転職成功ノウハウ

30代の転職成功ポイント全容公開!未経験業種への転職のコツも解説

30代の転職成功ポイント全容公開

今所属している会社での自分の立ち位置や将来がなんとなく見えてくる30代。

実務で実績をあげたり、管理職になって会社の中核を担う人が多くなってくる年代でもあります。転職市場では大きく評価される人と評価されない人がはっきり分離してくる年代でもあり、ポイントを抑えなければ、転職が失敗に終わってしまうことも少なくありません。

この記事では、30代の転職成功に向けたポイントや年収アップの秘訣をご紹介します。

\全て無料で利用可能/

【初めてでも安心】転職活動の進め方・流れ5ステップ完全網羅マニュアル

30代から転職の成功率は下がっていく

厚生労働省が発表している、令和元年の年齢階級別転職入職率の調査によると、年齢を重ねるごとに、転職入職率がずっと右肩下がりになっていくことがわかります。

令和元年の年齢階級別転職入職率の調査より抜粋

転職入力率とは、常時雇用されている労働者を分母とし、転職して入職(入社)してきた人を分子とした割合のことで、1つの会社でどれくらい転職で入社した人がいるのかを示している数値です。

上記のように転職入職者が年齢を重ねるごとに少なくなっている理由は、2つあります。

  1. 年齢を重ねるごとに転職の評価が厳しくなる
  2. 年齢を重ねると転職したという意欲が薄れてしまうこと

です。

年齢を重ねるにつれ、採用側の評価基準も厳しくなります。

また、

「結局ここまでこの会社で働いてきたから嫌なことがあってもとりあえずこのまま・・・」のように一歩踏み出す勇気と気力がなくなっていってしまいます。

もし、本気で転職を考えているのであれば、1日でも早く動き出すことをおすすめします

\全て無料で利用可能/

30代で転職するメリット・デメリット

冒頭でも記載したように、30代は仕事のやり方も覚え、実績も出せるようになってきた年代で、仕事の幅も責任も大きくなるタイミングです。そのため20代での転職とは少し違ったメリットデメリットが存在しますので、ご紹介します。

30代で転職するメリット

30代はキャリアと実務経験、そしてスキルをアピールしやすいタイミングになります。

採用をする企業側も、30代になるとポテンシャルよりもこれまでの実績や経験に対する判断・評価の比重が大きくなっていることが非常に多いです。

企業側も30代を採用する際には、即戦力を求めていることが多く、実績や経験を元にした転職が行いやすいタイミングと言えます。

転職先の会社の状況や、条件の交渉の結果によっては一気に年収や役職が上がるケースも少なくないため、キャリアアップ・給料アップの分岐点となる転職も多く見受けられることが、30代での転職のメリットです。

\全て無料で利用可能/

30代で転職するデメリット

人生100年時代と言われている昨今において、30代はまだまだ若い年代ではありますが、60〜65歳で多くの人が定年を迎える中で、30代はキャリアの中盤に差し掛かっています。

そのため、20代と比較すると未経験業界や未経験職種へのチャレンジが少しずつしにくくなっていくタイミングであると言えます。

20代であれば、中長期的なキャリアプランを企業側も支援することができることが多いのですが、30代の場合、企業は基本的には即戦力人材を求めていますので、もし未経験職種などへ転職できたとして雇用条件は悪化する可能性があります。

また、20代の頃は学歴などが重視されたポテンシャルでの転職活動も可能でしたが、30代からは基本的に実績や経験ベースでの転職となるため、目立った実績や経験がない場合には、いきなり転職で年収をアップさせたりすることが難しく、場合によっては転職の成功率も低くなってしまう部分が、30代の転職の難しいところと言えます。

\全て無料で利用可能/

関連:転職のベストタイミングはいつ?

30代の転職で求められるスキルや経験

30代の転職では20代以上にスキルや経験、実績が求められるというお話をしてきました。では、どんな実績が主に求められるのかをご紹介します。

実務上の実績

実務上で求められる実績とは

30代の転職で最も必要とされるものが実績でしょう。

転職先で営業職になるのであれば営業での実績、マーケティングならマーケティングの実績、エンジニアならエンジニアとしての実績(ポートフォリオ)など、数字や制作物を提出することで企業側が評価できる実績をアピールすると良いです。

企業は「即戦力かどうか」で30代の転職者を判断していることが多いため、すぐに結果を出せることをアピールできることがキーポイントとなります。もちろん、これといった実績がない場合には、アピールの方法を転職エージェントなどと入念に練る必要があります。

マネジメント経験

マネジメント経験

30代あたりから最も有利不利を分けることになる経験が「マネジメントの経験」です。

もちろん、職人のような形でプレイヤーで実績を出していく人も評価されますが、年齢が上がるにつれてマネジメント能力が評価されていくことになります。

理由としては、日本は根本的にはまだ年功序列から抜けきれておらず、年下の上司と年上の部下の関係性がやりにくいと感じる点と、体力的に少しずつ衰えてくる中で、マネジメント力は総合的な経験や知見と経営者の視点が必要になってくるため、年齢を重ねるごとに大事になってくると考えられているからです。

ちなみに、マネジメント経験といっても、率いていたチームの大きさや使える予算の金額、役職(肩書き)によっても評価が変わってくるため、マネジメント経験さえあれば必ず転職で有利になるというわけではないことを覚えておきましょう。

適応力

30代以上になると、転職者は入社まもない頃から実績を出すことを期待されます。

転職して以前の会社との違いに戸惑っている中でも、会社としては実績を出して欲しいと考えるのです。そのため、転職者には早い段階で新しい環境に馴染めそうか、新しい仕事のやり方にも対応が可能かといった適応力が求められます

大切なのは、コミュニティに馴染むというだけではなく、入社間もないタイミングから実績をできるだけ多く出せそうかを見られているという部分です。

そのため、その会社独自のやり方や会社の看板によって実績を出せていたのではなく、仕事の本質的な部分を捉え、自分の力で実績を出していたということをアピールすることが大切です。

\全て無料で利用可能/

30代が転職で成功するための7つのポイント

ここからは、30代の方が転職を決心した際に、転職を成功させるためのポイントを7つご紹介します。その7つとは、下記となります。

それでは、それぞれをもう少し詳しく見ていきましょう。

1.転職の目的を明確にする

目的を明確にする

本格的に転職活動を始める前に、「なぜ転職をしたいと考えているのか?」をきちんと整理して明確にすることが重要です。なぜこれが重要なのかというと、

  • 転職後のミスマッチを防げるから
  • 転職以外でも解決できるかもしれないから
  • 転職活動内でのアピールが明確にできるようになるから

の3点となります。

関連:キャリア選択で重要なこと

転職後のミスマッチを防げるから

転職する目的や理由を明確にできると、転職後のミスマッチの可能性が低くなります。

転職活動を始めて多くの求人情報を目にすると、転職しようと決めた理由とは全く違うポイントに惹かれてしまうということがよくあります

やりがいがある仕事内容を求めて、転職を検討し始めたにもかかわらず、福利厚生がしっかりしている企業に惹かれてしまうと、転職しても結果同じようなことになってしまう可能性が高くなるため、理由や目的を明確にしておくことが重要と言えます。

転職以外でも解決できるかもしれないから

転職したいと考えている理由を整理してみると、実は転職ではなくても解決できる内容だったということはよくあります。

特に仕事内容や部署内での人間関係が理由となっている場合には、部署異動を会社に申し出ることで一気に解決することがあります

特に新しい仕事内容を求めている場合、転職してしまうと待遇・雇用条件が悪化する可能性がありますので、未経験職種への転職を希望されている場合には、まず一度社内での部署異動の希望を出してみることをおすすめします。

転職活動内でのアピールが明確にできるようになるから

転職活動においては、書類でも面接でも自身のアピールをしなければなりません。

転職しようと考える理由を整理して明確にすることができれば、何をアピールすれば良いのか、何をアピールすると辻褄が合わなくなるのかがはっきりとします。

思考を整理することで、より明確に自分の長所や転職する理由と企業に伝えることができ、転職の成功率を高められます。

\全て無料で利用可能/

2.スケジュールを立てる

スケジュールは明確に立てる

30代に限らず、転職活動は数ヶ月単位での勝負となります。また、今所属している会社を「辞める」ということも含めてスケジュールを設定する必要が出てきます。

20代は、ポテンシャルのみで転職先が決まっていた人も、30代になるとスキルや実績、経験が乏しい場合にはなかなか転職先が見つからないという事態も起きます

転職活動をする時期は会社員としての仕事に都合をつけやすい時期にすることや、引き継ぎ期間が長くなる可能性も含めて前もって転職先と交渉しておくなど、20代ではあまり必要のなかった面も含めて、予定を組んでいくと良いでしょう。

3.できること・やったことの棚卸し

できることできないことの棚卸しをする

30代の転職活動では、20代の頃の何倍もこれまでの仕事内容や経験、スキルなどが重視されます。そのアピールのためにも、

  • 今の自分にできること
  • これまで仕事でやってきたこと

をできるだけ細かく棚卸しをして、アピールする準備を整えましょう。

多くの方が、自分の経験やスキルについてそこまで深く考えたことがなく、少し難しいポイントとなるかもしれませんが、だからこそ転職活動で差がつくため、確実にやるようにしましょう。

\全て無料で利用可能/

関連:履歴書・職務経歴書の書き方のポイントとは?

4.「なぜできたのか」を言語化する

できた理由を言語化する

転職をする上で、前の会社と全く同じ方法で同じ仕事ができる会社はほとんどありません。

そのため、面接や書類上でアピールする実績やスキル、経験などはあくまで参考にしかなりません。

ただし、どうやって仕事を進めて、なぜ上手くいったのかを説明できれば、仕事に再現性を持たせながら行える人であるという評価を企業側がしやすく、職場や時代が変わっても活躍できる人間であるとアピールできます。

これまで自分がやってきた仕事、出してきた実績がなぜ上手くいったのかを言語化できるまで考えてみるのをおすすめします。

関連:中途採用の面接でよく聞かれる質問41選

5.転職先の社風や環境を確認する

社風や文化を確認しておく

人間関係や職場環境を転職する理由としている人は多いのですが、転職先の社風や職場環境を確認する人はそこまで多くありません。

ここを確認しなければ、現在転職しようと考えているのと同じような不満がまた発生してしまう可能性があります。

20代の時よりも30代だと求人数は少なくなりますし、年齢を重ねるうちにさらに転職が厳しい状況になります。

そのため、30代になってから転職する際には、再転職を念頭に置くのではなく、中長期的にその会社で働けるのかどうかを真剣に検討して転職先の会社を決めていく必要があります

\全て無料で利用可能/

6.プロとして転職先と条件交渉をする

プロフェッショナルとして条件交渉をする

30代で転職しようとする場合、多くの人が未経験分野ではなく、これまでと同じ職種や業界に転職します。

これは、30代で未経験の状態で採用する会社が少ないことと、経験や実績を活かすことで 年収が上がるため、経験分野で転職する人が多いことが理由としてあげられます。

30代で既に経験のある職種や業界に転職するのであれば、「その分野・職種のプロ」として条件交渉を行う必要があります。

もし、20代で転職をしたことがなく、30代になって初めての転職となるのであれば、それまでの給与は20代からの新卒用の給与テーブルに乗っていたことになります。日本の企業は新卒で入社すると、40年近く働くことを想定されているため、20代30代の給与は低めに設定されていることが多くあります

しかし、転職者となって入社することを考えると、実績やスキルなどの過去の経験から、ある意味で「プロ」として採用されることになります。

そのため、プロとして相応の給与をもらえるように交渉し、その力を持っていると評価されれば、1発の転職で年収が一気に上がることがあります

\全て無料で利用可能/

30代の平均年収データはこちら

7.30代の転職に強い転職エージェントに登録する

転職エージェントに登録する

20代は、新卒枠、第二新卒枠などがあり、他の年代よりもポテンシャルで採用されやすいため、未経験分野への転職も比較的容易に可能ですし、求人数も非常に多いです。

しかし、30代になると世間的には何かしらの実績や経験を積んでいる人として見られるため、プロの転職という認識に近くなってきます。

その場合、新卒一括採用や第二新卒のように幅広い知識を持つエージェントだけではなく、30代という年代に強い転職エージェントであったり、業界・職種に特化しているエージェント、ハイクラスのみを扱う転職エージェントなどを使うことがポイントとなります。

特に、30代以降は管理職クラスの転職も多く、一部の転職エージェントのみに公開されている非公開求人も多いため、自分の年齢層や職種・業界に強い転職エージェントを使うことをおすすめします。

\全て無料で利用可能/

30代の転職に対するよくある質問

ここからは30代が転職を試みる場合に良く出てくる疑問点をまとめました。

一つずつ見ていきましょう。

30代の転職理由は何が多い?

株式会社ビズヒッツが2021年1月に公開したアンケート結果によると、下記の表のような結果となりました。(複数回答のアンケート)

順位理由割合(複数回答)
1待遇や職場環境への不満25.6%
2スキルアップ / 新しい仕事への挑戦19.7%
3ライフスタイルの変化15.8%
4人間関係13.8%
5解雇 / 倒産 / 業績悪化10.4%
6仕事が合わない6.4%
7体やメンタルの不調4.4%
8正社員になりたい3.9%
9他の仕事に誘われた3.0%
10会社の将来性に不安2.5%
30代の転職理由と転職で失敗したことランキング!男女203人アンケート調査より集計

上記をみると、給料や待遇を求めて転職を検討する人が多いことがわかります。

また、人間関係やライフスタイルの変化なども理由に挙がっていることから、現在の職場での中長期的なキャリアプランが描けていないことも大きな理由の一つと推測できます。

\全て無料で利用可能/

転職活動の期間はどれくらい?

2018年にエン・ジャパンが調査したアンケート結果によると、30代の7割以上の転職者が「3ヶ月」以内に転職活動を終わらせていることがわかります。

エン・ジャパンが調査したアンケート結果より抜粋

また、30代の50%以上が1〜3ヶ月と回答しているため、3ヶ月程度見ておくと安心と言えます。

30代で未経験でも転職は可能?

30代に突入してから、「これまでやったことのない仕事をしたい!」となることも多いのではないかと思います。

ただし、30代に突入すると未経験職種への転職は条件によっては難しくなります。転職できる可能性がある場合と難しくなりやすい場合を詳しく見ていきます。

30代でも未経験職種への転職が可能な場合

30代でも未経験職種への転職が可能な可能性が高いのは、いくつかの条件を飲み込むことができる場合です。その条件とは、大まかに下記となります。

  • 給料の条件が悪化すること
  • 役職が降格の状態になること
  • 年下上司を受け入れられること

となります。30代であれば、年次昇給や現在の職種での実績によってある程度昇給をしていると思われますが、未経験職種への転職の場合、企業側としては過去の実績を評価しづらい状態になりますので、ほとんどの場合、転職先での待遇は下がると考えて良いかと思います。

\全て無料で利用可能/

30代で未経験職種への転職が難しいと思われる場合

逆に未経験職種への転職が難しいと言えるのは、

  • 給与条件の悪化を許容できない
  • 役職が下がることが許容できない
  • 未経験職種に転職する理由を明確に話すことができない

となります。

未経験職種への転職が成功する可能性が高い人のほぼ逆の状態で、未経験職種への転職にもかかわらず条件が下がってしまうことが許容できない人が未経験職種への転職が難しいと言えます。

また、なぜ未経験職種に転職したいと考えているのかを明確に話すことができない場合、企業側からすれば、実績も評価しづらく、なぜその仕事がいいのかがわからないため、採用しづらいという判定になるため、結果転職が難しいと言わざるを得ません。

30代の転職では何社受けるのが良い?

30代の転職では、何社くらい受けるべきなのかという目安をお伝えすると、

  • アピールできる実績やスキルがある場合:数社〜10社程度
  • 特段実績やスキルがない場合:数十社程度

となります。

もちろん、1社で見つかる場合もありますので、単なる目安ですが、20代よりも募集は少なくなり、応募者が増えるタイミングではありますので、強い競争相手がいる中で少ない枠を勝ち取るというイメージで転職活動をしていただくのが良いのではと考えています。

30代の転職で年収は上がる?

30代の転職理由として最も多かった「待遇が不満」という部分から気になってくるのが「年収が上がるのか?」でしょう。

年代増加した変わらない減少した
30代前半41.7%24.9%32.3%
30代後半41.5%31.9%25.4%
厚生労働省の転職入職者調査より抜粋して加工

厚生労働省の調査で転職後の賃金がどう変化したのかという結果が掲載されています。

この調査によると30代の40%以上の人が転職で賃金が増加し、25〜30%程度の人が変わらなかったという結果となっており、7割前後の人が現在と同等以上の賃金をもらえていることがわかります。

会社員の年収が決まる法則などを知って転職活動をするとより安心して転職活動に取り組めるのではないでしょうか。

\全て無料で利用可能/

参考:転職で年収をアップさせるコツ

30代女性の転職は難しい?

30代になると、転職の際に求められることは男性も女性も基本的には変わりません。スキルや経験に沿って評価されることがほとんどです。そのため、これといったスキルや経験がない方にとっては男性も女性も難しい戦いになると言わざるを得ません。

ただし、女性特有の部分を付け加えると、20代後半あたりから女性はライフイベントによるキャリア中断の可能性が高くなります。一昔前までは結婚や出産で退職する女性が多かったために、企業側では不安を募らせる部分になります。

そのため、そういったライフイベントが控えている方は、そういったライフイベント後も働き続ける意思があると伝えると、成功率が上がると言えます。

30代の転職で注意すべきこと

注意点

30代は実務での実績を重ねることができ、仕事の充実感や評価が上がっていくタイミングである一方、後輩や部下のマネジメントを任されることもあるでしょう。責任も大きく、実績も上げ始めたタイミングでの勢いだけでの転職はあまりおすすめできません。ここからは、30代の転職で注意すべきことについてご紹介していきます。

意思決定は慎重に

30代に突入したあたりの年代では、仕事にも慣れ、役職が上がり始める人が多い年代であり、会社の行く末やよくない部分、自分の将来などが見え始める頃です。

特によくない部分は、目につきますので、そこだけを見て勢いで転職を検討する方もいらっしゃいます。しかし、20代と比べるとやり直しがしにくくなってくる年代でもあるのが現実です。

勢いだけで全てを決定してしまうと、こんなはずではなかった・・・と後々後悔することもあり得ます。今の会社のどこが不満でどこは満足していて、どうしたのかをしっかりと整理しましょう。

最後のチャンスとして転職を考える方も少なくない30代。だからこそ、勢いに任せるのではなく、中長期的なキャリアプランを見据えて、動くようにしましょう。

業界・業種にこだわりすぎない

これまでの経験や実績を活かそうと、所属企業と全く同じ業種・業界にこだわりを持つ方がいらっしゃいます。

もちろん、待遇を良くしようとすると業界や業種は非常に大切ですが、そこにこだわりすぎてしまうと視野を狭めすぎることになってしまいます。

これまで培ってきた経験やスキル、実績がよほど専門領域に特化する場合でない限り、一旦は広い視野を持って各求人を吟味し、その中から検討していくことをおすすめします。

非公開求人をチェックする

30代になると、一般的な求人として募集されている求人情報が減少するとよく言われています。これは30代になると急激に需要がなくなるということではありません。

30代以降になると、役職者の求人が一気に増えていくため転職エージェントが扱う「非公開求人」の割合が増えるのです。一般的な転職サイトでは30代以上を対象にした求人が少ないように見えても、転職エージェントを使うと好条件の求人があったりします。

30代からの転職は、転職サイトだけではなく、必ず複数の転職エージェントを使い、非公開求人も含めて求人情報をチェックするようにしてください。

\全て無料で利用可能/

30代が転職エージェントを使うメリット

転職エージェントを使うメリット

30代になると人脈もできてきますし、仕事の実績から自分に自信もついてくるタイミングです。

人脈を伝ったり、転職サイトから自分から応募すれば大丈夫と思っている方も少なくありませんが、30代の転職こそ転職エージェントを使うべきと断言できます。

その理由を細かく見ていきます。

手間を減らせる

30代になると、会社の仕事もプライベートも忙しくなりがちです。そんな中、転職活動を頑張るのはなかなか厳しいものがあるでしょう。

転職サイトや人脈をたどっての転職の場合、求人情報の確認から応募、日程調整や条件の交渉など全てを自分で行う必要があります

しかし、転職エージェントを使うと、転職エージェントとのコミュニケーションは少し発生しますが、おすすめ求人の紹介や日程調整、企業との雇用条件の交渉などを代わりにやってくれるため、手間を減らせるメリットがあると言えます。

\全て無料で利用可能/

転職サイトと転職エージェントの違いとは?

転職の成功確率を高められる

転職エージェントを使わずに転職活動をしようとすると、全て自分の力で乗り切る必要があります。相手企業の情報や職場環境、求めている人物像などもエージェント経由よりは情報が少なくなっている状態で乗り越えていかなければなりません。

しかし、転職エージェントを使えば、企業の情報だけでなく、マッチングしやすい企業、自己分析、面接対策、書類作成支援など、さまざまな角度であなたの転職を支援してくれます

なかには、転職が決定した後の退職交渉の支援までしてくれるエージェントも存在します。自分のみで転職をするよりも安心して転職活動を進められます。

\全て無料で利用可能/

良い求人に出会える可能性が高くなる

30代以降に求められる資質・能力としてマネジメントがあります。

マネジメント層に上がると、それだけで年収・給与が上がることが多いですが、一般的な転職サイトに掲載されている求人情報には、こういったマネジメント層の求人が非常に少ないです。

好条件の求人は、転職サイトで一般公開してしまうと応募が殺到してしまい、採用担当者の負担となってしまうので、転職エージェントに非公開案件として任せているのです。

そのため、良い条件の求人に出会うためには転職エージェントを使うべきと言えます。

\全て無料で利用可能/

自分を客観視できる

転職しようと決意した場合、転職サイトや人脈を辿っての転職活動となると自分の強みや弱みなどを分析した上で、自分がどんな仕事や会社に向いているのか?を判定するのはなかなか難しいものです。

その点、転職エージェントを使えば、エージェントという第三者の視点からあなたのことを分析して、希望と条件が合いそうな企業を紹介してくれます。

第三者からの客観的な視点でしか手に入らない部分も実際に存在しますので、その点でも転職エージェントは必ず利用すると良いと言えます。

\全て無料で利用可能/

30代におすすめの転職エージェント

30代での転職は、キャリアアップを目指すのか、キャリアチェンジを目指すのかによって、戦略が異なってきます。そのため、専門家に相談することがおすすめです。

30代におすすめ転職エージェント一覧
30代におすすめの転職エージェント厳選12選|選び方のコツとポイントを解説 会社員・社会人としての十分な経験を積み、自分の仕事は問題なくこなせるようになってきた30代は、人によっては会社の中心のエース社員になっ...

転職の専門家といえば、転職エージェント。ここからは、30代におすすめの転職エージェントを3つご紹介します。

doda

doda
doda公式サイトより
運営会社名パーソルキャリア株式会社
得意業界全業界・業種
求人数公開求人数:13万件以上 (2022/4/22時点)
拠点29拠点
利用料金無料

dodaは、転職エージェント、転職サイト、ダイレクトスカウトの全ての機能を1つのサービスとして利用することができる転職サービスです。求人数も国内最大級でありながら、面接対策や職務経歴書の作成支援など、さまざまな支援も手厚く行ってくれるため、必ず登録することをおすすめできるサービスです。

>dodaの特徴・評判・口コミはこちら

dodaはこんな人におすすめ!
  • とりあえず転職サービスに登録しようと考えている人
  • 転職実績と豊富な求人数を求めている人
  • アドバイザーから専門的な転職のアドバイスを受けたい人

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェント公式サイトより
運営会社名株式会社リクルート
得意業界全業界・業種
求人数公開求人数:180,000件以上(2022/4/22時点)
拠点16拠点
利用料金無料

リクルートエージェントは、公開非公開合わせて30万件を超える、日本最多クラスの求人数を常に扱っている転職エージェントです。非常に広い媒体に広告掲載を行い、認知拡大を図っているので、ご存じではないでしょうか。

非公開求人だけでも20万件を超えており、他の転職サービスを圧倒する求人数を誇ります。書類の支援なども受けられるため、条件の良い求人情報に出会うためにも登録は必須といえるでしょう。

>リクルートエージェントの評判・口コミ

リクルートエージェントはこんな人におすすめ!
  • できるだけ条件の良い求人情報に出会いたい
  • 知名度の高いサービスを使いたい
  • どの業界に転職するか決めかねている人

パソナキャリア

パソナキャリア
パソナキャリア公式サイトより
運営会社名株式会社パソナキャリア
得意業界全業種・業界
求人数公開求人数:39,000件以上(2022/4/22時点)
拠点37拠点
利用料金無料

パソナキャリアは、人材派遣会社として知られる株式会社パソナが運営する転職エージェントサービスです。オリコン顧客満足度No.1を3年連続で獲得しており、利用者の評価が高い転職エージェントといえます。

非公開求人数も非常に多く、条件のよい求人を知るために、登録するのも良いでしょう。全国で転職にかかわるセミナーや個別相談会も開催されているため、地方の利用者も利用しやすいでしょう。

転職にかかわるサポートを採用前の支援から、採用決定後の退職交渉まで行ってくれるため、全体的なサポートをしてほしい人にもおすすめです。

>パソナキャリアの評判・口コミ

パソナキャリアはこんな人におすすめ!
  • 地方で転職を検討している
  • 転職活動を全面的に支援してほしい
  • 満足度の高いサービスに登録したい

まとめ

この記事の内容をまとめると

  • 30代から転職成功率が下がっていくため、動くなら早めに
  • 30代の転職で年収が下がる人は少ない
  • 30代の転職は後戻りしにくいため、慎重に
  • 転職エージェントの非公開求人を必ず確認しよう

となります。

ぜひこの記事を参考にしていただいて、転職を成功させてください!

\全て無料で利用可能/

ABOUT ME
会社員年収向上委員会のファビコン
会社員年収向上委員会
本サイトを運営している編集部です。会社員が給料をアップするための方法やヒントを発信していきます。
\30代の転職に強い/
無料登録はコチラ
\30代の転職に強い/
無料登録はコチラ