転職成功ノウハウ

「転職したいけど自信がない」場合の対処法や意識するべきポイントを徹底解説

転職に自信がないそんな時の対処法とは?

「今の会社にこれ以上いても・・・」そう考えて、転職することを決意したとしても、いざ転職活動を初めてみると不安が大きくなって自信がなくなってきた。そんな人も少なくないでしょう。

  • 自分にはアピールできる経験・スキルはない
  • 入社後に活躍できる気がしない
  • 次の会社での人間関係が怖い

など、不安要素はさまざまあるでしょう。そして、転職活動をはじめてもなかなか内定がもらえないとなるとメンタル面にも影響を及ぼします。

そこでこのページでは、転職したいけど自信がない場合の対処法や意識するべきポイントを解説します。

転職に対しての自信がない人の対処法

解決策

まずは、「転職したいけど自信がない」という悩みに対していくつかの対処法がありますので、1つずつ紹介します。

自信がない理由をみつける

「自信がない」と一言で表現をしても、自信がない理由は人それぞれ異なります。

非常に辛いことに目を向けることにも繋がりますが、自信がない理由をみつけない限り、根本的な解決には難しい場合が多いです。

また、逆に原因に目を向けることで「大した理由ではなかった」ということで、自信が湧いてくることがあります。

自分に自信がない理由をみつけるために、可能性のあることをメモしていき、客観的に見つめてみることをおすすめします。

場数を踏む

自信がない理由の1つに、「やったことがないから」というものがあります。

人間は、生存本能から「未知のもの」に対して恐怖を感じることが少なくありません。これまでも初めてやることや経験の少ないことに対して、恐怖を感じたことがあるのではないでしょうか。

この場合、恐怖を少し減らすことはできても「やってみないとわからない」といえるため、勇気を持って1歩を踏み出し、転職活動を進めて場数を踏んでいくとよいでしょう。

転職活動の場合には、転職エージェントや転職サイトに登録するだけでオファーをみることができる場合がほとんどで、お金もかからず、転職しなければならないわけではありませんので、とりあえず始めてみることをおすすめします。

転職の体験談を読む

インターネットで検索したり、本を読んだりすることで、転職での成功体験をたくさん読むことができます。

特に、年齢や境遇が近しい人の体験談には心を動かされやすいでしょう。

自分に近い境遇の人が成功したという体験談を読むことで、「自分にもできる」という可能性を感じられるでしょう。

逆に、失敗のエピソードを読んでみても良いでしょう。同じような失敗をしないために対策を考えることもできます。

自分の強みを確認してそこに集中する

自分に自信がない場合、「自分の弱み」に集中してみてしまうということが起こります。

自分の弱みを常にみてしまうため、さらに自信がなくなってしまうという良くないスパイラルに陥ってしまいます。

逆に、自分の強みを発見し、そこを集中的に感じることができれば自信がない状態から回復していけるでしょう。

プロに相談する

最もおすすめな対処法がプロに相談をすることです。

客観的に判断をしてもらえますし、転職市場や他の転職希望者をみているため、適切なアドバイスをもらえる可能性が高いです。

また、他の悩みと同様に他人に話をするだけでも不安が和らいだりすることもありますので、このページの最後におすすめする転職のプロなどに無料相談してみると良いでしょう。

転職に自信がない理由

転職に自信がない理由

転職に自信がない原因となりやすいいくつかのポイントを紹介します。

自信の状態と照らし合わせて考えてみてください。原因がわかれば解消する手段もおのずとわかるはずです。

そもそも何に対しても自信がない

最近は自己有用感や自己肯定感という言葉がよく使われますが、そういった根本的に自分に対する自信がない場合、転職活動に対しても自信が持てないでしょう。

このパターンの場合、転職活動云々ではなく、自分の性格上ほぼ常に不安を感じるということですから、「そもそも転職に対して自信がないわけではない」ということが多いです。

他者との比較によって自信をなくすことが多いので、「自分」を意識して深掘りすることがポイントになります。

仕事で失敗をした

現在在籍している会社での仕事など、過去の仕事での失敗から、転職に自信を持てないことも少なくありません。

人間、上手くいったことよりも上手くいかなかったことの方が記憶に残りやすい傾向があります。失敗の度合いや内容にもよりますが、1度「失敗」を経験してしまうと、それを引きずりやすいということです。

しかし、失敗を経験した人でも小さくとも成功体験はほぼ確実に持っているはずですので、みるポイントを別の部分に目を向けることで自信の回復につながるでしょう。

年齢が高い

転職市場では、年齢が高いと不利になるというのが一般的です。

理由としては、採用する企業は一度採用したら簡単に解雇することはできないため、長く働いてくれる可能性が高かったり、他の企業に染まっていない可能性が高かったり、比較的安い給料で働いてくれる可能性が高い若手に需要が集中しやすいからです。

しかし、最近の転職市場では年齢が40代を超えていても転職を成功させる例が増えてきているため、過去のように「年齢だけ」で不安を抱えなくても良いでしょう。

スキル・経験が足りない(と感じる)

アピールできる経験やスキルが足りない場合、もしくは足りないと感じてしまう場合にも、転職に自信を持てないことがあります。

特に第二新卒や未経験分野への転職を考えている場合には、このような不安と戦うことになるでしょう。しかし、経験が浅くても、スキルがなくても転職できる場合も少なくありません。

未経験者やスキルが低い人材でも採用した実績のある企業への応募で解決できる可能性がありますので、転職エージェントを通じてそういった企業を探してみるとよいでしょう。

面接が苦手

転職活動ではほぼ必ず「面接」という選考フェーズが設けられています。

普通に会話するのとは違ったピリピリとした雰囲気の中で、面接官に対して言葉を発することに苦手意識を感じている人は少なくありません。

しかし、話す内容や質問される内容をあらかじめ想定して準備しておくことで多くの不安を解消することができます。

よくある質問やそれに対する回答例をインターネットで調べたり、転職エージェントを利用して担当者と面接練習をしたりなど、準備を重ねることで自信のなさも解消していきます。

無理に転職の自信を持つ必要はない

無理に転職の自信を持つ必要はない

ここまで、「転職したいけど自信がない」という人向けに、自信がない理由やそれに対する対処法について解説してきました。しかし、無理に転職に対して自信を持つ必要はないと考えています。

ここからは、無理に転職に対する自信を持つ必要がない理由について解説していきます。

自信がない人は結構多い

「自信がないのは自分だけ・・・」そう感じてしまうことがあるかもしれませんが、転職に対して自信がない人の方が多いということがアンケート結果からわかっています。

転職サービス大手のdodaが2,000人を対象に、転職に対する意識調査をした結果が以下の画像の通りです。

転職に対する自信と不安
doda「2,000人の転職意識調査」より

このように、転職に対して自信と不安のどちらが大きいのか質問の結果、55.5%という2人に1人以上が「不安を抱えている」ことがわかります。

そのため、自身が抱える不安や自信のなさは、「一般的なもの」であると考え、無理に排除しすぎなくてもいいと気軽に考えておくとよいでしょう。

新しいことに対して自信がないのは普通

転職活動とは、新しい職場に入社するための活動のことを指します。

転職活動で応募する企業で働いていた経験は、通常の場合ないことがほとんどですので、常に「初めての経験」となるでしょう。

人間は生物として「未知のもの」や「新しいこと」に対して恐怖や不安を感じやすいと言われているため、転職活動に不安を感じていることは普通のことであるといえます。

そのため、不安や自信のなさを消そうとするのではなく、それらを感じた際には「チャレンジをしようとしている」というポジティブな変換ができるように考えるとよいでしょう。

自信があることが失敗の原因にもなる

実は、「自信があることが失敗の原因」にもなることがあります。

それが慢心による準備不足です。

転職活動で重要なのは、応募する会社のことを調べ、どういったことをアピールするべきなのかという準備です。

自信がある場合には、この準備が不足してしまい転職活動が上手くいかないということがあります。逆に自信がないことで徹底的に準備をすることにも繋がりますので、「自信のなさ」を極端に嫌う必要はないといえます。

転職活動を進めることで自信が出てくることもある

自信のなさは「自分の価値がわからないから」ということもあります。

「転職活動をしても、オファーなどないのではないか・・・」

というのが主な理由です。

しかし、一般的な企業で経験を積み、ある程度の時間を過ごした人材であれば大抵オファーは届くものです。

オファーが届いてしまえば、自分に自信が湧いてくるということも少なくありませんので、転職活動を勇気を持って進めていくだけで自信が出てくることがあるのです。

自分だけで悩むならプロに無料相談する

自分1人で悩んでしまうのであれば、転職のプロである転職エージェントに相談をすることをおすすめします。

転職エージェントは、担当者がつき、二人三脚で転職活動を支援してくれます。その一環で転職活動に対する不安を相談することができます。

担当者は転職活動を行う人を数多くみていますので、転職のプロとしてアドバイスをくれることがほとんどです。

転職エージェントおすすめサービス
転職エージェントおすすめ【決定版】20選!各転職エージェントの評判や賢く利用するコツも解説転職エージェントのおすすめサービスはこのページで確認できます。おすすめのエージェントだけでなく、賢く転職エージェントを利用して、転職成功率を上げる方法も解説しています。転職を検討している方は必見です。...

以下の3社は相談することがおすすめの転職エージェントの例です。

doda

doda
doda公式サイトより

dodaの概要

運営会社パーソルキャリア株式会社
得意業界全業種・業界
対応エリア全国
求人数公開求人 129,686件(2022/4/14時点)

dodaは、転職エージェント、転職サイト、ダイレクトスカウトの全ての機能を1つのサービスとして利用することができる転職サービスです。

求人数がリクルートエージェントに次いで圧倒的に多く、支援も手厚いため、年収アップのために転職したい場合にもおすすめできる転職エージェントです。

求人数も国内最大級でありながら、面接対策や職務経歴書の作成支援など、さまざまな支援も手厚く行ってくれるため、必ず登録することをおすすめできるサービスです。

dodaのおすすめポイント
  • 転職サービスを網羅的に利用できる
  • 求人数が多い
  • 各種支援ツールが充実している

dodaの評判・口コミ

「希望の企業を探すツールとしていいと思う」
【良かった点】・大手が多い。優良企業からオファーがきた。(中略)・エージェントも4割程度は希望にそって求人を紹介してくれた(他社エージェントに比べると一番求人の質が良かった)。

みん評の「あずきさん」の口コミより抜粋

個人的にはdodaをおすすめします。理由は求人数が圧倒的に多いという点だけではなく、これまで2回利用した際、担当してくれた女性のアドバイザーの方がとても質が高かったから。1回目は運だと思うのですが、2回続けて良いということはそれだけ全体の質が高いという事だと思うので信頼できる情報だと思います。ちなみに2回目は履歴書も職務経歴書も前回の経験を活かし、しっかり練り込んで持参したつもりですが、それでもいろいろと手を入れてもらい、より完成度が高いものを作ってもらえました。

クチコミランキングの「29才・男・広告営業」の口コミより抜粋

>dodaの特徴・評判・口コミはこちら

dodaはこんな人におすすめ!
  • とりあえず転職サービスに登録しようと考えている人
  • 転職実績と豊富な求人数を求めている人
  • アドバイザーから専門的な転職のアドバイスを受けたい人

\全サービス無料で利用可能/

アサイン

アサイン
アサイン公式サイトより

アサインの概要

運営会社株式会社アサイン
得意業界コンサル/IT/営業/財務・経理
対応エリア全国
求人数非公開

アサインは、20〜30代前半のハイクラスの転職に強みを持っている転職エージェントです。特にコンサルやIT業界、営業職への求人に強みを持っており、転職決定時の平均年収が850万円と若年層が転職で年収アップを目指す場合には、登録必須な転職エージェントといえます。

最初の面談では、キャリアの方向性や転職の希望を聞いてくれ、求人情報の紹介はありません。スキルやキャリアの方向性を合わせた求人情報を精査し、中長期的なキャリアの成功に近づける案件を3〜4社厳選して紹介してくれます

アサインのおすすめポイント
  • 高年収求人が多い
  • 中長期的なキャリア相談が可能
  • 担当者が全体的に優秀

アサインの評判・口コミ

とても誠実で親身になってキャリアの相談に乗ってくださりました。ろくに話もせずに20件以上の求人を送ってくる他社と比べて、本当に自分に合っている会社を提案してくれたので、もう一度転職するなら最初にアサインさんへ相談します。

Googleの口コミより

転職をこれまで何度かしてきましたが、どこの会社がいいよと言った一方的な職業紹介ではなく、これからのキャリアや、私の性格など、総合的に判断しアドバイスしていただけました。転職やキャリアに悩む友人がいたら、自信を持ってアサインさんをおススメします。

Googleの口コミより

転職エージェントアサインの評判・口コミを見る

アサインはこんな人におすすめ!
  • 20代30代から年収をアップしたい
  • 中長期的なキャリアの成功に合わせて転職したい
  • 営業やエンジニアなど、収入の高い業種のプロとして転職したい

\中長期的なキャリア相談も無料で可能/

JACリクルートメント

JACリクルートメント
JACリクルートメント公式サイトより

JACリクルートメントの概要

運営会社株式会社ジェイエイシーリクルートメント
得意業界コンサルティング、管理職、各種専門職
対応エリア全国
求人数約25,000件 (2022/4/18時点)

JACリクルートメントは、年収600万〜1,500万円以上の求人を扱う、ハイクラス・ミドルクラスに特化した転職エージェントです。

年収440万円が日本の会社員の平均年収と考えれば、年収アップに最適な転職エージェントといえるでしょう。

約800名の転職コンサルタントが直接企業と求職者の双方とコンタクトを取るため、コミュニケーションの齟齬が起こりにくく、一人一人の求職者に適切な求人を紹介してくれます。

年収の高い求人が多く、ハイクラス求人に特化しているため、現在、管理職やスペシャリストとなっている人にとっては非常におすすめの転職エージェントです。

JACリクルートメントのおすすめポイント
  • 高年収求人が多い
  • コンサルタントが多く・手厚い支援
  • 利用者満足度が非常に高い

JACリクルートメントの評判・口コミ

​​他の人材紹介会社と比較すると、紹介が受けられる求人数はそれほど変わりませんでしたが、求人の質に関してはここが一番良かったし、条件面も良かった。キャリアコンサルタントは人によるので一概に評価できないが、私の担当者はかなり質が高かったように思います。求人に関しては比較的大手や外資系が多い印象を受けた。

クチコミランキングの「30才・男・電機メーカー」の投稿より

他の大手エージェントは通常1名同士で面接のところ、2名がかりで面接してくださいました。また、他の大手では点数稼ぎに無理やりマッチングさせたり、人の職歴を見下したりするような感じを受けたこともありますが、こちらは親身に、非常に人間的なサービスをしてくださったことに感謝しています。

クチコミランキングの「27才・女・会社員」の投稿より

>JACリクルートメントの評判・口コミ

JACリクルートメントはこんな人におすすめ!
  • ハイクラス求人で採用されて年収をアップしたい
  • 丁寧な転職支援を受けたい
  • さらに条件の良い会社に転職したい

\優秀なコンサルタントに無料相談可能/

まとめ

転職の自信がなく不安になってしまうことは、このページでも紹介したように普通なことです。

そのため、対処法を試したり、プロに相談することで不安で行動できないところから一歩ずつ行動を起こしていくことが重要になります。

ぜひ、このページの対処法やプロへの相談を行い、転職活動を成功に導けることを願っています。

ABOUT ME
いいんちょう
会社員年収向上委員会
本サイトを運営している編集部です。会社員が給料をアップするための方法やヒントを発信していきます。