年収統計データ

住友商事の転職難易度は?平均年収や転職のポイント、社風・会社の評判・口コミを徹底解説

住友商事株式会社の転職難易度・年収・社風・評判を徹底解説

平均年収が日本でもトップクラスの会社として有名なのが住友商事です。

平均年収が高い住友商事に入社すれば自分の年収も上がるのでは?と考えている人も少なくないでしょう。

そのためこのページでは、住友商事への転職難易度や平均年収、住友商事への転職におすすめな転職エージェントなどを徹底解説します。

年収アップにおすすめ転職エージェント
ハイクラス転職におすすめな人気転職エージェント10選|おすすめな理由や各サービスの特徴も解説このページでは年収アップにおすすめの転職エージェントについて紹介しています。 どの転職エージェントを利用するべきか悩んではいませんか? 転職ではどのエージェントを利用するのかによって成否が大きく分かれてきます。 自身にピッタリ合う転職エージェントをこのページから見つけてください。...

転職活動前にチェックしたい住友商事の概要

まずは、住友商事の会社やサービスの概要についてみていきましょう。

企業概要

住友商事コーポレートサイト

企業概要は以下の通りです。

会社名住友商事株式会社
上場市場東証プライム(証券コード:8053)
設立1919年12月24日
資本金2,199億円(2022年3月期)
売上高約5兆4950億円(2022年3月期)
主な事業・業界総合商社・卸売
従業員数単独:5,300人
連結:74,253人
(2022年3月期)
拠点本社:東京都千代田区
国内:20拠点
国外:66ヵ国 111拠点

住友商事は、三菱商事、三井物産、伊藤忠商事、丸紅と並ぶ5大総合商社と呼ばれる超大企業です。

他の総合商社と同じく、卸売業界に分類はされますが、非常にたくさんの子会社並びに持分法適用会社を含めると800以上の企業を傘下におさめており、卸売以外にも非常に多岐にわたる事業展開を行っている企業です。

住友商事社業績推移
住友商事決算報告資料より抜粋

2021年3月期(2020年4月〜2021年3月)はコロナ蔓延の影響もあってか、赤字決算となっていますが、どの年も売上(収益)が5兆円付近を維持しており、利益率自体は低く見えますが、毎年数千億円の利益を残す超高収益・高利益企業であることがわかります。

平均年収

住友商事社平均年収推移
住友商事決算報告資料より抜粋

住友商事は日本でも有数の高年収会社であることはよく知られているとおりです。

2022年3月期に出された有価証券報告書に示されている平均年間給与は、14,063,292円となっています。

他の総合商社と同様に、日本の平均年収の3倍近い金額が平均年収となっていることがわかります。

社風

住友商事は堅実で落ち着いた社風といわれています。

あくまで比喩表現ですが、「石橋を叩いても結局渡らない」や「他の総合商社よりも落ち着いた人が多い」と言われることが多い社風です。

無理な目標設定をすることがあまりないとされており、達成できそうな目標を目指して努力するような会社であり、法令遵守意識も高いようなので、気合いや勢いで仕事をするような雰囲気ではありません。

住友商事への転職難易度

転職難易度

住友商事への転職難易度は非常に高いといえます。その理由は以下のとおりです。

  • 高い英語力が求められる
  • 各分野の専門性が求められる
  • 年収が高いことが知られているため人気

住友商事は、他の総合商社と同様にグローバルに手広く事業を展開していますので、各国のメンバーとコミュニケーションをとる必要があるため、一定以上の英語力を求められます。

募集要項では、TOEIC730点が最低でも求められることとなっています。

また、年収が高いことで知られているため応募が集まりやすく、その中で選ばれる必要があるため、業務のスキルや経験としても一定以上のものを持っているアピールをしなければなりません。

そのため、住友商事への転職難易度は非常に高いといえます。

住友商事で募集されている職種

募集されている職種

住友商事で募集される職種についていくつかご紹介します。

内部監査部門

子会社を含め世界各地で事業を展開している住友商事の中で、適切に事業が運営されているかを監査するポジションです。

監査の部門となるため、事業運営の部門から独立して存在することになりますが、非常に大きな組織であるため年間100件以上の監査を行っているとのことです。

10年以上の内部監査経験など、高い経験やスキルを求められます。

各事業運営部門

デジタルトランスフォーメーション推進や建設、メディカルサイエンスなど、住友商事で展開している事業の運営をするポジションです。

英語力に加え、該当分野での業務経験、スキルなどを求められます。

事業運営に必要な内容は大抵なんでもやるというような形で仕事をする必要があるため、幅広い能力が求められるといってもいいでしょう。

住友商事の口コミ・評判

口コミ・評判

住友商事に寄せられている口コミ・評判を内容別にわけて紹介します。

現在在籍している方や過去に在籍している方が口コミや評判を書きこめるサイトに寄せられた評判を一部見ていきます。

給与面・待遇面の口コミ・評判

賞与の比率が他業界に比べて高い。賞与については会社業績に幾分か連動する形となっており、業績が悪い年は年収が下がるが、下げ幅はそこまで大きくない。海外駐在中は危険地手当や家賃手当、地域によっては運転手がつくなどかなり手厚い手当を受けることができるが、国内勤務の場合、新入社員向けの寮制度や社宅制度があるくらいで手当はほぼない。

年功序列それなりに残業していれば(月45時間くらい?)入社5年目で1000万円は超える。お得意の減損損失などによって大幅な赤字となった際も労使協定において会社側が激甘な提示をしてくださり、そこまで年収が下がることはなかった。

年功序列それなりに残業していれば(月45時間くらい?)入社5年目で1000万円は超える。お得意の減損損失などによって大幅な赤字となった際も労使協定において会社側が激甘な提示をしてくださり、そこまで年収が下がることはなかった。

若手としての給与体系には非常に満足。但し中間層以降では昇給も横ばいに近く、モチベーションが湧き辛くなってしまい、やる気をなくしている社員も多数見かける。

若手~中堅の給与に関しては十分以上にもらえていると感じ、不満はない。さらに海外勤務になると、地域にもよるがこれほどにコスパの良い企業勤めはないのではないかと思う。

日本での給与はTopの同業他社よりやや少ないが十分満足している。同業他社の中では4位まで概ね給与は横並び。評価制度としては上司を部下が評価うする360度評価が導入されており、その効果もあってか、不出来な上司が上から気に入られて出世していくといった不幸返還は殆ど感じない。

出典:openwork

実際に働いていた方の口コミからも、若手時代から比較的高い給与水準であることがわかります。

ただし、年功序列システムが相当強く根付いているため、数年頑張らないと給与がアップしていくイメージがないということもわかります。

労働環境に関する評判・口コミ

古典的な年功序列の古き悪き日本企業であり、若手は上席者の顔色を常に見ながら、その業務の補佐をし続けることとなる。個々人で感じ方は違うだろうが、完全なる上意下達の世界で、自主性や遣り甲斐などはあまり感じづらいと思われる。ただ関わる案件の金額規模や取引規模だけは大きいものも多いので、そういった意味での遣り甲斐はあると言うこともできる。また同様の理由から、対外的に自分が何をやってるのかを話すうえではドヤ顔ができるので、社会受け、女性受け、いわゆる外面は良い。もちろん社格もあるので「張り子の虎」になることはできるし、生み出している価値(バリュー)以上にギャラを得られるので、コストパフォーマンスという意味での遣り甲斐も感じることはできる。

配属により大分差が出てしまうが、総じてレベルの高い人が多く、ローテーションも頻繁に行われるので新しい挑戦をすることが出来、働き甲斐はある。一時的に上司に恵まれなくても、比較的早いピッチでローテーションが行われるので、上司あるいは自分自身が異動することになるため、新しい上司に変わる。

出張以外で休日出勤はなく、残業時間もそこまで多くはないので、プライベートとのバランスは調整しやすいと思います。有給取得率も他社と比べて高く、部内やチーム内でも休みの時は助け合う風潮があり、有給は取得しやすい雰囲気がありました。年間で20日程有給を取得している社員もいました。コロナ禍になる前からテレワークが推進されていましたが、在宅勤務や会社指定のサテライトオフィスでの勤務なども可能なので、かなり柔軟な働き方ができると思います。

残業も季節労働で忙しい時期以外は適度に抑えられ、また収入も比較的ゆとりがあることからプライベートも充実させやすい。社員同士のプライベートの交流も盛んでコミュニティが形成しやすい。

休みの取りづらさはないものの、業務が非常に忙しく、休めないといった状況に陥ることは多々。ワークライフバランスを調整しやすい環境とは思えない。長時間労働を美徳とする傾向は強い。

出典:openwork

数年前ほどから、ワークライフバランスを重視した業務運営に変わっていることがみてとれますが、大企業であるため配属先の部署によって大きく変わるということも示されています。

業務が忙しいと言いながらも休みが取りにくいということはないということですので、プライベートなことに対する時間も捻出することは可能でしょう。

住友商事への転職が向いている人の特徴

合っている人の特徴

ここまで、住友商事という会社がどんな会社なのかをご紹介してきました。では、住友商事への転職が向いている人はどんな人なのでしょうか?

向いている人の特徴をいくつかご紹介します。

ワークライフバランスのメリハリをつけたい人

実際に働いていた方の口コミからもわかるように、住友商事では数年前からワークライフバランスを重視した運営がされているようです。

配属先の部署によって大きく変わるとされていますが、残業が少ない部署も多い部署も休みがとれないということはないということから、ワークライフバランスを重視して仕事がしたい人にとっても良い職場と言えます。

高い年収を獲得したい人

住友商事は、日本の平均年収の約3倍が平均年収となっている高年収企業です。

そのため、高い年収を獲得したい人にとっても目指すべき転職先といえます。

ただし、年功序列制度が根強いため、平均年収に近づくためには数年から10年近く在籍する必要があることを認識しておくとよいでしょう。

高いスキル・経験を持っている人

住友商事に転職するには、英語力に加え、配属先の事業に対する経験やスキルを有している必要があります。

また、応募が集まりやすい企業でもあるため応募がきた候補者の中で選ばれる必要があるので、単なる経験やスキルでは足りません。

高いスキルや貴重な経験を有している人にとってはチャレンジしてもいい転職先と言えます。

激務でも耐えられる人

実際に働いていた方の口コミからもわかるように、配属先によっては非常に業務量が多く、毎日のように残業があるということがわかります。

全くないような部門もあるようですが、やはり激務でも耐えられる精神力や体力がある人にとって、住友商事は向いている企業と言えます。

大規模事業を運営してみたい人

住友商事に限らず、大手総合商社は一般的な上場企業レベルの事業を運営する子会社をいくつも抱えていることが少なくありません。

また、一般的な企業では考えられないような規模で国を超えて事業を展開している部門もあります。

こうした、超大規模事業に関わっていきたいと考えているのであれば、総合商社は非常に良い職場となるでしょう。

住友商事への転職を成功させるポイント

転職成功のポイント

では、難易度が高い住友商事への転職ですが、転職に成功するために注意するべきポイントもあります。

3つのポイントをご紹介しますので、ぜひ住友商事への転職チャレンジ前に確認しておくことをおすすめします。

自身のスキル・経験・実績を高める

住友商事は、応募するだけでも比較的経験や実績、スキルが必要になります。

そして非常に人気の高い企業であるため、その会社に入社するには同じようなスキルや経験をクリアした中から選ばれる必要があります。

そのため、自身のスキルや経験を棚卸しし、必要であればそれらをさらに磨いていく必要があるでしょう。

最低限の応募条件をクリアしただけでは採用されるのが難しい可能性もありますので、競争相手に勝てるようなスキル、経験、実績を提示できるように準備しておくとよいでしょう。

求められる人物像を理解して、自身を売り込む

住友商事に限らず、企業は転職希望者のスペックやスキルだけではなく、企業理念に基づいた行動をしてくれるかどうかもチェックしています。

そのため、どんな人材であればこの会社に求められているのかを理解し、「理想の人物像である」ことをアピールするとよいでしょう。

そのためには、住友商事という会社をスペックだけで理解するのではなく、価値観や企業理念などを踏まえて理解する努力をするとよいでしょう。

転職エージェントを利用する

特に人気企業への転職の場合には、転職エージェントを利用した転職活動をするのをおすすめします。

転職エージェントを利用すれば、その企業の選考で想定される質問内容や書類選考の傾向などを事前に教えてくれることもありますし、応募前に企業の雰囲気を担当者から聞くこともできます。

難関企業への転職だからこそ、自身の転職活動を支えてくれる転職エージェントと二人三脚で進めていくことをおすすめします。

住友商事への転職におすすめの転職エージェント

住友商事への転職におすすめな転職エージェントは以下の特徴を持ったサービスです。

  • ハイクラスに強い
  • 求人数が多い

以上2つを兼ね備えている転職エージェントをご紹介します。

JACリクルートメント

JACリクルートメント
運営会社株式会社ジェイエイシーリクルートメント
得意業界コンサルティング、管理職、各種専門職
対応エリア全国
求人数約25,000件 (2022/4/18時点)

JACリクルートメントは、年収600万〜1,500万円以上の求人を扱う、ハイクラス・ミドルクラスに特化した転職エージェントです。

約800名の転職コンサルタントが直接企業と求職者の双方とコンタクトを取るため、コミュニケーションの齟齬が起こりにくく、一人一人の求職者に適切な求人を紹介してくれます。

年収の高い求人が多く、ハイクラス求人に特化しているため、現在、管理職やスペシャリストとなっている人にとっては非常におすすめの転職エージェントです。

>JACリクルートメントの評判・口コミ

JACリクルートメントはこんな人におすすめ!
  • ハイクラス求人で採用されて年収をアップしたい
  • 丁寧な転職支援を受けたい
  • さらに条件の良い会社に転職したい

\優秀なコンサルタントに無料相談可能/

ビズリーチ

ビズリーチ
運営会社株式会社ビズリーチ
得意業界全業種・業界
対応エリア全国
求人数10万件以上

ビズリーチは、印象的なテレビCMでもおなじみの転職サービスです。明確な転職エージェントサービスではありませんが、約1/3が年収1,000万円以上の求人情報であるため、転職で年収アップを目指す場合には、登録することが必須といえる転職サービスといえます

優良企業からのオファーが届くため、登録だけでもしておくことをおすすめします。

>ビズリーチの評判・口コミ

ビズリーチはこんな人におすすめ!
  • 転職で年収アップを目指したい
  • 現在の年収が500万円以上ある
  • 現在30代後半以上のハイクラス層にあたる

\優秀なヘッドハンターとつながる/

アサイン

アサイン
アサイン公式サイトより
運営会社名株式会社アサイン
得意業界コンサル/IT/営業/財務・経理
求人数明記なし
拠点東京
利用料金無料

アサインは、20〜30代前半のハイクラスの転職に強みを持っている転職エージェントです。特にコンサルやIT業界、営業職への求人に強みを持っており、転職決定時の平均年収が850万円と若年層が転職で年収アップを目指す場合には、登録必須な転職エージェントといえます。

最初の面談では、キャリアの方向性や転職の希望を聞いてくれ、求人情報の紹介はありません。スキルやキャリアの方向性を合わせた求人情報を精査し、中長期的なキャリアの成功に近づける案件を3〜4社厳選して紹介してくれます

転職エージェントアサインの評判・口コミを見る

アサインはこんな人におすすめ!
  • 20代30代から年収をアップしたい
  • 中長期的なキャリアの成功に合わせて転職したい
  • 営業やエンジニアなど、収入の高い業種のプロとして転職したい

doda

doda
doda公式サイトより
運営会社名パーソルキャリア株式会社
得意業界全業界・業種
求人数公開求人数:13万件以上 (2022/4/22時点)
拠点29拠点
利用料金無料

dodaは、転職エージェント、転職サイト、ダイレクトスカウトの全ての機能を1つのサービスとして利用することができる転職サービスです。求人数も国内最大級でありながら、面接対策や職務経歴書の作成支援など、さまざまな支援も手厚く行ってくれるため、必ず登録することをおすすめできるサービスです。

>dodaの口コミ・評判・特徴を確認

dodaはこんな人におすすめ!
  • とりあえず転職サービスに登録しようと考えている人
  • 転職実績と豊富な求人数を求めている人
  • アドバイザーから専門的な転職のアドバイスを受けたい人

住友商事への転職でよくある疑問

住友商事への転職に対してよくある質問・疑問に対しての回答を以下にまとめました。

なんで住友商事の年収はこれほど高いのですか?

同業他社の他の総合商社と同様に、非常に大規模事業を展開しており、毎年数千億円の利益を計上できるほどの高収益企業です。

これらを数十年の歳月をかけて構築している企業であり、優秀な社員を集めてさらに稼ぐという循環を作れているため、入社した人材には比較的高い収入を約束することができるのです。

事務や経理などでも年収は高いのですか?

一般的なイメージでの事務や経理で年収が高くなるということは少ないでしょう。

もちろん部署にもよりますが、そもそも、住友商事の高年収社員のほとんどは正社員・総合職であり、特定の業務だけを行うような人材は多くありません。

そういった人材がいたとしても、契約社員や派遣でまかなっている事が多いです。

そのため、住友商事の事務や経理で年収を高くするには、非常に高いスキルを持っている必要がありますが、そういった方でも事業を運営している部門よりも年収が高くなるということは少ないかもしれません。

住友商事の転職求人はどこから応募できるのですか?

住友商事のコーポレートサイトの採用ページ、転職サイト、転職エージェントなどから応募することができます。

転職難易度の高い会社ですので、転職先としてチャレンジする場合には、転職のプロの支援を受けることができる転職エージェントの利用をおすすめします。

学歴がなくても住友商事への転職はできますか?

大学卒業以上の学歴がない場合には、ほぼ選考は受からないでしょう。

大学以上の学歴を有していない場合には、大学に入学するか、諦めるかの選択肢を考えるのが妥当でしょう。

まとめ

このページでは住友商事への転職難易度や平均年収、転職のポイントについて解説しました。

毎年、全国の平均年収ランキングでトップ20あたりまでに必ず入ってくる会社がこの住友商事です。転職で狙うには非常に狭き門ではありますが、転職に成功できれば一気に年収アップするチャンスでしょう。

このページの内容を踏まえて、転職を成功させられるように願っています。

ABOUT ME
いいんちょう
会社員年収向上委員会
本サイトを運営している編集部です。会社員が給料をアップするための方法やヒントを発信していきます。