MENU

仮病を使って転職活動をしたい!転職活動のために仕事を休む理由を無理なく伝える方法

仮病を使って転職活動をしたい!転職活動のために仕事を休む理由を無理なく伝える方法

仕事をしながら転職活動を進めていくと、面接が突然入ってしまって「仕事休めるかな」と心配になることも少なくありません。

そこでこのページでは、転職活動のために仕事を休む方法や解決方法などを解説します。

仮病で転職活動をするのは少しリスクが大きい

仮病で転職活動をするのは少しリスクが大きい

転職活動のために使われる休みの理由で多いのが「仮病」です。特に、当日突然体調が悪いと伝えるだけで休むことができるため、転職活動当日には非常に使いやすい理由です。

しかし、当日スーツを着て歩いている姿を会社の同僚に見られてしまうリスクや、出社後に病名を聞かれたり、診断書の提出を求められることもありますので、比較的リスクが高い理由ということができます。

ただし、休みを取りたい日の前日や前々日から体調が悪そうな演技をしておくとリスクを下げることができます。

その他、使えそうな休む理由は以下のページを参考にしてください。

>転職活動・面接で仕事を休みたい!使える理由や伝え方の大切なポイントを解説

https://salaryup.biz/paidvacation-reason/
目次

転職活動で休んでもバレないためのポイント

転職活動で休んでもバレないためのポイント

転職活動で休みを取ろうと考える場合、できるだけ会社にバレたくないというのが本音でしょう。

転職活動で休んでいる!とバレないためのポイントをご紹介します。

定期的に有給休暇を消化しておく

転職活動がバレてしまう大きな理由は、「それまでほとんど仕事を休むことがなかったのに、突然休む日が増えた」という状態を会社の人々が感じることです。

もちろん、体調不良で複数日休むということもあるかもしれませんが、そのような場合には診断書を求められたり、病名を答えたりする必要がある場合も多いため、転職活動で休むような「元気な状態」では怪しまれてしまうでしょう。

そのため、定期的にリフレッシュ休暇のような形で有給休暇を消化しておけば、転職の面接などでたまたま月に2日ほど有給を使ったとしても特に不審がられることはありません。

普段から有給を消化しておき、いざという時のカモフラージュをしておくと良いでしょう。

営業中に面接を受けてしまう

転職活動がバレない方法の1つとして「営業中」に強行で面接に行ってしまうという方法があります。

比較的管理体制の緩い会社で、外出のできる職種の仕事をしているのであれば、営業に行ってくるというフリをして面接にいくこともできてしまうでしょう。もちろん褒められたものではありませんが、有給休暇を使わず「営業」という形で動くため、転職活動だとバレにくい方法といえます。

しかし、バレてしまった際のリスクはどんな方法よりも高いため、注意が必要です。

同じような方法として、昼休みを使って面接を強行するという方法もありますが、時間の制限が強いため、あまりおすすめできません。

残業や休日出勤を行って代休を得る

営業日以上の残業をした場合や休日出勤をした場合には、平日に代休を取ることができる会社も少なくないでしょう。

そのため、転職活動の面接のために仕事を休みたいと考える場合には、その他の日に残業をしたり、積極的に休日出勤をして代休の権利を得ておくことで怪しまれることなく平日に休むことができるため、転職活動を進めていることがバレにくいでしょう。

半日休暇で消化する

有給休暇を丸一日使ってしまうと、消化のペースも早くなってしまいますし「何をするのか」の理由を聞かれやすい状態になります。

しかし、有給休暇を半日ずつ使うような使い方であれば、単純に休むだけであると捉えられやすいので、会社からの追求(有給休暇の理由詮索)が弱いことが多いです。

どれくらいの単位で有給休暇を取得できるのかは会社によって差がありますので、自身の会社の規定と面接を受けるためにどれくらいの時間の休暇があれば大丈夫かを考え、細切れで有給休暇を取得することも良い方法でしょう。

現職に未練がない場合には気にせず休みをとろう

現職に未練がない場合には気にせず休みをとろう

転職活動のために休みをとっていることが会社にバレたくないというのは、現職への未練などがあるからでしょう。

逆に、現在所属している会社への未練がない場合や、もうどう思われても問題ない場合には変に隠すようなことはせず、「転職活動のために休む」や「私用」と伝えて良いでしょう。

有給休暇は労働者側の権利ですので、仕事をしている時間に問題なく仕事に従事していれば、ルール上どんな理由でも休んでいいことになっています。

今所属している会社への罪悪感や未練がなければ変な小細工はしない方が逆にスムーズかもしれません。

前もって計画を立てておくことが重要

前もって計画を立てておくことが重要

転職活動をスムーズに進めるために、「突然仕事を休もう!」としないために、前もって計画を立てて転職活動を行っていくことが重要です。

転職活動は、ある程度かかる日数や面接が組まれそうなタイミングはわかることが多いため、自身が選考に進みたいタイミング、転職を完了させたいタイミングから逆算してスケジュールを確認しておくことがポイントです。

>勝てる転職計画と転職活動のスケジュールの作り方

https://salaryup.biz/planning-schedule/

もし、1人でスケジュールや計画を立てるのが難しい場合や不安な場合には、二人三脚で転職活動の支援をしてくれる転職エージェントに依頼をすることをおすすめします。

とりあえず1つのサービスだけに登録するのであれば、転職サイト、転職エージェント、ダイレクトリクルーティングの3種類の転職サービスを利用することができるdodaをおすすめします。

その他のおすすめ転職エージェントはこちらの記事をご確認ください。

https://salaryup.biz/agent-recommend/

まとめ

このページをまとめます。

  • 仮病で有給をとって転職活動をするのはリスクが大きい
  • 前もって計画を作っておくことがスムーズにいくポイント
  • 転職エージェントに依頼をするの良い解決策になる

【海外専用Wi-Fi 『ZEUS WiFi for GLOBAL』の特徴 】

  • プラン料金が他社と比べて半額級の圧倒的神コスパ
  • 多言語対応の無料通訳サービス付き
  • 10時までの申込で最短即日配送/翌日到着
  • 世界どこでも日本と同様の高速通信が可能
  • 法人利用可能】法人名義の申込領収書発行も可能!
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

経歴:国が発表している統計情報や転職エージェントとのやり取りから考えた、「戦略的な転職」1回で年収を2倍に。

目次