転職成功ノウハウ

未経験職種への転職成功のポイントは?未経験者の人気職種と注意点

未経験職種の転職成功のポイントは?
  • 未経験で転職したいけどどんな企業があるのか気になる
  • 初めての転職で気をつけるポイントは何?

この記事では以上のような疑問を解決できます。

この記事を読むと、未経験職種へ転職するコツがわかり、転職で失敗しないために今からやるべき行動を知ることができます。

今回の記事では、未経験の転職で採用される理由や採用されるポイントや、未経験でも転職できる職種を解説しています。気になる方は最後までチェックしてください。

未経験職種へは20代での転職がおすすめ

未経験職種へは20代での転職がおすすめ

未経験職種・業種へは20代での転職をおすすめします。業種や職種にもよりますが、一般的には転職は若い方が有利とされ、年齢を重ねるにつれて転職の難易度は上がっていきます。

そのため、20代のうちは年齢が理由で転職ができないことはないでしょう。とはいっても、簡単に未経験分野へ転職ができるというわけではありません。

新卒や第二新卒の場合は、ポテンシャルや価値観などが重要視されるため、20代前半のうちは未経験の職種や業種であっても転職できる可能性は高いです。

20代後半になってくると、ポテンシャルだけではなくスキルや経験値の重要性が高くなってくるため、徐々に選択肢が狭くなります。しかし、30代や40代に比べると20代後半でも未経験職種の転職においては有利であるといえます。

そのため、未経験職種や業種への転職を検討するのであれば、できるだけ早いタイミングでの転職をおすすめします。

参考:転職ベストタイミングはいつ?

20代が未経験でも採用されやすい理由

20代が未経験でも採用されやすい理由

社会人経験が浅い20代での転職は、基礎学習能力や人柄、仕事の価値観など、スキルや経験以外の観点を重要視される傾向があります

基本的に企業側は、若い世代のこれからの活躍に期待して人材を採用します。中には、新卒人材がうまく取れなかったり、新卒で採用はしたけどすぐに辞めてしまうことが原因で、企業は若手不足になってしまうことがあるのです。

そこで、社会人マナーが身についていてポテンシャルが高く、他の企業に染まっていないフレッシュな20代を未経験でも積極的に採用しています。

20代を採用するにあたって、他の企業の知見や経験を求めている場合もありますし、社内の雰囲気を明るくするような元気がみなぎる若手が必要となる場合もあります。

20代は会社で長く活躍をしてもらうためには必要となる人材です。目の前のスキルよりも将来性を重視するため、未経験でも採用されやすいのです。

関連:20代転職年収アップ成功ガイド

40代以降は未経験は難しい

40歳を過ぎてしまうと、未経験での転職は難しくなります。

40代は管理職についたり、リーダーのポジションについたり、スキルや経験を活かして、役職につく人が多くなる年代になります

20代30代よりも体力的な面は落ちているので、バリバリ働けてたくさんのことを吸収できるかと言われたら、難しいでしょう。

前職の経験を活かせる職場へ転職して、リーダーなどのポジションに最初から入ることは可能ですが、未経験の仕事となると体力があって動ける20代が優先される傾向にあります。

そのため、40代以降の未経験職種への転職は難しいといえます

未経験者が転職先を選ぶポイント

未経験者が転職先を選ぶポイント

未経験での転職先はある程度絞られていますが、その中でも転職先は慎重に選びたいでしょう。決して未経験だからといって、ブラック企業や給料が少ない企業しかないというわけではありません。

とはいえ、未経験の仕事に関する企業の選び方はわからないことも多いでしょう。

転職先を選ぶときのポイントは以下の5つです。

この5つを解説していきます。

関連:自分が納得できる会社選びの方法は?

需要が伸びている業界

日本という同じ国でも、需要が伸びている企業と、衰退している企業が存在します。

2022年現在、需要が伸びている業界の1つはIT業界です。今ではさまざまなテクノロジーやシステムが開発されており、AIやVRといったIT業界・業種の需要がかなり高くなっています。

需要が伸びている業界に属する企業に入ると、成長産業ということで将来的な成長とともに人手が必要になることが多く、求人数も多くなる傾向があります

需要が伸びている業界の企業は、しっかりとした研修が用意されていることもあるので、未経験からでも入りやすいといえます。

関連:平均年収の高い業界・職種は?

成果報酬型の働き方の企業

稼ぎたいと思っている人は、成果報酬型の企業を選ぶことがポイントです。

一般的なサラリーマンの場合、固定給に残業や休日出勤をした分が積み重なって、給料という形で収入が入るため、収入がある程度固定されてしまいます。

自分が売り上げた分の何割かが成果報酬としてもらえるような業界であれば、収入の天井がなくなるため、成果報酬型の働き方ができる企業がおすすめです。

いわゆる営業職が成果報酬型に近い働き方といえます。その分、体力的や精神面的にかなりハードになってしまうケースがあるので、許容範囲の中で稼げる可能性を確認することが重要になります。

成果を出せないことで収入が少なくなってしまう場合もあるため、注意が必要です。結果が全ての世界になりますので、覚悟を決めておく必要があります。

参考:会社員の年収はどう決まる?仕組み例を挙げて解説

福利厚生が整っている企業

福利厚生が整っている会社は、仕事が充実してなくて給料面は高くなくても、土曜日・日曜日の休日はしっかりあって、手当や残業代もしっかりと支給される企業を指します。

福利厚生が整っていない会社は、残業代の支払いも各種手当もないことがあります。未経験者を募集している会社には、いわゆるブラック企業と呼ばれる企業も多いため、注意が必要です

福利厚生の充実を期待する場合には、福利厚生が整っている企業を選びましょう。仕事内容に見合った給料で、休日もしっかり確保でき各種保険などの手当がつく企業かどうかを確認するようにしましょう。

離職率が低く、長く働ける企業

離職率とは、会社を辞めた人の割合のことですが、業界によって離職率に差があります。業界によって違いがあるのは、労働環境や人間関係や給与面などの原因があるからです。

心機一転で新しい企業に入っても、離職率が高いことが原因で長く続かず、すぐに辞めることになってしまう可能性が高くなります。

長く働いている人が多いということは、仕事面や福利厚生が充実している人が多く不満が少ないということでもあるので、企業を選ぶときは離職率もしっかりチェックするようにしましょう。

関連:【決定版】転職先企業の選び方!ニーズ別のポイントを徹底解説

歴史がある企業

歴史がある企業は事業を継続できるだけの売上があり、比較的安定している企業だといえます。

新しくできた企業はいつ倒産するかわからないですし、人や業績が安定していないので中途で入社しても研修プログラムがしっかりとしていない場合があります。

ベンチャー企業出身である場合や、数多くの会社を経験している人であれば、設立当初の対応も可能かもしれませんが、そうでない人は、マニュアルもなければノウハウもない状態で働かないといけなくなります。

そのため、設立年数なども確認しておくこともポイントです。

関連:キャリア選択で重要なことは?

未経験でも募集している企業の裏側は?

未経験でも募集している企業の裏側は?

企業によって未経験人材を募集する意図は異なります。

今から未経験で人を雇って入社後にじっくり経験を積ませて育てていきたいという思いの企業もあります。

以上の3つを詳しく解説していきます。

未経験の人を採用した方が育てやすい

未経験から採用した方が、知識がないものを1からインプットするので育てやすいと考える企業があります

同じ職種・業種に携わったことがある経験者が入ったときに、企業ごとにコンセプトややり方があるにもかかわらず前職と比較してしまう場合があります。

なぜなら、前職が同じ職種の人を採用した場合、前の職場の考え方ややり方に染まってしまい前の職場の手法や考え方を引きずってしまって、足並みを揃えづらいからです。

それらを踏まえると、スキルがなくても今後の活躍に期待できる人材を採用することに意味があるといえます。

若さや行動力を活かして、職場内で新しい風を吹かしてくれることを期待している企業も多くあるので、未経験だからこそ期待されるポイントを理解しておくと、採用される確率も上がるでしょう。

経験者の数が少ないので育てるしかない

採用したい職種の需要に対して、スキルを持っている経験者の数が少ないため未経験者を採用して育てることしかない場合も多いです。

最近では、どこの企業も人手不足に悩まされています。少子高齢化が進んでいく中で、若い人の中での経験者の数が少なくなっていきますし、そもそも若い人が長く続かずに離職してしまうケースもあります。

長い年功序列制度の社会が続き、一気に人口が減り始めているため、経験者は減っていき未経験者を採用して育てるしか方法がない職種も多くあります

企業の採用需要は大きくなり、転職希望者が少ない職種は、未経験でも採用されやすく、企業の採用需要が大きくなる影響でやる気と実績で収入もアップさせやすいため、自身の興味関心をもとに、チャレンジするのもよいでしょう。

離職率が高い

会社として離職率が高く、人手不足なため未経験であっても募集しないといけないケースです。採用で多くのコストをかけたとしても、社員がすぐに辞めてしまうなら会社として持続することが厳しくなります

そのため未経験者でもいいから採用するということで、未経験者OKという人材募集を出しているのです。

離職率が高い原因として、従業員が会社に対して何らかの不満があることは間違いありません。会社を辞める理由として以下のような要因があります。

  • 社内の人間関係がうまくいかない
  • 理不尽な言及をされる
  • 給料が少ない
  • 残業が多い

さまざまな要因がありますが、離職率が高い会社は社員に何らかの不満があることは間違いないので、会社を選ぶ際は徹底的にリサーチをしましょう

関連:自分に合う仕事の見つけ方

未経験職種への転職の成功ポイント

未経験職種への転職の成功ポイント

未経験の転職で大事になるのは、周りとの差別化です。なぜなら、他に一緒の会社に転職する人がいる場合に、全員同じような転職者だったら誰でもよいからです。

そこで未経験職種への転職を検討する際に大切なのが、周りよりも頭ひとつ抜けるアピールや戦略を考えることです。

以上の4つは周りと差別化するためのポイントになるので、転職を成功させたいのであれば必ずチェックしておきましょう。

関連:【初めてでも安心】転職活動の進め方・流れ5ステップ完全網羅マニュアル

できるだけ早く動く

転職成功の大きなポイントは、1歳でも若いうちに早く動くことです。

未経験の仕事をするということは、何もわからない状態で考えてもどうしようもないことがほとんどです。未経験だから不安という気持ちは、どんな対策をしても払拭しにくいものです。なぜなら、やってみないとわからないからです。

しかし、ずっと悩んでいると、年齢を重ねてしまい、経験やスキルを重要視される年齢に突入してしまうと、採用される難易度が非常に高くなってしまいます。1歳でも若いうちに早く行動を起こし、未経験職種へ飛び込んでみることをおすすめします。

関連:プロのキャリアカウンセリングを受ける方法

勉強だけでも経験を積む

転職する職種・仕事について勉強をして、知識だけでも身につけていることをアピールできれば、他の未経験の転職希望者より有利になるでしょう。

勉強をしていると多くの知識が身につくので、採用した後もスムーズに仕事を始めることができ会社にとって採用するメリットががあるといえます。

そして、勉強をしていることで他の転職者とも差別化ができ、向上心があるとみられるため、面接などでも有利になることが期待できます。

そのため、未経験職種への転職を考えているのであれば、転職支援もしてくれるようなスクールに通うと、さらに転職をスムーズに進めることができるでしょう。

スクマド経由の申し込みで最大5,000円分のギフト券

転職にも強いスクールを無料で探す

納得できる志望動機をまとめる

未経験で転職をするなら、転職の目的を明確にしておきましょう。

転職の理由がキャリアチェンジなのか、キャリアアップなのか、目的を明確にすることで転職活動の方向性がはっきりして、失敗するリスクを減らせます。

目的を持っておかないと、ゴールがどこかわからず、失敗しやすいです。「何のために転職をするのか」の理由をしっかりまとめた上で志望動機を記入すると説得力も増しますし、信頼にもつながるでしょう。

志望動機は目的や理由を明確にしてまとめておきましょう。

もし、自分だけ志望動機をまとめるのが難しい場合には、キャリア相談サービスなどを利用してプロに相談すると良いでしょう。

関連:中途採用の面接でよく聞かれる質問

社会人としての最低限のマナーや経験は必要

社会人としての基本的なマナーなどはしっかり身につけておきましょう。会社では上司や同僚、部下、他部署の人など世代や価値観が異なる人が集まって働いています。

面接では、第一印象が重要です。

社会人としての正しい言葉遣いや礼儀などは目につきやすく人柄が出ます。挨拶はコミュニケーションにおける基本ですが、できてない人もかなり多いので自ら行うことで好印象に見られます。

やる気はあるが、マナーがなっていないとみなされれば、採用は見送られるでしょう。服装も好印象を与えるマナーなのでTPOをわきまえた身だしなみに気を配るようにしましょう。

服装以外にも、髪型や化粧、腕時計、ネイル、バッグ、男性の場合は髭やネクタイなど、派手なものではなく自分の好みなものでもなく、周りから見て清潔感のある身だしなみを心がけましょう。

そして、面接や採用において必要な持ち物はちゃんと持っていってるか、指定の場所に指定の時間に集合しているのかなども社会人のマナーであるため、前日に持ち物は揃えておき、電車やバスなどの時間も事前に把握しおきましょう。

未経験での転職がおすすめな職種

未経験での転職がおすすめな職種

未経験転職でおすすめな5つの職種について解説していきます。

紹介する中には、スキルが必要で、ある程度の経験がないと転職できない職種もありますが、人手不足で未経験から採用している職種が多く、経験が足りない場合でも、個人の勉強で補えるものもあります

営業

営業職は転職しやすい職種です。

営業は、専門のスキルというよりは、コミュニケーション能力や人間性、そして営業の結果が大事になるため、未経験でスキルが不明確だったとしても採用されやすいです。

また、多くの顧客に営業をするにはいろんな地域に出向く必要があり、人数が多く必要になるので、求人数もかなり多く転職先に困ることはあまりありません。実際に40代以上でも営業につく人も多いため、20代の転職でも問題ないでしょう。

営業は、コミュニケーションやトーク力が鍛えられ、人との関わりが多くあるのでキャリアチェンジに役に立つことは間違いないです。未経験でも営業職を積極的に採用している業界は以下の通りです。

  • 生命保険業界
  • 不動産業界
  • OA機器販売業界
  • 人材業界
  • 営業アウトソーシング
  • 営業代行業界

人とのコミュニケーションにストレスを感じない人や、話をすることが好きな人は向いている職業といえます。

そして、営業職には毎月の固定給に合わせてインセンティブがつくことが多いです。

インセンティブとはいわゆる成果報酬を指します。自分が営業をして売り上げた分の何割かを固定給にプラスしてもらうことができます。頑張って営業をして売り上げた人には報酬が支払われるので、多く稼ぎたいと思っている人は向いている職種です。

参考:平均年収の高い業界・職種は?

デザイナー

未経験からのデザイナーへの転職も不可能ではありません

なぜなら、Web業界やクラウドソーシングサイトの拡大で、Webデザイナーをはじめとするデザイナーの需要は高まり続けていますが、常に人手不足の職種だからです。

しかし、需要が高まっていても企業が必要なのは即戦力のデザイナーです。未経験といっても、デザイナーの知識やIllustratorやPhotoshopなどのツールを使えるスキルが必要になります。

デザイナーはスキル重視なので、過去に自分で制作したもの、デザインしたものなど見せられる実績(ポートフォリオ)があれば選考がスムーズに進みやすいです。

企業で仕事を受けてなくても、個人で仕事を受けて実務経験を積むことで転職で有利になります。現在は、個人が通えるデザイナースクールがあるので、転職前にスクールに通って勉強をして経験を積んでからだとスムーズに転職ができるでしょう。

スクマド経由の申し込みで最大5,000円分のギフト券

システムエンジニア

日本でも世界でも、ITやテクノロジー領域は拡大しており、それに伴ってプログラマーやエンジニアの需要は高くなっています。そして、スキルが必要なことから人手不足なのが現状です。

若年層のエンジニアへの転職では、スキルではなくポテンシャルが重要視されている傾向があります

今から挑戦しようとしても難しいと思っている人やスキルがないから無理だと思っている人でも、未経験で募集している企業はあり、入社後は徹底した教育を受けられるので未経験でもエンジニアになることができます。

しかし、スキルと経験が大切な仕事でもあるため、なるべく20代の早いうちに転職をすることがよいでしょう。若い人材だと覚えるスピードも速く、吸収する時間や勉強する時間もたくさんあるため、採用確率が高い傾向にあります。

まったくの未経験で不安な人は、プログラミングスクールに通ってある程度経験を積んでから転職をすることをおすすめします。転職を支援してくれるスクールもあるため、スキル獲得+転職支援を受けられるため、よりスムーズな転職を実現できるでしょう

スクマド経由の申し込みで最大5,000円分のギフト券

マーケティング

マーケティングの業界では慢性的に人手不足に悩まされています。そのため、未経験からでも転職が期待できます。

マーケティングと聞くと特殊なスキルが必要だと思うかもしれませんが、必ずしも必要というわけではありません。もちろんスキルがあると転職に有利ですが、なくても努力次第でスキルは身に付きます。

マーケティングの勉強は、プログラミングやデザインと同じように、マーケティング人材のスクールもありますので、マーケティング職への転職を希望される場合には、参加してみるのもよいでしょう

スクマド経由の申し込みで最大5,000円分のギフト券

事務職

事務職は、ExcelやWordなどの基本的なPC操作がこなせれば、多くの企業での募集要項を満たしているため、転職のハードルは高くはありません

事務職はコツコツと丁寧な作業をできる人や、単調な業務をし続けられる人が向いています

しかし、ハードルが低く比較的誰でもなれる職業で、倍率が高いため競争率は高めです。ある程度ソフトを触ったり資料を作ったりして、会社に入って即戦力になれるように個人でPCを触る機会を作りましょう。

未経験職種への転職で失敗する人の特徴

未経験職種への転職で失敗する人の特徴

未経験職種への転職に失敗する人の特徴を解説していきます。

失敗する人の特徴を理解すると、それらに気をつけて転職活動を進めればよいため、転職活動を有利に進めることできるでしょう。未経験職種への転職において失敗する人の特徴は以下の通りです。

それぞれ解説していきます。

転職する目的が明確ではない

明確な転職する理由や目的がない人は失敗する場合があります。

転職する目的を持っていないと、会社の悪いところを見つけるとすぐに転職したいと思ってしまいます。転職をするにあたって、残業が多いから転職したりブラック企業だから転職したり、同じような理由で辞めることを繰り返してしまう危険性が高いです。

理由は、次の企業でも同じような言い訳をしてしまうからです。

そのため、次の仕事ではどんなことをやりたいのか、自分の適性にあっているのかを考えてから転職活動を進めていきましょう

辞めたい勢いで転職をしてしまうと会社側もすぐには新しい人を採用できないので、すぐに転職するような迷惑な行為はやめましょう。もし、自分で転職の目的を定めきれない場合には、キャリア相談サービスを利用することをおすすめします

自己分析が足りていない

転職で失敗する理由として、自己分析が足りていないことが多いです。

自分が会社に入って何がしたいのか、この先の将来はどうなっていたいのかなど、自分の思考性や方向性を理解しておかなければ、転職してもミスマッチが生じる可能性が出てきます。

ミスマッチを回避するためには、転職をする前に自分のことをよく理解するために自己分析を念入りすることが重要です。自己分析を行うと適性が判断できたり、得意分野を知ったり、自分に足りないものを知る機会になり、自分の見えていなかった部分が見えてきます。

例えば、初対面の人とうまくコミュニケーションが取れないなら、営業の仕事は難しいなど、仕事の内容と自分の性質や性格を照らし合わせて求人を探しましょう。

しかし、自分が将来どのような職に就きたいのかわからなかったり、キャリア自体に悩んでいる人も多いと思います。

そういった人は、転職エージェントやキャリアコーチングサービスでキャリアのプロに相談することがおすすめです。自身の特性や特徴を見つめ直すことができ、合致する仕事を見つける支援を受けることができるでしょう。

関連:転職を成功させる自己分析のやり方

仕事に対する調査が不足

転職をするときに、企業の下調べをせず知識や内容などを知らないまま、転職してしまうケースがあります。

企業の下調べをせず知識をつけないまま転職をしてしまうと、転職したときに「思っていた仕事と違う」とミスマッチを起こしてしまいます。企業でのミスマッチは早期退職に繋がり、再び転職を検討することを繰り返してしまうリスクがあります。

どんな企業なのか目を通すだけではなく、会社の経営理念や社風、仕事内容やコンセプトなど企業のホームページや口コミをチェックすることが大事になります。

どんな商品を扱っているのかやどんなビジネス展開をしているのかという部分にも目を向けることで、ミスマッチのリスクを減らすことがポイントです。

ミスマッチのリスクを減らすために、企業の下調べをしっかり行うことが重要になってきます。一人で調べられないのなら、その業界で働いている人の話を聞いたり転職エージェントに登録して話を聞くことをおすすめします

転職理由を他人のせいにする

転職理由を他人のせいにすると、また「この会社を誰かのせいにして辞めてしまう」と捉えられてしまいます。

基本的にネガティブな発言は面接の場ではNGです。前職に何らかの不満があり、合わない理由があって転職をすることが本音でも、正直に言ってしまうとマイナスイメージになります

そのため、「前職でどんなことを学んで学んだことを転職先にどう活かすのか」などを伝えるのがいいでしょう。

面接官は採用する企業として、面接者が欠点を見つけられてどのように改善していくのかを見ています。そのため自分には何が足りなくてどう改善していくのか転職前に言語化できるようにしておきましょう。

面接では、転職理由を他人のせいにしない方が好印象を与えます。職務経歴書や面接での対策は転職活動を進めるにあたり必ず行なっておく必要があります

関連:転職で有利になる履歴書・職務経歴書の書き方のポイントとは?

未経験職種への転職を成功させるために

未経験職種への転職を成功させるために

未経験でも転職を成功させるために、できる限りのことはやりましょう。

未経験でやる気があるだけでは転職は難しいですし、仮に転職ができたとしてもまたすぐに退職して転職を繰り返すリスクがあります。

そのため、できることをやり、アピールできることを増やしていくと有利に転職ができるようになります。

この3つを実行すると転職は成功に近づきます。それでは解説していきます。

転職エージェントを利用する

未経験で転職をしたいと思っていても、そもそも未経験での転職は不安だったり、自分をどんな風にアピールしたらいいのかわからなかったり、いろいろな悩みが出てきます。未経験での転職を成功させるためには、転職エージェントを利用しましょう

転職エージェントは未経験からの求人も多く扱っていますし、親身なサポートを受けられるので安心して転職活動を進めることができます。

転職エージェントを使うのが面倒臭いという方もいらっしゃいますが、実際に、未経験歓迎と求人に書いているけど本当かと不安な人や、自分の強みや弱みがわからなくて不安な人の悩みを一緒に解決してくれます。

第三者の目線で企業の情報や自分の性格などを教えてくれるので、転職エージェントを利用することをおすすめします

一人で転職のことを調べると、転職先の情報をネットで見たり口コミを見たり、評価なども掲載していますがそれが事実なのかもわからず、情報に誤りがあることも多数あり、何が正しいのかわかりません。

転職エージェントの場合、実際に会社に行って内部事情などリアルな会社の情報や実際の雰囲気なども把握していることがあります。それらを実際に聞くことで、自分には合っていたり、雰囲気がちょっと苦手だったり、自分が入った時のイメージが湧くでしょう。

自分はどんな仕事が向いているのかや何が好きなのかをアドバイザーが把握し言及して、おすすめの転職先を提示してくれます。そうすることで、ミスマッチを避けることができ、自分に合った仕事を見つけることができるのです。

転職エージェントを利用するメリットとして、面接などの対策もしてくれます。面接が苦手な人でも、バックアップを得られるので自信を持って面接に行くことができます。

勉強から始めて経験を積む

未経験の職種への転職を成功させるために大事なのは、勉強をしてある程度の経験値を積んでから転職をすることです。

エンジニアやマーケティングやデザイナーといったスキルや経験が重要視される職種では、自分で勉強をして知識をつけてから転職する方が採用されやすくなります

スクールに通って勉強していると、お金を払って勉強している分、未経験の人よりも向上心がありポテンシャルが高いことがわかります。

個人で勉強する人は、その業界に興味があり勉強することに抵抗がない人です。そのため、勉強したことを表明できる実績や見せられるものがあれば、それだけ本気度が伝わってくるので、何も行動していない人より採用されやすいです。

例えばエンジニアに転職したいのであれば、プログラミングスクールに通ってホームページを自分で作って披露するなど、証明できる実績があれば信憑性と本気度が伝わるので、勉強して経験を積んでから転職をすることも考えましょう。

スクマド経由の申し込みで最大5,000円分のギフト券

面接対策をする

面接では、よくある質問の対策をしておくといいでしょう。

例えば面接対策で絶対に抑えておきたいことは以下です。

このあたりを対策しておくといいでしょう。

関連:転職のおすすめ面接対策はこれ!

TPOをわきまえた服装

面接では、服装や挨拶などがみられます。第一印象が重要なので、特段指定がなければスーツが無難です。

気にかける点とするならば、髪型・ネイル・装飾・髪型です。カジュアルな装いは面接では不利に働くので、相手から見て清潔だといわれる服装がいいでしょう。

男性だと長髪よりは短髪の方が清潔感があるといわれていますし、女性だとナチュラルなメイクの方が自然であるといわれますし、ハンカチやティッシュといった小物は持っておいた方が好印象です。

志望動機

志望動機は、必ず聞かれる質問です。志望動機がふわふわした回答だと、やる気がないと捉えられます。面接官はキャリアプランや自社の理解度をチェックしています。

会社のどこに興味を持ったのか、なぜ入社したいと思ったのか、どんな風土が好きなのかなど答えられるように、企業を下調べして言語化できるように練習しておきましょう。

転職理由

転職理由を聞く理由として、3つのポイントがあります。

  1. 客観的に見て妥当な理由なのか
  2. 他責思考ではないのか
  3. 自社に合うのか

転職理由を聞く理由は、面接官から見てしょうがないと思われる理由なのかどうかを判断しています。そして、人のせいにしたり会社のせいにしたり、他責思考ではないかを判断しています。

なぜなら、会社に他責思考である人が入ってしまうと、少しでも自分に理不尽なことがあったらまた前職同様に辞められる可能性があるからです

面接官は、ネガティブな理由で辞めたとしても、それによってポジティブに考えられる思考であるのかどうかを見抜き、会社の中でも失敗を恐れずに新しいことに挑戦できるのかを判断します。

なので、転職理由を考えるときは、ネガティブな理由から何を得るものがあったのか、どんな考えになったのか、そこから学んだことを考えておきましょう。

自分の強み・弱み

面接でよくある質問に、「自分の強みと弱みを問う」ものがあります。

この質問で面接官は、自分自身の強みと弱みを理解して言語化できるのかを判断します。そして、自社でどんなことに活かせるのかも判断しています。

次に大事なのは、会社のどんなことで役に立つのかとどうすれば弱みが強みに変わるのかを説明できることです。強みと弱みがわかっただけでは物足りず、その後の行動をどうするのかを伝えるようにしましょう。

逆質問

面接の最後には、必ずといっていいほど「質問はありますか?」と聞かれます。質問の意図として、自社に意欲があるのかなどが判断されます。

質問がない場合、会社に興味がないと思われる可能性が高くなりますので、小さなことでもいいので質問をしましょう。

例えば、「私は、今はこのようなことを考えていますが、実際には◯◯なのでしょうか?」という自分の意見を混ぜつつ、企業のことを知りたいという聞き方はかなり好印象です。

関連:中途採用の面接でよく聞かれる質問41選

未経験分野への転職に強い転職エージェント

未経験分野への転職に強い転職エージェントはいくつか存在しています。

ご自身の状況やサービスの特徴を踏まえ、どのエージェントを選ぶかを考えるとよいでしょう。無料で利用できるため、複数のエージェントを並行利用することをおすすめしています。

ハタラクティブ

ハタラクティブ
ハタラクティブ公式サイト
運営会社レバレジーズ株式会社
得意業界全業種・業界(未経験者)
対応エリア全国
求人数公開求人数:3,000件以上
利用料金無料

ハタラクティブは、応募者の経歴を問わない転職エージェントです。他の転職エージェントと比べて、未経験OKな求人が多いエージェントとなっています。

求人情報の80%以上が正社員経験がなくても応募できる内容になっており、40%以上の利用者が社会人経験のない求職者でありながら、内定率80%超えを記録しています

登録時の学歴なども問わないため、これまでの経歴やスキルに自信がない人に特におすすめな転職エージェントといえます。

>ハタラクティブの評判・口コミ

ハタラクティブはこんな人におすすめ!
  • 学歴・正社員歴がないけど、正社員に転職したい
  • 未経験の仕事に正社員としてチャレンジしたい
  • 20代のうちに安定した仕事に就きたい

アーシャルデザイン

アーシャルデザイン

未経験分野への転職に強い転職エージェントに、アーシャルデザインというエージェントがあります。

ビジネス経験の少ない、アスリートの転職を支援するところから始まった転職エージェントであるため、他の転職エージェントと比較して、特に未経験者の転職に強みをもっています。

>>アーシャルデザインの口コミ・評判や特徴

10万社以上から厳選された求人情報を紹介してくれますし、未経験のプロフェッショナルのエージェントであるため、未経験者であっても86%という高い内定獲得率を誇り、59%の転職者が年収アップに成功しています

利用は無料で、プロの転職アドバイザーがマンツーマンで支援してくれるため、未経験分野への転職の場合には、アーシャルデザインへの登録は必須で行うと良いでしょう。

キャリアスタート

キャリアスタート
キャリアスタート公式サイトより
運営会社名キャリアスタート株式会社
得意業界IT/不動産/広告/医療/建築
利用者層20~29歳
対応エリア北海道/東京都/神奈川県/埼玉県/千葉県愛知県/大阪府/福岡県
利用料金無料

キャリアスタートは20代の若者に特化した転職エージェントです。これまでの経歴に関係なく就職に成功しやすいため、フリーターや既卒の方でも安心して利用できます。

1万人以上の転職相談や転職成功者の声をまとめた転職成功BOOKを本社に訪問した方全員にプレゼントしており、初めて転職する方には大きな自信に繋がります。

面接が苦手、不安と感じる人向けに模擬面接を行っています。希望する企業に沿った面接を行い、足りない点などは具体的なアドバイスをいただけます。基本的には対面で行いますが、電話での対応も可能なので時間のない方でも面接練習ができます。

キャリアスタートでは、転職相談を行っている利用者や転職成功者との交流会を定期的に開催します。そこでは同じ転職中の方と情報交換を行ったり、転職成功者からはアドバイスをいただけたりするほか、新しい繋がりが生まれます。

求人の多くが東京であるため、上京してくる必要がある方に向けて社宅や住宅手当のある企業の紹介、敷金礼金などの初期費用がいらないアパート・マンションの紹介などといった生活面のサポートも行っています

>キャリアスタートの評判・口コミ

キャリアスタートはこんな人におすすめ!
  • 20代の正社員経験がない方
  • 地方に在住しているが都市部での勤務を希望する方
  • 面接に苦手意識を持っている方

就職カレッジ(JAIC)

JAIC(ジェイック)_就職カレッジ
運営会社株式会社ジェイック
対応エリア北海道/宮城県/東京都/神奈川県/埼玉県/千葉県愛知県大阪府/兵庫県広島県福岡県/熊本県/佐賀県
得意な業界・業種メーカー/商社/IT/アパレル/広告/金融営業/事務/デザイナー/エンジニア/総合
求人数未記載
利用料金無料

就職カレッジ(JAIC)は、フリーターや未経験者などの職歴があまりない20代の求職者の転職に強みを持つ転職エージェントです。

定期的に集団面接会というイベントを行っており、このイベントでは書類選考なしで約20社と面接をすることができます。フリーターや未経験者だと書類選考で落とされてしまうことも少なくありませんので、非常に嬉しいイベントでしょう。

>就職カレッジ(JAIC)の評判・口コミ

就職カレッジはこんな人におすすめ!
  • 未経験から正社員にチャレンジしたい
  • これまでの職歴に不安がある
  • 転職というよりは「就職」として頑張りたい

まとめ

未経験職種への転職成功ポイントや注意点、未経験でも転職できる職種の解説をしました。

20代の未経験職種への転職は可能ですが、30代・40代となると少し難しくなります。しかし、その中でも未経験で転職できる職種はありますし、まだまだ企業によっては人手不足の職場もあります。

ABOUT ME
会社員年収向上委員会のファビコン
会社員年収向上委員会
本サイトを運営している編集部です。会社員が給料をアップするための方法やヒントを発信していきます。
\未経験者の転職に強い/
無料登録はコチラ
\未経験者の転職に強い/
無料登録はコチラ