転職成功ノウハウ

転職に失敗しないために確認したい5つのポイントと失敗しないためのおすすめの対処法

転職に失敗しないための5つのポイント

転職したいと考えたときに心配なのが、「転職に失敗したくない」ということでしょう。

転職の失敗にはいくつかのパターンと、回避するためのいくつかの方法があります。

このページでは、転職に失敗しないために確認するポイントと、転職に失敗しないためのおすすめの対処法について解説します。

転職に失敗しないために最初に確認しておきたい5つのこと

転職で失敗しないためには、転職活動を始める前、転職先決定の前に確認しておきたいポイントが5つあります。それぞれ詳しく解説していきます。

転職したい理由を本気で考える

転職したい理由を深掘りながら考えることは、非常に重要な工程といえます。

転職したいと考えている理由の根幹にあるものが自分で理解できなければ、どんな企業にどのような条件で入社することが自分の希望を叶えることになるのか理解できないため、結局不満が残る状態になってしまいがちだからです。

  • 今の会社の何が不満なのか?
  • 今の会社ではなぜダメなのか?
  • 自分は今後どんな状態(条件)で仕事をしたいのか?

このような問いに対して自分で「何で?何でそう思う?」と繰り返していくことで、転職理由の深掘りに繋がり、本当の希望条件や転職の軸が見つかります。

転職を成功させる自己分析の方法
転職を成功させる自己分析のやり方とは?分析方法や役立つサービスを紹介このページでは転職成功のための自己分析について解説しています。 自己分析のやり方について悩んではいませんか? 中長期的なキャリアの成功のためには自己分析が欠かせません。 キャリアの成功率を高めるために、このページで自己分析の対策をすることをおすすめします。...

転職後の希望条件と優先的なものと妥協点を考える

転職活動を進めていき、企業からのオファーを見ていくと、「この会社良さそうだけど、ここの条件が・・・」という点が出てくることがほとんどです。

自分の希望条件の全てに当てはまる企業はそうそうありません。また、自分の希望に全て当てはまる企業は、他の転職希望者にとっても超優良企業である可能性が高く、転職難易度が高くなりがちです。

そのため、自分の全ての希望条件に当てはまる企業だけに応募していると、応募数が少なく、採用率も低くなってしまう可能性があります。

こういった状態を避けるために、自分の条件の中で優先度をつけて、「これだけは外せない」という条件を絞り、それ以外の希望条件は緩くしながら求人をみていくと、求人数も多く見つかりやすく、転職も成功しやすいでしょう。

転職先を選ぶポイントは?
【決定版】転職先企業の選び方!ニーズ別のポイントを徹底解説転職を考えたときに、やらなければならないことの大きなポイントの一つに転職先の選定があります。転職先を選ぶ際のポイントは、転職したい理由にあります。転職先企業の選定のポイントを徹底解説しています。...

転職活動前に仕事を辞めない

今働いている仕事、会社を転職活動の前に辞めてしまう方がいらっしゃいますが、基本的にはおすすめできません。

確かに、転職活動の前に仕事を辞めれば、転職活動にフルに時間を使えるため、転職活動をしやすいとはいえます。

しかし、先に会社を辞めてしまうのはデメリットが多く、特に収入が断たれてしまうことで妥協して転職先を決定してしまいやすく、不満の溜まった転職となってしまいがちです。

また、貯蓄によって多少は大丈夫だという方もいらっしゃいますが、すぐに次の会社が決まる保証はどこにもありません。転職活動が長期化した場合には、同様に焦ってしまうこともありますし、職歴にブランクがあることによって、採用担当者からの評価が悪くなる可能性もあります。

そのため、転職活動前に仕事を辞めない方が、転職活動の成功には有利といえます。

仕事を辞めてから転職活動は危険!あり得るデメリットと解決策を徹底解説
仕事を辞めてから転職活動は危険!あり得るデメリットと解決策を徹底解説今の仕事が忙しいため、転職活動をしたいけど、仕事を辞めてからでいいかと考えていませんか? その考えで行動するとデメリットが大きくなる可能性が高いです。 このページでは、仕事を辞めてからの転職活動が危険な理由と回避策について解説しています。転職活動と退職のタイミングに悩んでいる場合には、必見です。...

企業・求人の情報収集を入念に行う

転職活動の軸、転職したい理由が明確になったら、応募しようと考える企業や求人についての情報収集を入念に行いましょう。

転職エージェントや転職サイトを利用しながら具体的な求人を見て、希望に合致するのかどうかや、その企業はどんな事業をしていて、どのような社風なのか、実際の労働時間はどれくらいなのかの情報を徹底的に集めるようにしましょう。

また、企業の口コミサイトを利用して、実際に働いている(いた)人の評価を確認して、実際に入社してみてから「思ったのと違った」ということがないようにしましょう。

もちろん、情報収集を徹底的に行うことによって、面接の対策にもなりますので、失敗しないだけでなく、転職活動の成功率を上げるためにも、企業の情報収集を行うことは重要です。

プロにできるだけ早めに相談する

転職に失敗しないためには、視野を広くして活動していくことが重要なポイントです。

自分1人で全てを行っていると、市場観や企業の内部情報など、見えない点が多かったり、自分に対する客観的な評価がしにくいなど、視野が狭くなりがちです。

そのため、1人だけで転職活動を行っていると、自分の市場価値に対して希望条件が高くなりすぎてしまったり、企業の情報を満遍なく集めることが難しくなることが少なくありません。

1人で活動をするのではなく、転職活動のプロである転職エージェントに早めに相談することで、プロのアドバイスやプロの視点から合致する求人情報の提供を受けることができます。

早めに相談することで、転職活動の方向転換も容易になりますので、できるだけ早い段階で転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職相談は誰にするべき?
誰に転職相談する?上司は危険!おすすめ相談相手と会社への伝え方を解説転職の相談は誰にするのが良いのでしょうか?転職を検討すると必ず悩むポイントです。この記事では、どんな人に相談するべきか、逆にどんな人には相談してはいけないのかを解説しています。転職を考え始めた方には必見の内容です。...

転職でよくある失敗例3選

転職で「失敗した」と感じる場合には、いくつかのパターンがあります。ここからは、転職でよくある失敗例について解説します。

希望が叶えられない状態で転職してしまった

転職活動に焦りを感じている場合に、よくあるパターンといえます。

転職活動において、雇用条件のすり合わせは大抵の場合、一番最後のフェーズになります。

そのため、先に会社を辞めての転職活動の場合に、雇用条件のすり合わせで自分の希望を通すよりも、収入がない状態や仕事をしていないという現状に焦ってしまって、企業の希望に相当寄った条件で入社を決めてしまうことが少なくありません。

そういった形で入社してしまうと、転職活動で叶えたかった希望条件を叶えられないことも非常に多くなり、転職に失敗したと感じてしまいます。

転職したい理由の深掘りに加え、転職が決まるまで仕事を辞めないことでこの失敗例は回避しやすくなります。

やりがいが感じられない職場に転職してしまった

自分自身の雇用条件だけに注視して転職活動を進めてしまうと、企業側の事業や職場に対する調査不足に陥ることがあり、入社後の仕事のやりがいが見いだせないということがあります。

特に事業内容や、職種・仕事内容に対して知らない部分が多い状態で転職活動を進めてしまったり、自分のやりたいことは何なのか、モチベーションが何なのかを考えずに、雇用条件の数字をメインに判断してしまうと、やりがいを感じられなくなってしまいがちです。

やりがいが感じられない場合、短期的に再度転職をするということもありえますので、転職活動中に、様々な角度からの情報収集や自己分析を行うことをおすすめします。

想像と違う仕事内容・職場環境だった

求人情報に記載されている情報のみで判断し、転職活動を進めていくと、どのような職場環境で、実際にはどんな仕事内容なのかが自分の想像の範囲でしかないため、想像と違ったということが起きやすいです。

求人情報では比較的良い点のみをピックアップして記載することが多く、文章だけでは職場の雰囲気や、求められる仕事のレベル感などがわからないことも少なくありません。

自分1人で求人を探したり、自己分析、企業分析を行っていると、こういった失敗に繋がりやすいため、できるだけ転職のプロである転職エージェントを利用して転職活動を進めることをおすすめします。

転職で失敗しないためにやりたい3つの対処法

最後に、転職で失敗しないために確認しておきたい3つの対処法をご紹介します。

次の職場が決まるまで仕事を辞めない

転職活動において、最も重要なことは、焦りによって正常な判断ができなくなるような状況に自分を追い込まないことです。

次の職場が決まる前に、仕事を辞めてしまうと、採用担当者の印象が悪くなる可能性があるだけではなく、一定期間収入が断たれ、「仕事をしていない」という状況に負い目を感じやすいことから、じっくりと考えずに次の職場を決定してしまいがちです。

そのまま在籍し続けると、心身に不調をきたす可能性がある場合など、大きなマイナス面が現状にある状況以外、すぐに辞めてしまうのではなく、次の職場を見つけてから退職するようにしましょう。

転職のプロに相談する(自分だけで考えない)

転職活動において、自分を客観視することと情報の整理や代理で交渉をしてくれる人物がいることは非常に重要になります。

その点において、転職サイトや企業のコーポレートサイトから直接応募する場合には、プロの支援が受けられない可能性が高いです。

そのため、できるだけ転職エージェントに登録してプロの支援を受けることをおすすめします。転職エージェントであれば、日程調整や求人情報の絞り込み、対象企業の情報収集などを二人三脚で行ってくれますので、非常に強い味方となってくれます。

おすすめの転職エージェントをみる

もし、転職エージェントでは無理やり転職させられそうで怖いという場合は、キャリアコーチングサービスを利用することをおすすめします。

転職エージェントと違い、費用を支払う必要はありますが、キャリアに対する価値観からの自己分析に加え、プロの視点から求人情報の整理や面接対策を手伝ってくれます。

おすすめのキャリアコーチをみる

最悪の場合今の職場に戻れそうか確認しておく

実際に入社して働いてみない限りは、どれだけ準備して、どれだけ入念に情報を整理しても、「失敗だったな」と感じてしまう可能性をゼロにすることはできません。

そのため、失敗しない対処法と共に、失敗してしまった際の対処法として、現在の職場に戻れる可能性はあるのかを確認しておくと良いでしょう。

ゼロから新入社員に教育するよりも、自社で働いたことのある人材に戻ってきてもらえる方が即戦力になる可能性も高く、教育コストも少なくなりやすいため、出戻り社員を歓迎する会社も少なくありません。

超ブラック企業でない限り、転職に失敗したとしても今の会社に戻れるのであれば現状からマイナスになることはありませんので、こういった可能性も検討しておくと、心理的な焦りがなくなります。

まとめ

このページでは、転職活動に失敗しないための対処法や、転職に失敗してしまう理由について解説しました。

準備を徹底的に行えば、ほとんどの失敗は回避できます。

転職の失敗は人生全体に与える影響も少なくありません。このページを参考にして、浅く考えて転職に失敗してしまったという状況を回避するようにしてください。

ABOUT ME
いいんちょう
会社員年収向上委員会
本サイトを運営している編集部です。会社員が給料をアップするための方法やヒントを発信していきます。