転職成功ノウハウ

転職面接の服装の注意点と選び方「服装自由」の対応策は?

服装自由の時のポイント

転職面接の服装について「面接官の見るポイントは?どんな服装で面接に臨めばいい?」など疑問を持っている方は多いのではないでしょうか。

転職面接の服装の注意点や選び方、マナーなどを知っておくことで、面接官により良い印象を与えられる可能性があります。逆に、これらを知らないと、悪い印象を与えて面接の評価を下げてしまう場合があるので注意が必要です。

ここでは、面接官が身だしなみで見るポイントや転職面接の服装例、注意点や選び方、マナーなどについて解説します。

面接官は身だしなみのどこを見ている?

面接官が、服装・身だしなみのどこを見ているのか把握しておくことは大切です。見ているポイントや理由を知ることで、転職面接の服装・身だしなみの対策も立てやすくなります。

ここでは、転職面接で面接官が身だしなみのどこを見ているのか紹介します。

清潔感

面接官は、身だしなみに清潔感があるのか見ています。面接の場で清潔感のある身だしなみができない方は、取引先の前でもできない可能性があるからです。

また、清潔感がない身だしなみだと、「転職意欲が低い」と判断される場合もあります。清潔感がないと、面接官に悪い印象を与えて評価が下がってしまうので注意してください。

清潔感のある身だしなみで面接に臨むためにも、面接前に次のようなポイントを確認してください。

直前のチェックポイント
  • ジャケットやシャツにしわがないか
  • スーツが汚れていないか
  • 靴に汚れや傷はないか
  • ボタンが取れかけていないか
  • ネクタイが緩んでいないか
  • 寝癖はないか
  • ヒゲはきちんと剃れているか
  • フケが出ていないか
  • 髪の毛が傷んでパサついていないか
  • タバコなどの嫌な匂いはしないか

清潔感のある身だしなみは、転職面接だけでなく、仕事をしていく上でも重要なものです。営業であれば、清潔感がないことが原因で業績が下がることもあります。

面接官は清潔感があるか見ていますので、いつも以上に身だしなみには気を使いましょう。

TPOをわきまえているか

面接官は、応募者がTPOをわきまえているか確認しています。

例えば、社員は全員スーツで働いていて、面接の服装についても「私服可」などの条件を設けていないにも関わらず、応募者の服装が私服やビジネスカジュアルだと、TPOの判断ができない人だと思われてしまうでしょう。

「大切な面接の場でTPOのわきまえができていないし、ビジネスマナーもなっていない」など、悪い印象を与えることになります。

TPOを理解しているかどうかは、仕事をしていく上でも重要なことです。TPOの理解ができていないと、顧客を怒らせたり、不信感を与える可能性があります。

面接時の身だしなみの条件があるか、どのような社風の会社なのかを確認しておくとよいでしょう

全身のバランス

面接官は、応募者の全身を見ています。

次のような場合は、全身のバランスが取れていないと判断される可能性があるので注意が必要です。

注意する必要があるパターン
  • スーツの上と下のサイズ感がおかしい
  • スーツなのに靴下はスポーツメーカーのロゴが入っている
  • 服装は清潔感があるのに寝癖がある
  • スーツや靴、髪型は印象が良いのにカバンはボロボロ

全身を見られるため、どこか一部分でも悪いところがあると「面接用に取り繕っているだけ」と思われてしまいます。面接官には全身のバランスをチェックされることを意識して、全身の身だしなみを整えるようにしてください。

【男性】転職面接の服装

男性は、転職面接でスーツを着用するのが基本です。スーツを着用するときのアイテムごとの着こなしポイントは、次のとおりです。

スーツ

スーツ

色は黒、紺、ダークグレーが基本です。

ダブルスーツではなく、シングルのテーラードスーツにしましょう。スーツのデザインは無地を選びます。ストライプの場合は薄いものにしてください。主張の強いストライプやチェック柄は避けましょう。

ネクタイ

ネクタイ

落ち着いた色のネクタイを選びましょう。ピンクや赤、黄など、派手な色は転職面接の場では好まれません。

また、無地やストライプのデザインであれば良いですが、キャラクターデザインなどのネクタイは「ビジネスマナーがわかっていない」と悪い印象を与える可能性があるので控えましょう。

ワイシャツ

ワイシャツ

白で無地のワイシャツが無難です。派手な色やストライプ、チェック柄などのワイシャツは避けましょう。台襟が高い、ボタンダウン、ボタンが派手などのワイシャツは転職面接には相応しくありません。

また、襟や袖部分が汚れていないか、しわがないか、嫌な匂いがしないか確認しましょう。できれば、面接前にクリーニングに出しておくことをおすすめします。

革靴

男性は黒の革製、紐靴のビジネス用シューズが基本です。

お洒落だからなどの理由でスエード素材やスリッポンタイプなどを選択するのは控えましょう。派手な色やブランド物の靴を履いていると、面接官に悪い印象を与える可能性がありますので注意してください。

時計

腕時計

時計は、革や金属製でシンプルなものを身につけましょう。高級ブランドや主張の強すぎるデザインは好まれないため控えるようにしてください。

スマートウォッチを身につけても良いですが、ベルトが派手な場合は避けましょう。転職面接では、落ち着いた色でシンプルなデザインの時計が無難です。

このようなポイントに気をつけて、転職面接ではスーツを着用するようにしてください。

【女性】転職面接の服装

転職前の会社ではカジュアルな格好だったとしても、転職面接ではスーツを着るのが基本です。アイテムごとの着こなしポイントは、次のとおりです。

スーツ

女性のスーツ

スーツは黒や紺、グレーなど、落ち着いた色のセットアップタイプを選びましょう。

パンツタイプ、スカートタイプ、どちらでも問題ありません。無地または薄めのストライプ柄にしてください。

インナー

インナー

スーツのインナーは、白やパステルカラーのシャツやブラウス、カットソーを選択しましょう。白やパステルカラーのインナーは表情が明るく見えます。次のようなインナーは控えるようにしてください。

インナーで気をつけるポイント
  • 赤や黄など派手な色
  • 花柄やドット柄など主張の強い柄
  • フリルなどのデザイン

白やパステルカラーのインナーは汚れていると目立ちますので、面接前までにクリーニングに出しておくことをおすすめします。

パンプス

転職面接では、黒で革製のパンプスが無難です。ヒールが高すぎないものを選んでください。汚れや傷がないか確認しましょう。

アクセサリー、時計

女性用の時計

個性を主張したほうが良いと考え、派手なアクセサリーや時計を身につけるのは控えましょう。アクセサリーや時計で個性を主張する必要はありません。

転職面接では、ピアスやイヤリング、ネックレス、ブレスレット、指輪などのアクセサリーは身につけないようにしてください。面接官に派手な印象を与え、評価が下がる可能性があります。

時計も派手なデザインのものは控えましょう。黒革やシルバーで、シンプルなデザインを選択してください。ブランド物とわかる高価な時計は相手に悪い印象を与えることがあります。

女性の方は、上記のポイントを意識した服装で転職面接に臨むようにしてください。

職種別での面接の服装例

ここからは、営業・コンサルティングやクリエイター、飲食など、職種別の面接の服装例についてみていきましょう。

営業・コンサルティング

コンサルティング・営業

営業やコンサルティングの仕事に転職する場合は、スーツで面接に臨みましょう。営業やコンサルティングの仕事は、会社の重役相手に仕事をすることも多いです。そのため、面接では応募者の身だしなみについて重点的にチェックされる場合があります。

黒や紺、グレーのスーツに白シャツ、派手すぎないネクタイやカバン、靴を選びましょう。「営業相手やコンサルティング相手と会う」と考え、身だしなみを整えてください。

清潔感がない服装や髪型であれば、不採用になる可能性が高いでしょう。女性は、スカートではなく、アクティブな印象を演出できるパンツスーツを選ぶことをおすすめします。

事務・経理系

事務・経理系

事務・経理系の転職面接は、服装の指定がなければスーツを着るようにしましょう。私服やビジネスカジュアルだと、違和感を持たれたり、「TPOやビジネスマナーがわかっていない」と判断されてしまいます。

スーツを着用するときは、時計やカバンなどブランド物で高価なアイテムを身につけるのは控えましょう。面接の場において、あまり好まれないためです。

また、「事務や経理の仕事は内勤だからシャツは何色でもいいだろう」など、油断してはいけません。悪い印象を与え、評価が下がってしまいます。シャツやネクタイ、靴下なども印象の良いものを選ぶようにしてください。

エンジニア・マーケター

マーケティング

エンジニア・マーケターの転職面接の服装は、特に指定がなければスーツが無難です。

私服で働いている企業も多くありますが、私服で面接に行くと「TPOをわかっていない」と評価される可能性があります。ビジネスカジュアルでも良いですが、無難なのはスーツになります。

特に、マーケターの仕事は企業の重役相手にプレゼンすることもあるので、カッチリとしたスーツのほうが好まれる可能性があります。ただし、ブランド物など高価なアイテムを身につけるのは控えましょう。

デザイナー・クリエイター

デザイナー

Webデザイナーやグラフィックデザイナー、ファッションデザイナーなど、デザイナーやクリエイターの仕事に転職する場合で、ビジネスカジュアルがおすすめです

Webデザイナーやグラフィックデザイナーなど、クリエイティブな職場ではスーツを着用しない場合が多いです。スーツだと印象が薄く、面接官の記憶に残らない可能性があります。ビジネスカジュアルであれば、清潔感もありますし、スーツほど固い印象がありません。

ビジネスカジュアルの場合も、汚れやしわ、糸のほつれなどがないか、事前に確認するようにしてください。

飲食

レストラン

レストランや居酒屋、料亭、カフェなど、飲食業界の転職面接を受ける場合の服装はスーツが無難です

「飲食業界はカジュアルなイメージがあるので私服で大丈夫だろう」と考え、私服で面接に臨むと、悪い印象を与える可能性があります。

アルバイトの面接であれば私服で良い場合も多いですが、転職はアルバイトとは異なります。面接には、清潔感を意識して、派手すぎないスーツやシャツ、ネクタイを選びましょう。

また、飲食業界では、爪やメイク、髪の毛などの身だしなみにも注意が必要です。爪が伸びている、メイクが濃い、髪の毛が不潔などの身だしなみだと、悪い印象を与えてしまいます。

飲食業界の転職面接を受ける場合は、スーツを着用し、きちんと身だしなみを整えるようにしてください。

工場

工場

服装に指定がない場合は、工場の転職面接もスーツにしましょう。指定がある場合は、従うようにしてください。

「工場なので身だしなみをそこまで整える必要はない」など考えて、手を抜いていると、面接官にだらしない印象を与えてしまうので注意が必要です。

スーツや靴、カバンに汚れや傷、しわがないかなど事前に確認してください。派手なネクタイを選んだり、アクセサリーを身につけるのも控えましょう。

ただし、個人経営の規模が小さい工場などの場合、スーツだと敬遠されることもあります。金融機関の人間のように固いイメージを持たれてしまい、社長と距離が縮まりにくい場合もあるようです。その場合は、ビジネスカジュアルも検討してみると良いでしょう。

服装自由・カジュアルOK・私服OKの場合はどうする?

ビジネスカジュアル

転職面接の服装が自由、カジュアルや私服OKとしている企業もあります。この場合は、ビジネスカジュアルがおすすめです。

「私服OKと載っているから」といって、Tシャツやスウェット、ショートパンツ、スニーカーなど本気の私服で面接に行くと、悪い印象を与える場合があります。

男性であれば、白シャツなどの上にテーラードジャケットやブレザーを着て、きれいめのチノパンやスラックスを履き、足元は革靴を選択しましょう。女性は、白やパステルカラーのインナーに紺やグレーのジャケットを着て、スカートやパンプスを合わせます。

ビジネスカジュアルの格好をする際も、「派手すぎない・清潔感がある」を意識することが大切です。そのため、面接前日までに、以下の点を確認してください。

ビジネスカジュアルのチェックポイント
  • 汚れていないか
  • 色やデザインが派手すぎないか
  • 糸がほつれていないか
  • ボタンが取れかけていないか
  • しわがないか
  • 嫌な匂いがしないか

ビジネスカジュアルの服を持っていない場合は、スーツでも問題ありません。

季節別の面接の服装について

夏と冬は、それぞれで服装のマナーがありますので覚えておきましょう。

夏は、応募先の企業がクールビズであっても、面接時はジャケットとネクタイを着用するようにしてください。ノーネクタイやジャケットなしでは、「ビジネスマナーがなっていない」と評価される可能性があるからです。

面接会場に入る前まではノーネクタイやジャケットを脱いでいても問題ありませんが、会場に入るときは、きちんとネクタイをつけてジャケットを着用してください。

ただし、ノーネクタイを指定している転職面接の場合は、ネクタイをつける必要はありません。その際も襟付きのシャツを着るようにしましょう。

また、汗をかいて清潔感が失われがちなので、面接会場には少し早めに行くことをおすすめします。汗が引いてから面接に臨めるようにしてください。

冬は、コートやマフラーなどを身につけても問題ありませんが、面接会場に入る前に脱ぐようにしてください。コートやマフラーは、面接時にカバンの上に置くことが多いため、派手なデザインのものは避けましょう。

また、ジャケットの下にベストやセーターを着ていると着ぶくれして見えます。脱ぐのも大変です。保温性の高いインナーを着用するなどして、ベストやセーターは着なくていいようにしましょう。

このように、夏と冬の服装には気をつけるようにしてください。

転職面接の服装以外の身だしなみのマナー

転職面接で気をつけるべき身だしなみは服装だけではありません。髪型・髪色やカバン、靴などにも気をつけましょう。好印象を与える服装でも、髪型・髪色やカバン、靴などが適切でないと、面接官に悪い印象を与える可能性があります。

適切なものであれば、より良い印象を与えることが可能です。

ここでは、転職面接の服装以外の身だしなみマナーについて紹介します。

髪型・髪色

髪色・髪型

清潔感のある髪型・髪色で転職面接に臨むことが大切です。転職面接に適した服装であっても、髪型・髪色に清潔感がないと、面接官に悪い印象を与える可能性があります。

転職面接の髪型・髪色で大切なポイントは、次のとおりです。

髪のチェックポイント
  • 前髪が目にかかっていない
  • 整髪料をつけすぎていない
  • 髪の毛が立ちすぎていない
  • 髪の毛が長すぎない
  • 髪の毛が明るすぎない
  • 華やかに盛りすぎていない
  • 寝ぐせがない

前髪が目にかかっていると、表情が読み取りにくいため暗い印象を与えることがあります。整髪料をつけすぎて髪の毛がベトベトだと、相手に不快な思いを抱かせることがありますので気をつけてください。

髪の毛の立ちすぎや長すぎにも注意が必要です。女性で髪が長い場合は、バレッタなどを使いまとめるようにしましょう。セミロング程度の長さであれば、まとめず下ろしたままでも問題ありません。

髪を染めている方は、明るすぎないか確認してください。黒やダークブラウンであれば良いですが、明るすぎる髪色だと「ビジネスマナーから逸している」と思われ、評価を下げることになります。盛りすぎや寝ぐせが残っている状態も好ましくありません。

また、髪型・髪色ではありませんが、フケや匂いにも注意してください。髪型・髪色に問題がなくても、フケや嫌な匂いがすると、だらしない印象を与えてしまいます。髪の毛の傷み・パサつきも同様です。

転職面接の髪型・髪色で重視すべきは、自分のセンスや美意識ではなく清潔感です。派手やお洒落な髪型・髪色にする必要はありません。

「面接官にどう思われるか?ビジネスマナーとしてどうなのか?」を考え、清潔感を意識した髪型・髪色で転職面接を受けるようにしましょう。

カバン

カバン

転職面接の際は、カバンの種類や色に気をつけましょう。面接のカバンは、A4サイズが入るビジネスバッグが基本です。面接に資料を持参したり資料を持ち帰ることがあるので、A4サイズが入る大きさを選びましょう。

カバンのチェックポイント
  • A4サイズが入る
  • 派手な色ではない
  • 自立しないものは選ばない
  • 手帳やクリアファイルなどの小物を入れておく

カバンが小さいと、資料を折り曲げないといけないため失礼にあたります。

面接の際、カバンは椅子の横に置きます。ハンドバッグやトートバック、バックパックだと、置いたときに自立しないので「だらしない」という印象を与える可能性があります。一般的なビジネスバッグであれば、自立するものが多いため安心です。

カバンの色は、黒や茶、紺など落ち着きのある色を選びましょう。「ファッションで流行っているから」などの理由で、赤や青、黄などの色や奇抜なデザインのカバンを選ぶと、面接官に悪い印象を与える可能性があります。

また、「面接に持っていく資料がない上に普段からカバンを使っていない」と、転職面接にカバンを持たず手ぶらで行くのはいけません。ビジネスマナーがなっていないと評価されてしまいます。

面接に持参する資料がなく普段からカバンを使っていないとしても、カバンは持っていくようにしてください。資料を入れるクリアファイルや手帳・メモ帳、ハンカチなどを入れておきましょう。

転職面接ではカバンにも気を使うようにしてください。

選ぶべき靴

転職面接では、清潔感があるシンプルなデザインの靴を選びましょう。

男性はビジネス用の革靴で紐付き、女性は革製のパンプスが基本です。仕事で履いているからといって、スニーカーやスリッポン、ローファーなどは、転職面接では好ましくありません。靴の色は黒が無難です。

明るい色は派手な印象を与えやすいため避けたほうがよいでしょう。

面接で悪い印象を与えないように、以下の点に気をつけてください。

靴のチェックポイント
  • 靴が汚れていないか
  • かかとがすり減っていないか
  • 嫌な匂いはしないか
  • つま先が尖りすぎたデザインではないか
  • 大きな傷が入っていないか

面接当日までに靴を磨き、ピカピカできれいな状態にしておきましょう。面接会場に入る前に汚れていないか確認し、汚れている場合はトイレなど人目のつかない場所で汚れを取るようにしてください。特に、雨の日は注意が必要です。

靴だけでなく、靴下にも気を使いましょう。

靴が黒でシンプルなデザインでも、靴下が赤や青、ボーダーやストライプなど色やデザインにこだわったものだと「マナーがなっていない」と悪い印象を与える可能性があります。靴下は無地のもので黒や紺色を選びましょう。

リクルートスーツはOK?NG?

転職面接では、リクルートスーツは避けましょう。

リクルートスーツを着ると、垢抜けない印象や頼りない印象を与えることがあるからです。多くの企業は転職者に即戦力を求めてるため、垢抜けない印象を与えることは評価にマイナスに働く可能性があります。

リクルートスーツは清潔感はありますが、転職面接では着用しないようにしましょう。新卒1〜2年での転職であればいいですが、ある程度キャリアを積んでいる方や年齢が上の方には相応しくありません。

「前職は私服だったのでリクルートスーツしかない」という場合は、スーツの購入をおすすめします。ブランド物でなければ、1〜2万円で買うことも可能です。転職先で着用する可能性もあるため、持っておいて損はないでしょう。

転職面接にリクルートスーツは相応しくないことを覚えておいてください。

まとめ

ここでは、面接官が身だしなみで見るポイントや転職面接の服装例、注意点や選び方、マナーなどについて解説しました。

転職面接の服装は、第一印象に直結するため重要です。マナーや注意点などを踏まえた服装にすることで、面接官に良い印象を与えられる可能性があります。印象が良ければ、転職の成功率も上がります。

転職活動をしている方は、ここで紹介した内容を参考にして面接に臨むようにしましょう。

ABOUT ME
会社員年収向上委員会のファビコン
会社員年収向上委員会
本サイトを運営している編集部です。会社員が給料をアップするための方法やヒントを発信していきます。
\転職の面接対策充実のサービス/
無料登録はコチラ
\転職の面接対策充実のサービス/
無料登録はコチラ