年収統計データ

ソフトバンクグループの転職難易度は?平均年収や転職のポイント、社風・会社の評判・口コミを徹底解説

ソフトバンクグループ株式会社の転職難易度・年収・社風・評判を徹底解説

平均年収が日本でもトップクラスの会社として有名なのがソフトバンクグループです。

平均年収が高いソフトバンクグループに入社すれば自分の年収も上がるのでは?と考えている人も少なくないでしょう。

そのためこのページでは、ソフトバンクグループへの転職難易度や平均年収、ソフトバンクグループへの転職におすすめな転職エージェントなどを徹底解説します。

年収アップにおすすめ転職エージェント
ハイクラス転職におすすめな人気転職エージェント10選|おすすめな理由や各サービスの特徴も解説このページでは年収アップにおすすめの転職エージェントについて紹介しています。 どの転職エージェントを利用するべきか悩んではいませんか? 転職ではどのエージェントを利用するのかによって成否が大きく分かれてきます。 自身にピッタリ合う転職エージェントをこのページから見つけてください。...

転職活動前にチェックしたいソフトバンクグループの概要

まずは、ソフトバンクグループの会社やサービスの概要についてみていきましょう。

企業概要

ソフトバンクグループ公式サイトより

企業概要は以下の通りです。

会社名ソフトバンクグループ株式会社
上場市場東証プライム(証券コード:9984)
設立1981年9月3日
資本金約2,387億7,200万円
売上高(営業収益)8560億300万円(2022年3月期)
主な事業・業界情報・通信業・投資
従業員数255人(2022年3月期)
拠点本社:東京都港区

ソフトバンクグループは、携帯キャリアのソフトバンクや中国最大手EC企業のアリババ、決済サービスPayPay、世界各国でシェアオフィス事業を展開するweworkなどを傘下、グループ会社として収める純粋な持株会社、投資会社です。

子会社だけでも1,300社(2022年3月期)を超え、関連会社も550社(2022年3月期)を超大規模グループを築いている投資会社と言えます。

ソフトバンクグループ業績推移
ソフトバンクグループ社決算資料より

投資会社であるため、ソフトバンクグループ自体の業績は投資した企業の業績、株価に大きく左右されていますが、非常多数の企業に大規模投資を行なっている関係上、営業収益も数千億円〜数兆円規模と非常に大規模な事業に成長していることがわかります。

平均年収

ソフトバンクグループ平均年収
ソフトバンクグループ社決算資料より

ソフトバンクグループは日本でも有数の高年収会社であることはよく知られているとおりです。

2022年3月期に出された有価証券報告書に示されている平均年間給与は、13,223,442円となっています。

日本の平均年収と比較しても2倍以上の金額が平均でもらえる企業であるため、確実に年収の高い会社であるといえるでしょう。

社風

ソフトバンクグループはベンチャーのスピード感と大企業の縦割りのイメージが合わさった社風といえます。

ソフトバンクグループは、投資会社に非常に近いため、業務の方向性や決定はトップから降りてくるため、縦割りのイメージが強いようですが、業務のスピードは非常に早いものを求められます。

風通しの良さは微妙ですが、非常に高いレベルの業務を求められるというイメージだと考えると良いかと思います。

ソフトバンクグループへの転職難易度

転職難易度

ソフトバンクグループへの転職難易度は非常に高いといえます。その理由は以下のとおりです。

  • 採用枠が少ない(募集が少ない)
  • 高いレベルの業務スキル・経験が求められる
  • 人気・知名度が高いため応募がたくさん集まる

ソフトバンクグループ自体は、定期的に採用を行なっておらず、数千億円〜数兆円規模の事業を250名程度の少数精鋭で行なっていることからも、そもそも採用枠が非常に少ないことがわかります。

また、募集要項からも特に一定水準以上の業務レベルが求められていることがわかりますし、「ソフトバンク」というブランド自体が強いため、応募がたくさん集まることが容易に想像できます。

その応募の中から選ばれなければいけないため、転職難易度は非常に高いといえます。

ソフトバンクグループで募集されている職種

募集されている職種

ソフトバンクグループで募集される職種についていくつかご紹介します。

オープンポジション

ソフトバンクグループ公式サイトの採用情報をみると、「オープンポジション」として募集が出ています。

明確なポジションが募集されることは少ないという表れともいえます。

ソフトバンクグループは純粋な投資会社、持株会社であるため、業務の内容としては投資対象(会社)の調査、各種交渉、社内資料の作成などになります。

もちろん、法律面での対応なども必要になりますがこうした業務経験、スキルが必要とされています。

また、グローバル規模で投資を行なっているため、英語力も必要とされます。

ソフトバンクグループの口コミ・評判

口コミ・評判

ソフトバンクグループに寄せられている口コミ・評判を内容別にわけて紹介します。

現在在籍している方や過去に在籍している方が口コミや評判を書きこめるサイトに寄せられた評判を一部見ていきます。

給与面・待遇面の口コミ・評判

グレードにより決定される基本給に加えて、基本給の0-100%で賞与額が決定。賞与額と同額のストックオプションが付与されるが、ストックオプションは取得後3年経った後に行使可能。400万円を超える額のものは25%ずつを4年間にわたり行使することとなるため、一部は取得後7年で行使可能に。

タイトル毎にベース・現金ボーナス・ストックオプションのフォーミュラがある。ボーナスの半分ずつが現金とストックオプション。付与されてから3年間は売れず、途中で辞めたらギブアップしないといけない。1年毎の昇給は自動であるが年間数万円程度。タイトルの昇格はどのようなタイミング・基準かは不透明。

頑張れば頑張るほど評価される。数字が達成できなくても、取り組み事例や失敗事例などの具体的な報告を定期的に行うことができれば高い評価を得ることができる。

中途入社時の給与がベースとなるため、前職次第ではある。

給与テーブルについては、特に高いというイメージはないが、年収に占める賞与の比率が高い。手当については、住宅手当や家族手当など属人的な手当は一切ない。残業は多い会社だが、残業手当は全額支給される。

出典:openwork

給与テーブル自体はそこまで高いイメージはないようですが、賞与も含め、年収が高くなるようです。

また、中途で入社する場合には、前職での給与水準が重要になることがわかります。

労働環境に関する評判・口コミ

基本的に個人の動きを尊重してくれるが、目標に対しての働きかけがうるさく、ストレスを感じることが多かった。一見風通しが良いような感じもするが、その実何か問題提起をしても「ハイハイ」と言った感じで軽くいなされ、実質的に門前払いのような形でほぼ即却下されることが多く、いつしか皆改善案なども出さずに諦めるような空気が部内全体でも広がっていった。その為に業務上で何か小さな問題が発生しても上層部に伝わらないようになってしまい、雪だるま式に問題が積み重なって大きくなってしまったところで初めて問題発覚し、大きなトラブルとなることも自分の在籍時だけでも複数回あった。

皆が同じ目標に向かって、強く推進している印象。トップダウンが強いが、そのトップダウンも方向性が間違っていないので、スピードがはやく、強く動けるのが特徴。組織力が強いとはこの事か、と思い知ることになる文化でした。人事をする際の参考となっています。あの規模の人員が本気を出せばここまでいけるんだなと感じました。

部署次第です。概ね有給も消化しやすく、在宅勤務も推奨されますが、営業部門では10〜翌3時など、完全にアウトな部署もありましたし、そういう部署は残業代対策のために無駄に管理職が多かったです。

海外子会社とのやりとりが頻繁にあるため、日本の営業時間外での電話会議が毎日のようにあり、必然的に時間外労働が発生する。それをどこで吸収するかは部署によって運用が異なる。スーパーフレックスなども導入されており、全体的に労働時間を抑え、効率的な労働を促す意思は感じられる。在宅勤務制度も導入される予定であり、今後も多様な働きかかたへの配慮が進むことを期待している。

基本的にはトップダウンで自分達プレーヤーで一から進めていくことはほとんどなく、与えられた案件に対してどれだけ早く対応、対処できるかが評価に関わってくる。また管理職が若手に対し教育をしたりチャンスを与えようという意識が弱いため、自分から仕事を取りに行くかまわりから信頼されてどんどん仕事を任せてもらえるかのどちらかとなる。ただ自分次第では若手のうちから大きな仕事を任せてもらえる点は良いところかと思います。

出典:openwork

トップダウンで仕事が進んでいくという口コミが多く見られます。個人の動きも見られる反面、組織としてどう動くのかが重要なことがわかります。

また、海外との仕事もあるため業務時間もバラバラといえます。

ソフトバンクグループへの転職が向いている人の特徴

合っている人の特徴

ここまで、ソフトバンクグループという会社がどんな会社なのかをご紹介してきました。では、ソフトバンクグループへの転職が向いている人はどんな人なのでしょうか?

向いている人の特徴をいくつかご紹介します。

組織としてパフォーマンスができる人

ソフトバンクグループは、トップダウンの動きが強い企業であるため、組織のことを考えて良いパフォーマンスを提供できる人材は、向いているといえるでしょう。

個人の動きも評価してくれるという口コミもありますが、風通しがそこまでよくない企業であるため、「現状の会社として価値のある行動」が取れなければ、評価されることも難しいといえるでしょう。

高い年収を獲得したい人

ソフトバンクグループは、このページの最初にご紹介したように、平均年収が日本の平均よりも2倍〜3倍高いため、高い年収を獲得したい人も、転職が向いているといえます。

他の企業の仕事よりは特殊な部類に入る業務を行うことになりますが、高い年収を獲得したければ、転職チャレンジをおすすめします。

高いスキルを持っている人

ソフトバンクグループは、情報通信業界に分類されていますが、現在の実態はベンチャー企業を中心とした株式などに投資をし、その企業を成長させて株価上昇によって利益を得る投資会社です。

しかもその規模を非常に大規模に行なっているため、金融の知見、子会社化した企業の運営、管理を行うコンサルティングスキル、法務知識など1人1人に非常に高いスキルや経験を求められます。

そのため、金融やコンサルティング、語学、法務、新しい技術などへの知見などのスキルや経験がある人にとっては合っている転職先といえます。

グローバルの規模で仕事をしたい人

ソフトバンクグループは、2022年3月期で1,300社以上の子会社を傘下に持つ、超大企業グループです。

そして、各子会社は世界各地に存在しており、それらを運営、管理、新たに買収するために世界規模、世界視点で業務を進めていく必要があります。

そのため、日本という国の垣根を超えて仕事をしたい人にとってはピッタリの転職先といえます。

ソフトバンクグループへの転職を成功させるポイント

転職成功のポイント

では、難易度が高いソフトバンクグループへの転職ですが、転職に成功するために注意するべきポイントもあります。

3つのポイントをご紹介しますので、ぜひソフトバンクグループへの転職チャレンジ前に確認しておくことをおすすめします。

自身のスキル・経験・実績を高める

ソフトバンクグループは、応募するだけでも比較的経験や実績、スキルが必要になります。

そして非常に人気の高い企業であるため、その会社に入社するには同じようなスキルや経験をクリアした中から選ばれる必要があります。

そのため、自身のスキルや経験を棚卸しし、必要であればそれらをさらに磨いていく必要があるでしょう。

最低限の応募条件をクリアしただけでは採用されるのが難しい可能性もありますので、競争相手に勝てるようなスキル、経験、実績を提示できるように準備しておくとよいでしょう。

求められる人物像を理解して、自身を売り込む

ソフトバンクグループに限らず、企業は転職希望者のスペックやスキルだけではなく、企業理念に基づいた行動をしてくれるかどうかもチェックしています。

そのため、どんな人材であればこの会社に求められているのかを理解し、「理想の人物像である」ことをアピールするとよいでしょう。

そのためには、ソフトバンクグループという会社をスペックだけで理解するのではなく、価値観や企業理念などを踏まえて理解する努力をするとよいでしょう。

転職エージェントを利用する

特に人気企業への転職の場合には、転職エージェントを利用した転職活動をするのをおすすめします。

転職エージェントを利用すれば、その企業の選考で想定される質問内容や書類選考の傾向などを事前に教えてくれることもありますし、応募前に企業の雰囲気を担当者から聞くこともできます。

難関企業への転職だからこそ、自身の転職活動を支えてくれる転職エージェントと二人三脚で進めていくことをおすすめします。

ソフトバンクグループへの転職におすすめの転職エージェント

ソフトバンクグループへの転職におすすめな転職エージェントは以下の特徴を持ったサービスです。

  • ハイクラスに強い
  • 求人数が多い

以上2つを兼ね備えている転職エージェントをご紹介します。

JACリクルートメント

JACリクルートメント
JACリクルートメント公式サイトより

JACリクルートメントの概要

運営会社株式会社ジェイエイシーリクルートメント
得意業界コンサルティング、管理職、各種専門職
対応エリア全国
求人数約25,000件 (2022/4/18時点)

JACリクルートメントは、年収600万〜1,500万円以上の求人を扱う、ハイクラス・ミドルクラスに特化した転職エージェントです。

年収440万円が日本の会社員の平均年収と考えれば、年収アップに最適な転職エージェントといえるでしょう。

約800名の転職コンサルタントが直接企業と求職者の双方とコンタクトを取るため、コミュニケーションの齟齬が起こりにくく、一人一人の求職者に適切な求人を紹介してくれます。

年収の高い求人が多く、ハイクラス求人に特化しているため、現在、管理職やスペシャリストとなっている人にとっては非常におすすめの転職エージェントです。

JACリクルートメントの評判・口コミ

​​他の人材紹介会社と比較すると、紹介が受けられる求人数はそれほど変わりませんでしたが、求人の質に関してはここが一番良かったし、条件面も良かった。キャリアコンサルタントは人によるので一概に評価できないが、私の担当者はかなり質が高かったように思います。求人に関しては比較的大手や外資系が多い印象を受けた。

クチコミランキングの「30才・男・電機メーカー」の投稿より

他の大手エージェントは通常1名同士で面接のところ、2名がかりで面接してくださいました。また、他の大手では点数稼ぎに無理やりマッチングさせたり、人の職歴を見下したりするような感じを受けたこともありますが、こちらは親身に、非常に人間的なサービスをしてくださったことに感謝しています。

クチコミランキングの「27才・女・会社員」の投稿より

>JACリクルートメントの評判・口コミ

JACリクルートメントはこんな人におすすめ!
  • ハイクラス求人で採用されて年収をアップしたい
  • 丁寧な転職支援を受けたい
  • さらに条件の良い会社に転職したい

\優秀なコンサルタントに無料相談可能/

エンワールド

エンワールド
エンワールド公式サイトより

エンワールドの概要

運営会社エンワールド・ジャパン株式会社
得意業界外資系・コンサルティング
対応エリア全国・海外
求人数常時10,000件以上

エンワールドは、グローバル人材に特化した転職エージェントで、日系グローバル企業や外資系企業などの求人紹介に特化しています基本的にミドルクラスからハイクラスの求人情報を扱っているため、スキルが高かったり、経験値の高い30代以上の人材が対象となるエージェントです。

書類選考や面接対策など、選考通過率向上のための対策も講じてくれるため、外資系への転職を検討している場合には、ぜひ登録したいエージェントです。

エンワールドの評判・口コミ

エージェント様が紹介企業としっかりコミュニケーションが取れていて、人材ニーズや社風を的確に把握している様子でした。どちらかというとニッチな自分のスキルと志望に、的確にマッチした企業を紹介していただけました。先方にも大変期待していただけているようで、新しい職場が楽しみです。

Googleの口コミ 「評価5」

転職は不安も伴うものですが、様々なアドバイスや情報を頂くことができ、頭を整理することができました。また、面接の前後にアドバイスを頂くことで自信をもって面接に臨むことができました。また、先方との面接日や労働条件等の交渉等調整が難しいこともありますが、そのような調整を行っていただけるというありがたみがあります

Googleの口コミ 「評価4」

エンワールドの口コミ・評判を見る

エンワールドはこんな人におすすめ!
  • グローバル企業に転職を検討している
  • 日本国内のチャンス以外も掴みたい
  • ハイクラス求人の転職に成功したい

\グローバル企業への転職におすすめ/

ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチの概要

運営会社株式会社ビズリーチ
得意業界全業種・業界
対応エリア全国
求人数10万件以上

ビズリーチは、印象的なテレビCMでもおなじみの転職サービスです。明確な転職エージェントサービスではありませんが、約1/3が年収1,000万円以上の求人情報であるため、転職で年収アップを目指す場合には、登録することが必須といえる転職サービスといえます

優良企業からのオファーが届くため、登録だけでもしておくことをおすすめします。

ビズリーチの評判・口コミ

「かなり信頼のおけるサービスだと感じます」

転職先を検討するにあたって、どのサイトを使うべきか判断に迷いました。どこも同じように見えたからです。ビズリーチはスカウトを受けるのを待つスタイルだったので、登録してみました。自分のキャリアでは経験不足で相手にされないかもと思いましたが、複数の企業からメールが来て面談を続けているところです。ヘッドハンターと呼ばれるスタッフさんが丁寧に対応してくれる方で、有能な秘書のような感じで信頼しています。

みん評の「ラディッツさん」の投稿より

「親身になってサポートしてくれました。」

転職自体は初めてではなかったですし、私自身エージェントを使っての転職は経験したことがあったのですが、とても親切なサービスだと感じました。エージェント特有のゴリゴリ押し付けてくる感じはあまり感じなかったので自分の希望に沿った提案を行っていただけました。

みん評の「さりなさん」の投稿より

>ビズリーチの評判・口コミ

ビズリーチはこんな人におすすめ!
  • 転職で年収アップを目指したい
  • 現在の年収が500万円以上ある
  • 現在30代後半以上のハイクラス層にあたる

\優秀なヘッドハンターとつながる/

doda

doda
doda公式サイトより

dodaの概要

運営会社パーソルキャリア株式会社
得意業界全業種・業界
対応エリア全国
求人数公開求人 129,686件(2022/4/14時点)

dodaは、転職エージェント、転職サイト、ダイレクトスカウトの全ての機能を1つのサービスとして利用することができる転職サービスです。

求人数がリクルートエージェントに次いで圧倒的に多く、支援も手厚いため、年収アップのために転職したい場合にもおすすめできる転職エージェントです。

求人数も国内最大級でありながら、面接対策や職務経歴書の作成支援など、さまざまな支援も手厚く行ってくれるため、必ず登録することをおすすめできるサービスです。

dodaの評判・口コミ

「希望の企業を探すツールとしていいと思う」
【良かった点】・大手が多い。優良企業からオファーがきた。(中略)・エージェントも4割程度は希望にそって求人を紹介してくれた(他社エージェントに比べると一番求人の質が良かった)。

みん評の「あずきさん」の口コミより抜粋

個人的にはdodaをおすすめします。理由は求人数が圧倒的に多いという点だけではなく、これまで2回利用した際、担当してくれた女性のアドバイザーの方がとても質が高かったから。1回目は運だと思うのですが、2回続けて良いということはそれだけ全体の質が高いという事だと思うので信頼できる情報だと思います。ちなみに2回目は履歴書も職務経歴書も前回の経験を活かし、しっかり練り込んで持参したつもりですが、それでもいろいろと手を入れてもらい、より完成度が高いものを作ってもらえました。

クチコミランキングの「29才・男・広告営業」の口コミより抜粋

>dodaの特徴・評判・口コミはこちら

dodaはこんな人におすすめ!
  • とりあえず転職サービスに登録しようと考えている人
  • 転職実績と豊富な求人数を求めている人
  • アドバイザーから専門的な転職のアドバイスを受けたい人

\全サービス無料で利用可能/

ソフトバンクグループへの転職でよくある疑問

ソフトバンクグループへの転職に対してよくある質問・疑問に対しての回答を以下にまとめました。

なぜソフトバンクグループの年収はこれほど高いのですか?

ソフトバンクグループは、数千億円〜数兆円の売上、税引き前利益で数兆円にまで到達することもある会社です。

投資会社であるため一気に損失が大きくなることもあるのですが、非常に高い収益性を誇る事業であり、それを少数精鋭で行なっているため、レベルの高い人材を良い雇用条件で確保しているのです。

そのため、平均年収が高いのです。

ソフトバンクは携帯キャリアの会社ではないのですか?

携帯キャリア企業のソフトバンクとソフトバンクグループはロゴもほぼ同一であり、同じ会社だと思われがちです。

しかし、携帯キャリアのソフトバンクは、ソフトバンクグループの1つの事業(子会社)であり、ソフトバンクグループは、Yahooやアリババなど複数の子会社を束ねるソフトバンクの親会社という立ち位置になります。

ソフトバンクグループの転職求人はどこから応募できるのですか?

ソフトバンクグループの中途採用求人には、ソフトバンクグループの公式サイト、転職サイト、転職エージェントなどから応募することができます。

公式サイトや転職サイトを利用すると、全て自分で準備・対策を行わなければなりませんが、転職難易度の高い企業に当たりますので、プロの支援を受けられる転職エージェントを利用して応募することをおすすめします。

まとめ

このページではソフトバンクグループへの転職難易度や平均年収、転職のポイントについて解説しました。

毎年、全国の平均年収ランキングでトップ20あたりまでに必ず入ってくる会社がこのソフトバンクグループです。転職で狙うには非常に狭き門ではありますが、転職に成功できれば一気に年収アップするチャンスでしょう。

このページの内容を踏まえて、転職を成功させられるように願っています。

ABOUT ME
いいんちょう
会社員年収向上委員会
本サイトを運営している編集部です。会社員が給料をアップするための方法やヒントを発信していきます。