会社員年収向上委員会 委員長
この記事を書いた人
いいんちょう
経歴:WEB系サービス運営企業からM&Aコンサルティング会社へ転職。国が発表している統計情報や転職エージェントとのやり取りから考えた、戦略的な転職1回で年収を2倍に。
転職成功ノウハウ

無能だから転職が難しいと考えている人に伝えたい転職を成功させる秘訣と真実

無能だから転職が難しいと考えている人に伝えたい転職を成功させる秘訣と真実
  • 自分は無能だから転職は諦めよう
  • 転職ができないのは自分が無能だからだろうか

このページでは、こんな考えの方に対して、対処法や伝えたい内容を記載しています。

いざ、転職活動をスタートしても、なかなか上手くいかないと気持ちが落ちてしまいがちです。このページの内容を参考に、自身の転職活動の参考にしてみてください。

「自分が無能だから転職ができない」は勘違い

結論を言ってしまうと、「自分が無能だから転職ができないんだ」と考えるのは勘違いです。資格がなくても、大きな実績がないような人でも転職できることが多いです。その理由を4つご紹介します。

労働人口が減る傾向にあるから

2020年には新型コロナウイルスの万円という大きな出来事がありましたので、大きく就業者数が減りましたが、2021年はそこからさらに就業者数が減り続けていることが、2021年労働力調査から判明しています。

就業者の推移
2021年労働力調査

国立社会保障・人口問題研究所の人口ピラミッド画像を2020年と2050年で比較すると、生産年齢人口が激減することがわかります。

2020年人口動態
国立社会保障・人口問題研究所
2050年人口動態
国立社会保障・人口問題研究所

会社は永遠に継続することを前提に運営されますので、会社の数に対して労働者の数が一気に減っていくことが予測され、今後は転職も当たり前になり、「働いてくれる」というだけで貴重な存在になっていくため、無能だから転職できないということはほとんどなくなるでしょう。

職場環境や職種が原因な可能性がある

転職ができないと考えてしまったり、転職活動が上手くいかないのは、職場環境や仕事内容のような環境に原因がある可能性があります。

今の仕事が「成功した実感」を得にくい職種や業種の場合、転職活動でアピールする実績がないと考えてしまいがちです。そういう場合には、「なぜ自分はこんなに無能なんだ」とネガティブになりがちです。

しかし、職種や職場環境が合わないだけで、自分の特性に合う職種や職場環境では、自分の能力を十分に発揮できるかもしれません。

また、明確な実績をアピールできないとしても、特定の業界で仕事をしていたことがあるというだけで、転職できる可能性も少なくありません。

自分を追い詰めるのではなく、より客観的にこれまでのキャリアを振り返ることができれば、転職も大きな障壁なく行うことができるようになるでしょう。

そもそも今の会社には「雇用」されているから

「自分は無能だから転職は無理だ」と考えてしまっている人の多くの人は、現在も会社で仕事をしているでしょう。立ち止まって考えてみれば、転職することも、現在の会社に入社したことも、「新しい会社に雇用される」ことです。

そこから考えれば、今の会社に雇用されているのであれば、転職先が全くないということは多くの場合ではないのではないでしょうか。

最低でも、現在の会社で仕事の役割を与えられ一定程度こなせているのであれば、現在の会社と同様のような事情の会社を見つけられれば、自分が役に立てる可能性もあるといえます。

単純に転職戦略が妥当ではない可能性

転職活動を始めたものの、上手くいかず「自分は無能だから転職ができないんだ」と感じてしまうこともあるでしょう。

しかし、それは単に転職戦略が妥当ではない可能性があります。転職戦略が間違っている可能性のある主な原因について解説します。

エントリー数が少ない

dodaの調査によると、転職者は平均して19.4社に応募しており、dodaエージェントサービスの面接通過率などを加味すると、「1社以上の内定を得るためには、5社の面接を受け、20社に応募する必要がある」となります。

平均応募社数や1社の内定獲得には20社への応募が必要であることを考えると、エントリー数が20社に満たない場合には、そもそもエントリー数が足りていないだけという可能性があるのです。

もちろん、エントリーを無理に増やすことが全てではありませんが、転職を成功させる人の中には50社以上のエントリーを行う人も少なくありません。そのため、エントリー数が足りないだけで転職ができていない場合には、無能だから転職できないと考えるのは、勘違いだといえます。

難易度の高い業界・会社ばかり狙っている

転職活動を始めてもなかなか内定が獲得できない状況の原因として、「自分にとって難易度の高い業界・会社ばかりを狙って活動している」という可能性があります。

例えば、平均年収が高く中途採用枠がそこまで多くないとされている銀行や、年収が高く、万能型の高いスキルや経験を求められる商社など、転職難易度の高い業界のみをターゲットにしており、自身にそれらに関連するスキルや経験がほとんどない場合には、転職戦略を間違えてしまっていると言わざるを得ません。

自身のレベルでも内定を比較的獲得できるレベルの会社に挑戦するか、経験のある業界や職種に挑戦するなどの転職戦略に変更すれば、一気に転職活動を終わらせることができるかもしれません。

もし、自分の転職戦略が妥当かどうかが客観視できない場合には、新しく転職エージェントに登録して、現在の状況を相談してみることをおすすめします。

自分が無能だと考えてしまう人の原因

自分自身が「転職できない無能な人」であると考えてしまう人には、環境や考え方に特徴があります。主なものとして2つご紹介します。

現在の職場の周囲が優秀すぎる

1つ目の原因が、「現在の職場の周囲の人が優秀すぎる」ということです。

例え話になりますが、非常に勉強ができる大学受験生にとって、東京大学は最難関校として考えられています。東京大学を受験する人たちの多くは、小さな頃から「勉強ができる」と周囲から認められている人です。

しかし、東京大学に入学してみると、周囲も同様なレベルかそれ以上の頭脳を持った人たちが集まっているため、東京大学の中で「頭がいい・勉強ができる」というアイデンティティを失ってしまう人が少なくないのです。

これと同じように、もし、あなたの現在の職場の同僚たちが世間的に非常にレベルの高い人たちであった場合、あなたも実はレベルが高い人材であることには変わらないのに、自分の周囲と比較して「無能だ」と感じてしまいやすいです。

狭い視野でのみ物事を捉えてしまう傾向

物事を狭い視野でのみ捉えてしまう傾向も、「自分は無能なんだ」と感じてしまいやすい人の特徴といえます。

上司に「どこに転職しても活躍できない」とひどいことを言われて落ち込んでしまうと、「自分は無能なんだ」と思ってしまうでしょう。

しかし、その上司が他の会社で働いたことがない人である場合には、そもそも「どこの会社」でも上司が働いたことがないため、そのような言動には真実味がかけます。

何社か経験した上司でも、「傾向として活躍できないかも」とは言えるかもしれませんが、日本には400万社以上の会社があるため、どこかで活躍できる可能性の方が高いといえるでしょう。

そして、「自分は仕事で上手くいかなくて無能なんだ」と考えている自分自身も多くの職場での仕事経験はないことが多いでしょう。

そのため、狭い視野でのみ物事を捉えてしまうような傾向にあるひとは「自分は無能」だと思いやすいといえますが、転職成功のためには客観的な視点から物事を考える方がいいのです。

無能で転職が難しいと考えている人の転職戦略

ここまで、「無能だから転職が難しい」と考えるのは勘違いであるということをお伝えしてきました。とは言っても、自分で自分のことを「無能」と考えてしまっている状態からだと自信を持って転職活動をすることはできないでしょう。

ここからは、「自分は無能」と感じてしまう人が取れる転職戦略について解説します。

未経験でも転職しやすい求人を狙う

無能な人に限ったことではありませんが、自分のレベルに合わない高いレベルの求人にばかり応募していれば、転職活動はいつまで経っても成功しないでしょう。

給料も待遇もよく、ネームバリューもある企業や職種は人気が高く、競争率が高いです。実際はどうかわかりませんが、「無能」な人が、競争率の高い中に入って勝ち抜くのは難しいでしょう。

逆に考えると、競争率が低かったり、求められるレベルが低い求人であれば、比較的選考を通過しやすいといえます。それが「未経験でもOK」な求人です。

未経験者でもOKということは、その仕事で求められる経験やスキルがなくても採用する気があるということですので、こういった求人に応募することで「自分は無能だ」と感じている人でも、採用されやすいといえます。

未経験OKな求人を多く扱う転職エージェントを使う

次に、自分に合う、未経験でもOKな求人をどう見つけるのかについてですが、未経験者の求人を多く扱う転職エージェントを利用するのがおすすめです。

具体的には以下の転職エージェントがおすすめです。

doda

doda
doda公式サイトより
運営会社パーソルキャリア株式会社
得意業界全業種・業界
対応エリア全国
求人数公開求人 129,686件(2022/4/14時点)

dodaは、転職エージェント、転職サイト、ダイレクトスカウトの全ての機能を1つのサービスとして利用することができる転職サービスです。求人数も国内最大級でありながら、面接対策や職務経歴書の作成支援など、さまざまな支援も手厚く行ってくれるため、必ず登録することをおすすめできるサービスです。

dodaのおすすめポイント
  • 転職サービスを網羅的に利用できる
  • 求人数が多い
  • 各種支援ツールが充実している

dodaの評判・口コミ

「希望の企業を探すツールとしていいと思う」
【良かった点】・大手が多い。優良企業からオファーがきた。(中略)・エージェントも4割程度は希望にそって求人を紹介してくれた(他社エージェントに比べると一番求人の質が良かった)。

みん評の「あずきさん」の口コミより抜粋

個人的にはdodaをおすすめします。理由は求人数が圧倒的に多いという点だけではなく、これまで2回利用した際、担当してくれた女性のアドバイザーの方がとても質が高かったから。1回目は運だと思うのですが、2回続けて良いということはそれだけ全体の質が高いという事だと思うので信頼できる情報だと思います。ちなみに2回目は履歴書も職務経歴書も前回の経験を活かし、しっかり練り込んで持参したつもりですが、それでもいろいろと手を入れてもらい、より完成度が高いものを作ってもらえました。

クチコミランキングの「29才・男・広告営業」の口コミより抜粋

>dodaの特徴・評判・口コミはこちら

dodaはこんな人におすすめ!
  • とりあえず転職サービスに登録しようと考えている人
  • 転職実績と豊富な求人数を求めている人
  • アドバイザーから専門的な転職のアドバイスを受けたい人

\全サービス無料で利用可能/

ハタラクティブ

ハタラクティブ
ハタラクティブ公式サイト
運営会社レバレジーズ株式会社
得意業界全業種・業界(未経験者)
対応エリア全国
求人数公開求人数:3,000件以上
利用料金無料

ハタラクティブは、応募者の経歴を問わない転職エージェントです。他の転職エージェントと比べて、未経験OKな求人が多いエージェントとなっています。

求人情報の80%以上が正社員経験がなくても応募できる内容になっており、40%以上の利用者が社会人経験のない求職者でありながら、内定率80%超えを記録しています

登録時の学歴なども問わないため、これまでの経歴やスキルに自信がない人に特におすすめな転職エージェントといえます。

>ハタラクティブの評判・口コミ

ハタラクティブはこんな人におすすめ!
  • 学歴・正社員歴がないけど、正社員に転職したい
  • 未経験の仕事に正社員としてチャレンジしたい
  • 20代のうちに安定した仕事に就きたい

アーシャルデザイン

アーシャルデザイン
運営会社株式会社アーシャルデザイン
対応エリア一都三県が中心
得意な業界・業種全業界・業種(20代未経験)
求人数35,000件以上
利用料金無料

アーシャルデザインは、20代の未経験分野への転職に強みを持っている転職エージェントです。

元々は、アスリートのセカンドキャリア支援をメインとしていたエージェントであり、その経験から、未経験分野への転職支援が非常に強いエージェントとなっています。

内定獲得率86%という実績を誇り、非常に強力な転職支援を得られることがわかります。未経験分野への転職を検討している20代は、登録することをおすすめします。

>アーシャルデザインの評判・口コミ

アーシャルデザインはこんな人におすすめ!
  • 未経験の仕事にチャレンジしたい
  • 20代のうちにキャリアチェンジしたい
  • 少ないチャンスを確実にモノにしたい

面接対策・書類対策を見直す

「自分が無能だ」と感じている人の転職でのアピール方法は、スキルや経験があると考えている人とは違ってくるはずです。

そのため、面接対策の方向性や書類作成対策の対策内容を見直していきましょう。

スキルや経験をアピールするのが一般的になりますので、転職エージェントの担当者と相談して、対策を考えていくことをおすすめします。

ハローワークの利用も視野に入れる

ハローワークの利用を視野に入れるのが「自分は無能だ」と感じる人にはおすすめです。

なぜならば、ハローワークは求人を出して採用ができたとしても、企業が求人募集に対する費用を支払う必要がないため、人材不足の地元企業などの求人が多いため、比較的競争率が低く、求められるレベルも低いことが多いからです。

競争率が低く、求められるレベルも低ければ「無能」だと感じてしまう人にとっても、採用されやすい求人が多いはずです。

>>ハローワークに転職相談するには?

まとめ

このページの内容をまとめます。

  • 自分は無能だから転職ができないというのは勘違い
  • 無能だと考えるなら転職戦略を変えるべき

ぜひ、このページの内容を参考に、転職を成功させてください。

ABOUT ME
いいんちょう
会社員年収向上委員会
経歴:WEB系サービス運営企業からM&Aコンサルティング会社へ転職。国が発表している統計情報や転職エージェントとのやり取りから考えた、戦略的な転職1回で年収を2倍に。