会社員年収向上委員会 委員長
この記事を書いた人
いいんちょう
経歴:WEB系サービス運営企業からM&Aコンサルティング会社へ転職。国が発表している統計情報や転職エージェントとのやり取りから考えた、戦略的な転職1回で年収を2倍に。
転職成功ノウハウ

転職は無理ゲー?転職が難しくても攻略する方法を徹底解説

転職は無理ゲー

「転職したい」と考えていても、現実には「転職は無理ゲー」と思ってしまうことも多いでしょう。

このページでは、転職は無理ゲーと考える人向けに、転職が難しいと考えた時の攻略法や転職以外の選択肢の発見方法を解説します。

転職が無理ゲーな理由

転職が無理ゲーな理由

そもそも、日本の多くの会社員にとって会社での仕事は憂鬱なものです。会社での仕事は、生活費を稼ぐためという人も多いでしょう。

少しでも良い条件や少しでも心地よい環境で働きたいと考えている際に考えるのが「転職」です。

しかし、「転職は無理ゲー」と考えるひともいます。

転職が無理ゲーと考える理由は、大きく分けて以下のように

4つに分けられます。

忙しすぎる

転職したい理由が、「仕事が忙しいからもう少し、落ち着いて仕事ができる会社がいい」という方もいるでしょう。

しかし、今の会社の仕事が忙しいという理由で転職しようと考えている人にとって、「転職活動はさらに疲れる作業・活動」となってしまいます。

仕事で忙しいから辞めたい → 一時的に辞めるためにもっと忙しくする

ということになるでしょう。

このように、結局忙しくしてしまうのは、体力的に余裕があったりバイタリティーがある方以外にとっては、無理ゲーなことでもあるといえるでしょう。

精神的にもう働きたくない

転職したい、今の会社を辞めたいと思う理由が「精神的にもう働きたくない」という場合にも、転職活動は無理ゲーと感じるでしょう。

精神的に辛くなってしまう理由は、職場でのハラスメントや忙しすぎる仕事による可能性が高いでしょう。

そんな職場を変えたくて、転職したいと考えるのですが、精神的・体力的にもう働きたくないと考えてしまっている場合には、そもそも働きたいというモチベーションが持ないでしょう。

雇用してくれる会社なんてない(と思っている)

転職35歳限界説などというものも存在するように、年齢やスキル、過去の経歴によって転職することが難しいと感じることは多いでしょう。

雇用してくれる会社がない(かもしれない)と感じているのであれば、転職活動をするだけ無駄になってしまうため、転職が無理ゲーと感じる理由といえるでしょう。

転職しても条件がよくならない(と思っている)

雇用条件に不満を覚えて仕事の環境を変えたいと考えて、転職を検討したとしても、転職後に条件がよくならないのであれば、転職は難しいと感じることでしょう。

保有しているスキルや経験によっては、転職後に雇用条件が悪化するということも少なからずあるため、条件が悪化するのであれば、やはり転職は難しいという結果となるのではないでしょうか。

転職が難しいと思ったら

転職が難しいと思ったら

転職が難しいと考えたら、現在の会社に留まる選択肢を取るしかありません。とはいっても、現状に不満があるために、転職という選択肢を検討していたはずなので、ただ目の前の仕事をこなすだけでは、不満は解決しないでしょう。

そのため、現状を少しでも緩和しながら今の会社に留まるには、5つの方法を取る必要があります。

1つずつみていきましょう

休職で一定期間の休息をとる

雇用されている会社員は、「休職」という選択肢を取ることができます。一定期間強制的に休みを取ることによって、精神的・体力的に回復することを期待できます。

収入が途絶えるため、生活の不安を抱えてしまいますが、休職手当を受給することも可能なため、一定程度の安定を図ることはできるでしょう。

ただし、前と同じようなポジションで復職できるかは会社によりますので、注意は必要と言えるでしょう。

有給休暇を定期的にとる

休職までいかずとも、有給休暇を定期的かつ積極的に取得することで、体力や精神面の回復を図ることができます。

有給休暇を取得することが難しいような会社もありますが、有給休暇取得は会社員の権利であるため、基本的には罪悪感を持つ必要はありません。

辞めようかと考えるまで環境のよくない会社であるため、どちらかといえば有給休暇の取りにくい会社側に問題があります。真っ黒なブラック企業でない限り、有給は全て消化できますし、取得することに問題はありません。

定期的に休むことで、少しは現在の会社での仕事の不満を和らげることができるでしょう。

残業を減らす

労働環境が影響して体調不良を抱えたり、辞めたいと考えてしまっているのであれば、1日あたりの労働時間を減らすことを目指すとよいでしょう。

不満を抱える会社で長い時間過ごすのは、体力面だけでなく精神面にもよくありません。

労働時間は人によって違うでしょうが、残業しなければならないかどうかは、任されている仕事量や人の数によって決まります。

残業は基本的に会社からの労働命令にあたる為、一般的にはなかなか断ることはできません。ただし、残業の指示がないなら帰るということは不可能ではないはずです。

周囲の空気を読んで残るのではなく、多少の罪悪感はあったとしても自主的な残業を減らして帰ることで、不満を少しは減らすことができるでしょう。

社内異動を希望する

現在の職場環境が不満である場合、別の部署に異動する事で解決することがあります。そのため、社内での異動を希望することは一つの手段といえます。

ただし、100%実現できるかというと会社の上層部などの意向にもかかわるため、実現できたとしても時間がかかるということは覚悟する必要があります。

しかし、現在の部署での人間関係や仕事内容に起因したストレスによって転職や退職を検討しているのであれば、社内異動によって改善が見込めますので、不満を減らす手段としては良い方法でしょう。

キャリアコーチに相談する

転職以外の方法で、自分のキャリアを好転させたいと考えた時、具体的な方法が浮かばなければ、キャリアコーチに相談することが望ましいです。

キャリアコーチとは、転職サービスではなく、相談者のキャリア構築支援をしてくれるコーチのことで、そういったサービスをキャリアコーチングサービスと呼びます。

転職エージェントと違い、転職前提ではなく、今の会社でどう振る舞うのかなどの相談にも親身になって相談に乗ってくれるため、まずは無料で相談してみるとよいでしょう。

↓おすすめのキャリアコーチングサービス

キャリアコーチングサービスおすすめランキング
キャリアコーチサービスおすすめ6選+1!徹底比較で最もおすすめのキャリアコーチングサービスを紹介キャリアコーチングサービスのおすすめを知りたいですか?この記事では、独自の視点から選定したキャリアコーチングサービス6選をランキング形式でご紹介しています。キャリアコーチングサービスを今から利用しようとしている方は必見です。...

転職が無理ゲーを攻略する方法

転職が無理ゲーを攻略する方法

転職が無理・難しいと考えてしまったら、絶対に転職ができないのかというと、そんなことはありません。

ここからは、転職が無理ゲーを攻略するための方法をご紹介します。

1つずつみていきます。

希望条件を明確にする

まずは、転職の希望条件を明確にすることが重要です。

これだけ欲しい!という条件の希望だけでなく、ここは妥協してもよいという点を見つけることが重要です。

妥協できるポイントを妥協すれば、転職・応募できる企業が見つかるということも少なくありませんので、自身の希望を明確にしていき、それが自分のスキルや経験で叶うものなのかを考えていきましょう。

後述する転職エージェントなどのプロの視点からアドバイスをもらいながら進めていくと、手間も少なく、より確率の高い条件で転職活動を進めることができるでしょう。

必要なスキルや経験を身につける行動をする

もし、時間の余裕はあるが、自身を雇ってくれる会社などないから、転職は難しいと考えているのであれば、必要なスキルや資格、経験を身につけるための行動を起こすと良いでしょう。

資格取得や副業、スクールに通うなど、現在では自宅でPCだけでできるものも多くなりましたので、チャレンジはしやすいでしょう。

ただし、自身の仕事以外の時間を使うことになるため、日々の体調をみながら進めていく必要があるといえます。

また、転職に有利になる経験や資格などもあるため、より効率的に進めていきたい場合には、後述する転職エージェントのようなサービスを利用して、転職のプロに相談するとよいでしょう。

稼げるおすすめ資格一覧

自分のスキルや経験で応募できる求人を見つける

新しいスキルや経験をつけるのではなく、自分の今のスキルや経験でも応募できる会社を見つけていくというのも一つの手段です。

スキルや経験に自信のない人でも、非常に数多くの求人情報を見れば、どこかに応募できる会社はあるでしょう。

自信で全てを確認するのが難しい場合もありますので、取り扱う求人数の多い転職エージェントに登録して、応募できそうな求人を紹介してもらうことをおすすめします。

転職エージェントに支援を依頼する

転職の相談は、やはり転職のプロである転職エージェントにするのがおすすめです。

また、相談だけでなく、転職エージェントは転職活動におけるさまざまな支援をしてくれますので、あなたに時間がなかったとしても諸々を代行してくれることも多いため、利用するメリットがあります。

書類作成や面接対策、マッチする求人の選定から雇用条件交渉まで多くのことを転職エージェントが行ってくれますので、時間がない人も、不安な人も一旦転職エージェントに登録してみて、担当者とコミュニケーションを取ることをおすすめします。

↓おすすめの転職エージェント

転職エージェントおすすめサービス
転職エージェントおすすめ【決定版】20選!各転職エージェントの評判や賢く利用するコツも解説転職エージェントのおすすめサービスはこのページで確認できます。おすすめのエージェントだけでなく、賢く転職エージェントを利用して、転職成功率を上げる方法も解説しています。転職を検討している方は必見です。...

最もおすすめな転職エージェント:doda

まとめ

転職は無理ゲーだと考えていても、俯瞰してみると取り得る手段は意外にもたくさんあることに気が付くことがあります。

現在の自分の頭の中だけで考えていると、難しいという結論に行き着いてしまうこともあるため、できるだけキャリアや転職のプロと一緒に自身の今後について考えていくことをおすすめします。

ABOUT ME
いいんちょう
会社員年収向上委員会
経歴:WEB系サービス運営企業からM&Aコンサルティング会社へ転職。国が発表している統計情報や転職エージェントとのやり取りから考えた、戦略的な転職1回で年収を2倍に。