編集部です。会社員が給料をアップするための方法やヒントを発信していきます。
\転職先相談はコチラがオススメ/
無料登録はコチラ
\転職先相談はコチラがオススメ/
無料登録はコチラ