MENU

転職したいけどスキルがない20代の転職成功のポイント!有利な点やおすすめな仕事を解説

転職したいけどスキルがない20代の転職成功のポイント!有利な点やおすすめな仕事を解説
  • 転職したいけどスキルに不安がある。そんな20代は転職に不利?
  • 20代のうちにスキルなしで転職できる?

そんなお悩みありませんか?

20代は給与や業務内容の不安、就職前とのイメージのギャップによって転職を考えることが多い年代ですが、キャリアが長くないため特別なスキルがなく転職できるか不安になってしまう人も多いです。

今回は、転職したいけどスキルがない20代に向けて、「スキルがない20代は転職が難しいというのが誤解である」という点と、そんなスキルなし20代が転職を成功させるためのポイントなどを解説します。

AGENDA
  1. 転職したいけどスキルがない20代は転職が難しいという「誤解」
    1. スキルがなくても転職が難しくない理由①:世の中に会社はめちゃくちゃある
    2. スキルがなくても転職が難しくない理由②:ポテンシャルで採用される
    3. スキルがなくても転職が難しくない理由③:若手採用は会社側の負担も少ない
    4. スキルがなくても転職が難しくない理由④:これからスキルアップする時間がある
    5. スキルがなくても転職が難しくない理由⑤:これから会社に長い時間貢献できる
    6. スキルがなくても転職が難しくない理由⑥:そもそも働き手が減っている
  2. 転職したいけどスキルがない20代が転職を成功させるためのポイント
    1. ポータブルスキルを中心にアピールする
    2. 自分の強みや特性を「過去の経験を元に」アピールする
    3. 応募企業の理念や特徴を事前調査しておく
    4. 新しい仕事のスキル獲得の勉強をアピールする
    5. 転職支援サービスを利用する
  3. 転職したいけどスキルがない20代におすすめする業界
    1. IT業界
    2. 介護業界
    3. 広告業界
  4. 転職したいけどスキルがない20代におすすめする仕事
    1. 営業職
    2. Webマーケティング
    3. プログラマー・ITエンジニア
    4. Webデザイナー
  5. 転職したいけどスキルがないと思う20代におすすめの転職サービス
    1. 転職エージェント
    2. アーシャルデザイン
    3. キャリアスタート
    4. 転職サイト・アプリ
    5. アサイン
  6. まとめ

転職したいけどスキルがない20代は転職が難しいという「誤解」

そもそも「転職したいと考えているけど、スキルがない20代」の転職は難しくありません。難しいと考えてしまうのは、誤解や固定観念のせいだといえます。

スキルがなくても20代の転職が難しくない理由は以下の6点です。

  1. ​​世の中に会社はめちゃくちゃある
  2. ポテンシャルで採用される
  3. 若手採用は会社側の負担も少ない
  4. これからスキルアップする時間がある
  5. これから会社に長い時間貢献できる
  6. そもそも働き手が減っている

1つずつもう少し詳しく見ていきます。

スキルがなくても転職が難しくない理由①:世の中に会社はめちゃくちゃある

世の中に会社はめちゃくちゃある

日本には中小零細企業も合わせ、267万社程度の会社が存在しています。会社以外の法人も含めれば、279万もの「職場」が存在します。(国税庁のHPより)

もちろん、中には社長たった1人で運営していたり、家族だけで経営している会社も存在するため、全ての会社で採用を行っているわけではありませんが、267万社全てからあなたが必要とされていないということはないといえます。

都道府県の地域性や分布によって地域差はありますが、単純に267万社を47都道府県で割れば、1都道府県あたり56,000社を超える法人が存在する計算になります。市区町村は1,700ほどが全国に存在しますので、1市区町村あたり1,570社は存在することとなるのです。

ご自身が住んでいるエリアでもこれだけの会社が存在していますので、これら全てで若者で働き盛りの20代が必要とされていないわけはないでしょう。

もちろん、あなたが希望する仕事や条件ではないため、応募しないという選択を取る可能性はあるでしょうが、転職ができないというわけではないといえます。

スキルがなくても転職が難しくない理由②:ポテンシャルで採用される

ポテンシャルで採用される

20代の転職の最大の特徴は、「ポテンシャル」が大きな武器になるという点です。

新卒採用はポテンシャルしかみない採用ですが、20代の転職は「仕事をしたことがある」ため、多少の前職での経験やスキルを見られることになります。

しかし、それでも20代では積める経験に限界があることや、発展途上の状態であることは採用側も十分に理解していますので、20代転職の質問には「学生の時のこと」や「これまで頑張ってきたこと」など、新卒採用と変わらない質問がなされる場合も少なくありません。

「就職できた」という実績のある20代転職者は、企業から採用されるだけのポテンシャルがあると言えるため、ポテンシャルが最大限評価される20代の転職活動であればスキルがなかったとしても転職は難しくないのです。

スキルがなくても転職が難しくない理由③:若手採用は会社側の負担も少ない

若手採用は会社側の負担も少ない

会社は、1人の社員を雇用すると毎月の社員への給与以外に以下のようなコストが発生します。

  • 社員を雇用すると発生する社会保険(会社負担分)
  • 社員が使用する備品類の費用
  • 採用活動に必要な費用

これらのコストは誰を採用しようとも発生してしまうのですが、給料が高い人材を採用すると社会保険や採用活動に必要な費用、給与のコストが高くなります。一方で、雇用条件が比較的低い人材を獲得すれば、これらのコストは安く済みます。

日本の会社は実力で条件を決定する文化が他国よりもなく、2023年でも比較的年功序列制度が残っている社会です。そのため、スキルがない20代は「体力があるけど安い労働力」といえるため、社員教育を施して使える人材に育てることのできる会社や、そもそも稼働力で勝負するような会社にとっては、スキルがない20代というのは重要な人材となるのです。

また、スキルがある人材でも20代であれば安価で雇用できる可能性が高いため、会社にとっては年齢が若ければ若い方がコスト的な負担は軽いのです。

会社側の負担が軽いということは、単純に人材不足に陥った際にはより人材の補填として採用される可能性が高いと言えるのです。

スキルがなくても転職が難しくない理由④:これからスキルアップする時間がある

これからスキルアップする時間がある

20代はこれから先の時間がまだまだあるため、スキルアップやキャリアチェンジのために勉強や資格取得などを行う時間があるという大きなメリットがあります。

資格取得に丸々2年かかったとしても、20代半ばまでにスタートしたのであれば、資格取得できた時にもまだ20代のはずですし、プログラミングなどのスキル獲得のための勉強を同時期に始めたとしても、スキル獲得の際にもまだ20代のはずです。

これが30代後半や40代になってから新しいことにチャレンジしようとした場合、資格やスキルを獲得ができたとしても未経験の仕事に就くことは簡単ではありません。

しかし、20代の場合には先述したポテンシャル採用も重なり、未経験の仕事にも比較的簡単に転職が可能なため、スキルアップや資格取得に時間をかけられる点からも、「スキルがない20代」から転職をすることは難しくないといえます。

スキルがなくても転職が難しくない理由⑤:これから会社に長い時間貢献できる

これから会社に長い時間貢献できる

20代は社会人駆け出しのタイミングと認識されており、多くの会社で「これから仕事ができるようになっていく人材たち」というイメージで採用されています。

そのため、どちらかというとその会社に長い時間をかけてでも貢献することが求められていることが多く、採用時点でのレベル感があまり問われないことも少なくありません。

例えば、1年間で3,000万円の利益を会社にもたらせる55歳のAさんと1年間で1,000万円の利益を会社にもたらせる25歳のBさんがいた場合、65歳まで同じ稼働ができると仮定すると、Aさんは合計で3億円、Bさんは4億円の利益をもたらすことができます。

AさんとBさんで年間の生産性は3倍も違うにもかかわらず、「長い時間貢献できるのかどうか」によって、最終的に貢献できる金額が逆転するのです。

そのため、スキルがなくて転職が難しいと考えている20代でも長く働くことができるというだけで大きなアドバンテージとなりますし、先述したようにこれからキャリアアップ、スキルアップする時間もあるため、より有利なのです。

スキルがなくても転職が難しくない理由⑥:そもそも働き手が減っている

そもそも働き手が減っている
生産年齢人口の減少グラフ
出典:内閣府資料より

日本国内に限った場合、少子高齢化の流れを止めることができず、日本全体の総人口と生産年齢人口がこれから減少していくことがほぼ確定しています。生産年齢人口とは15歳から64歳までの働いて生産が可能な年齢層の人口のことです。

「会社」というのは永遠に経済活動を続けていくことを前提として運営されていますが、そこで働くことのできる人口が年々減少しているということは、ほぼ全ての会社で「人手不足になる」ということがいえます。

これからの日本では、スキルがある人が争奪戦になるだけでなく、スキルがなくても働くことができる人自体が争奪戦になることはほぼ必須です。

そのため、スキルがないから転職が難しいのでは?というのは勘違いの可能性が高く、今後さらに簡易になっていくと考えられます。

目次

転職したいけどスキルがない20代が転職を成功させるためのポイント

転職したいけどスキルがないなと考える20代の方にとって、どれほど「転職が難しくない」といっても、「ではどうすればいいの?」と思ってしまうかもしれません。

ここからは、スキルに不安がある転職希望の20代が転職をより成功させるためのポイントについて解説します。

ポータブルスキルを中心にアピールする

転職活動では、仕事のスキルや実績をアピールすることができることが最も効果的です。

しかし、自分にスキルがないなと考える方にとって仕事のスキルや実績をアピールすることは難しいでしょう。

そんな時には、コミュニケーション力やマネジメントスキルといった、どの企業・どの仕事でも通用するポータブルスキルを中心にアピールすることをおすすめします。

未経験の職種への転職や業界を跨いで転職する場合には、仕事の仕方で使えなくなる能力ではなく、どこに行っても使えるスキルの方が評価されやすいです。

目の前の顧客に商品やサービスを販売する営業・プレゼンテーション能力や資料制作能力などは、どの会社でも使えるポータブルスキルです。また、チームの雰囲気をよくするコミュニケーション能力も重要です。

どの会社でも役に立つポータブルスキルをアピールすれば、資格や大きな実績、仕事のスキルを有していなくても、将来性のある人材と受け取られるでしょう。

自分の強みや特性を「過去の経験を元に」アピールする

20代で転職する場合の面接の内容は、学生の就職活動で行われる内容と大きくは変化しません。ただ、スキルがないとしても、会社員として仕事をしたことがない大学生と会社員として働いたことのある20代では、「仕事をした経験」に違いがあります。

この「仕事をした経験」を元に自分の強みや特性、なぜその仕事を選んできたのかをアピールすることができれば、面接官にとってもよりリアルな特性や強みであると伝わりやすいため、採用されやすいでしょう。

やはり学生が考える社会人や仕事のイメージとは実際の状況と乖離していることも少なくありません。しかし、一度でも経験すれば実体験としてリアルに考えることのできる内容となりますので、これらの信ぴょう性が高く、評価されやすいでしょう。

応募企業の理念や特徴を事前調査しておく

当たり前かもしれませんが、転職活動をするうえで、応募企業の理念や特徴など、調べられることを調べ、対策を行っていくことは重要です。

「スキルがない」ということをすぐに変えることは難しいですが、採用面接を受ける際にその会社がどんな理念で行動していて、どのような特徴があり、どんな人材を欲しているのかを調べて対策することはすぐにできます。

求められている人材だと思われる言動をすれば、採用される可能性は高くなります。

新しい仕事のスキル獲得の勉強をアピールする

スキルがない20代が転職をする際、未経験の仕事にチャレンジすることも少なくありません。

未経験の仕事にチャレンジする際に、完全にゼロの状態で入社し、全てを教えてもらおうと考えていると評価は高くなりにくいでしょう。

しかし、経験したことのある仕事でも、未経験の場合でも、現在スキルを習得中であると面接でアピールすることができれば、向上心があり前向きに転職を捉えていると採用側が考えやすく、企業側も1日でも早く戦力になることを求めているため、評価が高くなりやすいです。

スキルや資格を完全に取得する前の段階の勉強段階でもアピールするだけで評価が高くなるでしょう。できるだけ選考が進む前から勉強を進めていくことをおすすめします。

転職支援サービスを利用する

転職を成功させるには、1人で悩み、考えるよりもすでに確立された転職支援サービスを利用することが最も大きなポイントとなります。

転職支援サービスのほとんどは、企業からお金を得ているため、転職者側は無料で利用できます。

特に転職エージェントを利用すれば、転職のプロに無料で相談できるだけでなく、自分にあった求人の紹介や職務経歴書の作成や面接対策など、数多くの転職支援を受けることができます。

ちなみに、最近では利用できる転職支援サービスが各分野に特化しているものが登場していますので、自分が悩んでいることをピンポイントに解決できそうなサービスを選んで利用するとより解決する確率は上がるでしょう。

キャリアの方向性に悩む場合には、キャリアコーチングサービスがおすすめです。

→おすすめのキャリアコーチングサービスを探す

転職を本気で考えて、転職を成功させたい場合には転職エージェントがおすすめです。

→おすすめの転職エージェントを探す

転職したいけどスキルがない20代におすすめする業界

転職したいけどスキルがないとお悩みの20代の方に、転職でおすすめする業界についてご紹介します。

転職しやすさをベースにご紹介しますので、転職先を検討する際に参考にしてください。

IT業界

IT業界

IT業界は2000年以降拡大し続けている業界で、今後も拡大が予想されています。市場が拡大するため、業界全体で慢性的な人手不足となっており、求人が多いです。

また、最近できた業界ということで若い社員が多く、一般的な会社よりも自由な働き方や若いパワーが活躍できる土台がある業界ですので、20代の方におすすめできます。

ITと一括りにしても、SIerのような技術者集団のような会社や、WEBサービス運営会社、広告系やIoTなどの既存事業との組み合わせサービス、NFTやブロックチェーンのような新たな分野まであります。

特に誕生したばかりの分野の場合、「この道30年」というようなプロが存在せず、スキルの高さではなくやる気やポータブルスキルの部分で評価されやすいという点もあります。

多くの会社、市場で採用が行われており、若い人材の方が「考え方」や「感じ方」がユーザーや既存メンバーと近いことが多いため、採用されやすいといえます。

介護業界

介護業界

介護業界は、慢性的に人手不足の業界です。

従来、若手の人材からは避けられてきたような市場ですが、高齢者人口が今後増加することはほぼ確実であり、市場として拡大することが明確なため入社しやすいといえます。

また、体力仕事の面が多く、若手が重宝されやすいため、転職もしやすいでしょう。

介護士の資格などが必要になりますが、入社の時点で資格を保有していなくても働けることも多く、特殊なスキルが必要とされないことも少なくないため、おすすめです。

広告業界

広告業界

広告代理店をはじめとする広告業界は、流行を追いかける面や顧客獲得のために営業力、営業の人手が必要なことも多く、慢性的に人手不足です。

また、技術系やクリエイティブ系、営業職など、若手人材にも力を発揮しやすい職種がほとんどである点からもおすすめです。

特に、Web系の広告代理店はIT業界に括られることもあり、メンバーの多くも20代30代であるため、活気もあって溶け込みやすいでしょう。

転職したいけどスキルがない20代におすすめする仕事

スキルに不安がある20代が始めやすく、活躍しやすい仕事をご紹介します。職種を変更する場合に参考にしてください。

営業職

営業後

営業職は、スキルがなくてもなりやすい職種の一つです。

通販や店舗で行う事業以外の事業を行っているほとんどの会社では営業職が存在しており、会社の売上に直接関わるため、とにかく人手が欲しいという会社も少なくありません。

よくイメージされる「足で稼ぐ」営業スタイルから、電話で販売する方法や、アポイント獲得部隊と実際にお客様のところに足を運ぶ営業が分かれているスタイルなど、最近では営業職と一言で言っても様々なタイプが存在しています。

営業職に直接関係する資格などはないため、アピールできる資格がなくても問題ありません。コミュニケーションスキルなどのポータブルスキルや体力的な面も重要になりますので、20代でも活躍できます。

Webマーケティング

Webマーケティング

Webを中心としたマーケティング職もスキルがない20代がなりやすい職種の一つです。

2020年代ではすでにWebやITと全く関係のない会社でもホームページを持ったり、SNSアカウントを運用したりなど、WebやIT戦略は必須のものとなっています。

しかし、Web業界そのものが誕生から20年ほどしか経っていないため重鎮のような人材も少なく、Webマーケティングに関わる人材のほとんどが若手です。また、Webで販売をしていったりする顧客が若者層であることが多く顧客の考えを理解しやすいという点でも、20代が働きやすい仕事です。

Webマーケティング職に就く場合でも必要な資格はないため、スキルや実績をアピールしなくても採用されやすい仕事です。SNSやWeb系サービスへのリテラシーがある方にとっては特に良い仕事といえます。

プログラマー・ITエンジニア

プログラマー・ITエンジニア

ITエンジニアやプログラマーも20代が始めやすい仕事です。

そもそも、ITエンジニアやプログラマーは絶対的に人手不足であり、多くのスクールやスキル獲得サービスも出てきているため、スキル獲得も10年前よりも簡単になってきています。

基本的に理系の分野の仕事ですが、日本では文系からITエンジニア・プログラマーになる例は少なくなく、興味があれば比較的簡単になることができます。

ただし、何もない状態からエンジニアになるのは難しいため、プログラミングスクールに数ヶ月通って基礎的なことを理解してから転職するのが王道です。

プログラミングスクールでは20代であれば割引が受けられるということも多いため、こういった点からも20代だからこそなりやすい職種といえるでしょう。

Webデザイナー

Webデザイナー

Webデザイナーとは、インターネット上で見ることができるWebページやバナーを制作するお仕事です。世間のIT化、デジタル化の波は止まらないため、仕事量に対して人手が比較的不足している職種といえます。

ITエンジニア・プログラマーと同じように何もない状態からいきなり転職・就職は難しいため、スクールなどで学ぶことが王道となりますが、ITエンジニアよりも勉強する内容は多くないため、比較的安価かつ短期間で転職することが可能です。

転職したいけどスキルがないと思う20代におすすめの転職サービス

さて、転職したいけどスキルに不安がある20代の方は、転職支援サービスを利用することがおすすめです。

転職支援サービスを利用することで、スキル不足でのアピールや自身に合う求人を見つける点など、様々な支援を受けられ、転職の成功率を上げることができます。

ここからは、スキルに不安のある20代におすすめの転職支援サービスをご紹介します。

転職エージェント

転職エージェントを利用すれば、求人情報を紹介してくれるだけではなく、面接対策や書類作成支援など様々な支援をしてくれます。数ある転職エージェントの中から、20代の転職におすすめの転職エージェントをご紹介します。

マイナビエージェント

マイナビAGENT
マイナビエージェント公式サイトより
運営会社名株式会社マイナビ
得意業界全業界・業種
拠点10拠点
利用料金無料

マイナビエージェントは、キャリアが浅い20代の転職に強みに強みを持っている転職エージェントです。書類作成や面接対策を丁寧に行ってくれるため、初めての転職でも成功に向けて動き出せます。マイナビは、就職活動においても有名であるため、利用者としても安心感があるでしょう。

リクルートエージェントなどと比較すると、求人数が少なく感じますが、特殊な条件でない限り、特に問題は感じないでしょう。

>マイナビエージェントの評判・口コミ

マイナビエージェントはこんな人におすすめ!
  • 20代30代で転職を考えている
  • 初めての転職を検討している
  • 丁寧なサポートが欲しい

アサイン

アサイン
アサイン公式サイトより
運営会社名株式会社アサイン
得意業界コンサル/IT/営業/財務・経理
求人数明記なし
拠点東京
利用料金無料

アサインは、20〜30代前半のハイクラスの転職に強みを持っている転職エージェントです。特にコンサルやIT業界、営業職への求人に強みを持っており、転職決定時の平均年収が850万円と若年層が転職で年収アップを目指す場合には、登録必須な転職エージェントといえます。

最初の面談では、キャリアの方向性や転職の希望を聞いてくれ、求人情報の紹介はありません。スキルやキャリアの方向性を合わせた求人情報を精査し、中長期的なキャリアの成功に近づける案件を3〜4社厳選して紹介してくれます

転職エージェントアサインの評判・口コミを見る

アサインはこんな人におすすめ!
  • 20代30代から年収をアップしたい
  • 中長期的なキャリアの成功に合わせて転職したい
  • 営業やエンジニアなど、収入の高い業種のプロとして転職したい

doda

doda
doda公式サイトより
運営会社名パーソルキャリア株式会社
得意業界全業界・業種
求人数公開求人数:13万件以上 (2022/4/22時点)
拠点29拠点
利用料金無料

dodaは、転職エージェント、転職サイト、ダイレクトスカウトの全ての機能を1つのサービスとして利用することができる転職サービスです。求人数も国内最大級でありながら、面接対策や職務経歴書の作成支援など、さまざまな支援も手厚く行ってくれるため、必ず登録することをおすすめできるサービスです。

>dodaの口コミ・評判・特徴を確認

dodaはこんな人におすすめ!
  • とりあえず転職サービスに登録しようと考えている人
  • 転職実績と豊富な求人数を求めている人
  • アドバイザーから専門的な転職のアドバイスを受けたい人

アーシャルデザイン

アーシャルデザイン
運営会社株式会社アーシャルデザイン
対応エリア一都三県が中心
得意な業界・業種全業界・業種(20代未経験)
求人数35,000件以上
利用料金無料

アーシャルデザインは、20代の未経験分野への転職に強みを持っている転職エージェントです。

元々は、アスリートのセカンドキャリア支援をメインとしていたエージェントであり、その経験から、未経験分野への転職支援が非常に強いエージェントとなっています。

内定獲得率86%という実績を誇り、非常に強力な転職支援を得られることがわかります。未経験分野への転職を検討している20代は、登録することをおすすめします。

>アーシャルデザインの評判・口コミ

アーシャルデザインはこんな人におすすめ!
  • 未経験の仕事にチャレンジしたい
  • 20代のうちにキャリアチェンジしたい
  • 少ないチャンスを確実にモノにしたい

キャリアスタート

キャリアスタート
キャリアスタート公式サイトより
運営会社名キャリアスタート株式会社
得意業界IT/不動産/広告/医療/建築
利用者層20~29歳
対応エリア北海道/東京都/神奈川県/埼玉県/千葉県愛知県/大阪府/福岡県
利用料金無料

キャリアスタートは20代の若者に特化した転職エージェントです。これまでの経歴に関係なく就職に成功しやすいため、フリーターや既卒の方でも安心して利用できます。

1万人以上の転職相談や転職成功者の声をまとめた転職成功BOOKを本社に訪問した方全員にプレゼントしており、初めて転職する方には大きな自信に繋がります。

面接が苦手、不安と感じる人向けに模擬面接を行っています。希望する企業に沿った面接を行い、足りない点などは具体的なアドバイスをいただけます。基本的には対面で行いますが、電話での対応も可能なので時間のない方でも面接練習ができます。

キャリアスタートでは、転職相談を行っている利用者や転職成功者との交流会を定期的に開催します。そこでは同じ転職中の方と情報交換を行ったり、転職成功者からはアドバイスをいただけたりするほか、新しい繋がりが生まれます。

求人の多くが東京であるため、上京してくる必要がある方に向けて社宅や住宅手当のある企業の紹介、敷金礼金などの初期費用がいらないアパート・マンションの紹介などといった生活面のサポートも行っています

>キャリアスタートの評判・口コミ

キャリアスタートはこんな人におすすめ!
  • 20代の正社員経験がない方
  • 地方に在住しているが都市部での勤務を希望する方
  • 面接に苦手意識を持っている方

転職サイト・アプリ

担当者が付かずに転職求人を探すことができる、転職サイトや転職アプリの利用もおすすめです。

ミイダス 

ミイダスはパーソルが運営している転職サービスです。dodaを運営しているパーソルがリリースしている転職サイト(アプリ)サービスで、簡単なプロフィール入力をするだけで、毎日のように企業からオファーが届きます。

また、下の画像のようにオファーの金額によって自分の市場価値も簡単にわかるため、とりあえずで登録しておいても良いでしょう。

実際のミイダス使用時の画面

アサイン

20〜30代前半のハイクラスの転職に強み「アサイン」は、アプリも用意されております。若年層が転職で年収アップを目指す場合には、登録必須な転職エージェントアプリ「アサイン」で無料のキャリア診断を行ってみてください。

まとめ

ここまで見てきたように、スキルに不安がある20代でも転職することは可能です。

また、転職するのであれば1日でも早く動き出すほうが「フレッシュさ」や「将来性」を売りにできるため、おすすめです。

転職エージェントに登録するなど、今すぐ行動を起こし始めることをおすすめします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

経歴:国が発表している統計情報や転職エージェントとのやり取りから考えた、「戦略的な転職」1回で年収を2倍に。

目次